■YNG Official BLOG■

■BLESS THIS MESS Vo.YNG BLOG■


テーマ:
{BAD075E3-BB04-4013-9EC6-FAB2EF45A88E}

2月14日らしいですよ。

0211でいただいたチョコは今日中に吹き出モノ覚悟で食らわせてもらいます。覚悟しやがれぃ!

あ、ヴァレンタインなのかバレンタインなのか気になってます。



どうもYNGです。



「バレンタインの思い出。」

せっかくなので久しぶりにまともなblogを綴ろう。

全て実話。

キミに時間がある時にでもお付き合いくださいませ。



あれはYNG少年が13歳、中学校1年生の時のお話。

当時、同じクラスのIちゃんに恋をしていたYNG少年。

YNG少年の言っていた中学校において、義理チョコというシステムはなく、チョコをあげる計画を企てていた女子達は、あげるなら手作り本命チョコが前提でした。

YNG少年の中学校はなぜかそういう風習だったのです。

部活帰り、放課後、または先輩から。

女子からチョコをもらうということは、愛の告白を受けるということで、告白を受けたからじゃーどうなるんだ?なんて考えることすら野暮で、2月14日、それはそれは大きなイベントDAYだったのです。

勝ち組がいれば負け組もいる。

チョコをもらえない男子たちといえば背中は泣いていた。

朝から帰宅まで、もらえない男子においてバレンタインは魔の1日だったのです。

競争社会って怖い(ちがう)



でも、それはこうも思うのです。



もらう男子も男子なら、女子なんて玉砕覚悟のジャッジメントDAY。

男子よりはるかに女子の方が必死な1日だったのではないでしょうか。



例に漏れず、YNG少年も2月14日、緊張の面持ちで放課後を迎えていた。

夕方、放課後の教室、突然「ちょっと」とか言って自分を呼んでくる女子の声にビクっとなって、
ヨダレと涙腺崩壊の眼(まなこ)
で高速スピード&期待値100%でその女子に顔を振り向けば
※清掃のおばちゃん※
だった。

…なんていうのもいい思い出です。



本題。

2月14日、部活帰りに友人たちと帰る準備をして、誰からもチョコをもらうことなく帰ろうかなという時だった。



「YNGくんっ!!ちょっといい!?」



同じ部活に所属するNちゃんから呼び止められたYNG少年。

Nちゃんの手にはチョコが包まれているであろう紙で包装された可愛い箱が。

YNG少年は心の中でこう叫んでいた。



(そっ…そっ…それはもしかしてぇぇぇ!?)



冒頭で書いた通り、Iちゃんに恋していたYNG少年。

でもNちゃん、部活も一緒、嫌いではないし、いや、むしろ好きだったのかも…いや、チョコ持ってるしおれにくれるならNちゃんが好き!!

と、マインドコントロール状態。


いや、トランス状態。


そう。

生まれてはじめて女子から本命チョコをもらえるかもという期待で心は完全に動揺していた。



「こ、これはなんだい!?」



問いかけるYNG少年。



Nちゃんは続けた。



「チョ…チョコだよ。」



Nちゃんは両手で恥ずかしげに、そして伏せ目がちに、それはなんて乙女な仕草でYNG少年に本命チョコを差し出してくるではないか。

おれの顔は、はにかんだ舘ひろしだった。

はにかんだYNG少年は、動揺しながらも必死に平静を装い、舘ひろしから自分の顔に戻し、顔を赤らめこう答えた。



「あ、う…あーうん。あ、ありがとう。(頭ポリポリ)」



Nちゃんからチョコを受け取るYNG少年。



そうか。

こ、これが漫画やドラマでしか見たことのない本当の恋の味。

大人の階段を登った気分だった。

まさに記念すべきYNG少年の初バレンタイン。

どんなチョコなのか、もしかしてもしかして手紙とかも入っちゃってたりして?

チョコを受け取った瞬間、胸中ではありえないほどの妄想が瞬間的に爆発していた。



「あ…ありがとう。わかったよ。家に帰ってから食べるね。」



そう答えようとした瞬間だった。



「このチョコ、Tくん(近所の友人)に渡してもらえないかな?」



えぇぇっ!?



YNGくん、Tくんと仲良いし。お願いしていい?」



受け取ったチョコ、およそ何gほどしかないチョコが突然10キロくらいに感じていた。


それを聞いたYNG少年は…



YNG少年は…



YNG少年は…





※微笑んでいた。





微笑んでいたのかい(笑)(笑)(笑)!!



哀しみのあまり感情がおかしくなったのでしょう。

今思えば、あの感覚ってMCで滑った時と似ているのかもしれないな(なわけない)

Tくんに渡すためのチョコを片手に、とぼとぼと帰り道の途中にある駄菓子屋さんに寄り、チロルチョコを自分用に買っていった記憶だけが今でも鮮明に残っている。

そんなYNG少年は、今ブレメスというバンドで涙を流しながらチョコを欲しがっ…いや、歌を歌ってます。

笑ったキミ、同情したキミ、ライブで待ってます。必ずクリック

※注※チロルチョコの差し入れは受け付けておりません。

おわり。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「バンド&音楽関係」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。