京都山科中国語学習会

出会った人々を幸せにするのが私の仕事です!


テーマ:

外国語の学び方でご紹介した長澤信子さんの『台所から北京が見える』を私がなぜ、前から知っていたか。

それは、この本の中でも紹介されていますが、高建夫先生の「大阪華語学院」が関係しています。

 

私の友人で中国語を学習していて、そして、自ら進んで研鑽しようとしている人たちはみんな「大阪華語学院」に行っていたのではないでしょうか?

 

私は学生時代はできるだけアルバイトをして学費などを稼がなければならず、2回ほど?梅田の教室に行っただけでした。

 

友人で、在野で長年中国語に携わっている森川寛先生(SC神戸中国語スクール)は、高先生の弟子のようになっていたと思います。

 

先日も、ある方と話をしていて、昔、高先生に習ったとおっしゃっておられたのでとてもびっくりしました。

 

そんな高先生が『台所から北京が見える』で紹介されていますが、次のようにおっしゃっておられたといいます。

 

 

中国語だけなら、中国人でもっと上手な人がいるかもしれない。

しかし、日本語と中国語をあれほど美しく、的確に、しかもすばやく置きかえられる方は、この方をおいていないのではなかろうか。

いま、中国語で仕事ができるようになって約十年たち、多くの人と接すれば接するほど、この思いは深まっていくのである。

「あなたがたは、日本語を中国語でなんというかと考えるのだろうけれど、私は適訳がたくさん浮かびすぎて、どのことばを選ぼうか、迷うんです。その差ですな」

とおっしゃるのだった。

私はそれを聞くと、ただただ<神か人か>と思えてしまうのであった。

 

そんな高先生に鍛えられた?長澤さんは中国語を徹底的に学ばれるのですが、この学び方、特にとことん学ばれる姿勢を拝見して思い出すのが、

 

イングリッシュ・モンスターの菊池さんです。

(「この世に“簡単に本物の英語力がつく方法”なんてあるわけない!」で紹介しました。)

 

 

 

ほんの少しの時間があれば英語を学び続ける菊池さん。

TOEICの満点を取り続けていると言っていましたが、中国語で言うと、中国語検定の1級を毎年満点とっているようなものでしょうか?

 

長澤さんの本を読み、その努力のされ方を知り、自分がいかに努力していないか、まだまだ足りない、足元にも及ばないと思い、長澤さんや菊池さんを手本に自分なりにですが、少しでも中国語の世界を深めるように精進します。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

以前からこの本のことは聞いていました。

でも、読んでいませんでした。

1933年生まれの長澤さんは母と同じ昭和8年生まれだったのですね。

 

音読を100回行う。

 

というのも、そして、『知的生産の技術』(梅棹忠夫著、岩波新書)から学んだと言う、

 

カードを使った学習方法。

 

 

どれも「私はこれほどまで中国語の訓練をしていない」と思いました。

 

もっとも、初めて通訳をした時には;

 

熱心に案内してくれる(日本の)工場側の説明に比べて、私の中国語はあまりにも短い言葉で終わってしまう。

 

(中略)

 

「機械が何馬力(マーリー)しかわからないんだもの。ただ、○○マーリー、○○マーリー、よ」

 

と初仕事で十分に通訳できなかったことを笑い話として紹介されていますが、この積極さ、そして図太さが必要なのだと改めて思いました。

 

また、自分の中国語について;

 

中国語は日本語にくらべて全体的に音が高い。

高低の振幅がはげしいのだ。

日本語でしゃべるときよりも、全体に、自分の声をもう一段、高くしなくてはいけない。

 

とありますが、まさにこれが中国語を学んでいて、特にネイティブスピーカーに習っていて、第3声と第2声の区別がつかなくなる大きな理由であるのですが、それを1985年といいますから、私が関西大学を卒業した歳に世に出されたのですから、もっと早くに読んでおけばよかったと思いました。

 

「まず聞くこと」

 

これもその通りだと思いますし、家内に中国語を教えた時にも「聞くこと」からでしたのでその効果は証明済みです。

もっとも、意味もわからないのにそれを聞くことがイヤ!とおっしゃる方には難しいことなのでしょうが。

 

いまさらですが、再度、中国語を学び直します。

そして、私も長澤さんのように中国語の身の上相談(中国語学習カウンセリング)ができるようにして、人様のお役に立ちたいと思いました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今、アドラー心理学の基本に戻って;

 

『個人心理学講義』(アルフレッド・アドラー著、岸見一郎訳)を読んでいます。

 

 

アドラー心理学入門の決定版!

ウィーンからニューヨークへと活動の拠点を移したアドラーが初めて英語で出版したアドdラー倫理学全体を俯瞰できる重要著作。

 

とのことでもともとは英語なのですが、ほぼ、8割ほど読み進んだところで次の文に出会いました。

 

一般に、仕事で成功するかどうかは、社会適応のいかんにかかっているということができる。
隣人や顧客の要求を理解し、彼〔女〕らの目で見て、彼〔女〕らの耳で聞き、彼〔女〕らが感じるように感じることは、仕事において大変有利なことである。

P129

 

そして、この本の中国語版(繁体字版)を入手していてそれを比較してみました。

我們現在大概可以如此下定論:工作上的成就取決于社會適應能力的高低。能理解同事與客戶的需求,用他們的眼睛去看,用他們的耳朵去聽,用他們的感官去感受,在企業裏將會是極大的優勢。

P193

 

我们现在大概可以如此下定论:工作上的成就取决于社会适应能力的高低。能理解同事与客户的需求,用他们的眼睛去看,用他们的耳朵去听,用他们的感官去感受,在企业里将会是极大的优势。

 

感官:感觉器官。

 

これはアドラー心理学を表す言葉としてよく次が紹介されますがこのことですね。

 

『相手の目で見て、相手の耳で聞き、相手の心で感じること』

 

日本語では一般的に;

 

「相手の身になって考えること」

 

と表現されるのではないでしょうか?

 

これって、思えば、中国語を学び始めてからずっと追い続けていた言葉です。

 

「思いやり」

 

は、“体贴心”。

 

少し前から香港で見かけるようになってきました。

そして、今は、次の言葉もあります。

 

“换位思考”

 

换位思考 (社会学名称)
换位思考,是设身处地为他人着想,即想人所想,理解至上的一种处理人际关系的思考方式。人与人之间要互相理解,信任,并且要学会换位思考,这是人与人之间交往的基础:互相宽容、理解,多去站在别人的角度上思考。

 

相手の身になって考えることができれば、仕事だけでなく、この世のすべてがうまくいく。そんな気がする今日このごろです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「人生は心に思う方向に流れていく」 

 

中国語では;

 

人 会 成为 他 所 想 的 样子 。
rén huì chéngwéi tā suǒ xiǎng de yàngzi .

「人はその人が思う通りになる。」

 

と表現するとわかりやすいかもしれません。

そして、心に力があって、その人となりだけではなく、人生はそれぞれの人が思っている通りになっていると本気でそう思う今日このごろです。

 

ところで、この“所”の使い方。

 

日本語でも、

 

「私の言うところの意味を理解してくれているでしょうか?」

 

とか、

 

「あなたの言うところの『中国人』とはいったいどこの中国人を指しているのですか?」

 

の「ところ」と同じ表現だと思いますが、この表現は最近あまり目にしない、そして耳にしない表現かもしれません。

 

ということもあり、ご紹介しました。

 

心の力を良い方向に使おうではありませんか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前、人の行動の95%は正しい行動である。で紹介した考え方は;

 

8割できたらそれでよし!

ですが、それでも多いようです。

 

今、中国語の通訳をしていますが、中国人研修生たちは私の翻訳する内容を、絶対に100%全て聴き取ろうとしていない。

かなりいい加減に聴いている。

 

その証拠に、しばらくたってから、あれはどうだったか?とか、以前説明したことを再度、質問してくる。

もちろん、中国人特有の「確認のために聴きたいのですが」という言葉がないこともありますが、日々通訳をしていて、あるいは通訳をしている状況を見ていて思うのは、やはり、100%聴き取る必要はない。

いえ、100%聴き取ろうと思うと弊害が出ると思います。

 

そんなことを思っていると、以下のブログを見つけました。

 

7割できれば良しとする

 

これは「通訳者・翻訳者のすべてが分かる - ハイキャリア」の中の記事です。

 

人間というのは、確かに頑張れば限りなく完璧をめざすこともできるでしょう。けれども息切れしないためにも、持続させるためにも、私は7割できれば「よし、やった、自分!」と自己肯定するようにしています。

 

と書かれていますが、正にその通りだと思いますし、また、7割できれば良しとする。気持ちがないと、通訳・翻訳はできないでしょうし、母語の場合でも会話が成り立たないと思うのです。

 

日本の受験教育に慣れてしまった方にはとんでもない話かもしれませんが、そんなものだと思います。

 

肩の力を抜いて、7割できれば良しとしようではあ~りませんか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。