日本プロ麻雀連盟の山口大和です。よろしくお願いします。
.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-27 19:29:29

「麻雀」よ、ごめんなさい

テーマ:ブログ
こんばんわ

先週は対局続きでした

モンド新人戦に引き続き特別昇級リーグの3、4節が行われました。

3節目は
Aルールにも関わらずドラが場に飛び交う超荒れ場が続き、我慢の麻雀でちょっとマイナス

4節目は
うってかわって、重い空気の中チャンスを伺う探り合い。
いくつかキッカケを掴むもまやかし。
パッと勢いを離してしまう。
本流には乗れず、他3人の攻撃を受け流すので精一杯だった。
最終戦、消極的な思考からの降り打ち。

じっと顔を水に浸けていたのについに顔をあげてしまった。

特別昇級リーグは辛い展開が続いている。


自分なりに考えてみたのだけど、明らかに間違っているのだろうと感じた事があって、私は麻雀荘に勤務している訳ではないので打荘数がけして多くはない。

日本オープンの時もそうだった。

2週間の期間で教室以外で牌にさわってない。

何が良かったのか?

麻雀を早く打ちたい。

1半荘でも多く戦いたい。

そう思って勝ちとった。


最近の自分はまるで腹を空かした猿のようだ。

勝ちたい。ただ勝ちたい。

そう思って麻雀に向き合っている。

そりゃそうだ。

新たに与えられるチャンスを1つでも掴まなければ、また埋もれてしまう。

だから麻雀は打ちたいけど変に力が入ってしまい牌と、卓と、麻雀と気持ちが呼応しない感じ。

もう1回初心にかえって(初心忘れてないですよ)楽しい麻雀、たくさん打ちたい麻雀を笑顔で対局に臨みたいと思ったのであります。

麻雀さん、ごめんね

もっと楽しくこれからもいっしょに過ごしましょう

これからもよろしくお願いいたします!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-06-22 23:11:48

モンド新人戦 面接審査、二次予選

テーマ:ブログ
大和です。

モンド新人戦に行ってきました。

一次予選は通過、32人で面接審査となりました。

麻雀に関する質問をたくさん受けて、しっかりと熱く麻雀についてやプロについて話してきました。

結果は2位でした。

これは素直に嬉しかった。

私の麻雀プロとしての進むべきベクトルが評価された訳だから。

だからここに記そうと思う。

現代の麻雀プロに必要なのは?
(あくまで私の主観であります)

個性

プロとして見られるという事をもっと意識しなければならない。
麻雀の内容は当たり前でもっと個人個人が服装や髪型、行動や言動に強い意識を持ちかつ個性を表に出して行くべき。

そうする事によってファンも応援してくれるだろうし、アピールにもなる。また麻雀を普及するという点に於いてもプラスになると思う。

麻雀プロはしわしわのスーツとシャツでボサボサの髪、ノーネクタイとか印象をお持ちの方が多いと思うがそうであってはこれからの麻雀業界にとって良くないと思う。


そして麻雀は流行りなどに流されず麻雀にも個性(意思)を持ち貫き通して観る人に感動を与えるような麻雀を打っていくべき。

みたいな事を答えた。

この2位という評価が二次予選のポイントに加算(40p)されるのだが……

それを活かせず敗退となった。

最終戦、オーラス5巡目

あがれば通過のテンパイをするもあがる事ができなかった。

素直に弱い。

敗因もある。

悔しい。

でも勝つしかない。

やり続けるしかない。

麻雀プロなら、麻雀で勝つしかアピールする術はないのだから。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-06-15 10:33:00

女流勉強会

テーマ:ブログ
先日、ニコニコ生放送「日本プロ麻雀連盟チャンネル」で

「女流勉強会」

という番組に講師として出演しました。

私の役どころは……

まだあまりルールなどを把握していない女流プロ志望者に麻雀を教えてあげるという普段から教室で行っているような事でした。

今回、指導するのは三城さゆりさん



9月のプロテストに向けて特訓中です。

とりあえず、最低点数計算まではなんとかしなければテストどころではないので頑張ってもらいたいですね。

連盟チャンネルは麻雀に特化した番組を多く放送しているのですが、このような勉強番組ができた事、そして麻雀教室の講師が出演できた事、これらは今教室で頑張っている講師にとっても励みになると思うし本当に大事な1歩だと思います。

これからも麻雀教室の講師が活躍できるステージが増えてくればいいなと思ってます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-07 08:48:01

リーグ戦第3節

テーマ:ブログ
リーグ戦第3節が行われました。

1413でプラスの44.1



暫定ですが、昇級ボーダーの6位に順位を上げました。

内容としては決して好調というわけではないのですが、本手が入った時にあがれる事が多くこのポイントとなりました。

「本手あがれる=好調」

とは思いません。

私に麻雀を教えて下さった方に言われた言葉を思い出しながら対局していました。

「偶然やたまたまあがれた点棒は些細な事ですぐ失う。でもしっかりとした手順や意思で得た点棒は仮にその後、誤った失い方でなけれは必ず返ってくる。」

この日は明らかに前者でした。

でもせっかくもらった点棒ですからそれを活かさないと。

ただ、インパクトのあるアガリが多かった(打点的に)ので周りのミスにも助けられた感はあります。

とりあえずあと2節。

やることをやる。

自然体。

自分を見失わないよう頑張ります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-29 23:29:36

対局報告

テーマ:ブログ


御無沙汰しております。

なかなかブログを更新できず申し訳ありません!

5月の対局報告ですヽ(・∀・)ノ

C3リーグ第2節
プラス20ちょっとで順位も14位に上げる事ができました。

十段戦
三段戦
3位で敗退でした。

モンド新人王戦
2141でベスト32に進みました。

自分のスタイルってのが少し解ってきたので、それをぶれる事なくやりきるってのが最近の課題です。

目先の利にとらわれず、自分の力でつかむ。

そうやって勝っていけたらと思います。

当分は自分との戦いと、メンタルの向上が必要であります。

日本オープンの決勝戦観戦記が日本プロ麻雀協会のHPにアップされました。

http://npm2001.com/nihonopen/14-nop.html

五十嵐代表ありがとうございました!

デジタル主流なのかな?そんな中、自分を信じて打ち切りました。

よろしければ御覧くださいヽ(・∀・)ノ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-11 12:35:04

教室講師の宿命!

テーマ:ブログ
ども、大和ですヽ(・∀・)ノ

今日、新浦安の教室で生徒さんにこんな事を言われました。

「先生、この前の試合(最強戦の事)残念でしたね……。先生、教室では降りないようにって、振り込んでも前向きに倒れなさい!って言ってるのに試合では降りてばっかりでしたね(  TДT)だから怖い時やリーチされたら降りてもいいですか?」

グサッ

基本的に教室ではみんなにあがってもらいたいから、後ろで見ながらできるだけ降りないようにしてもらっています。

でも今日は何も言えませんでした。

先生が慎重にやっているつもりでもせいとには消極的に見えたらやっぱりアカンなぁと。

幸い、最近は意識をもって少し手を広げるよう心掛けています。

生徒さんにさすが先生って思われるような打ち手にならなきゃって再認識しました!

これからも頑張りますヽ(・∀・)ノ

先日、日野の教室でも祝勝昼食会をひらいていただきました!

皆さんありがとうございます!

注:降りる……自分の手をアガリに向かわせないで放銃などの不利益を回避する事。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-01 00:49:55

麻雀最強戦 修羅の道

テーマ:ブログ
先日行われた麻雀最強戦 修羅の道 は3着で予選敗退となってしまいました。




入場シーン
キャッチフレーズの不沈艦って戦艦大和からとったのではなく、プロレスラーのスタンハンセンの通り名みたいなモノで戦艦大和とも似ていて語呂が良かったのでこれに決めました。

内容は全体を通してみると消極的な手組が多く、映像対局で変な放銃はできないプラス自分の思考に放銃が態勢を下げるというのがあるのでこのような麻雀になってしまったと思います。

それでも東場が終わり、2着目で折り返せたのは奇跡的で手なりとはいえ跳満、そして煮詰まった場面での700、1300は800、1400を引けたのは手応えがあった。

2着までに入るってのはもう、最初から決めていて展開的にもオーラスまで現実的な点差だったからどうにかなると思ったし諦めていませんでした。

ただ、解説の前田プロが言っていたようにもっと手を広げて積極的な麻雀をしなければ今後勝っていけないとも思いました。

梶本さんが「相当、辛抱強い」と言ってくれた東3局の親番。
ここは良かった。

でも次局、字牌の切り順を間違えました。
ここでの思考は前局の跳満のあと我慢して迎えた好配牌。
翻牌から打ち出そうと決めたのに中、西(1枚切れ)、東の順で打ってしまった。
この1巡の遅れで忍田プロに東が重なったため、もつれてしまったのは後悔している。

一貫性。

これはホントに大事だと思うし、私の麻雀の骨格でもある。

そういう面ではちょっとずつ出来てきている。そこに中身の厚みを増していきたい。

いろいろな欲に負けないように麻雀を打てればきっとチャンスをまた得る事ができると信じて今後も精進していきます。

応援して下さった方々、負けました!

ごめんなさい!

これからも頑張ります!応援よろしくお願いいたします!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-04-25 08:41:54

最近の対局報告

テーマ:ブログ
お久しぶりです。

大和です。

最近の対局について報告です。



写真は特別昇級リーグのポイントです。

4411でマイナス12.2

最初の2回でマイナス60弱負けてかなりヤバイ感満載でしたが、何とか持ち直しました。

敗因は何となくわかります。

1回戦、押しきっていればアガリがあったんだけど、もうアカンやろと引いたはいいのですがそこから手詰まり放銃という最悪のミス。

そこから立て直すのに3回戦までかかりました。

3、4回戦はそこそこ戦えていたと思います。

柴田十段が強かった。

まだ、あと7節あるので(途中敗退にならなければ)ポイントを積み重ねていきたいですね。

そして麻雀マスターズ。

日本オープンのシードで本戦から。

2422でマイナス7.1

5回戦に進めず。

やはりここも4の取り方が非常に良くない。

悪いクセがでました。

イーシャンテンからテンパイをとりたいって欲に負けてチーテンをとってすぐ引かされた生牌を打ち放銃。

だからこんなんまず、チーとかないから。

鳴いても引かなきゃダメだろ。

後悔しか残りません。

鳴きに関しては2回戦以降ホントにダメだった。

どうしたら勝てないかを復習してる場合じゃないのに。

翌日、マスターズのトーナメント28と16を観戦しにいった。

望月プロ、紺野プロから有難いお言葉を頂いた。

放送対局が多くなる今、生でトップクラスの対局を観戦できる機会が減ってきている。

息遣い、表情、オーラ、そういうモノは生でないと感じる事ができない。
そしてそういう所で勝ち上がった人が上で勝負する。

観戦者が結構少なくてビックリした。

これからも仕事が休みの時は観戦にも行って感覚を研磨し、更に向上できるよう頑張ろうと思う。

ヤマト

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-04-16 13:57:30

優勝インタビュー!

テーマ:ブログ
http://www.ma-jan.or.jp/writings/interview/24673.html

日本プロ麻雀連盟のHPに「日本オープン」優勝インタビューが掲載されました!

インタビュアは阿部謙一プロですヽ(・∀・)ノ

とても素晴らしい文章なのでご一読頂けたら幸いです。

色々とチャンスを頂いております!

今日もこれから特別昇級リーグです。

結果残せるように頑張ります!

自然体ヽ(・∀・)ノ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-03 17:41:31

リーグ戦開幕

テーマ:ブログ


今期のリーグ戦も始まった!

1441でマイナス3.1

良いとこ、悪いとこあってこのポイント。

んー。

ツモられなくてもいい相手のアガリが何個かあったなぁ。

あと、再認識は鳴きがヘタ。

たぶん、効率的には良いはずなんだけどまぁあがれない。
捌こうとしてそんなに変な鳴きとは思わないんだけど。

私が鳴くと、大体自分に不幸が起きる気がします。

結構我慢したんだけど。

もっとか(  TДT)

来週も頑張ります!

写真はリーグ戦終わりにいつも食べる鶏パイタンラーメンヽ(・∀・)ノ

うまうま!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。