第二言語習得論

テーマ:

日本語教育能力検定試験の学習を初めて、多くの気付きがあるのですが、その中で特に大きな気付きとして第二言語習得論があります。

 

ネットで調べるとたくさん出てきますが、これまでは英語の学習法や日本語については学びましたが第二言語習得論があるとはまったく知りませんでした。

 

今回読み終えたのは次の本です。

 

 

第二言語習得論に基づく、もっとも効率的な英語学習法』(佐藤洋一著、ディスカヴァー携書)

 

外国語をどうやってマスターするか。

多くの人が悩むところだと思います。

そして、日本語教育でもそうですが、色んな教授法があります。

また、街には「外国の子供はこうやって外国語を学ぶ」といった本もあります。

色々と学ぶ中で思うのは、最終的には一人ひとりの事情に合った学び方があると思い、自称、中国語学習カウンセラーの私ですが、第二言語習得論は子どもではなく、大人が母語の他に外国語を学ぶ時にどのようにすれば効率的なのかを科学的に研究したものです。

(もっとも、色んな理論があり、まだこれが絶対に正しいという理論はないようですが)

 

私はずっと感じていたのですが、子どもが母語を習得するのと、大人になって母語とは別の言語を習得するのは違うでしょう。

大人は理論的というか理屈を活用して効率的に言語をマスターできるはずです。

それをもっとも効率的な方法を研修しているのが第二言語習得論のようです。

第二言語習得理論で英語を絶対にしていけない理由というサイトもありますが)

 

さて、本に戻ります。

 

この本は、6か月で大人の、日本語が母語の人が英語の読み・書き・聴く・話すの4つの能力を学習する方法を説明しています。

その方法とは:

 

短期集中英語学習マニュアル

1.文法のコアを自然順序仮説に沿って学習する。

2.十分な量の英語をインプットする。

3.「受信型の英語」から「発信型の英語」へ切り替える。

4.「発信型の英語」から「相互理解のための英語」へ切り替える。

5.自分の英語をモニタリングする方法を身につける。

6.学習方法をカスタマイズし、学習を継続する。

 

「自然順序仮説」というのは、

 

ある言語を学ぶにはもっとも適した順序がある。何を先に学習し、何を後で学習するのが良いかには法則がある。

日本語教師のページ、用語検索マンボウのクラッシェンの五つの仮説の項目

 

子どもがその母語を習得(学習だけではない)するのは圧倒的なインプット量を素直に吸収できるからでしょうが、大人はそうはいきません。

でも、大人には考える力があります。

それを使って第二言語を習得するには適した順序があるそうです。

その順序に従って、まず文法を学習する。

まず言語の骨格を理屈で学ぶということですね。

中国語では、

を理解し、疑問文、否定文の作り方をマスターすることです。

 

つまり、その言語(習得しようとする目的言語)がどういうものなのか、どのように成り立っているのかをつかんでから、十分な量のインプットをする。

 

ここまでは「受信型の中国語」の学習で、「わかる」段階。

次に「受信型」から「発信型」に切り替えます。

 

中国語の学習者で、長年学んでいるけれど、話すことが苦手。という人は、この切り替えがうまくできていないのではないでしょうか?

 

「発信型」への切り替えができたら次は「相互理解のための中国語」へ切り替えます。

これでコミュニケーションのための外国語が一応マスターできたのですが、言語というものは一生学び続けるもの。

そのために必要なのが、

 

5.自分の英語をモニタリングする方法を身につける。

 

「モニタリング」

 

最近はテレビ番組でもありますね。

面白いのでよく見ていますが、中国語では:

 

“监视”“监测”

 

です。

つまり、自分の使っている第二言語を客観的に観察します。

 

私の場合、自分が使っている中国語がワンパターンであることに気付き、また、口ぐせがあると思ったので、表現を増やすように、そして口ぐせを言わないように意識しました。

これをするとしないとでは、習得速度がまったく違うと思います。

中級でのツボなのかも知れません。

 

そして次が、

 

6.学習方法をカスタマイズし、学習を継続する。

 

自分の第二言語をモニタリングして、弱点や欠点を分析し、その上で、自分なりの学習方法を作り上げて学習を続ける。

 

これも中級のツボなのでしょう。

「受け身」ではなかなか伸びませんものね。

 

「第二言語習得論」

 

素晴らしいものに出会うことができました。

これも歩けなくなったから。

ありがたいことです。

 

『「第二言語習得論」に基づく、中国語学習法』が作り出せないか考え中です。

これまでに私なりに学んできた、アドラー心理学での①視覚タイプ②聴覚タイプ③身体感覚タイプを踏まえた学習方法になればかなり効率的な学習方法になると思います。

 

 

AD

外国語会話の心得

テーマ:

まるで宝石が散りばめられているような、倉谷先生のご著書なのですが、このブログで紹介させていただくのはこれが最後です。

(すでに購入され読み進まれている方もおられると思いますし)

 

 

っていいつつ、アマゾンをチェックしたら古書の価格が101円からになっています。

それでも安いですね。

 

さて、倉谷先生が授ける英会話の極意ですが、色々ありますが、今、読んでいる、

 

 

とも絡むことをご紹介します。

 

『日本人のための日本語文法入門』では、日本語の特徴として「主語は重要ではない」があります。

 

日本語(中国語もですが)はよく主語が省かれます。

いえ、主語だけではなく、既知。つまり、言わなくてもわかることは省略されますが、それとは別に言葉の構造として主語は重要ではないという話が紹介されています。

 

ということは、英語にしても中国語にしても、主語が大事。ということになると考えられるのではないでしょうか。

 

ということで、『英語上達法』から次をご紹介します。

 

たのむから、ニッポン人を理解する秘法を授けてくれ、と泣きついてくるアメリカの企業生がいます。そんな時、第一のサジェスチャンとして、こう言うことにきめています。

 

“Keep trying not to say anything in terms of  'I'.”

(『私』の一語を、ぜったい使わんことに決めなさい)

 

逆に、英語をしゃべりたいあなたには、

 

“Keep trying not to say everything in terms of  'I'.”

 

つまり何を言おうとしているかはさておいても、まず大きく口をあけてアイと、始めなさい。

(P67)

 

そう言えば、昔読んだある、海外で日本語教師をしている人が書いた本で、海外で自分の生徒が「あなた、あなた」というので困った。という話がありましたが、英語もそして中国語も「私」そして「あなた」はよく出てきます。

 

「お金がない」

 

と、自然にそうなったように表現する日本語ですが、英語では、

 

“I have no money.”

 

中国語ではやはり、

 

“我 没有 钱。”

 

「あなた」について、中国語では、「あなた」を意味する“你”だけでも使われます。

 

(たとえば、友人が裏切った時、その裏切った友人を指差し、“你、你、你……!”とするだけで相手を避難する意味になります。)

 

つまり、英語や中国語では「私」「あなた」に相当する言葉をよく使うのです。

 

これはこれらの言葉を極力使わない日本語の習慣からするとトンデモナイない話。

ですから、英語にしても中国語にしてもこれから話そうとするとき、日本語で原稿を考え、それを英語や中国語に訳すと不自然な表現になるし、言葉が出てこない。ということになるようです。

 

外国語が口から出ない。と思われる方、「私」を意味する“I”や“我”、そして「あなた」(感覚的には「おまえ?」)を意味する“You”“你”を使いましょう!

そうすることで会話力が大幅にアップすると思います。

え?そんなはしたないことはできない?

これは一発演技するつもりで、男優、女優になりきってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

AD

中国語翻訳上達法(英会話上達法より)

テーマ:

 

倉谷先生のこのご著書。

アマゾンのレヴューを見ると辛口があるのですが、情報を発信する側としてはいつもこのような批判はつきものなのだろうと思います。

(突っ込むのが好きな人もいますしね)

 

次のような内容があります。

 

小学二年の妹にも

 

高校ではM先生に、英語のロジックの面白さを、とっくりと教わりましたもので、英語の文をみるたびにいまだに棟がワクワクするこの楽しさは、先生のおかげです。

一行の英文は一巻の推理小説に勝る、ということを確認するのが、毎日の授業でした。

「小学校二年の妹にもわかる日本語に訳さなアカン」というM先生の口ぐせは、今、大学で英文学講読などと大層な題目でやっているボクの口ぐせでもあります。

(『英語上達法』P26)

 

私の高校の英語の先生の思い出は、入学したての頃、教室の前の方に座っていた私は、授業がいつ終わるのか気になり、隣の女学生に「今何時?」と小さな声で聞いたら(私は腕時計は持っていませんでした)、そのようすを見ていた英語の先生(そう言えばこの先生もM先生でした)に「お前、もういつ終わるか気にしてんのか?」と授業に集中していないことを皮肉たっぷりに言われたことを思い出しますが、学校では先生の影響は大きいですね。そして倉谷先生はいい先生と出逢われているようです。

もっとも、私のこのM先生も素晴らしい先生で、この先生のおかげで英語が好きになり、スター・ウォーズの原書を読むようになりましたし、その後中国語も学ぶようになったのですから、私も幸せです。

 

それはさておき、小学校二年生の妹にもわかる日本語の訳すとは次のようなことだそうです。

 

「社会は君のその行動をけっして寛容しない」などと学生が訳すと、「それで世の中わたってゆけると思うと大まちがい」ぐらいの訳が出るまで、いじめぬくのです。

(『英語上達法』P27)

 

「いじめる」

 

中国語では“欺负”ですが、先生というものは学生をいじめることでその学生を育てるという一面があるのかもしれません。

私の大学の中国語の先生も、いつも皮肉たっぷりで、いじめられましたがそのおかげで天狗になることなく、今も中国語を学び続けることができると思います。

 

「社会は君のその行動をけっして寛容しない」

 

は、直訳ですね、そして、それを自然な、日本語を母語としている人がその文化的背景を踏まえて、日本語らしい日本語の、

 

「それで世の中わたってゆけると思うと大まちがい」

 

にしなければ日本語にしたことにはならない。

 

この本、この一文の紹介だけで読む価値があると思います。

翻訳というものはそういうものだと思います。

 

翻訳の例としてもう一つ、次のような例もあります。

 

The knowledge of his absence made her feel at home.

 

読者はどう訳しますか?

 

「彼の不在の知識が彼女を安楽に感じさせた」

 

でしょうか?

 

倉谷先生は次のような日本語を紹介されています。

 

「きょうはあのひといないんだなあ、とおもうと、きもちがおちついた」

 

漢字をつかっていないのは、倉谷先生はやまとことばで表現されているからで、このあたりも私も強く同感しますが、これが「日本語らしい日本語」だし、「小学校二年生の妹にもわかる」のではないでしょうか?

そして、このような翻訳は機械翻訳にはできないのではないかと思うのですが、それもさておき、中国語もこのように「小学校二年生の妹にもわかる日本語にすること」を考えると、とても楽しいと思いますし、そうすることで中国語と日本語の表現の仕方の違いがわかり、それが中国と日本の友好につながると思うのです。

そして、何よりこんな風に訳すことを考えると、楽しいではありませんか。

 

ね?この本は英語というか外国語を学ぶ楽しさも教えてくれると思うのです。

是非、読んでみて下さい。

 

そうそう、倉谷先生は次の本も出されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

中国語会話上達法(リスニング編)

テーマ:

ありがたいことです。

 

中国語会話上達法ではリブログをしていただき、また、

 

『日本語教育のスタートライン 本気で日本語教師を目指す人のための入門書』(荒川洋平 著)

 

の著者から直々にコメントをいただきました。

 

「役に立っている」

 

これが私のブログなどを書く動機です。

気を良くして続いてリスニング編をご紹介します。

(後は翻訳編もあります。)

 

リーディングもそうなのですが、自然な速度がポイントのようです。

それをするためには単語一つ一つを全て聞き取ろうとしていてはとても間に合いません。

ではどうするか。

そのためのヒントが英会話上達法で紹介されているので紹介します。

 

 

お父ちゃんはアンハッピー

 

「パパ、タイプライターのpとnがひっつきすぎるて言ってたやろ、あれ修理できたから取りに来いって電話会ったよ」

そんな複雑な情報内容を八歳のエミコ(注:著者の娘さん)がどうして得たか、不思議でしょう?

「何て言いはったん?」

ときくと、

「タイプライター、それからオールライトッ・ナウ、それからディス・アフタヌーンて言いはったから、あとは何か言うてはったけど、どうせ大事なことちがう思うて、Thank you. I'll tell my dad. と言うといてん」。

 

これは著者はアメリカにいます。

娘さんは八歳ですがアメリカという環境の中にいて、英語を使う場面がにあふれているということもあるのですが、この、

 

「どうせ大事なことちがう思うて」

(関西弁ですから標準語に訳すと、どうせ大事なことではないと思ってです。)

 

著者はこのように言っています。

 

言葉にはいっぱいムダがある、さらにもう一歩すすめて、自分にはわからん(わからない)部分はどうせムダな部分とあきらめて無視、ダディの関心事は、修理できたかどうかなんだから、、オールライッ・ナウだけきけば充分。

 

これですこれ。

もっとも、何が大切かということを聴き取るカンは、天性のものがあるのかもしれませんし、圧倒的なインプットでパターン識別できるのかもしれませんが、少なくとも単語一つ一つ全てを正確に聴き取ろうとしているのではないということ、また、そうすることで聴き取ることが出来ないということはわかっていただけると思います。

 

しかし、こんな本があったとは・・・

 

この本には翻訳のコツの他にも上達法についても記されています。

 

是非、実際の本の魅力を感じてください。

 

中国語会話上達法

テーマ:

先日、ある方のブログを拝見していると、中国語の口語が苦手だという方がおられました。

 

以前も、中国語をもう何年も学んでいるのに自由に話すことができない。という方がおられましたが、その方への中国人講師のアドバイスは;

 

「自信を持ちなさい」

 

でした。

 

確かに自信を持つことは大切で、自信を持てば余裕も出て、肩の力が抜けて実力を発揮することができるという面はありますが、問題は、

 

「自信が持てない」

 

ことにあるのですよね。

 

自信を持てばいいことはわかっている。でも、その自信をどうやったら持つことができるのかがわからない。それが問題なのでしょう。

 

「知識はあるのに会話ができない」

 

というのは英会話でもよくあることです。

そして、色んな方が色んなアドバイスをされているのですが、その中で、古い本ですが、とても刺激的な本に出会いましたのでご紹介します。

 

『英会話上達法』(講談社現代新書、倉谷直臣著)

 

 

これは、

 

『日本語教育のスタートライン 本気で日本語教師を目指す人のための入門書』(荒川洋平 著)

 

で紹介されていました。

1977年の本ということで、1円から購入できます(送料は別ですが)。

 

この本は英会話だけでなく、翻訳についてもとても刺激的なのですが、それはさておき、次の文があります。

 

ニッポン丸は沈みません

 

英語を自由にしゃべりたい、国際人としてのマナーを身につけたい、と切実に願うのなら、英会話のきまり文句集などを真剣な目つきで勉強したりする前に、まずあなた自身の考え方の根本を変える必要があります。

大ヘンシーンを遂げて、レディネス(準備)が出来てから、さてどうすればよろしいか、と考えなさい。

いや、レディネスが出来たら、もう英語がしゃべれるようになっているはずで、その意味では英会話のきまり文句集など、だれの用にも立たない紙のムダということになりそうです。

(P83-P84)

 

どうやって大ヘンシーンするかというと、

 

ヘンシーン!の第一は、「勝手もの、変わりもの」と他の日本人に指さされるまでに、徹底的に個性をのばすこと。

(P84)

 

そして、

 

ヘンシーン!の第二は、オール・オア・ナッシングの完全主義、潔癖症を捨てること。

七〇パーセントの達成は七〇パーセントなりに納得して、幸せそうな顔をすべし。

(P85)

 

外国語の会話について心の影響を指摘している人は多いのですが、中国語通訳をしている経験、そして、多くの中国語学習者を見てきた経験からも、外国語を使うというのは心の影響を大きく受けると思います。

(EQ英会話というのもありますね。)

 

とはいえ、これも、

 

「わかっているけれど、性格はどうしようもない」

 

と言う方が多いのではないでしょうか?

 

“我知道,可是没办法啊!”

 

ここからは心理学の領域です。

アドラー心理学では性格は変えることができると言います。

でも、実際問題としては、これまで慣れ親しんできた自分のパターンですからなかなか手放せないでしょう。

だから、このような本はたくさん出版されているのに、今だに英会話スクールが大はやりなのでしょう。

 

キーワードは、日本の文化と外国の文化は違う。ということだと思います。

 

日本語って本当にほんのわずかな表現の違いで、相手を敬ったり軽蔑したりする意味を表現する言語です。

その繊細な日本語を話す感覚で英語なり中国語なりを話そうとすると何も言えなくなるのは当たり前です。

 

ですから、英語なり中国語を話す時には、「ヘンシーン」しなければならないのです。

 

まずはこのことを考えてみて下さい。

そして、あとは場数を踏むことです(結局それかい!)。

場数を踏んでいく内に、そして外国人と接する機会が多くなり、文化の違いを肌で感じていくと、

 

「あぁ、これでいいんだ」

 

とか、

 

「気にしなくていいんだ」

 

と思える時が来ると思います。

その時には、

 

「英語や中国語を話すのはなんて楽なんだろう」

 

と思えると思います。

そして、その時が一日でも早く来るようになるために、この本は是非、読んでいただきたいと思います。

(リスニングの秘訣も書いてあります!)