敏感な傷つきやすい個性で幸せな子供と大人になる方法

敏感な子どもと大人(HSC・HSP・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン)の生きづらさ・
不登校・悩み・発達障害の疑いには、潜在意識から育てることでより生きやすく!      
      子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)


テーマ:

こんにちは、岡田奈美子です。

 

前回は、「敏感な子ども・敏感じゃない親」の組み合わせでしたが、

 

今回は、子どもと親、2人とも「敏感さんの組み合わせ」の場合です。

 

 

 

敏感さんタイプの親は、

 

子どもが元気なときはいいけれど、

 

元気じゃなくなったとき、一緒に落ち込んでしまう、

 

または子どもより、もっとどんより、orパニックになってしまうことがあります。

 

でも、その分、とってもいい面があります。

 

敏感な親は、敏感な子どもの気持ちを「わかる」という才能です。

 

だから、親が敏感さんでも、大丈夫なのです^^。

 

そのメリットをめいっぱい生かせばいいということ♪

 
すると、「敏感な親で、よかった」になります。

 

 

敏感という、とっても魂のレベルの高い個性を、

 

頭ではなく、

 

ハートで、理解できるということ(これはとっても大事)。

 

そして、もちろん親自身が敏感なので、

 

一緒に癒す(ヒーリングする)ことが上手♪ということ。

 

これは、とても大きいメリットです。

 

先日、セラピーを受けられた方(とっても敏感な方)からのご感想をご了解をえて、ご紹介しますね。

 

「私が悪かったと自分を責める気持でいっぱいで、セラピーが進むのかと思いきや、

 

岡田さんと話しているうちに、

 

意外と、敏感な子どものことをわかってくれない夫や学校に怒っている自分がでてきました。

 

「〇〇(お子さんの名前)をダメだと頭ごなしに決めつけないでよ!」という苛立ちでした。

 

気づいた時は、ショックを感じましたが、

 

岡田さんと一緒にヒーリングしていくと、涙がでてきて、

 

怒りが静まって、

 

悔しい気持がすーっと落ち着いてきました。

 

○○(子ども)のことだけじゃなく、

 

私自身の小さい頃の経験が重なっていて、

 

2倍悔しくて、つらかったから、

 

岡田さんのご指摘の通り、○○(子ども)は、私の分も背負って、2倍しんどかったのですね。

 

ヒーリングって何?素人の私でもできるのかしら?と初めは思ったのですが、

 

話をきいて、できそう、というかむしろ得意だわ、と思いました。

 

場の空気にいつも敏感な私には、合っていたようです。

 

毎日、しています。

 

すると、主人が優しくなって(私の気のせい? 笑)、

 

○○(子ども)もチックが治って、

 

私が変わると、周りが変わるとはこのこと?と思いました。

 

〇〇(子ども)を元気したいとがんばってきた私。

 

でもそうじゃなかったのですね。

 

とても安心した時間のなかで、気持が変わっていくのが感じました。

 

「○○(子ども)をどうしてあげたらいいのだろう?」と不安でいっぱいだったのですが、

 

2人とも、敏感な私ってこういうことができる!すごいわ!という意識に変わりました。

 

岡田さんのエネルギーというか、なにか気みたいなもの?も感じて、

 

穏やかで、前向きになることができました。ありがとうございました。」

 

 

 

この方は、「子どもが敏感すぎて、私はよくわからなくて・・・。子どもに申し訳ないです」とおっしゃっていたのですが。

 

実は、お母さんご自身が、敏感な個性で、色々な思いを溜めていたんです。

 

言葉はよくないですが、ベンピみたいなもので^^。

 

溜まったものを出せば、肌もキレイになるし、からだも健康になる、

 

そんなことが、こころにも当てはまって、子どもにも嬉しい変化がおきた、そういうこと。

 

 

 

たしかに、私はセラピー中、相手の方とそのお子さんへ、その人らしく輝けるサポートのエネルギーを送っています。

 

敏感な方には、けっこう見破られます(笑)。

 

ようするに、

 

敏感な人は、子どもに悪影響を与えちゃうこともありますが

 

(だって人間ですからそれもアリ^^)、

 

エネルギーの使い方次第で、

 

とってもいい影響も与えられる、ということなので、

 

どうせなら、いいエネルギーを発して、自分も子どもも、

 

しあわせな方向へ歩いていく、すばらしい機会にしていきましょう、ということです^^。

 

セラピーの最新スケジュールはこちらから。

 

4月は、2回目以降の方のみで、5月分より新規の方のご予約を受けさせていただきます。

(5月以降の日程は、4月中旬以降に告知させて頂きます)

 

今日もありがとうございました。    

 

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子   

          (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは、岡田奈美子です。

セラピーを受けられた方からメールをいただきました。

 
これを読んで下さっている方にも、ヒントになるかも?と思い、ご了解を頂いたので、少しご紹介させてください。(Tさま、ありがとうございます♪)
 
Tさまは、敏感なわが子に対して、
 
「もちろん愛しているけれど、こんなに敏感では、これからが心配><!
 
だから、心を鬼にして厳しくするべき?」と思われていました。
 
セラピー前に、メールをやり取りしたときに、私がTさまに
これから大事なことをちょっとお伝えしたくなり、送らせて頂いたメールがこちらです。
 

「お子さんへの的確な対応ももちろん大切なのですが、

お母さんの“このままでは(この子が)心配”という思いを

ゆるめていくことも大切です・・・」

 
厳しくするか、緩くするか、という「どちらが正解?」論以前に、
 
お母さんご自身が「この子、心配だわ・・。」という思い、
 
これが、けっこう子どもにバレバレで、いい影響は与えられません^^。
 
こういう思いは、
 
子どもの元気をますますなくしますし、
 
これがあると、何をどうガンバっても、いい方へは変わりづらいんです。
 
例えると、木の根っこが弱っているのに、花や葉の肥料を与えても、花や葉は元気になりづらいですよね。
 
まずは根っこを元気にする必要があります。
 
土を新しく入れ替えるとかね。
 
 
「敏感なうちの子が心配」という親の思いを、ほわっと変えつつ、
 
「北風」のやり方ではなく、「太陽」のやり方を選んでいく、そんな感じなんです。
 
~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~
 

「北風と太陽」、先生の例えは本当にその通りだなぁ。と。


私は太陽になれるだろうか?と。
 
内観(自分の気持ちに寄り添い、聴いてあげるコト ※注釈 岡田)をくり返し、

 

この気持ちの原点に気付けた時には、苦しい気持ちの最高峰(^^;?)を見た思いで撃沈しましたが、

 

「ココ」を見つけられたから、

 

少し関係も、これからの生き方も変える事が出来るかも。と今は思えるようになりました。

 

~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~

 

自分で何とかしようとしていると、いつも同じ答え・やり方しか思いつきません。

 

私たちって、自分の頭と心に「私はここまでしかできない!」「このやり方で普通!」と無意識に決めてしまっています。

 
「がんばらなくては!」と思うと、また同じ方向へ、ガンガンがんばって加速しがちです。
 
今度は、それがダメ!となると、極端に、一気に逆方向へ行きがち><。
 
(「もうあきらめた方がいいの?」とか)
 
 

その考え方自体を変えたり、新しい視点や発想をいれていくと、変化が起きてきます。

 

カウンセリングは聴くだけ、と思われがちですが、

 

コーチングも取り入れているので、頭と心のブロックが外れて、新しいやり方ができる自分になっていただくこともあります。

 
まあ、でも。
 
敏感な子は、
 
「こういう思いをした方が、お母さんも、ずっとしあわせになれるよ♪」と導いてくれているので^^、
 
「新しい変化」をこわがる必要はないんです^^。
 
セラピーも、私が、というより、私は、あなたの敏感な子に頼まれて(?)、させていただている、そんな感じなんです^^。
 
 
 
敏感な子と親の「本来のあなた」を取り戻すためにも、
 
敏感な子は、あなたのところへ生まれてきたみたいですよ^^。
 
自分らしいしあわせの方向へ、一緒に生き合えば、いいな、と思います。
 

セラピーのスケジュールはこちら。

 
今日もありがとうございました。
 
          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子    (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、岡田奈美子です。

敏感な個性のお子さんから、お手紙をいただきました。

(T様、頂いたご感想のご紹介は、来週させて頂きますね)

 

とても奥深くて、すばらしい個性をもちつつも、誤解されやすい敏感な子。

 

そんな敏感な子どものひとりが、普段どう感じているか、親に対してどんなことを思っているか、

 

わかりやすく伝えてくれているので、本人の了解をえて、ここにのせます。

(個人を特定する内容は省いています)

 

~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~

「どうして同じ人間なのに、私だけ違うんだろう?とずっと思ってきました。

 
私は病気でもないのに、どこかおかしいと接してくる大人達に対してのやるせない敗北感。

 

 

 

私のことを、『しんどい、かわいそうな子』と思っている(であろう)お母さんは、

 

その気持ちを、わかってもらえて、安心して、とても嬉しそうだった。

 

私は、全然知らなかった人に、自分の(これまで人に言わなかった)色々思うことを

 

おかしくないし、わかってもらえるんだと思って、これでよかったんだと思うことができました。

 

でも、まだ岡田さんにもわかってもらえないしんどい部分があって、

 

『岡田さんにも無理だと思います』と言ったら、

 

『そこが、〇〇さんにしかない素敵な個性だよ。

 

全部、私がわかったら、それはあなたが私と全く同じ人ってことだから、逆におかしいかも?』

 

言ってもらえて、あ!そうか、そうなんだ!とすごく気持ちが落ち着いたし、明るくなれました。

 

ずっと私の悪いところ、人にわかってもらえない、変なところ?と思ってきたところ。

 

それが、私のオリジナルのいい個性だったなんて。

 

びっくりもしたけど、めちゃくちゃ嬉しかったです。

 

 

 

え?これが私にしかない、素敵な個性!?

 

理解されない、悪いものじゃなくて?とびっくりしました。

 

ずっと苦しくて、なくそうとしたり、隠そうとしてきた私は一体なんだったの(笑)?。

 

岡田さんの前にいたとき、『私、これでいいんだ』と爽やかな自信(?)のようなものを感じて、

 

これから、これを自分で感じるように生きていたいと思っています。

 

今までお母さんにも、どうしてわかってくれないのか?とか

 

なんで私のこと、そんな扱いなのかとか、たくさんの恨み(笑)、許せない気持ちも、

 

涙を流しながら一生懸命、岡田さんに私のことを話すお母さんをみて、

 

お母さんは、お母さんで、たくさん私を愛してくれていたんだと思いました。

 

でも、やっぱりお母さんと自分はちがうし、

 

わかってくれない感覚はたくさんある。

 

でも、それも、私の個性がしっかりあるからだと納得できました。

 

たくさん気づかせてもらって、ありがとうございました。」

 

~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~

 

敏感な個性の子ならでばの悩み、理解する視点だ、と思います^^。

 

いい意味で、プライドがとても高いので、

 

「うぇ~ん!私の考え、みんなと違う!これって変なの?!」と周りの人に、弱みや甘えを見せられない人もいます。

 

でも、悩んでいないわけじゃない。

 

傷ついていないわけじゃない。

 

でも、「人とちがう感性」は、本当はあなたにしかない「宝物」♪

 

傷や悩みもひっくるめて、愛していけば、

 

それは、本当に「宝物」となって、表に輝いて現れてきます。

 

今週、金曜の夜に、メルマガを配信いたします。

 

ご登録には、こちらをクリックして、アドレスをご登録ください。
 

2月のセラピーの最新スケジュールはこちらから。

 

今日もありがとうございました。    

 

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子    (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、岡田奈美子です。

 

HPの記事を、メールでカンタンにお届けできるようになりました。

                            (出典 falco500)

パソコンでは、HPの左側の一番上、スマホでは下の方に、

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます」があり、

 

①ご自分のアドレスを記入し、「購読」ボタンを押すと、メールが届く

 

②届いたメールの「フォローを確認」をクリックし、開いた画面上の「Apply」をクリックする

 

これで、新しい記事が届きます。

 

ホームページのメール登録はこちらから。

 

 

先日、「学校に行きたくない!」と不登校だったお子さんが、学校へ行けるようになったとのご報告をいただいたのでご紹介いたしますね。(掲載の許可を頂いています。)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 

「ご無沙汰しております。

 

カウンセリングを受けた後、私は自分をないがしろにしていたことに気付き、

 

徐々にですが、自分にマル〇をつけることができるようになりました!

 

私が変わっていくと、子どもも元気になっていきました。

 

学校へは行ったり、行かなかったりしたあと、

 

先週からは、「〇〇(お子さんの名前)、学校行くね。」と、毎日行っています。

 

〇〇(お子さんの名前)はとても優しく、ほんとみんなに愛されていて、愛をもって私に色々なことを教えてくれたのだと思います。

 

それに気付かせてくださりありがとうございました」

 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

お子さんは、とっても敏感で、優しい個性で、

 

お母さんは、頑張り屋で、愛情がいっぱいあるがゆえに、自分を犠牲にしてしまうタイプでした。

 

お子さんの問題は、「ママも、もっとしあわせでいていいんだよ」っていう

 

お子さんからのメッセージでもあります^^。

 

「変わる」というより、「本来の自分を取り戻す」っていう感じです。

 

敏感な子ってすごいですよね。

 

弱くみえるけど、本当はすごいんです♪

 

大人が「子どものすごいところ」に気づけるか、

 

これって、とっても大切です。

 

 

あと「どのくらいで学校へ行けるようになったのか?」という質問は、実はあまり意味がありません><。

 

なぜなら、不登校になった理由は、

 

お子さん自身と親が、「本当の自分自身」を取り戻すため、だからです。

 

「自分自身」を取り戻す過程で、不登校は自然となくなるもの。

 

場合によっては、「学校を変わる」という選択に至ることだってあります。

 

 

 

弱くて、閉じこもっているのではなく、

 

大切なことに気づいてほしくて、(無意識が)わざと隠れている、

 

そんな感じなんですね。

 

セラピーのご予約いただける日程が1枠増えました。こちらから。

 

今日もありがとうございました。

 

       子どもメンタル研究所 岡田奈美子

       (小・中学校スクールカウンセラー)

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、岡田 奈美子です。

息子さんがADHDと診断されたお母様からのセラピーのご感想です。

(ここから↓)~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

岡田さんには、息子が中2の時に家に来ていただきました。
(ぜったい息子さんは来てくれなさそうなので^^、家庭訪問になりました。 岡田 談)

息子は小5の時に、ADHDと診断を受けました。

その頃から月に1度、他のカウンセリングを受けていました。

でもやはり息子のことは「障害者」「問題のある子」という前提でのカウンセリングでした。

その度に、いつも自分の子どもが他の子より劣っている「特別な子」いう認識を促されているようでした。

息子を社会に適応するように導かなければという気持ちばかりが募り、苦しかったです。

でも、岡田さんは、息子のことを本質的なレベルでみてくれました。

息子が自分の強いエネルギーの使い方をまだ知らないだけだということ、息子は、本来は心が優しく純粋であることなどを確信を持って話して下さいました。

母として、息子の形にはまらない行動に毎日振り回され、どうしてこんなに大変なの?と逃げたくなることもありました。

でも、挫けそうになる時、岡田さんが一貫して息子の素晴らしさを私に伝えてくれました。

誰か家族以外の人に、深く肯定してもらえることが、私の心の支えでした。

岡田さんは、子どもの中の眠る宝探しをしてくれる人です。

子どもは、自分の素晴らしい資質にスポットを当ててくれること、

自分のあるがままを認め応援しくれる人がいること

この2つで、


安心して自分本来の力をのびのびと発揮できるのだと思います。

息子は、一時期非行に走ったこともありました。

でも私はその全てが彼に必要なプロセスだったと受けとめ、彼を心から信じることができるようになりました。

岡田さんとの出会いに感謝しています。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
(↑ここまで)

私は、はじめて彼に会った時、「男らしい優しさがいっぱいな子!」と感じました。

お母様に伝えましたが、もちろん信じたいけど、今までの素行を考えると・・・、という気持ちもおありでした。

彼のもつ「男らしい優しさ」が発揮されるように、彼の無意識に関わりました。

同時に、今のままでは「周囲から誤解されやすい子」とも感じました。

学校・警察などに迷惑をかけたりもしたそうで。 でも、それほどパワーが強い子なんです!

もって生まれたすばらしいパワーを、本人は、無意識に「破壊」へと使っていました。

こんな強いパワーをもつ子は、インディゴチルドレンと呼ばれています。

パワーがあふれるあまり、使い方をあやまると、問題行動をすることもあります。

「壊す」「反抗する」に使った結果、「問題児あつかい」をされて。
(ますます反抗したくなりますよね^^。)

そんな子は、強くて反抗心をむき出しにみえますが。

本当の自分をわかってもらえない淋しさ・傷つきでいっぱいです。

子どもは、ただ自分の本当の姿をみてほしいだけ、パワーの使い方を教えてほしいだけ。

それなのに大人が「問題児扱い」はやめようよ、と私は思います。

彼は、問題行動を起こしていましたが、仲間思いのとても優しい子でもありました。

でも、大人って「優しい子」とみないんですよね。

問題を起こすだけで、まず抑えつけようとする。 (大人も成長しないとね^^)

大人が理解できない言動をするからって、「はい、障害」という現実に、私は納得できません。

まずは、無意識に自分を苦しめるやり方を、しあわせになれるよう変える。

その上で「していいこと・してはいけないこと」を伝える。(しつけは大事^^。)

この順番で、子どもは、本来の姿をとり戻します。

今、彼は自分に合った学校に進学し、人が変わったように前へ向かって進んでいます。

本当は、「人が変わったように」ではないんですよね。 本当の彼の姿になって、という感じ。

普通の人より、大きなパワーをもって生まれてきたんです。

これからもっと彼らしく未来を切り開いていってくれると思います。

すてきなパワーをみせてくれて、ありがとう。応援しているよ♡

今日もありがとうございました。          
          
          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
         (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、岡田 奈美子です。

お子さんのつらい問題を、潜在意識を変えたことで、解決できたケースをご紹介します。

○中学生の女の子の保護者の方
不登校の娘にどうしてあげたらいいかわかりませんでした。

岡田さんに「愛情が心配になっていること」を教えていただき、うわぁ、私、心配ばっかりしていた、と気づく事ができました。

娘の気持ちを、会ったこともないのに、わかりやすく説明して下さって、なるほど!と思うことがいっぱいでした。

娘が、こんなことになった原因と解決法が、すっきり納得できたので、本当に助かりました。

はじめは、どうしてこんなことになったんだろう?と自分を責めてばかりでした。

岡田さんがうちの子のことを「人には優しいけど、自分には優しくない。自分の優しさに気づけるようにサポートしていきましょう」と言ってくださったので、本当に安心して、娘とがんばれました。

娘は、少しずつ学校に行けるようになり、今は毎日元気に行くようになりました。

○小学生の女の子の保護者の方
うちの子は、人の中に入ると、すぐしんどくなったり、パニックを起こすような子でした。

発達障害?と心配して、色々な病院にも行きましたが、原因はわからないまま。

岡田さんから、パニックになるほど娘が敏感ときいて、納得しました。

教えていただいた敏感な娘に合う方法をとりいれることで、娘が少しずつ明るくなり、人の輪に入ることを楽しむようになりました。

パニックもなくなりました。

こわがりなところはありますが、学校の担任から「友達もできて、すごく成長しましたね」と言われるほどになりました。

○中学生 男の子の保護者の方
子どもの言動が、落ち着きがなく攻撃的で、先生からADHDではないかと言われました。

カウンセリングで、息子が、家族や学校の人の気持ちまで吸いとってしまうほど敏感なのではないかと聞き、なるほどと思い当りました。

今まで息子の態度に、振り回されたのですが、岡田さんに対応策をうかがって、息子も穏やかになりました。

今では、明るくしゃべるようになった息子をみて、大人の対応が大事だと本当に思います。

問題をおこす息子の表面じゃなく、本当の彼を見つけて下さって、ありがとう。

○中学生 女の子の保護者の方
リストカットを繰り返す娘に母親の私が疲れていました。

岡田さんからリストカットをする子の心理をきいて、娘を理解することができました。

母親の私の方が、娘の言動に一喜一憂していたのが、セラピーでなくなりました。

困った娘だったのに、岡田さんが信じて下さったおかげで、私も救われました。

「弱い子は強い」と言われた時は、涙がでました。

私が落ち着いてくると、娘の過激な反応がなくなりました。

今、進路をまじめに考え始めて、勉強もし始めました。

○中学生 男の子の保護者の方
家に閉じこもったまま、ずっと不登校でした。

「わかりづらいけど、内心すごく気を遣う子だから、疲れやすい」という岡田さんの言葉で、解決に向かいました。

どうしたら彼が元気になるかをきいて、私もできることをしていきました。

少しずつ元気になる息子の姿が、本当にうれしかったです。

ダメな子だとずっと思っていたので、こんな子だったなんて思いもよりませんでした。

今は普通に学校に通うようになり、家族で話す機会もふえました。

○小学生 女の子の保護者の方
子どもがクラスでいじめられて、不登校になっていました。

学校の対応に疑問を感じていたので、学校のことを詳しく教えていただけて、助かりました。

先生との関係も改善し、いじめのことも急展開しました。

言い返すことのできないわが子を、平和主義の子とサポートして下さって、ありがとうございました。

ちゃんと自己表現できることが、今回の事件の起きた理由なんて、おどろきました。

「転んでもタダでは起きない」と笑わせながら、優しく私を支えてくれた岡田さんに感謝です。

問題があるところには、必ず解決方法が隠れています。

それは、気づいていない潜在意識のところにあることが多いです。

潜在意識を、さらっと変えることで、解決へ導いていきましょう。

あなたには、その力があります。大丈夫です!


子どもは、そんな大人のもとで、本来の自分を発揮していくことができるのです。
         子どもメンタル研究所  岡田 奈美子     
         (小学校・中学校 スクールカウンセラー)  
                

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。