☆やみちゃんの富山食べ歩き☆

カレー探偵 やみちゃんが、富山県を中心に全国各地のカレーを食べまくり!レビューしまくる!


テーマ:

カレー探偵、やみちゃんです。

INDIRA (Toide branch)
"REAL BENGALI CUISINE PARTY"

FINAL REPORT by YAMI-CHAN
------------------------------------------
June 26, 2016


<ノモスカール!>

第2回インディラ パーティ
『ノモスカール・コルカタ』
(こんにちは、コルカタ)

大成功!!


・探偵の食卓


-MENU-

・フルーツポンチ (Fruit Punch)
  刻んだフルーツ、ザクロをサイダーとともに。
・グリーンサラダ (Green Salad)
  彩りも見事なフレッシュ野菜。
・4種のベジフライ (Four Kinds of Veggie Fry)
  オクラ、ナス、カボチャ、タマネギを使ったコルカタ名物料理。
・アルフライ (Aloo Fry)
  ポテトフライ。食べ方、自由自在。
・フィルカ マッチジョール (Firka Macher Jhol)
  コルカタ人が日常的に食しているフィルカ(マナガツオ)のカレー。
・マッチ チョッチョリ (Macher Chorchori)
  白身魚の身と内臓、ジャガイモ、ゴーヤのドライ炒め。
・ダルタルカ (Mooger Dal)
  ムングダル(緑豆の剥き割り)を使ったコルカタ家庭の豆カレー。
・タマリンドチャトニ (Imli Chutney)
  タマリンドとトマトの甘酸っぱいソース(チャツネ)。味変用。
・ジャスミンライス (Jasmine Rice)
  香り高いジャスミンライスはスパイスとの相性もバッチリ。
・チャパティ (Chapati)
  全粉粉を使った無発酵の薄焼きパン。いつだってチャパティ派なんです。
・マンゴークルフィ (Mango Kulfi)
  自家製マンゴーアイス。ココナッツとピスタチオが隠し味。
・チャイ (Chai)
  食後に甘いひと時を。


<準備万端!>

・本格インドスタイル


ついに開催!

インディラ戸出店」さんに30名のカレー通たちが大集結してのパーティ、その名も

ノモスカール・コルカタ』!!

大盛況の中、無事終了しました。

今回のテーマは「コルカタ家庭料理」。
最初から最後までコルカタ式です。

そのため店舗の奥は床に座って食べる方式にセッティング。
参加者にはサルワールカミーズ(民族衣装)を着ている方も多数いらっしゃいましたよ。


・厨房内にて


厨房内ではインディラグループ総帥アンサーさん他、スタッフの皆さんが料理の最終チェック中でした。




やみ「すげえ! こりゃガチなやつや!」

※メニューには表記ありませんが、写真の上のほうにあるスナックは「プチカ」といいます。


・Shal Pata


アンサーさんの粋な計らいでインドの葉皿まで登場。

これはシャルパタ(SHAL PATA、和名でサラソウジュの葉)を乾燥させて作ったものですね。
素晴らしい。




ライスを乗せると良い香りがしました!


・Fruit Punch


ウェルカムドリンクはフルーツポンチ
試作と異なりザクロが入って益益パワーアップ!

これ以上お肌がツルツルになって肌年齢が下がったらどうしましょ?


・Jasmine Rice, Chapati


今回のこだわりポイントはまだあります。
それは本場と同様、料理が次々と”給仕されてくる”スタイルを採用したこと。

スタッフの皆さんがノリに乗ってヒンディ語やベンガル語で

「はい、ライス、ライスは要らんかいね~?」
「これはカボチャ、これはオクラ、これはタマネギ」

みたいにとっても楽しい解説&給仕活動をしてくれました。
これがとっても楽しかった!


・Piaza, Mirch, Namak


薬味3人衆も登場。




青唐辛子をかじりながらガチな料理を食べまくる探偵さん。。


・Firka Macher Jhol


おっと、いきなりメインディッシュの登場!




フィルカ マッチジョール

フィルカ(英:ポンフレット、和:マナガツオ)のスープカレーです!
ジャガイモ、カリフラワー入り。




マナガツオ、富山では馴染みの薄い魚ですが日本各地でも食されています。
これ、淡白で骨離れが良くてウマウマなお魚さんですよね。




どんどん料理が揃っていきました。
楽しい!


・Vegetable Fry (kaddu, baigan, bhindi)




これもマサラが絡み付いて超ウマ!

ちなみにA,B,Cのアルファベット文字なスナックはインドの最新版パパドらしいです。
流行の最先端を往く我ら!


・Macher Chorchori


お兄さん「チョッチョリ~、チョッチョリ。チョッチョリは要らんかいね~♪」

このお兄さん、好きやわ~。
面白すぎ。




タラの頭、身、内臓とジャガイモ、ゴーヤを豪快にミキシングしたチョッチョリです。

これこれ、これぞ漁師の大好物!




骨も混ざっていますが、それがまた現地流。
私、何度もお代わりしました。


・探偵たちの食卓


円を描くように座った参加者の皆さん。




壮観ですね。
そして、皆さんさすがだと思ったのは、、








手喰い、手喰い、手喰い。

手喰いの3連チャン。
・・いえ、30連チャンだったかも!?

お店の意気込みに応じて、「ならば我らも現地式で食べましょうぞ」ということです。

もちろん強要はしていません、自発的なものです。
じつに素晴らしい。


・探偵さんの手喰い集




ムングダールが、”ヤミうま”やったなあ~!
これとライスだけでも満足なレベル!






タラの骨を口腔内で清めまくり!
清めの儀式(18禁)








諸行無常!




・・じっと手を見る。。




満腹、大満足!!


・Mango Kulfi


締めのスヰーツはアンサーさんお手製のマンゴークルフィ
もしかしたら、お店でもこの夏、期間限定で出すかも?とのことでした。


・記念撮影


左端がアンサーさん。
右端が闇執事(人間体)です。

***

以上、第2回インディラパーティ「ノモスカール・コルカタ」は幕を閉じたわけですが、アンサーさんの料理の素晴らしさはお見事としか言いようがありませんでした!
(今、私は泣いています)

これ、参加しなかったら数年は後悔するレベル。

アンサーさん、スタッフの皆さん、参加者の皆さん、共同主催のアダムスキーゆきんこさん、ありがとうございました!!大感謝!


<アンサーDAY>


さて、このような稀有の才能をお持ちのアンサーさん。

現在はインディラグループ全体を統括する多忙の身なので、今回のように厨房に立って直に作ってもらう機会が少ないのも事実です。

これって、とてももったいない話だと思いませんか?

私、アンサーさんにその想いを伝え、”ある提案”を持ちかけてみました。

やみ「月に1回でいいので、アンサーさんの本気の料理を提供する日を設けてもらえませんか?」

アンサーさん「わかりました。実は私もそういう機会があればいいなとウズウズしていたところなんです。やりましょう」


きたー!!
待ってました!


■緊急告知■

Ansar Day vol.1
(アンサーデイ・ファースト)

日時:2016年7月24日(日曜日)ディナータイム
場所:インディラ小杉店
お題:「ハイデラバード・マトンビリヤニ」
(サラダ、ドリンク、デザート、まかないカレー付き)
価格:1500円(税込み)


※数量限定、売り切れの際はご容赦ください。
※小杉店、ディナータイム限定です。



記念すべき第1回めのお題は、インドでもっとも有名な南インド・ハイデラバード式のビリヤニに決定しました!

こ、これは・・・
楽しみすぎるッ!!

アンサーさんはビリヤニ作りの名人とのうわさ。
激ウマ保証!!

これは、Ansarさんからの、私たちへの回答(Answer)になる予感。。

アンサーさん「・・ファイナルアンサー?」

私、毎回必ず食べに行きます!!

※詳細は後日また改めてお知らせします

***

やみ「次のカレー活動は、あなたの街のあの店です」

※ブログの人気ランキング参加中です。
 記事が参考になりましたらポチッとお願いします。

          ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ にほんブログ村


     

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。