シャララン・コンサルティング の代表で、社労士受験界で有名な大沢治子さん(いつも「ハルさん」と呼んでいるので、そのように書いていきます)が、社労士受験ノウハウ本「ハルの社労士試験 半年・一発合格の極意 」を出版されました。


僕は社労士受験時代、いろんな失敗をして、時間をかなり無駄に使っていたことが多々ありました。
テキストに書いてあることをとにかくインプットしていけば問題も解けるだろうという、学生時代にやってきた、とても我流のやり方で、テキストに自分の言葉でテキストの内容を書いていくというものです。

このやり方、問題でちょっとひねられると全く太刀打ちできませんでした。
そんな僕のやり方についても指摘があります。

ノート作りはしない。

僕も一度受験してからその事実に気付きました。
ハルさんはそのことにすぐに気付いたといいます。
…さすがです。

書くことにのみ一生懸命になってしまい、問題演習はおろか、本試験までにすべてを終えることができないという見通しのもとでそう判断し、ノートを思い切って捨てたようです。

僕も早く気付けば3回の受験を経験ることなく、1回で受かっていたかも…?


過去問の扱い方は、僕と全く同じ考えでした。
というのも、○×だけが合ってても仕方がなく、その理由もしっかり把握したうえで、本試験においてひねって出題されても引っかかることなく、安定して正解できます。

これは自分でも気づいていました。
でも、こうやって改めて書いてあると、自分のしてきた勉強方法は間違いじゃないし、胸張っていいやり方だって言えますね。


社労士受験は生半可な努力じゃとても受かりません。
厳しい受験勉強があって、その上で合格できます。
本書のタイトルは
「半年・一発合格の極意」
とあるけど、それは
「受かるための裏ワザで楽に受かっちゃいます!」
みたいなものとは全く違います。

そもそも、社労士は裏ワザで楽に受かって活かせられるような資格ではありません。
努力と苦労をした者だけが味わえる「合格」というものについて、その努力と苦労を最小限で、効果は最大限にできるような勉強方法が紹介されています。


また、この本では、お金をケチって受験勉強することの方が、結果的にお金ばかりか時間もかなりかかってしまうという、説得力のあることが書かれています。
僕も、これはほんとにそうだと思います。
受験生が「合格体験記などではいいこと書いてあるけど、実際問題はねぇ…」と考えてしまうようなことに対する、本音も織り交ぜてあるから、受験生にとってはとても共感して、勉強に対する姿勢と方向を決められるんじゃないかと思います。


合格から約2年、受験時代のことを思い出して、これから受験を志す方にアドバイスを求められたとき、この本は自信持って薦められます。


受験生の時に読んでおきたかったと、心底思う本です。
勉強を始めたばかりの方、勉強でお悩みの方などなど、必読ですよ!

AD

コメント(2)