ヤムチャしてるだけ

主にモンハンの内容。
趣味リタイア特技3乙職業ヤムチャ系ハンターが頑張ってる様子を面白がりながら読んでもらえたら嬉しいです(嘘)
ちょくちょく攻略的なこと書いたりするけど全部自分のためのメモなんで勘違いすんなよそこんとこ夜露死苦


テーマ:

どうもー。久しぶりの飲茶です!

そして久しぶりのモンハン記事です!

メモ要素しかないけど不眠症の方は是非読んで眠気を誘ってくださいw

 

 

最近ブログ更新しておらず、きっと皆にはずいぶんと心配をかけてしまったかもしれないけれども、リアルで頑張ってるんで心配しないでね♪

・・・うん、誰からも心配されてないんだけれどもw

 

さて本題に移りますか。

 

 

ダブルクロス、発売されましたね!

ワシはちょっと忙しいのもあってまだ購入していないのだけれども、なんだか好評なようで、時間できたら買ってしまうかもしれないなーとか考えている内に、ふと「今回の大剣はどんなのがあるんかいな?」と疑問に思い、我が検索術を駆使しダブルクロス大剣事情を調べていくと、何と切れ味ゲージがまで解禁しているじゃあありませんか!これにより、前作新登場の新スキルであった「鈍器」及びその最適武器「アカム系統」が全て死にました。本当にありがとうございました!「鈍器」なんてぶっちゃけ誰も使ってなかったとか言わないで。可哀想だから。

 

とにかくダブルクロスに移行したことでG級が解禁され、何もかもがG級レベルにまで到達可能となったようですが、それに伴い過去作の復活スキルや新スキルも登場しましたね。新たな二つ名スキルや真・二つ名スキルが一見強力そうですが、個人的に一番興味が沸いたのが「痛恨会心」とか言うスキルです。

 

その効果は「マイナス会心攻撃が、一定の確率強力な会心攻撃となる」というもの。調べた初めのころは「どうせ鈍器と同じで低確率で発動するんだろうなー」と思っていたのですが、検証結果によれば25~30%の間でほぼ確定です(50%という結果を出している人もいるが試行回数が少なく信憑性に欠ける)。やはり発動確率はそこまで高くありませんでした。しかし、例え25%の確率で0.75倍の与ダメが1.25倍の与ダメとして計算されたとしても、マイナス会心時のダメージを一回分打ち消しあった結果、実質の与ダメ期待値がマイナス会心率を半分にした場合と同等になります。30%の確率であればマイナス会心率が2/5に減少する計算になります。これは、マイナス会心率の値が小さければ大したスキルではありませんが、マイナス会心率の値が大きい一部の武器に対してはかなり有用な火力アップスキルになり得ることを示しています(なんだか鈍器の時と同じにおいがするけど気のせいだ気にすんな)。

 

さらに調べていくうちに、信じられない調査報告を発見しました。それは、「痛恨会心によって発動した会心時の与ダメは、1.25倍ではなく2倍である」というものです。ある検証者がリノプロスに対して、通常で26、マイナス会心時で19、痛恨会心時で52の与ダメ量を確認し、痛恨会心時の52が通常時の26と比べて2倍であったことを報告しています。痛恨会心の効果の説明に、「強力な会心攻撃となる」と書かれていることからも、通常の会心倍率より痛恨会心時の倍率の方が高くなることにはうなずけます。著者はソフトを購入していないため検証結果を確認できませんが、もしこれが事実であるとするならば、マイナス会心率の値を減らすどころか、与ダメ期待値がプラス会心に転じた時と同じところにまで到達することが予想できます。

 

早速計算してみたところ、以下の計算式を導き出すことができました。

Y = 1+(100-5A)xB/(4x10000)

Y::会心率を含めた攻撃倍率(与ダメに比例すると考えてよし)

A:痛恨会心の発動率(25~30%)

B:会心率(マイナス時に限る)

 

上の式だと抽象的過ぎるので発動率25と30を代入し、わかりやすくすると、

 

A=25%のとき、Y = 1-1/16xB/100

 

A=30%のとき、Y = 1-1/8xB/100

 

これでもさっぱりですよねーwww

 

比較対象がないのでわからないのも無理はありません。

計算した当人もこれがいったい何なのだかわからなかったですしw

 

まず、痛恨会心を付けていない場合の計算式は、以下のとおりです。

 

Y = 1+0.25xB/100  = 1+1/4xB/100

 

Bの値がマイナス、すなわちB<0のとき、Y<1が成り立ちます。

 

 

次に、具体的に考えて見ます。

例えば会心率が-20%だとすると、Yは0.95となりますね。

一方で、痛恨会心を付けている場合はというと、

発動率のAが25%でYは1.0125、30%でYは1.025という計算結果になります。

 

ぱっと見たいしたことないように思われる方もいらっしゃるでしょうが、

0.95が1.0125、もしくは1.025になったということは、

痛恨会心を付けることで、与ダメが1.066~1.079倍に増加することを示しています。

 

 

会心率がもっと高い場合、さらにこの上昇量は顕著になります。

会心率が-50%の場合はどうでしょう。

通常であればYは0.875と非常に低い値をとることが計算でわかりますが、

痛恨会心をつけていると、発動率25%で1.03125、30%で1.0625となります。

この場合、痛恨会心による与ダメ上昇期待量は、1.179~1.214倍となります。

 

つまり、

 

さらに高い会心率の武器を用いれば・・・

抜刀会心1.25倍の火力上昇をも上回る可能性を秘めた

超絶チートスキルかもしれません!!ww

 

これはすごいことですw

 

 

しかし二つほど注意しなければならない点があります。

一つは、この高い火力増加の根幹となっている検証結果の信憑性です。

今のところ彼以外が検証しているような情報を見ていないので、本当に「痛恨会心時は通常の2倍の火力が出ている」のかどうかについて100%信頼することができません。今後他の方々が同様な検証結果を示すのをワシ飲茶はひたすら待つことにします。

二つ目は、高いマイナス会心率を持つ武器自体が強いのかどうかはまた別の問題ということです。当たり前のことですがw

 

 

 

ちょっと時間がかかるかもしれませんが、今後も上記の「痛恨会心」を用いた最適大剣の検討、「超会心」事情の考察、その他大剣に関係するダブルクロス事情をメモしていくかと思いますので今後ともよろしくです。

では。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。