敏感な傷つきやすい個性で幸せな子供と大人になる方法

問題には才能が隠れている! 発達障害(ADHDやアスペルガーなど)の悩み・不登校・いじめが教えてくれる、
すばらしい個性をもっと輝かせて生きる、潜在意識の使い方をお伝えします。
 子どもメンタル研究所 岡田奈美子(小学生・中学生スクールカウンセラー)

こんにちは、岡田 奈美子です。

 

子どもが、「今、不登校で、家にいます」「発達障害なんです」「敏感な子で、何かとつらそうで・・・」であったとしても、

 

そのお子さんにも、そしてすべての人に、ステキで、すばらしいところがあるし、

(今は、それが眠っているだけ)

 

「え~っ、それはないでしょ?!」と言いたくなるくらい、いまいちなところがあるのです^^。

(今は、それが目立っているだけ)

 

それって、物事の法則です。

 

プラスとマイナス、

 

陽と陰、

 

表と裏、

 

すべて、セットなんです。

 

だからね、今、どうしようもないくらいしんどい局面に、子どもor自分がいるとしても。

 

それが、ひっくり返って、プラスになる、陽になる、表になる、ことだって起こせます。

 

そのためには、「生きるエネルギー」や「今、感じる思い」をどちらへ向けるか、です。

 

「ダメかな~?」「どうせムリだろうな」という方向と

 

「いつか、すばらしい個性が発揮されて、元気に過ごせるんだな~」という方向のどっちか。

 

 

 

簡単に言うと、「この子って、なんだかんだ言っても、大丈夫になるんだろうな」という

 

確信♪、をもっていてください。

 

言葉でいえば、

 

「私は、あなたの味方だよ」という気持ちです。

 

「学校に行っていないのに?」

 

「これからどうなるかわからないのに?」

 

そうです♪

 

なぜなら、これから創っていく未来は、

 

今の思いで、創られていくから。(この辺は、宇宙物理学の法則の話ですね)

 

じゃあ、今、不安なら、将来も不安な将来になるの?

 

まぁ、100%、24時間不安だらけなら、そうなるでしょうけど^^、

 

ふつふつと不安がでてきても、心配で押しつぶされそうになっても、大丈夫なんです。

 

なぜなら、心のなかの「不安」を、今、出し切っているだけのこと。

 

熱や下痢と一緒です。

 

熱がでたり、下痢になると、本当は薬で抑えない方がいいって知っていますか?(高熱は別ですが)

 

体の浄化作用として、出し切ると、体がむしろ元気になるのです。

 

もともと悪いところがあったから、それを出すために、熱を出したり、下痢になったりするんです。

 

だからね、今、しんどい状態なら、「おぉ~、浄化してる^^すばらしい機能だわ」と思ってください。

 

その上で、できることをしていきましょう。

 

子どもって、意外と強いです。

 

むしろ、しんどい状態に自分を置く、なんて、ほんとうに魂の強い子です。

 

そんな子が、自分の個性の本当の姿に気づいて、輝きだすと、大きく成長しますよ。

 

今週のメルマガは、この続きで、「親の私が不安でいることから卒業するには」です。

ご登録には、こちらをクリックして、アドレスをご登録ください。

携帯の方は、こちらをクリックして、空メールを送信していただくと届きます。

今日もありがとうございました。         
          
      子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
         (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

 

発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・HSP・HSC・敏感・不登校・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・大人の発達障害・ひといちばい敏感な子・エンパス

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こんにちは、岡田 奈美子です。

 

今日は、読者の方よりご質問をいただきましたので、そのことについてです。

(涼しい画像をどうぞ♪)

 

「いつも読ませていただいています。中学生の子どもが、不登校です。

 

先生にいじめられていた、いじられていた、学校の雰囲気がダメ。

 

勉強がわからない。

 

同じような状況でも不登校にならない子はいます。

 

その差はやはり、性格の敏感さからくるものなのですか?」

 

 

いじられやすい、先生からもバカにされる、学校になじめない、

 

本人は、「自分はここにいて、いいんだ。」という安心感がないこと、つらいですよね。

 

今、私はこの情報しかないので、この方が敏感な性格なのかどうかははっきりと言えませんが(何となく、違うような気はしますが)、

 

敏感な性格だから、しんどい状況になって、しんどい子になる、というのは違います。

 

敏感な子は、たしかに不登校になりやすい面があります。

 

それは、敏感さのマイナス面が強くでてしまったから。

 

本人と周りが、「この性格、よくないもの!」と思い続けているから。

 

プラス面を知って、輝かせていくと、自然に元気になるもの。

 

次のステップへ進む力が湧いてきます(学校に行き始めたり、フリースクールという選択をしたり。)

 

どんなに敏感な個性であったとしても、「敏感だから」が原因ではないんです。

 

敏感だから、ダメ、苦しむ、むずかしい、そんなことはないんです。

 

要は、その子にあった、敏感の生かし方・輝かし方を身に着けていけばいい、ということ。

 

だから、お子さんやご自身が、敏感な個性でも、安心してくださいね。

 

 

 

 

ちょっと手厳しい言い方ですが、

 

「他の子は、そんなことで不登校にならないのに。」

 

「なぜうちの子は敏感なのだろう?」

 

「どうして、こんなに敏感なの?」は、ほとんど意味がないです><。

 

他の子との比較をしても、今を悩んでも、解決にはつながりません。

 

一番大切なのは、「この個性で、今から、どうしていくか?」ですよね。

 

「よ~し、この個性で、しあわせになるよ♪」という思いが、現実を変えます。

 

 

 

ご質問内容に戻りますが、この状況なら、敏感じゃなくても、だれでも、つらいですし、学校に行きたくないと思いますよね。

 

大事なことは、

 

1、「いじられることに本人がつらいと思っているのに、学校側には伝わっていないこと」

 

2、「先生にまで、なぜいじられるのか?」の2つを深いレベルで、みていくと、解決へつながっていきます。

 

いじられる、ということですが、

 

「いじられるキャラ」って、たしかにいますね。

 

周りは「かわいい♪」と思っていじる場合と、「自分たちより下」とバカにして、いじる場合があります。

 

後者なら、本当につらいです><。

 

だからこそ、どうしてそこまでバカにされるのか、はっきりさせることが、解決につながります。

 

バカにされるって、ほんとにつらいですけど、なぜそこまでバカにされるのか?

 

先生たちはどう思っているんでしょう?

 

そこに、解決につながるポイントがありそうです。

 

問題のあるところに、解決のヒントあり!

 

そうです、「問題」が、大切なことを教えてくれているのです。

 

この場合だと、もしかしたら、今まで、コミュニケーションの面で、本人に困り感があったのかもしれません。

 

困り感のある子には、知識があって、成熟した人だと、サポートしてくれますが、

 

知識がなく、未熟な人の場合、バカにしたりする可能性があるので。

 

「また、あいつか~、ヤレヤレ。適当にあしらっとこう」というようにね。

 

いっぱい大切なことをお話ししたい気持ちなので、まだまだ長くなりそうですね^^。

 

続きは、今週、日曜ののHPで。

(あっ、この記事は、今クリックしていただいても、見られません><。日曜日です。)

 

テーマは、「学校の雰囲気がダメなとき、どうする?」です。

 

ちなみに、敏感な子の多くは、バカにされてつらい、周りからつらい目に遭う、など、相手からされることに悩む、こういう悩み方はあまりしません。(全くないわけではないけど)

 

むしろ、友だちに好かれる、またはクラスのなかで目立たない子が多いです。

 

でも、本人の内面で、「もううんざり!」「はぁ~、疲れちゃったよ」って思い煩うことが多いようです。

 

それだけ、周りには配慮がきくけど、自分は疲れてしまうんですよね。

 

でも、自分だって、周りの人と同じ、「人」ですからね。

 

「自分」を大事に♪これが、キーワードですね。

今日もありがとうございました。         
          
      子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
         (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

 

敏感な傷つきやすい個性で、しあわせな子どもと大人になる方法   
(↑最新の記事にもどります)
【潜在意識から、しあわせになれる無料メール講座】  

【問題?いいえ、才能です♪今どきの子どもの個性が輝くHP】


【ご予約スケジュール】

【お問い合わせ】          
    

     子どもメンタル研究所 岡田 奈美子 (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・HSP・HSC・敏感・不登校・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・大人の発達障害・ひといちばい敏感な子

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、岡田 奈美子です。

 

先日ね、不登校をしている子の面談をしたんです。

 

自分の敏感・繊細な個性を、「よくないもの」と誤解して、「こんな私なんか・・・」とひきこもっていました。

 

HSP・HSCの個性もあるとは思いますが、

 

クリスタルチルドレンの個性が多い子だと思います(インディゴではないと感じました)^^。

まあ、分類にこだわることよりも、

 

自分の個性はステキで、すばらしいもの、といっぱい気づいてもらったんですね。

 

感情について、説明してもよくわかる子だったので、腑に落ちたんだと思います。

 

そしたら、元気がでてきて、学校にも少しずつ行きだして、

 

「これからやりたいこと」を明るく語り始めたんです。

 

そのあと、保護者の方とお話ししたんですが、

 

「うーん、どうせ口で言ってるだけかも。いつも口だけで。そういう子なんです・・・。」とその子の心の変化を信じてはいないようでした。

 

でも、こんな変化が起こり始めたときは、「応援しているからね♪あ、でもいきなり全部やらなくていいから、マイペースでね」って、

 

応援の気持ちを送ることが、本人の個性をさらに、元気に前向きにするんじゃないかな?って

 

ここ、今が大事ですよ!と思ってしまう出来事でした。

 

実際、行動にはでた(短時間だけど、学校へ行った)わけですからね。

 

 

 

でもね、お家の人は今までのことがあるから、期待してダメだったときのトラウマなどもおありでしょうからね。

 

一緒に暮らす家族にとって、それはある程度仕方のないことなのかもしれませんね。

 

(個人情報保護のため、個人を特定する内容を省いてあります)

 

とか言っているうちに、ダウンロードについて語る間がなくなってしまいました。

 

すみません><、夏休み中に、書きますね。

 

今週の日曜日、HPで、この続き、「子どもが個性を受け入れ始めると、起こる変化」を書きます。20時くらいに配信予定です。


今日もありがとうございました。         
          
      子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
         (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

 

敏感な傷つきやすい個性で、しあわせな子どもと大人になる方法   
(↑最新の記事にもどります)
【潜在意識から、しあわせになれる無料メール講座】  

【問題?いいえ、才能です♪今どきの子どもの個性が輝くHP】

【お問い合わせ】          
    

     子どもメンタル研究所 岡田 奈美子 (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・HSP・HSC・敏感・不登校・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・大人の発達障害

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、岡田 奈美子です。

 

敏感で、人の気持ちがわかる、深みのあるステキな子どもたち、

 

増えてきていますね^^。

 

小学校のスクールカウンセリングに行くと、しみじみ実感します。

 

子どもらしく、わかりやすい反応をしないことも多くて、先生も保護者の方も、「どうしたらいいの?」と、接し方に四苦八苦です。

 

こういう子どもって、親に、叡智に富んだ人生のアドバイスをするときもあれば、幼くて、頼りない時もあって、

 

「子どもなんだか?ものすごくしっかりしている大人なんだか?」と、「この子、不思議な子だなぁ」という印象を与える」子どもたちです。

 

その訳は・・・、心と体は、生まれてから、そんなにたっていないので、未熟です。

 

でも、魂は、私たちのより、はるかに進化して生まれてきているので、成熟しています。

 

 

 

なので、私たち大人が、舌を巻くほど、大人びた発言をすることもあるんです。

 

先日、夫婦喧嘩をしたあるお母さんが、小さな一人娘から

 

「人間だもん。腹がたつこともあるよ。

 

でも、許すっていうのをできるようになるために、ケンカするんじゃないの?」と諭された、って驚きの顔でおっしゃっておられましたが、

 

そういうことなんです^^。

 

大人は「あなた、誰?!本当に、私から生まれた子?」ってびっくりしますよね。

 

でもね、もともと魂は、それぞれちゃんと個性があって、生まれてきているので、

 

お母さんが、「私と本当に血がつながってる?」と不思議に思う子どもたちがいても、普通なんです。

 

同じ親から、まったく個性の違う兄弟がいて、普通、というのと同じ。

 

魂は、みんなそれぞれ違うし、レベルも違います。

 

今、魂のレベルが本当に高い子どもたちが生まれてきています。

 

インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン、と呼ばれることもあるらしいです。

 

 

学校でのトラブルも、この概念を知っておくと、解決しやすくなると思います。

 

なぜなら、学校の先生は、もう大人なので、意外と魂のレベルは、今の子供ほど高くない^^。

 

40代、50代以上は、いい意味でも、よくない意味でも、経験で人を判断することが多いです。

 

だから、先生の教育の仕方、考え方に、異議を唱えたり、ついていけない(いかない)子どもたちが増えてきて、

 

ちょっと教育現場が、混乱しているところが増えてきました。

 

魂のレベルの高い子どもたちからすると、ちょっと古い感じの教育体制を維持している学校には、居づらいこともありますよね。

 

先生も、今どきの子どもたちの「よくないところ」をどうしつけていいか、わからないし、

 

大人にはない「敏感で、ステキなところ」に気づくことができない(むしろ、短所にみえてしまう)。

 

学校で、子どもたちが不登校になったり、いじめが増えたり、色々問題がいっぱいあるように見えるのは、

 

今どきの子どもたちの「未熟なところ」を、今どきの子どもたちの個性を理解した大人がしつけられていないから、

 

今どきの子どもたちの「ステキなところ」を、理解できない、または気づけない大人が多いから、

 

それも原因の一つなのかも、と感じます。

 

誰が悪い、のではなく、ただわからないだけ、知らないだけ。

 

 

「甘やかす」のとは、違って、

 

ちゃんと子どもの個性を理解して、「ダメなところはちゃんとダメって伝える」

 

「その子にしかない、ステキな個性は、いいね♪って認めて、もっと伸びるように応援する」

 

この2つで、子どもは、どんどん伸びていきますよ。

 

もちろん、そんな子どもに出会った私たちもね♪

 

今週のメルマガは、「今どきの子どもの個性の問題を、魅力・才能に変えていこう」です。

 

ご登録には、こちらをクリックして、アドレスをご登録ください。

携帯の方は、こちらをクリックして、空メールを送信していただくと届きます。

今日もありがとうございました。         
          
      子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
         (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

 

敏感な傷つきやすい個性で、しあわせな子どもと大人になる方法   
(↑最新の記事にもどります)
【潜在意識から、しあわせになれる無料メール講座】  

【問題?いいえ、才能です♪今どきの子どもの個性が輝くHP】

【お問い合わせ】          
    

     子どもメンタル研究所 岡田 奈美子 (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・HSP・HSC・敏感・不登校・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・大人の発達障害

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、岡田 奈美子です。

 

ご相談のなかで、「お子さん、もしかして、かなり頑固じゃないですか?」と聞いてみると、

 

「そうです!気が弱いくせに、ほんとに、頑固なんです。」というお返事が多いです。

 

今どきの子どもって、ほんと頑固ですよね^^。

 

特に、敏感な個性の子は、

 

すぐ泣いてしまったり、こわがったり、新しい環境にはなじめなくて、一見弱そう。

 

でも、内心はものすごーく頑固^^。

 

言い聞かせようとしても、態度を変えません><。

 

思春期の中学生くらいなら、もう部屋に閉じこもってしまいます。(普段なら、優しい子なのに><)

 

大人がよく手を焼いておられるのを、耳にします。

 

でもだからって、「何とかして言うことを聴かせたい!」って一生懸命説得するのは、逆効果です。

 

なぜなら、単なるわがままではないことが多いから。

 

だって、敏感な子どもは、物事の本質がわかっています。

 

「親だから」「先生だから」、言うことを聴かせられるなんて、そんな常識、通じません!

 

そんな薄っぺらい(失礼!)常識で、動くような子じゃないのです^^。

 

人として尊敬できる人のいうことなら、聴く、とか、まぁつまり、けっこう人をみます(笑)。

 

だから、大事なことを教えたいなら、ちゃんとしつけをしたいなら、

 

大人の方が、「筋の通ったことを話す」「感情的にならない」「言うことをコロコロ変えない」「など、

 

人間としての「礼節」について、ご自分がバージョンアップできる機会だと捉えてください^^。

 

怒る、責めるなど、ただ単に大人のネガティブな気持ちをぶつけると、絶対聴きません!

 

子どもは内心思っています。「そんなやり方で、人を制しようだなんて、まちがってる!」って^^。

 

それは、子どもにとっては、ほんとは尊敬したい大好きな親へ、残念な、悲しい気持ちを感じています。

 

 

敏感な子は、ほんとに人をみているので、大人が態度を変えると、ちゃんと言うことを聴きます。

 

子どもの言動に、腹が立ったり、不安になったりするのって、

 

大人自身、何か気づいて、学ぶ時期でもあるってこことなんです。

 

それをせずに、「子どもの問題」とみると、解決が遠のいてしまいます><。

 

子どもは、大人が成長する機会を与えてくれてもいる、

 

つまり、こういうこと。

 

そのあとで、子どもにもしっかりしつけや話し合いをすると、子どもはちゃんと聞きますよ。

 

今週のメルマガは、「なぜこんなに頑固なの?!ほんとの子どもの気持ち」

ご登録には、こちらをクリックして、アドレスをご登録ください。

携帯の方は、こちらをクリックして、空メールを送信していただくと届きます。

今日もありがとうございました。         
          
      子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
         (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

 

敏感な傷つきやすい個性で、しあわせな子どもと大人になる方法   
(↑最新の記事にもどります)
【潜在意識から、しあわせになれる無料メール講座】  

【問題?いいえ、才能です♪今どきの子どもの個性が輝くHP】

【お問い合わせ】          
    

     子どもメンタル研究所 岡田 奈美子 (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・HSP・HSC・敏感・不登校・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・大人の発達障害

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、岡田 奈美子です。

 

2016年7月・8月のスケジュールをアップさせていただきます。

 

7月12日(火)13時~ 15時~

 

   19日(火)13時~ 15時~

 

   25日(月)10時~ 13時~ 15時~

 

   29日(金)10時~ 13時~ 

 

8月 2日(火)13時~

 

   10日(水)10時~

 

  26日(金)10時~ 13時~ 15時~

 

  30日(火)10時~

 

  31日(水)10時~ 13時~ 15時~
          
      子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
         (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

 

敏感な傷つきやすい個性で、しあわせな子どもと大人になる方法   
(↑最新の記事にもどります)
【潜在意識から、しあわせになれる無料メール講座】  

【問題?いいえ、才能です♪今どきの子どもの個性が輝くHP】

【お問い合わせ】          
    

     子どもメンタル研究所 岡田 奈美子 (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・HSP・HSC・敏感・不登校・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・大人の発達障害

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、岡田 奈美子です。

 

ちょっとずつ、初夏らしい季節になってきましたね。

 

ときどき寄るJAのお店では、そろそろ桃やすももが並び始めました。

これから、どんどんおいしくなる時期です。

 

 

 

「私はHSPなんですが・・・。」または「うちの子ども、HSCなんです・・・。」とご相談も多いです。

 

(HSP・HSCとは、アメリカのアーロン博士が提唱している、とても敏感な個性の人たち、という名称です。

 

発達障害とは、明らかに違う個性の人と、両方の個性のある人もいます。)

 

 

が、まず初めにお伝えしたいのは・・・、

 

HSP・HSCのような敏感な個性って、すばらしい面ももちろん同時にあって、

 

そこを知って、意識していくと、少しずつ「しんどい面」が気にならなくなることもあります。

 

私がよくお伝えしているのが、

 

短所って、長所でもあるんです。表裏一体というわけです。

 

要は使いよう、ということ。

 

ものすごくしんどい短所があるってことは、ものすごくステキな個性にも化けるってことなんです^^。

 

子どもたちのなかにも、「この子、今は問題児って思われているけれど、将来化けるわ~」って感じさせる子どもたち、いますよ。

 

こういう子たちって、インディゴチルドレンの素質がありますね。これからの意識の改革者なのです。

 

 

 

でも、今しんどい場合は、「今、しんどいのをやめたい」んですよね。

 

そんな時は、「しんどさを感じる自分を責める自分」が、自分の中にいるから、

 

余計、しんどくなっている、ともいえます。

 

敏感な個性の人は、かなり真面目で、自分に厳しいので。

 

 

だから、自分を責めるのを少しずつでも手放していきましょう。

 

その方法は、色々ありますが、

 

一つとして、「その感情を、思いっきり抱きしめてあげること」があります。

 

嫌い!イヤだ!と振り払おうとすると、しんどさは、どこまでも追いかけてきます。

 

実は、「しんどさ」は、「こわくて、逃げたい相手」ではなく、「さみしくて泣いている子」みたいなもの。

 

だから、しっかりと自分のしんどさを抱きしめてあげましょう。

 

すると、安心して、消えて行ってくれます。

 

すぐ効果の出る人もいれば、長くかかる人もいて、個人差がありますが。

 

敏感な人は、「もう忘れよう!」と切り替えをするのが苦手がことが多いので、

 

こういうやり方が、効果的なんですよね。

 

もちろん、スパッと切り替えられる場合は、そうしてくださいね^^。

 

どっちでもいいんです。

 

要は、あなたやあなたのお子さんが、「あ~、これでいいんだな」ってしあわせを感じながら生きること、ですから♪ 

 

今週のメルマガは、「今どきの子どものすごさって問題にもなるし、才能にもなる」です。

 
ご登録には、こちらをクリックして、アドレスをご登録ください。

  

携帯の方は、こちらをクリックして、空メールを送信していただくと届きます。


今日もありがとうございました。         
          
      子どもメンタル研究所 岡田 奈美子 (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

 

 

・ 敏感な傷つきやすい個性で、しあわせな子どもと大人になる方法                             (↑最新の記事にもどります)   

・問題?いいえ才能です♪今どきの子どもの個性が輝くアプローチ(HPです)

【潜在意識から、しあわせになれる無料メール講座】                                                   
【お問い合わせ】    

      
    
子どもメンタル研究所 岡田 奈美子 (小学校・中学校 スクールカウンセラー) 

発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・HSP・HSC・敏感・不登校・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・大人の発達障害


このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、岡田 奈美子です。

 

北海道の大和君、見つかりましたね~。

 

私は、置き去りのことよりも、その前の親子の会話が気になります。

 

憶測にすぎませんが、お父さんが注意をしたときの言葉のやり取りに

 

大和君、納得できなかったんじゃないかなあ、と思いました。

 

「ごめんなさいは?」と言われても、素直に聞ける状態にならなかったのでは?と推察します。

 

それだけ、彼には自尊心があって、自分の意志がはっきりした、男気のある個性なんだと思います。

 

先生の手を焼くような中学生って、こういうかっこいい男気のある個性が多いんですよ^^。

 

 

 

大人って「この子は子ども。私は大人。だから間違っていることをしつける」って思っていますよね?

 

でもね、それって、実は上から目線の古いやり方。

 

今までの人類の先輩たちのおかげで、やっとそのやり方が「古い」時代になりました。

 

本当は、大人と子ども、心は対等なんですよね。

 

 

 

だから、たとえ子どもが悪いことをしたとしても、まず子どもの言い分を聴く。

 

そのあとで、大人として教えたいことを、ちゃんと子どもの心に届くように伝える。

(あとでなら、ガッツリきつく注意するのもOK~)

 

意外と、悪さをした子どもにも、ちゃんとした理由があるもの。

 

それを聴いて、「なるほどなぁ。そうだったんだね。」はとっても大切。

 

ここで、よく私は、意外な子どもの個性を知ったり、「この子ってすごいなぁ」と大笑いすることも^^。

 

今回の大和君なら、ものすごくしっかりとした自尊心とか、男の子らしいパワーのあるところとかね。

 

子どもも、自分のことを、わかってもらって、顔が輝きますし、自信がつきます。

 

こういうやり方で、不登校やいじめを防いだり、解決することもできますよ。

 

すべては、人間関係なので。

 

 

 

 

その次に「でもね、それでは周りの人に迷惑がかかるよ。どう思う?」って、

 

ちゃんと気持ちを話し合いながら、納得できるように伝え合うのって、ステキだと思います。

 

今どきの子どもは、自尊心が高いので、一方的な上からの言い聞かせは通用しないんですよね^^。

 

表面的なしつけも、その薄っぺらさを見抜いて、言うことを聞きませんし^^。

 

人間の心が、進化した証拠ですね。

 

 

 

 

気持ちを聴いてからするしつけは、甘やかす」や「子どもに言いなりになる」とはちがうなー、と思っています。

 

子どもが素直に、自分から考えを改めることができるみたいです。

 

 

 

大人も、自分自身との関係にも使えますよ^^。

 

だって、子どもとの関係は、大人自身の自分との関係の現れですから。

 

「うちの子のこと、全然理解できません><。」という方は、

 

きっと自分との関係を見直したい時期なんでしょうね。

 

子どもの問題は、大人へのメッセージですから。

 

最後ですが、大和君、見つかってよかった!で終わるんじゃなく、

 

人や車に石を投げたことは、ちゃんと反省できる機会があるといいですね。

 

個性のすばらしさは、認める、でもその使い方で誤っているところは、これから変えるようサポートする、

 

こういうやり方で、本当に、不登校・いじめなどの問題が解決していきます。

 

来週のメルマガは、「今どきの子どものすごさって、問題にもなるし、才能にもなる」です。

 

ご登録には、こちらをクリックして、アドレスをご登録ください。

 

携帯の方は、こちらをクリックして、空メールを送信していただくと届きます。


今日もありがとうございました。         
          
      子どもメンタル研究所 岡田 奈美子

(小学校・中学校 スクールカウンセラー)

 

・ 敏感な傷つきやすい個性で、しあわせな子どもと大人になる方法                   (最新の記事にもどります)

【潜在意識から、しあわせになれる無料メール講座】

「問題?いいえ、才能です♪今どきの子どもの個性が輝くホームページ」    
                                                       【お問い合わせ】          
              
子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
 
              (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・HSP・HSC・敏感・不登校・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・大人の発達障害


このサイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ♪ Feel free to link to my page.

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、岡田 奈美子です。

 

最近、よくご質問があるのは、

「HSP・HSCは、どこで診断できますか?」です。

 

HSP・HSCとは、

 

ひといちばい敏感な子/1万年堂出版

¥1,944
Amazon.co.jp

の著者、アーロン博士という方が定義した言葉なので

病院などでは、そういう言葉を使っていないんです。

知らないお医者様も多いです。

この間、面談にいらした保護者の方がお医者様だったのですが、

HSPのこと、ご存じありませんでした。

でも、お子さんの個性に当てはまるということで、驚いて、早速購入されて読んでおられました。

医学会では、まだ認知度は高くないのかもしれませんね。
 
なんとなく、こういう子が多いな、と感じている方は多いかも、ですが。
 
 
 
私は、学校でこういうタイプの子どもたちに会うことが、とても多くて、

「発達障害かもしれません」と言われるたびに、

「ほんとに発達障害かな~?」とずっと疑問をもっていました。

自分の考えにこだわったり、マイワールドのなかにいる子、というだけじゃなく、

とてもリベラルで、心やさしいタイプの子。

争いがキライで、人と対立するくらいなら、自分が我慢したり、犠牲になることを選んでしまうタイプの子。

とても感受性が豊かで、細かくて、人の気持ちがわかるタイプ。

発達障害の特性にも重なる部分もあるけれど、

「あれ?発達障害というよりも・・・、

敏感なあまり、わかりすぎるくらいわかってしまう子なのでは?」と感じさせるタイプの子なんです。
 
私は、HSP・HSCだけじゃなく、レインボーチルドレンの個性も併せてあると感じていますが。
 
 
 

診断のことですが、残念ながら、今はまだHSP・HSCの診断はありません。(アーロン博士のチェックリストだけですね。)

でも、診断そのものよりも、その特性・個性のステキなところにもっと気づいて、

生かすことが、とっても大切なんですよね。

あと、苦手なところをサポートして、伸ばすようにすること。

でも、「大人が、子どもをサポートする」という目線だけじゃなくて、

こういう子どもは、大人の苦手なところを教えてくれるような存在なので、

大人も一緒に、子どもと学びあうっていう姿勢で^^。

みんなで、お互いのステキな個性を知って、使いこなせるようになっていきたいと思います。

今週のメルマガ(金曜日です)は、この続きで、

「普通の子ってなに?HSP・HSCは普通じゃないの?」

ご登録には、こちらをクリックして、アドレスをご登録ください。

携帯の方は、こちらをクリックして、空メールを送信していただくと届きます。
 
アーロン博士のHSP・HSCチェックリストは、著作権の都合でここには載せられません。
 
リンクなら、アーロン博士のところから許可を頂きましたので、こちらに貼っておきますね。
 
HSPチェックリスト
 
HSCチェックリスト(お子さん用です)
 
でも、チェックした後、ステキな個性とサポートが必要な個性について理解することが一番大切ですからね~。
 
チェックして、当てはまっているからって不安になるだけ、では違いますよ~。

今日もありがとうございました。         
          
      子どもメンタル研究所 岡田 奈美子        
          (小学校・中学校 スクールカウンセラー)
・ 敏感な傷つきやすい個性で、しあわせな子どもと大人になる方法   
  (↑最新の記事にもどります)
【潜在意識から、しあわせになれる無料メール講座】  

【お問い合わせ】             

    
子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
    (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・HSP・HSC・敏感・不登校・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・大人の発達障害

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、岡田 奈美子です。

ご相談でよくあるのが、

「うちの子(or私)は、ちょっとしたことでパニックになるんです。

発達障害ですか?」というものがあります。

パニックになるのって、発達障害の特性にもありますが。

HSP・HSCの個性も、なることがあります。

なぜなら「思い入れ」が深いことも、原因のひとつ。

敏感なタイプ以外の人にとっては

「ちょっとしたこと」でも、

人にとっては「ものすごーく大事なこと」なんですよね。

ご家族や学校の先生からみると

「そんなことでパニックになるなんて、おかしい」かもしれませんが。

「そんなこと」がその人にとっては「大事なこと」だから、パニックになるんです。

たとえば、大好きな友だちからもらった、大切な消しゴム、

ママが作ってくれた、かわいいカバン、

敏感な人は、「もの」に対して、人と同じような愛着をもつことがあります。

「〇〇ちゃん」と名前つけたりしてね^^。

親友と同じくらい、大切なものがなくなったなら、

「何かの病気?」と思うくらい、異常なパニックにもなります。





ものに愛着なんて、かわいい女の子ならかわいいけど、男の子や大人なら、引く?

いいえ、物理学では、すべての人・ものは「素粒子」でできています。

だから、人との関わりでも、深く味のあるものを好むタイプにとっては、

ものに対しても、同じです。

「そんなことで」で、パニックになるんです。

「おかしい」ことは、ないんです。

だから、うちの子(or私)は、おかしいのだろうか?と思うより先に、

「そんなに大事なものだったのね」と、心を寄せてあげてください。

「悲しくて、当たり前だよね」って、傷ついた気持ちをわかってあげてください。

悲しんだ心は、人にわかってもらえると、安心して消えていきます。

「パニックを起こすほどの、何か問題のある子」とみるのではなく、

「そこまで、大切に何かを思っていた心」をみてあげてくださいね。

みてもらえると、あたたかくなった心は、どんどん元気になって、

もともとの個性が顔をだしてきます。

今日もありがとうございました。         
          
   子どもメンタル研究所 岡田 奈美子     
       (小学校・中学校 スクールカウンセラー)
・ 敏感な傷つきやすい個性で、しあわせな子どもと大人になる方法   
  (↑最新の記事にもどります)
【潜在意識から、しあわせになれる無料メール講座】  

【お問い合わせ】             

    子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。