「あんにゃろめ。じい様たちを…。許さん。」


ハッシュは怒りに満ちた表情で拳を握りしめる。


「あのー。決意にみなぎってるとこ悪いんだけど…。」


おずおずとリノが訊ねる。


「ちょっと説明してくんないかな?」


ハッシュはエルフ族に伝わる魔王についての伝承と盟約について語った。

冒険者たちは、そこで初めて盟約の意味を知る。


「最初の盟約は、人間族は封印を解いちゃうかもしれないから森に近づかないように、ってものだった。」


ハッシュはただ淡々と語ってゆく。


「初めのうちこそしっかりと守られてたが、そのうち封じられている力を欲する者が現れ始めた。」


ありがちな話だ。


「そこで盟約は書き換えられ、森はエルフ族の領域だから入らないように、ってなった。」


「盟約って、二つあったの?」


リノの疑問。


「いや、エルフ族の領域には何かあるかもしれないと入る輩がいたからね。その後も何度か書き換えられた。だが、どうしても入りたがるもんで最終的には、盟約を忘れる事、っていう盟約が結ばれた。」


もはや笑い話である。


「で、裏でもう一つ盟約が結ばれた。すなわち、森に入った人間族は命の保証をしない、ってね。」


なるほど、だから一方的に襲われたのか、と冒険者たちは納得する。


「それなのに、私たち入っちゃったのね。そのせいで…」


リノの顔は蒼ざめている。


「君たちのせいじゃない。封印から永い時間が経ち過ぎた。それだけさ。」


ハッシュは絞り出すように切れぎれに言葉を紡ぐ。


「奴が去った後、心の奥底で何かが解放されたのを感じた。じい様たちもきっと同じだったんだろう。」


「そうは言うけど…」


何かを言いかけたリノに対しハッシュはゆっくりと首を振る。


「こうなる事は…多分決まってたんだ。大事なのは、これからさ。」


ハッシュはそこで一旦大きく息を継いだ。そして、底抜けに明るい調子で後を続ける。


「さぁ、いざ行かん。エルストイへ!」


悲しみを振り払い前に進もうとするハッシュに否定の言葉をかけるなど、出来ない。


「えぇ、行きましょう。エルストイへ。」


サラが賛同し、


「あぁ、行こう。エルストイへ。」


アルが同意する。リノがアルに付き従うのも、レクトに決定権がないのも、いつもの通りだ。


ほどなく、一行は森の出口に辿り着いた。


「ワタシハ此処マデダ。」


と、ふと立ち止まったオーレックが告げる。


「オーちゃん、帰っちゃうの?」


とても寂しそうなリノである。


「オ前タチニ助ケラレタコトハ忘レナイ。ワタシノ力ガ必要ナ時ハ声ヲカケテクレ。」


そう言い残し、一つ目の巨人は山へ帰って行った。


「行っちゃいましたね。」


レクトが言わずもがなの事を言う。


「いつかまた一緒に旅しようねー。」


リノの声は存外に大きく響き渡った。

AD