敏感な傷つきやすい個性で幸せな子供と大人になる方法

敏感な子どもと大人(HSC・HSP・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン)の生きづらさ・
不登校・悩み・発達障害の疑いには、潜在意識から育てることでより生きやすく!      
      子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)


テーマ:
こんにちは、岡田 奈美子です。

いじめ対策Part5 「二度といじめにあわない子になる方法 成長編」

いじめを受ける子は、とてもやさしくて、大人しい子が多いです。

でも、やさしくて大人しい子が、みんないじめられるかというと、そうでもない。

この違いは、何だと思いますか?

Part4でもお伝えしましたが、いじめを引き寄せる子は、本当に繊細で、やさしいです。(HSP・HSCの人に多いですね)

でもその「やさしさ」の使い方が、無意識に「遠慮」や「自己犠牲」になっています。

「私(僕)さえ我慢すれば・・・。」

これは「私には、しあわせに生きる価値がない。」ことにもつながります。

一番大事な「自己価値」が下がるのです。

自分の本来のやさしさを、こういう風に表現する子が、いじめにあいやすいです。

これは、もちろん無意識にしています。

無意識は、なんと脳の90%以上もあります。

無意識に思っていることは、現実になりやすいのです。(物理の量子力学でよくいわれています)

無意識に、

「私は優しくありたい。優しさとは、どんな目にあっても我慢すること」

「私はもっと人間として成長したい。つらい体験をしてこそ、成長できる」

「私は、戦いが苦手で、平和を好む。だから我慢して被害者になることを選ぶ。」

そんな風に思っていると、いじめを引き寄せることがあります。

だから「無意識で思っていること」を変えることが大切です。

無意識で思っていることは、変えられます。

セラピーでは、無意識に思っていることを変えていきます。

私の経験をお話しますね。

以前、私は職場の主任から、どなられたり、ひどく怒られたりした時期が1年くらいありました。


はたからみれば、いじめのような状態でした。

どなられながら、黙って仕事を続ける自分に、ふと疑問がわきました。

「私、どうしてこんな現実を選んでいるの?」

私が無意識で思っていることを自分でみてみました(リーディングといいます)。

「私は自分に自信がない。だからこんな目にあっても仕方がない。」と無意識に思っていたことがわかりました。

無意識のその思いをなくし、自信をつけられるように自分に働きかけました。

「よし、がんばろう」と気持ちがシャン!としたのを覚えています。

すると、一週間後、その主任はある不正をしたことがばれ、突然主任を降りることになったのです。

無意識に思っていることが、現実になる、というわかりやすい私の体験です。

無意識は、目で見えません。

でも今の現実をみると、無意識でどう思っているのかがわかります。

その人の無意識にある思いが、苦しい現実をつくっているのなら、それを変えることが一番の根本解決です。

今日もありがとうございました。    

      子どもメンタル研究所 
岡田 奈美子       
      (小学校・中学校スクールカウンセラー)         
              
・子どものつらい問題を解決して、個性をもっと輝かせる方法
    (↑最新の記事にもどります)
【潜在意識を変えて、子どもの問題を解決する無料メール講座】  

【解決のための潜在セラピー】   

【ご利用者さまの声】

【講演会・セミナー】

【アクセス】

【お申込み・お問い合わせ】                 

           子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
         (小学校・中学校 スクールカウンセラー)
  
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、岡田 奈美子です。

Part4 「二度といじめにあわない子になる方法 癒し編」

まず、いじめられたつらい気持ち・悲しい思いを吐き出す場をつくってあげて下さい。

一人ぼっちで本当につらかった・死のうかと思いつめた、など

心の中に、ひとりで抱え込んでいた重い気持ちがいっぱい残っています。

口にだして誰かに聴いてもらうと、少しずつ消えていきます。

「もう大丈夫」と思えるまで、何度でも聴いてもらうことです。

その傷が癒えてきたら、最後の大切なステップです。

今回いじめをした子がしなくなっても、世のなかにそんな人は他にいるかもしれません。

だから「いじめを引き寄せない子」になることが、一番大切です。

いじめを受ける子は、やさしくて、大人しい子が多いです。

それと、ちゃんと「NO」が言えない場合も多いです。

「私さえ我慢すればいい」と。

自分のやさしさを、「自己犠牲」にしてしまうのです。

ほんとうに優しい人なのに、自分を一番不幸せにして、そのまま我慢します。

でも、「人=自分」です。

自分を不幸にするのは、結局、周りの人を不幸にします。

本当に優しい子なのだから、自分も周りもしあわせになることを考えてほしい。

その子の「やさしさ」は、その子を「しあわせ」にするためにあるのです。

では最後に、「二度といじめにあわない子になる方法 成長編」です。

今日もありがとうございました。    
     子どもメンタル研究所  
岡田 奈美子     
     (小学校・中学校 スクールカウンセラー ) 

・ 子どもの問題を解決して、個性をもっと輝かせる方法   
  (↑最新の記事にもどります)
【潜在意識を変えて、子どもの問題を解決する無料メール講座】  

【解決のための潜在セラピー】

【ご利用者さまの声】

【講演会・セミナー】

【アクセス】

【お申込み・お問い合わせ】             

         子どもメンタル研究所 岡田 奈美子          (小学校・中学校 スクールカウンセラー)
  
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、岡田 奈美子です。

いじめ対策Part3
「いじめられた原因を知ることが、解決へつながる」

原因を見つけるとは、「誰が悪いのか」と犯人探しをすることではありません。

どうして「いじめ」が起こったのかを、見つけることです。

なぜなら、誰がしたか、どうしていじめをしたかがわかると、解決につながるからです。

ひどいいじめでも、ささいなことが原因で、はじまったことかもしれません。

直接のきっかけはどうであれ

普段からイライラしている子が、気持ちのはけ口として、大人しい子をターゲットにする。

そういうケースが多いです。

いじめた原因を見つけることは、学校の先生たちに、して頂くことがほとんどです。

その際、以下のことを、伝えて下さい。

(ここから下は、学校や他の機関にしていただきたいことです。

いじめにあわれた方やご家族が読むと、不快に感じる部分があるかもしれません。)

【学校の先生方へ】

いじめをする方は、幸せじゃありません。

朝起きて「今日もハッピー!さぁ、いじめをしよう!」なんて思う子はいません。

自分がしあわせじゃないから、誰かにそのイライラをぶつけるのです。

いじめをする子は、孤独で、さみしいのです。

そんな子に「君はいけないことをしたのだ。反省しなさい」

「もう二度としてはいけない。わかったね」と注意をするだけなら、どうなるでしょう?

その子は、もっとさみしくなり、やり場のない孤独感から、

水面下で、いじめをするようになります。

だから、根本解決には、その子にやさしい気持ちを送ること。

その子がいじめをせざるを得ないほど、そんな気持ちでいることを、誰かに寄り添ってもらうこと。

その子の言い分を、しっかりやさしく聴いて、その子の気持ちをあたためること。

その上で、①いじめというやり方は絶対やめること、

②その理由は、する側・される側双方のこころを傷つけること

③もっと他に、自分を表現し、認められることがあると教えること

をしっかり伝えていくと、次第にその子の心に入ります。

「君は、いじめて、ふさわしい人なんかじゃない。

もっと、君らしい力を使える場所を探そう。」と言ってあげて下さい。

家庭環境やその他の事情で、気持ちがすさんでしまう子はいます。

だから、厳重注意の前に、その子がどうしてそんなことをせざるを得なかったのか

その子の気持ちを聴いて、受け入れて、あたためてあげて下さい。

そういう先生からの、厳しい指導なら、きっと子どもも素直になれるに違いありません。

イソップ童話の「北風と太陽」のように

冷たい風で、子どもを改心させようとしても、効果はないです。

あたたかい太陽の光のように、こどもの心を温めて、改心したくなる関わりをしてあげて下さい。

以上です。

いじめられた方は、二度とそんな目にあわないような子どもになることが、最優先です。

次は、どうやって「二度といじめにあわない子になるか」です。

今日もありがとうございました。    

    子どもメンタル研究所  
岡田 奈美子   
    (小学校・中学校 スクールカウンセラー)                                  

・子どものつらい問題を解決して、個性をもっと輝かせる方法
  (↑最新の記事にもどります)
【子どもの問題を根本解決するヒント】  

【解決のための潜在セラピー】   

【ご利用者さまの声】

【講演会・セミナー】

【アクセス】

【お申込み・お問い合わせ】                 
   
     子どもメンタル研究所 岡田 奈美子 
     (小学校・中学校 スクールカウンセラー) 
                                         
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、岡田 奈美子です。

いじめ対策Part2
「いじめ解決のために、学校の先生とどう連携するか」

(いじめ以外のお悩みでも、役立つ、学校への連携についてです)

家でわかった事実を、学校の先生に伝えましょう。

子どもたちに見られない時間帯に、学校へ訪問する配慮が、必要な場合もあります。

休み時間以外の、授業中の時間が、お勧めです。
または放課後(部活の子たちはいますが)。

誰に伝えるのか、という問題もあります。

担任・学年主任・生徒指導主任・管理職、その状況に応じて、誰に伝えるのかは変わりますが。

まずは担任を通すのが、一般的です。

流れで「学年主任の先生と校長先生もご一緒に。」となるなら、よりいいかもしれません。

「担任は信用できないから、主任や管理職にお話がある」というやり方は、お勧めできません。

でももし、本当に信用できないのなら、それは仕方のないことです。

「大切なことなので、主任や管理職の先生も一緒にお願いします」と伝えましょう。

先生に対して、どう伝えたらいいかは、とても難しく感じることだと思います。

へたに伝えて、子どもに悪影響に与えることになったら

要は、伝え方・言い方です。

まず「今からお話することは、私が感じたことなので、事実かもしれないし、違うかもしれない。

親なので、わが子のことにはちょっと心配し過ぎなのかもしれないが・・・。」と前置きしながら

家での子どもの様子・見つかった事実を、冷静に伝えてください。

学校の先生も、人間です。

責められると、人間としていけないことですが、つい自分の保身を考えてしまうこともあります。

すばらしい対応をして下さる方もいますが、いじめ問題の対応に慣れていない先生もいます。

(なぜなら教師には、いじめ問題の対応策を学ぶ機会がほとんどありません)

まずは、保護者の方から「一緒に解決してもらえますか?」と

協力体制のお願いを伝えて下さい。

そういう冷静で、対等な姿勢が、先生の「よし、解決しよう!」という意欲を目覚めさせます。

どんな問題でも、相手を「敵」とみると、解決しづらくなります。

学校は、子どもの様子を知っている「一緒に解決するチームの一員」です。

(もし、そのやり方で、全く話が通じなければ、学校との連携をあきらめ、他の機関へ伝えなければいけませんが。)

いじめは、誰かを責めることでは、なくなりません。

犯人探しをしても、なくなりません。

まずは大人たちが「信頼できるチーム」になることが一番です

もし、学校側の言動で不信を感じたら、冷静に質問してください。

「責めているのではない。ただ事実を知って解決したいだけ。」という態度で。

親の真摯な態度は、学校や先生を動かす力になります。

次は、「いじめの原因をみつけること」です。

今日もありがとうございました。
   

    子どもメンタル研究所  
岡田 奈美子    
    (小学校・中学校 スクールカウンセラー)       
 

・子どもの問題を解決して、個性をもっと輝かせる方法  
    (↑最新の記事にもどります)
【潜在意識を変えて、子どもの問題を解決する無料メール講座】  

【解決のための潜在セラピー】

【ご利用者さまの声】

【講演会・セミナー】

【アクセス】

【お申込み・お問い合わせ】             

         子どもメンタル研究所 岡田 奈美子       
         (小学校・中学校 スクールカウンセラー)
  
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、岡田 奈美子です。

いじめ対策として、シリーズでお届けします。

Part1「子どものSOSを見つけて、サポートする方法」です。

(いじめ以外のお悩みでも、後半、共通するこころのサポートについて書いています。)

小学生、中学生へと成長してくると、いじめられても親や先生に言わなくなります。

大人からの自立心が芽生え、仲間といることが、自分の居場所になります。

大人に知らせて、同級生に「この子がチクッた」とばれることを、とてもおそれます。

自分がどんなつらい目にあっても、チクッたと言われるよりも、ましと思うくらいに。

いじめられる自分は恥ずかしい、
と思う子も多いです。

だから自分がいじめられていることを、親に言う子は少ないです。

ですから、大人が子どものSOSを見つけることも、とても大切です。

チェックポイントは

・以前より、元気がなくなる

・学校に行くのをしぶる

・朝、起きられなくなる

・持ち物・上履き・制服が汚れたり、なくなったりする

・お金の使い方が荒くなる・いつの間にかお金を使ってしまっている

・顔・体にケガが増えた

・遅い時間に呼び出されて、行き先を告げずに、暗い表情で外出する
(帰ってきても、暗い表情のまま、何も言わない)

・以上のことがあり、親から尋ねられても、なにも答えない・不機嫌になる など

女の子の場合は、言葉で傷つけることが多いです。

・ラインをするときの表情が暗い

・ラインを全くしなくなる

傷つける言葉をかける・小さなメモで、傷つける言葉を渡すことも多いです。

その場合、家で発見することが難しくなります。

でも、そんな時は、家でも暗い表情をしています。

聞いても「別に」「何もないって!」と不機嫌になります。

親に言わないからといって、子どもが親を信頼していないのではありません。

思春期にはいり、いつまでも親に甘えることへの抵抗感がそうさせています。

大人になりつつある証です。

でも、本当は「助けて!」と言いたいのです。

だけど、そんなことを言えば、仲間からもっといじめられる、そんな恐れをもっています。

もし「うちの子はいじめられているのではないか」と感じたら、お願いしたいことがあります。

どうか、次のことを、話してあげて下さい。

「私たちは、いつもあなたの味方。

 つらいときは、言ってほしい。

 あなたが、他に心配していることも教えてほしい。

 学校に知れたらもっといじめられる、とか、

 家族に知られたら、もっと強くなれと言われると思っているとか。

 色々、考えているんだよね。

 でも、その心配も、一緒に話してほしい。

 もし、親に話しても、どうせわかってもらえない、と思っているのなら。

 ごめんね、今までそう思わせたこと、あやまります。

 私たちが反省するところがあったら、教えてほしい。

 だから、一緒に解決しよう。

 口で言いづらいなら、手紙に書いて。いつでも待っているよ」

この機会に、じっくり親の気持ちを伝え、子どもの気持ちを聴いてあげてください。

それは、子どもにとって、かけがえのない支えになります。

心からの深いコミュニケーションをすることで、

いじめという不幸な事件が、次第に解決に向かい始めます。

子どもがいじめられることを解決できた保護者の言葉です。

「あの時は、なんでうちの子が?どん底だ、と思ってほんとにつらかったです。

今思うと、あのときから、今までになったくらい家族の会話が増えました。

あぁ、この子はこんなこと考えていたんだ。知らなかったなぁって。

いっぱい泣いて、苦しんだ分、お互いにすごく成長したような気がします。」

普通に暮らしていたら、表面上のしあわせで過ごしてしまったかもしれません。

子どもが苦しんでいるときこそ、子どもの気持ちを聴き、受け入れてあげて下さい。

次は、学校との連携です。

大切なお子さんがいじめられているという事実。

それを見つけられない・とめられない学校や先生に憤りを感じるのは当然かもしれません。

でも、学校の先生に「いじめ問題を解決するチームの一員」になってもらうことが、解決への近道です。

家では、学校のことは見えません。

だから余計心配です。

それだからこそ、学校にいる先生に「チームの一人」となってもらうのです。

Part2「いじめ解決のために、学校の先生とどう関わるか」につづきます。

今日もありがとうございました。    

     子どもメンタル研究所 
 岡田 奈美子
     (小学校・中学校 スクールカウンセラー)                                

・子どもの問題を解決して、個性をもっと輝かせる方法   
   (↑最新の記事にもどります)
【潜在意識を変えて、子どもの問題を解決する無料メール講座】  

【解決のための潜在セラピー】

【ご利用者さまの声】

【講演会・セミナー】

【アクセス】

【お申込み・お問い合わせ】             

         子どもメンタル研究所岡田 奈美子           (小学校・中学校 スクールカウンセラー)
  
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、岡田 奈美子です。

「いじめられた!」「いじめてない!」とお互いの意見が食い違うことがよくあります。

新聞の記事やテレビのニュースでも見かけますよね。

小学校や中学校でも焦点になると思います。

被害者側の「いじめられた」と傷つき、苦しんでいる現状。

加害者側の「いじめたつもりはなかった」というセリフ。

じゃあ、一体どこからが「いじめ」で、どこまでが「ふざけただけ」なの?

昨年施行された、いじめ防止対策推進法では

「対象となった児童達が心身の苦痛を感じるもの」

いじめの定義となりました。

そうですよね、やっぱりされた方がどう感じるか、だと私も思います。

では、どうやっていじめを解決するか、ですよね。

「した方が注意を受け、罰せられ、終わり」では、ちょっと違うような気がします。

まず、いじめを受けた方は、悲しい傷をいっぱい癒す機会をもって下さいね。

そこから、です。

された方も、した方も、これから学ぶことがあります。

でなかったら、この悲しい事件が起きた甲斐がないです。

つらい思いをした分、しっかり学んで、笑顔で立ち上がりましょう!

そうすれば、もういじめに合わなくなります。

「いじめ」は、お互いのまだ成長していない部分がぶつかって起こります

された方は、もしかしたら、とても心優しくて、嫌なことをされても
受け入れてしまうタイプかも?


した方は、やんちゃで、大人しい人の気持ちがわからないタイプかも?

又はむしゃくしゃして、嫌と言わない子に、八つ当たりをしたのかも?

もう二度といじめに合わない・いじめをしない為には

今までの自分になかった“新しい自分”に気づくことが大切です。

今回のつらい体験はあなたに、未来のあなたのために、どんな大切なことを教えてくれたのでしょう?

今日もありがとうございました。



              子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
              (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

子どものつらい問題を解決して、もっと輝く方法
  (↑最新の記事にもどります)
【潜在意識を変えて、子どもの問題を解決する無料メール講座】  

【解決のための潜在セラピー】 

【講演会・セミナー】

【ご利用者さまの声】

【アクセス】 

【お申込み・お問い合わせ】          

       子どもメンタル研究所 岡田 奈美子   
       (小学校・中学校 スクールカウンセラー)
  
                  
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。