多治見、瑞浪、土岐市のやまうちピアノ教室,リトミック教室です。泉小学校~車で1分、音符が読める!楽しく弾くチカラがつくレッスン

多治見、瑞浪、土岐市泉町、泉小学校、車で1分のやまうちピアノ教室、リトミック教室です。音楽がそばにある生活を応援します!音符が分かる!弾ける!楽しい!身につくレッスン。体験レッスン受付中!ホームページは→http://www.yamauchi-piano.com/


テーマ:

岐阜県、多治見市、瑞浪市、土岐市

土岐市泉小学校〜車で1分、喫茶店・木古里前、やまうちピアノ教室、リトミック教室

山内英子です♪

 

◯いつ楽譜が読めるの?私の場合

あま市の中塚三貴子先生に

8月6日のなぜたくさんの曲を練習するの?記事

をご紹介いただきました。

ありがとうございます。

あま市甚目寺観音、中塚三貴子先生のブログ記事



私がピアノを習い始めたのは、年長から。
習い始めは、一週間にバイエル教本から一曲、併用曲集一曲でした。
昭和世代のレッスン、かわいいイラストも歌詞もありません。
当時使っていたバイエル教本下巻です。{B6864B42-D126-4DA4-BF03-36F9E97C6F14}



楽譜を読むのは、、、
読めていませんでした。
先生が弾いてくださった曲や説明を(調号や拍子、雰囲気)を覚えるのです。始めの音ぐらいは、分かっていたかな?
耳コピです。

先生の模範演奏→先生宅を失礼する→バス停まで歩く→バスに乗る→歩く→帰宅→弾く
知っている人がバスに乗車しませんように。。(話しかけられると忘れるよ)といつも思っていました。

音符や楽譜に書かれてある事を理解するようになったのは、小学三年ぐらいだったと思います。
指導者が変わり、先生の模範演奏が無くなり、自分で楽譜を読み始めた記憶があります。

家庭での環境は、
両親は音楽が好きであるけれど、「練習に付き添う」では有りません。
「今度の曲なに?」「さっきのとこ弾けんかったねえ〜」関心を持ち、声かけはしてくれました。
童謡、クラシック、演歌、歌謡曲のレコード、お話童謡のソノシートもよく聞きました。
家族の誕生日やクリスマスの行事は、私が関連するクリスマスソングなどを弾いていました。耳コピです。

今のような音符のフラッシュカードもなく、どうやって楽譜が読めるようになったかは、自分でもよく分かりません。
小学三年から宿題の曲数が増えて、楽譜を読むしかなかったのかな?
これが私の事例です。

この私の事例を良いとは思っていません。個人差はありますが、出来るようになる時期は来るのです。


「興味や関心をもっていただく」
「音楽や楽譜に関わる時間が多ければ多い」
と楽譜を読むことにつながります。(その子自身の能力や環境。平仮名の読み書きの習得時期と重なると個人的には実感します)


やまうち教室では、習い始めから、音楽を身体中で音楽を感じとり楽譜にも関心を持ち、書いたり読んだり、弾けるようになるレッスンをします。



 

詳しくお教室のことを知りたい方は、

公式ホームページへどうぞ。

 

Facebookページもご覧ください。

 

お電話でのお問い合わせはコチラです。

 

メールでの問い合わせはこちらからお願いします。

 

ご予約・お問い合わせは、お気軽にどうぞ​ 

 

電話 0572-55-4468

(スマホからはコチラ↑をタップしてください)

 

 

 

 

土岐市 泉町 泉小学校から車で1分

喫茶店・木古里前

ピアノ、リトミック、ソルフェージュ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

岐阜県土岐市のやまうちピアノ♪リトミック教室☆楽しく上達☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります