身体を奏でる♪「身体奏法」

楽器のように体を使う「術」


テーマ:
皆さん、こんにちは。
川島大和です。
最近、ずっと暑い日が続ていましたが、
今日は天気が曇っていたせいで、暑さもそれほど厳しくなかったです。
指圧の往診も快適でした。
さて今日も患者さんたちが
「先生の指圧、すっごく気持ちいい」
「川島先生に圧してもらうとすごく楽になるの」

等、ありがたいお言葉をいただきました。
なぜそのようなことを言われるのか?
今回は自分なりに思ったことを書かせていただきます。
ご参考になれば幸いです。

先日の経絡指圧のセミナーで藤崎先生が
圧には2つある
と言われました。
1つは「交感性の圧
もう1つは「副交感性の圧

交感性の圧とは指圧を受けている相手を興奮させるような圧で
例えば強く、速いテンポで圧す感じです。
アスリートなら試合前やパフォーマンス前の施術としては
有効だと思います。
しかし自然治癒を喚起するための施術としては
やはり副交感性の圧で行うことにしています。
副交感ですからゆっくりとしっかりと圧す感じです。
交感性の圧との大きな違いは
持続圧
です。
指圧の際に相手の身体部位に徐々に圧を加えていき、
圧を持続した状態を保ったら・・・



ゆっくりと圧を弱めていく。
そのリズムで施術するようにします。
副交感性の指圧を受けた人は、
リラックスしてきますし、寝てしまうことも多々あります。
この状態こそがまさに
副交感神経優位の状態




なのです。

私たちは具合の悪いときや調子が悪いとき、
横になったり、無理せずゆっくりと過ごしたりしますよね。
つまり不調や病気の時は
安静にします。




安静にするということは
副交感神経が優位な状態にすること

だと思います。
そうすると免疫力は高まるだろうし、
内臓の働きも活発になるはずです。
指圧の施術では、
相手を安静な状態
つまり副交感神経優位な状態に導くために
持続圧を行います。




創間(SOMA:そうま)

自然治癒のための間を創る
それが私の施術です。
私は何も特別なことやすごいことをやっているのではありません。
私のことをゴッドハンド!
という人もいましたが、
いえいえ私はただの中年男です(笑)
あなたにもきっとできるはずです!
ほんの少しの間をとる・・・
それが自然治癒を呼び覚ますきっかけとなります。
参考にして下さい。



それでは、今日はこの辺で。
ありがとうございます。



AD
いいね!(51)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん、こんにちは。
川島大和です。
5月も半ばが過ぎ、6月の足音が聞こえていました。
ちょうど今、6月のセミナーの準備をしています。
今回は叩打法を取り上げます。



今度のセミナーでは私のオリジナルの叩き方
特殊打法」を初公開します!

実は特殊打法は、あることがきっかけで誕生しました。
それは
包丁の使い方
です。




私はよく何気ない日常から色々なヒントを得ています。
ある時、料理番組かなにかで
玉ねぎのみじん切り
をやっていました。
だんだんと細かく刻まれていくうちに・・・
包丁を使っていた人が
大変興味深い切り方をしていました。
それは、
一方の手で包丁の先をおさえながら
もう一方の手を動かして細かく刻んでいく・・・

そんな包丁の使い方でした。
こんな感じでした。




料理をされる方はだいたい想像がつくと思います。

叩打法には
切打
という叩き方があります。
手の小指側で相手の身体を叩いていく方法です。
その動きはまるで刃物で切るような動きです。

通常の切打は左右の手を
交互に、リズミカルに叩いていきます。




しかし私が今度のセミナーでご指導する特殊打法では
小指側を相手の身体に接触させて打ちます。



その動きはまるで先程の
包丁のみじん切りのような動き
です。





みじん切りの動きのように
超細かく叩くので
微細な振動が相手の身体に伝わっていきます。
そうすることでのようなデリケートなエリアにも
やさしくアプローチすることができます。





特殊打法微細な振動
顔の緊張を解きほぐしていきます。
しかも経絡に沿って打つので内臓にも働きかけます。
とてもユニークな叩き方ですね。
今度のセミナーでは
叩打法の新境地を皆さんにお見せしたいです。
セミナーにご興味がある方は、
ぜひいらして下さい。
定員がございます。
4月のセミナーの時のように
満員になってしまう可能性もございます。
お申し込みはお早めにお願いします!


叩けよ されば癒されん!経絡叩打法「顔面奏法編」


私と一緒にセミナーで
新たな手技の扉を叩いてみませんか?


皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。



それでは、今日はこの辺で。
ありがとうございます。



AD
いいね!(63)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、こんにちは。

川島大和です。

先日、代々木のウィルワンにて新コース

介護整体

のクラスが始まりました。

 

 

 

このコースは私が介護現場にいた頃から

ずっ~と構想があったので、こうして開催にこぎつけて

胸にこみあげてくるものがありました。

 

LOHASのように

健康で持続可能な介護スタイル

を提唱し、

人の手よる「整体ケア

を介護現場に届けていきたいと考えています。

 

 

 

整体の施術を受ける相手だけでなく、

施術者にもやさしい手技をセレクトし、

楽しく、わかりやすくご指導しました。

 

 

 

 

また高齢者特有の症状や疾患など

についても詳しく解説し、

安全、安心な施術に必要不可欠なことを

生徒さんたちには伝えました。

 

 

 

 

介護整体を学ぶメリットは、

やはり高齢者への対応法を学べることです。

私は

手で触れることはコミュニケーションだ

と思っています。

コミュニケーションにおいて

話し方、言葉遣いが大切なように

整体の施術においても

触れ方、動かし方

がとても重要になります。

特に高齢者は、骨がもろかったり、様々な病気や症状があるので

接触というコミュニケーション能力

が問われるわけです。

 

 

 

介護整体という「触育」で介護予防!

これからも一生懸命ご指導致します。

 

私、川島大和が担当するコースは

介護整体タイ式ボディワーク

2つがあります。

詳細はこちらでご覧になれます。

 

介護整体

 

タイ式ボディワーク

 

 

ご興味がある方は、ぜひ学んでみて下さい。

皆さんとクラスでお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

それでは、今日はこの辺で。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!(78)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん、こんにちは。
川島大和です。
今日は良い天気で、外に出ると
緑濃い木々をはじめ
昆虫たちや動物たちの姿をたくさん見かけました。
動物や昆虫などの動きを観ていると
自然界の動きには無理や無駄がなく
とても美しいとしみじみ思います。
今回は、自然界の動きからインスパイアされたことを
書かせていただきます。

マットや布団で指圧をするときは
四つん這いの体勢になります。




私たちは日頃、二本の脚で地面に垂直に立っているため
四つん這いのような水平面になると
動きづらいかもしれません。
赤ちゃんの時は、ハイハイをして
四つん這いの動きがスムーズですが、





大きくなって、手足が長くなると四つん這いが難しくなってきます。
そこで
バイオミメティクスを動きにおいて活用します。
四足歩行の動物の動きを模倣することで
四つん這いの動きを快適にし、
指圧の際の体の使い方を改善したいと思います。


*Biomimetics:バイオミメティクス(生物模倣技術)
 生物の形態や構造、機能を模倣(マネ)して
 ものづくりに応用すること


チーターが座っている体勢
獲物が来たら、すぐに疾走できる状態です。



相手を指圧する直前の体勢。
チーターの動きを模倣して
首の余分な緊張を取り、脊椎本来の長さを保ったまま
すぐに動ける状態にします。





ゴリラの四つん這いの体勢。
どっしりと安定した状態で
見た目にも楽そうです。



ゴリラのように楽な四つん這いの体勢で

首が自由に動き
背中が広く、長い状態をキープしています。

そのまま相手に拇指を当てていけば、
全身で快適に指圧できると思います。





バイオミメティクスは、物(モノ)づくりだけでなく、
体の使い方にも活用できると思います。
指圧のような手技療法の指導においては
まさにバイオミメティクスの発想は有効なはずです。
私も技術指導において
者(もの)づくりに応用しています。

他にも例えば
ヨガの木のポーズやネコのポーズ
動きのバイオミメティクスだと私は思っています。


















迷った時は自然に聴いてみる。
うまくいかないときは、
どうすれば自然の理に適うのか考えてみる。
自然体というものは
そうやって育まれてくるのではないでしょうか?
動きのバイオミメティクス
皆さんも身近な自然に語りかけてみて下さい。
そして自然の動きを育んで下さい。



それでは、今日はこの辺で。
ありがとうございます。

いいね!(59)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん、こんにちは。
川島大和です。
昨日は近所の温浴施設でまったりしてきました。
ずっと超!忙しかったので
やっとホッと一息つけました。
いつも人を癒してばかりなので、
たまには自分自身も癒してあげるのもいいですね。

さて6月のセミナーのお知らせです。
以前にも書かせていただきましたが、
私はずっとずっと叩く手技
叩打法




にこだわってきました。
自分が一番できること
それが叩くことだったからです。
だれもが見向きもしなかった叩打法
それに川島大和新しい光を、を吹き込んでみました。


昨年、顔のワークショップを行いましたが、
足ツボ、ハンドマッサージなど
手や足へのアプローチ法はたくさんあっても
を入口とした施術スタイルは美容系以外には
まだまだ少ないような印象があります。
私は顔こそもっともっと施術すべき部位だと思っています。
そこで6月のセミナーでは
叩くことで顔にアプローチしていきます!
顔を叩く?
と思う人も多いかもしれません。
もちろん顔を激しく叩くわけではなく、
微弱な刺激で安全に叩いていきます。



叩くエリアも経絡に沿って叩くので
単に叩いて筋肉の緊張をほぐすだけでなく、
内臓にも働きかけていきます。

さらに叩き方も普通の叩き方だけでなく、
川島大和オリジナル
特殊打法
もご指導致します。




奇しくも6月は私の誕生日です。
新しい施術スタイルの誕生!
ということで初公開のセミナーにしました♪


叩いて顔を奏でる♪
新しい施術スタイル
経絡叩打法 顔面奏法編」
お楽しみに!



セミナー詳細
6月24日(金)9時30分~12時
代々木、ウィルワンにて
お申し込みはこちらからお願いします。


叩けよ!されば癒されん♪経絡叩打法セミナー 顔面奏法編


皆さんとセミナーでお会いできることを
楽しみにしております♪



それでは、今日はこの辺で。
ありがとうございます。



いいね!(79)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。