やまざわ歯科クリニックのブログ

大阪の豊中にある、やまざわ歯科クリニックの医院ブログです。


テーマ:
こんにちは!
2年程前に出産の為退職し、この度パートとしてまた働かせて頂くことになりました歯科助手・受付の鳴海です。長い期間あいているので仕事は1から覚えなおしですが、やまざわ歯科に長く通って下さっている患者さんの中には私の事を覚えていてくださってお声をかけて下さる方もいらっしゃっるのでとても嬉しく思っています(^-^)
これから初めてお会いする患者さんにも覚えて頂けるように頑張りますので宜しくお願いします。

私の娘は1歳になるのですが、やはり子供には虫歯のない健康なお口でいてほしいですよね。子供の歯を健康に保つために私が気を付けていることを紹介します。

まずはよく噛んで食べてもらうこと。

娘は最近奥歯が生えてきたのでキュウリや根菜類を少し大きめに切り、歯ごたえが残るように調理したものを出しています。
人は前歯で噛みちぎって奥歯ですり潰すという動作を自然に行っています。物をよく噛んで食べることは唾液を多く出すことにもつながり、また顎も発達するのでとても良いことなんですよ!
離乳食のころは柔らかいモノばかりでほとんど噛まなくても食べられましたが、奥歯が生えてきた今、少し歯ごたえのあるものを食事に取り入れ、よく噛んで食べることを少しずつ覚えていってくれたらと思います。

もう一つは食べるタイミングです。

ごはんは大半の方が朝・昼・晩とだいたい1日3回同じような時間に取ると思いますが、気をつけたいのはおやつや間食のタイミングです。
小さい子供は1回の食事で食べられる量が少ないので、どうしても次の食事までにお腹が空いてしまいます。そしておやつ大好きですよね。
チョコレートやクッキーなど美味しいおやつはたくさんありますが、砂糖を多く含んだおやつが歯に良くないことは皆さんご存知のことだと思います。
それともう一つ、だらだらと長い時間食べ続けるのも良くないことをご存知でしょうか。
普段お口の中は中性から弱アルカリ性の状態だと言われています。おやつやごはんを食べたりジュースを飲んだりすると、お口の中は酸性に傾くのです。酸性に傾くということはすなわち、虫歯になりやすい状態なんです。
普段食べたり飲んだりした後は、唾液の働きによって中性に戻っていくのですが、あまりだらだら食べていると酸性の状態が長く続いて次第に虫歯になっていくんです。
一日に何度も間食したり、だらだら長い時間食べたりせず、食べるときはしっかり食べて遊ぶときは思いっきり遊ぶメリハリのある生活が理想ですね(^-^)

もちろん食べたあとの歯磨きが最も重要なのは大人も子供も同じです歯ブラシ

歯磨き以外にもそういった普段の生活に少し気を配ることで虫歯は減らせると思いますので、一緒に虫歯ゼロを目指しましょう歯キラキラ


当院でもお子様の虫歯予防には熱心に取り組んでいます。
虫歯の多い方には上記のような食事指導に加えて口腔内環境改善の口腔ケア用品の指導もおこなっています。
是非是非私達と一緒にお子様の歯を大切に守っていきましょう!!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。