発達障害じゃない?!敏感な個性で幸せな子供と大人になる方法

敏感な子どもと大人(HSC・HSP・エンパス・クリスタルチルドレン・インディゴチルドレン)の生きづらさ・
不登校・悩み・発達障害の疑いには、潜在意識から育てることでより生きやすく!      
      子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)


テーマ:

こんにちは、岡田奈美子です。

 

先週、ヨガに行ったのですが

 

参加者のご夫婦が赤ちゃん連れだったんですね(ハイハイできるくらいの子)。

 

その子は、クラスの間、「あそぼー♪」という感じで私のところへハイハイしてきました。

 

ヨガのポーズで、赤ちゃんへ手を大きく伸ばしたりして、私も一緒に遊んで、楽しかったのですが^^、

 

私のとなりには「今日はとても疲れてて、ゆっくりしたい・・・」という人がいました。

 

すると、赤ちゃんは、その人のところには決して行かないんです。

 

私のところに「また、あそぼ~♪」と何回か来て、そのあとは

 

くるっと向きを変えて、お父さんやお母さんのところへ戻っていくんです。

 

その人が疲れているのをわかっていて、そっとしておいてあげるかのように。

 

その人は、笑顔で話したりして表面上は元気に振るまっていたのに。

 

(つまり、見た目には疲れてるー!とはみえなかったのに)

 

やっぱり子どもってすごい、わかっているんだなと思った時間でした。

 

(画像 Dustin J McClure)

 

 

敏感な子が、今、ふえてきています。
 
「私の周りにはいないみたい…。もっと同じ境遇の人がいたらいいのに」と思われる方もいるかもしれませんが
 
それは、市内や同じ学校内のことなのかもしれません。
 
日本、世界というレベルでは、確実に増えています。
 
敏感な子がふえている理由として
 
私が実感していることで、敏感な子どもを育てている方・敏感な人ご本人に役に立ちそうなものをお伝えします。(諸説あるようです)
 
 
 
 
私たち人間は、「魂」・「こころ」・「からだ」の3つでできています。
 
今までの人が、魂の進化をとげてきたおかげで
 
今、多くの子どもたちが、魂レベルのとても高い状態で生まれています。
 
近年、進化のスピードが速まっているようで、今までよりはるかに高い魂の子が産まれているのです。
 
敏感ちゃん・君も、そういう子が多いのです。
 
(画像 rich kang)
でも、こころとからだは、年齢どおり低いです。
 
(人として生まれるということは、こころと体は赤ちゃん!で当たり前ですから。)
 
むしろ敏感ちゃん・君は、魂がピュア(純粋)な分、年より幼い子が多いような気がします。
 
世間ずれしていないというか、要領よく生きるのがへたというか^^。
 
一方、大人の場合
 
こころとからだのレベルは
 
生まれてから今までの年齢分、経験を積んでいるので、高いです。
 
が、魂レベルは、そんなに高くありません。
 
たとえるなら
 
子どもの魂レベルは“最新型のスマホ”、
 
大人の魂レベルは、かなり古い型のパソコン。
 
魂レベルで
 
敏感な子どもを育てるということは
 
古いパソコンに入っているソフト(大人の常識・今までの価値観)を
 
最新型のスマホ(敏感ちゃん・君)にインストールしようとしても、うまくいかない!という感じ。
 
最近も、Windows7にWindows10をインストール?ダウンロード?しようとすると、不具合がおきる!うまくいかない!というニュースが社会を騒がせていましたが
 
つい一つ前のバージョンで、もうこんな状態なのです。
 
(私は、パソコン系にうといので、単語が適切じゃないかもしれませんが)
 
こんな風に、もともと魂レベルが違うので
 
親として、せいいっぱいの愛情をこめて育てても
 
うまくいかない!
 
かわいい私の子なのに、
 
よくわからない過敏な言動をします!という事態になることが。
 
周りから「親の愛情不足じゃないの?」と誤解されたり。
 
 
 
愛している子ども自身から
 
「お母さんは、私のことわかってない!」
 
「お母さん、僕のこと、キライなの?」と言われるなんて・・・。
 
え~っ?どうしてこんなことが起きるの?!
 
大人側の目線からみると、こういう気持ちになりやすいです。
 
 
 
子どもからみると。
 
最新型のスマホで、古いパソコンのような社会と大人をみています。
 
「お母さんは、私にどうしてこんなことをするの?」
 
「学校の先生なのに、大人なのに、なぜこんなことを?もう信じられない!」と
 
子どもは、そう思っていることが多いです。
 
 
 
だから
 
「えっ?どうして?!意味がわからない!」のは
 
お互いさまともいえるのです。
 
学校のこと、人間関係のこと、お家のなかのこと、
 
魂レベルが違うと、
 
感じること・思うことが全くちがいます。
 
「ん?発達障害なのかな?」と思ってしまうのも、これが原因のひとつのようです。
 
 
 
セラピーで
 
「お子さん、こういうことを感じているようですけど」とお伝えすると
 
親ごさんはほっと安心したり、驚いたりされますが
 
スマホがなぜ不具合を起こしているのかを
 
お伝えしているような感じもあるのかと思います。
 
あと、スマホの取り扱い説明書のような感じですね。
 
 
 
でも「魂レベルが高い」からといって
 
敏感な子どもを甘やかして言いなりになったり、過保護にするのは違いますよね。
 

 

セラピーの最新スケジュールはこちら

 

今日もありがとうございました。    

 

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子(スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・情動障害・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは、岡田奈美子です。

 

セラピーでは、こんな言葉がよくでてきます。

 

「うちの子、親として理解しにくい言動があって

 

発達障害の検査をしてもらったのですが、違うといわれました。

 

お医者さんに、うちの子はHSCですか?

 

と聞きましたが、そういう言葉は知りません、と言われました。

 

でもチェックリストをみても

 

やっぱりそうかなー、と感じることが多くて・・・」

 

最近、敏感ちゃん・君がふえています。

 

(それにはちゃんとした理由があります)

 

でも厚生労働省が定めている「発達障害」とはちがい、

 

敏感な個性に、診断・検査はありません。

 
だから、お医者さんでも知らない方は多いのですが

 

「発達障害ではないけれど

 

とっても敏感で、感性がゆたか、

 

集団生活が苦手だったり、こころで深く考えるタイプの子ども達が、最近多いな~」と

 

うすうす感じている医者・カウンセラーは多くなってきています(学校の先生も)。

 

「この子、傷つきやすくて弱いのかと思ったら、大人より深い考え方をするな」

 

「かわいいんだけど、頑固で扱いづらい・・・」

 

「とっても優しいけれど、ものすごくこわがりです!」

 

敏感ちゃん・君を育てている親は

 

子どもの凸凹感に、不安を感じることが多いです。

 

「この子、なんだか普通とちがう・・・」って。

 

 

 

新しい魂の子たちなので

 

大人からみると、そう思うのは当たり前なのです。

 

とくに、常識的な大人、しっかりとした社会人ほど

 

子どもたちの「?」な言動に、戸惑いや不安を感じます。

 

(「いいじゃない♪」「ステキ!」と思う方は

 

かなり「敏感ちゃん・君」に近い、新しい魂の人かも^^。)

 

 

 

 

 

敏感な個性には

 

HSCやエンパス、クリスタルチルドレンなど

 

提唱した方がちがうので、名前も異なる、という事情があります。

 

でもいづれも、とても敏感で、感性ゆたかな個性です。

 

国として決められたガイドラインがない現状では

 

研究者や学者じゃないのなら

 

「子どもと私たちが、しあわせに生きるコト」を優先するために

 

「どっち?」と悩むより

 

「こっちの方にピンとくる」

 

「まさに、うちの子のこと!」と

 

こころで感じた方を選んでいただくといいと思います。

 

敏感な子をよくみている人に聞くのもいいですね。

 

 

 

 

 

私の出会った敏感ちゃん・君達の特徴のいくつかをあげておきます。

 

・こころがピュア(純粋)で、まっすぐ
・人の気持ちを読む
・年齢にあわない、人生の叡智を知っている
・古い価値観の大人がニガテ
・職人肌で、完璧主義
・さみしがり屋
・争いごとを好まず、平和を大切にする
・悪口など、重いエネルギーが苦手
・天使のように優しくて、愛らしい
・頑固で、自分の意見・気持ちがしっかりある
・(弱そうにみえても)上から目線
・本物、一流がわかる
・深い洞察力
・科学では説明できない、不思議な力があることも
・深いこころのコミュニケーションができる
・とても優しい、博愛主義
 
 
 
敏感ちゃん・君には、色々なタイプがあります。
 
天使のように優しいタイプや
 
頑固な職人肌タイプなど。
 
うちの子(or自分自身)のタイプを知っておくと
 
落ち着いて対応するのに、役立つと思います。
 
大人には理解しづらいかもしれませんが
 
敏感ちゃん・君は、深みのある、魅力あふれる子どもたちです。
 
だけど、その分「現実の生活になじみにくい」子が多いので
 
「現実生活で、のびのびと生きるための」簡単なワーク等を
 
ワークショップでは、ご紹介したいと思っています。
 
来週のタイトルは「なぜ敏感な子がふえているの?」です。
 
(エレイン・N・アーロン博士のチェックリストのリンクもあります)
 

 

今日もありがとうございました。    

 

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子(スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・情動障害・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

こんにちは、岡田奈美子です。

 

先週の記事で、ある方からコメントを頂きました。

 

「うちの子の事だ!と驚いています。

ステキだねとほめても、こんなのでは!と、1時間をこえて泣いて・・・

声かけの工夫がいるのかな(一部抜粋させて頂いています)」

 

(写真 Lima Pix)

なかなかの職人タイプちゃん・君ですね。

 

そのお子さんの情報がほとんどないので

 

あくまで「私なら・・・」ですが

 

「うんうん、そこまでちゃんとやりたいし、いつかはできるはず!って知ってるんだね。

 

そんな高い理想があるからこそ、今は“まだダメだ!”って悔しいよね~。

 

(本人の大泣きがすこしずつおさまったら)


じゃあ、あなたの理想と才能を

 

むだにしたら、かわいそうじゃない?

 

もしそう思うなら、一緒に叶えていくにはどうしたらいいかな?」と言われたら、嬉しくて、やる気でます^^。

 

よく私自身のなかにいる「敏感ちゃん・君」には、そう伝えます(笑)。

 

私は、自分が落ち込みやすいし、気にするなと励まされても、余計傷つくし

 

手間のかかるめんどくさい人ともいえるので、いつもこうやって

 

自分や子ども達に効果のあったことを(恥をさらして)お伝えしています^^。

 

 

 

(では、今日のテーマへ)セラピーでも、よくでてくる話ですが

 

敏感ちゃん・君は

 

古い価値観の人たちとのトラブルが、ちょっと多いです。

 

「こんな古い価値観のところなら、もう行かない・・・(涙)」と学校に行く気がしなくなったり。

 

「ちゃんとしなさい」と押さえつけるばかりの大人とは口も聞かなくなったり。

 

 

敏感ちゃん・君は

 

古い価値観をもつ人(エルダー世代ともいいます)に

 

激しく反発したり

 

(私も若いころ、古いタイプの上司や先生に内心キレて、黙って離れたりと、失礼なことをしてしまいました。この話は、また今度)

 

見た目はニコニコしていても、内心うんざりし、疲れて

 

「こんな人から勉強習うの、もういやだー!」と

 

不登校になることがあります。

 

 

 

 

最近の不登校の原因は

 

「いじめ」や「虐待」ばかりではなく

 

こういう理由で、「学校に行けない・行かない」子どもたちが増えています。

 

だからムリヤリ学校へ連れていかれても、不信感がつのるだけ。

 

 

 

 

こんな古い価値観のエルダー世代と敏感ちゃん・君のギャップについては

 

この1回だけでは、語りつくせないくらいほど。

 

(ここから、魂の話になるので、好きじゃない方はスルーして下さい^^)

 

今、ちょうど

 

私たち魂のレベルが、大きく成長しつつある過渡期です。

 

古い魂をもつ人たちは

 

・根性でガンバレ!

・耐えろ

・昔からそうなんだから、イヤでも従え!

・甘えるな

・苦難を乗り越えてこそ、成長できる

・仕事はつらくて、当たりまえ

 

と普通に思って生きています。

 

そのおかげで

 

高度成長を迎え、日本は発展しました。

 

私たちが、物理的に満ち足りた生活ができるのは

 

そういう魂をもった今までの人たちがいたから。

 

でも、というよりも。

 

だからこそ

 

次のステージの時期がきました。

 

「お前は未熟。年上の言うことを素直に聞いていればいい」という時代から

 

「魂は、対等。(ホントは、子どもの方が上かも^^)

 

上から押し付けるやり方は、古い。

 

下から、反発したり、ただ言いなりになるのもちがう。

 

お互い、理解できるところは理解しあおう。

 

ちがうところは、学びあおう。

 

争うのはもうやめよう。

 

しんどいことやつらいことがある時には

 

一緒にのり越えたらいいじゃない?」

 

そんな価値観で生きる時代になってきたのです。

エルダー世代は、よく言います。

 

「そんなことをしたら、子どもを甘やかすだけだ」

「ダメな子どもになっても、知らないよ」

 

でも

 

本心は「新しい世界へ変わるのがこわい」のです。

 

だから子どものせいにして、成長しない言い訳にしているだけ。

 

(こんな思いは、誰にでもあること。

 

「あ~、エルダー世代だからこの人、ダメなんだ」と相手を悪く思うのは、ちがうんですけどね^^)

 

 

 

新しい価値観は、「甘やかす」・「怠ける」とは違います。

 

敏感ちゃん・君は

 

そんなことをしたくて生まれてきたのではありません。

 

エルダー世代からみると

 

そう見えるようですが、大きな誤解です。

 

大人が今、していること

 

それは「あなたは楽しんでやっていますか?」を

 

問い直しているのです。

 

でも

 

敏感ちゃん・君だって

 

やっぱりこわくて、できないことを

 

エルダー世代のせいにしてしまうことだってあります。

 

そんなときは

 

誰も非難せず

 

自分と相手の弱さを、ほわっと癒しながら

 

一緒に成長していけることを楽しんでいきましょう♪

 

HPの記事をアップしました。「敏感ちゃん・君を育てる親のストレス」

 

5・6月のセラピーの最新スケジュールはこちらから。

 

今日もありがとうございました。    

 

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子(スクールカウンセラー)

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・情動障害・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

こんにちは、岡田奈美子です。

 

 

敏感ちゃん・君は

 

発達障害の特性をあまり知らない大人(先生や親)から

 

「この子、発達障がいなのかも?」と思われることがあります。

 

なぜなら

 

「普通よくある子どもの反応じゃないな~」や

 

「この子の言動がわからない・・・」と思うとき

 

すべて「この子って、発達障害?」と思ってしまいがちだから。

 

(お医者さんは、もちろんこういう誤解はしません。

 

一般的には、どちらも、まだちゃんと知られていないので、そんな誤解がおきるようですね)

 

親からみると、発達障がいと敏感、

 

どちらも「理解できない言動」ですから。

 

敏感ちゃん・君のことで、こういうケースはかなりあります。

 

 

 

 

「発達障がいかも?」と誤解される特徴のひとつに

 

“こだわり”があります。

 

パッと見、自閉症スペクトラム(旧称アスペルガー)と思ってしまうほど。

 

ある子のケースでは

 

宿題が進まず、パニックのようになって、大泣きする

 

「上手に書かけているよ」とほめても

 

「ううん、全然ダメ!」と納得しない(子どもらしくないといえばそうですね)。

 

何か一つのことに集中して、こわいくらい真剣になる(周りの声が入らない)。

 

「えっ?こんな小さい年で?」と大人が首をかしげたくなるくらい、理想が高いのです。

 

普段は、かわいくて、やさしいのに

 

ある瞬間

 

「職人のおっちゃん?」と言いたくなるくらい、頑固でかたくなにこだわります^^。

 

「こんなんじゃ、まだまだ!」と自分に厳しい。

 

(ふんわりした天使系の敏感ちゃんにはない特徴ですね)

 

なぜなら

 

その子のこころには

 

もうすでに「何でもレベルが高く成し遂げられる自分」が

 

イメージされていて

 

それが、現実の自分とごっちゃになっているから。

 

(「過去も現在も未来も、今、同時に存在する」という物理学の理論があります。それを体感しているわけです)

 

 

 

生まれつき、魂のレベルが高いので

 

小さいのに、時々、えらそうに

 

でも的を得た、キツイ言葉を言ってきたりもします。

 

(夫婦ケンカしている親に

 

「そんなことするために、生まれてきたの?

 

自分をわかってほしいだけなんでしょ?

 

じゃあ先に相手の気持ち、わかってあげたら?うまくいくよ」とさらっと言うとか^^)

 

 

 

でも

 

「体」は、小学生などの実年齢どおり(それより幼い子が多いかな)。

 

いろいろできないことも多く

 

魂とからだのギャップに

 

イライラし、パニックになったり

 

すぐに「もういいや!」と投げたりする敏感ちゃん・君は多いのです。

 

理想がたかいからこそ

 

絶望してしまうのです(小さい子でも)。

 

芸術家さんタイプです。

 

              (写真 Dustin J McClure)

だから

 

親の育て方が悪いとか

 

そういう次元の問題ではないので、安心してくださいね。

 

子どもは、自分にはこんなに成熟した魂があること

 

でも体は小さくて、まだ成長中なことに

 

気づいていません。(誰でも、自分のことは見えないから)

 

だから「あ~!もう!どうしてできない?!自分なんかサイテー!」となるわけです。

 

「からだは子ども、頭脳(この場合、魂)は大人」って

 

名探偵コナンみたいですね^^。

 

 

敏感ちゃん・君の不可解な言動は

 

こんな風に、敏感ちゃん・君ならではの意味を理解すると

 

育てやすくなります。

 

大人がわかると

 

子どもも落ち着いてきますよ。

 

(※発達障害の特性がある場合は

 

検査して、敏感さとは異なるサポートが必要です)

 

セラピーの最新スケジュールはこちらから

 

HPの「発達障害と敏感な個性」の記事はこちら

 

今日もありがとうございました。    

 

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子(スクールカウンセラー)

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

テーマ:

こんにちは、岡田奈美子です。

 

(大阪のセラピー場所近くのお寺 藤が見ごろ。昨日です)

 

~セラピー料金改定のお知らせ~

 

「少し改善したので、次のステップの助言がほしい」

 

「こんな変化があったけど、新しくどう対応したらいいか?」というお声が多く

 

セラピー2回目以降の料金設定を追加・変更いたしました。

 

90分 13,000円

60分  9,000円

40分  6,000円

 

また、新規セラピーでは、120分の場合、今までの事情・経緯をお話し下さる時間がかなりかかることが多いです。

 

時間を有効に使うため、120分セラピーの方には、事前に、より詳しくメールで今までの経緯をお伝え下さることもできます。(自由選択です)            以上、お知らせでした^^。

                        (もう1枚♪昨日、撮りました)

~   ~   ~   ~   ~   ~   ~   ~

私、岡田は

 

敏感な子どもと大人

 

(HSC・HSP・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレンなど)の

 

生きづらい悩み・不登校・孤独感・問題行動・発達障害の疑いなど

 

敏感ならではのつらい問題を癒し、

 

個性をいかして、その人らしくしあわせに生きるためのサポート活動をしています。

 

小学校・中学校のスクールカウンセラーでもあります。

 

(写真 helmuthess)

私は生まれた時から、こわがりで、敏感な子でした。

 

変化がとても苦手で

 

入学式やクラス替えの度に、「学校、行きたくない~!」と大泣きし、

 

母を困らせていました^^。

 

学校の予防接種の時には

 

順番に並んで待っているときに、注射をされる子をみるだけで、

 

泣いて固まってしまう子どもでした。

 

(痛いというみんなの雰囲気を感じて、こわさでいっぱいになるんですね。まだ自分は注射されていないのに^^)

 

 

 

母は、敏感でこわがりの私のことで

 

保健所から、

 

「お母さんの愛が足りないんでしょう。もっと構ってあげて下さい」と言われていたそうです。

 

(当時は、HSCという言葉もなくて。ママ、ごめん~^^。ありがとう♪)

 

 

でも今は、

 

そんな敏感さのナイーヴなところを毎日きちんとケアして

 

ステキなところをいかし、敏感な個性と仲よく生きています。  

 

敏感でしんどい面が、全くなくなるわけではありません。

 

(鈍感でよくない面があるのと同じ)

 

思い切り傷つくことはあるし

 

でも、だからこそ、そこから人生の意味を感じとり、

 

成長していく柔らかい強さを

 

「敏感」という個性のおかげで、学ぶことができると思っています。

 

自分のこころの中の「敏感ちゃん・君」に

 

ほんわりとケアをすると

 

自分の柔らかい中心に戻っていくことができます。

 

 

 

 

大人になってから、教育関係の仕事を通し、

 

その人にしかないオリジナルの個性が輝くことのすばらしさを知りました。

 

それが可能になるのは、その人にとって、いい出会いがあるかどうか。

 

そのサポートができるなら、とスクールカウンセラー・セラピストの道へ。

 

スクールカウンセラーになり、不登校をしている子、傷つきやすい子ども達に多く出会いました。

 

真剣に関わるうち、ものすごいことに気づきました。

 

「弱い子」「問題のある子」「しんどい子」といわれて会ってみると・・・。

 

 

 

その子達は、とてもピュアで、優しい敏感な個性だったのです。  

 

弱すぎて、現実から逃げているといわれた不登校の子は、

 

だれよりも我慢強くて、家族思いの子でした。

 

攻撃的な子は、 深いやさしさを隠していた器の大きい子。

 

周りから理解できない言動をしていた子は、

 

感受性が豊かで、芸術センスのある子。

 

私には、その子達のすばらしい個性がみえるのに、

 

本人も周りも気づかないままになっていました。

 

 

そして、不登校や生きづらい悩みが解決・改善していきました。

 

繊細で傷つきやすく不登校だった子は、

 

自分のやわらかな感性をいかして、クラスの癒しの存在になるほど。

 

敏感な子どもに悩んでいた時は、

 

家族がバラバラになっていたのに、

 

結局その子のおかげで、 家族がもっと仲良くなれたケースもかなりあります。

 

(これが、敏感な子のすごさです♪)    

 

敏感ちゃん・敏感くんは、扱いづらそうですが

 

本当は、魅力を秘めた存在です。

 

 

もしあなた自身が、

 

敏感な人なら、

 

HSP、エンパス、インディゴチルドレン、クリスタルチルドレンのいづれであっても、

 

あなたのこころの中(潜在意識または無意識)には

 

「敏感ちゃん・君」という敏感な子どもがいます。

 

①その子たちを癒す

②ケアして、毎日たっぷり愛する

 

すると

 

あなたの人生は、もっとラクに楽しいものになっていきます。

 

たしかに、

 

敏感な人は、ささいなことにも傷つき、

 

人のなかにいると、疲れやすい。

 

でもそれは、類いまれなピュアさがあり、

 

本物を見抜く力があるからこそ。

 

潜在意識をキレイにお掃除し、

 

ホンワリとしあわせにしてあげると、

 

外の世界にも、それが映し出されていくのです。

 

つまり、

 

あなた自身が自己犠牲をやめて、

 

しあわせになっていけるということ。

 

(この辺は、宇宙物理学の法則の話です。

 

詳しくは、ワークショップ・セラピーでお伝えしています。)

有料 男の子

 

だから、今、

 

お子さんが敏感すぎて、しんどい状態であっても、

 

親として、どうしてあげたらいいかわからなくても、

 

あなた自身が、敏感すぎて疲れやすくても、

 

大丈夫、必ず、道はあります。

 

敏感な個性は、

 

本来 その人や周りをもっとしあわせにするために 授けられたものなのです。

 

自己犠牲をやめて

 

敏感なすばらしさを生かせるように、

 

敏感な子どもを育てていきましょう。

 

あなた自身の「敏感ちゃん」「敏感君」を育てていきましょう。

 

少しずつでも、ほんわり積み重ねていけば

 

未来は変わってきます。

 

4・5・6月セラピーのスケジュールをアップしました

 

子どもメンタル研究所 岡田 奈美子

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

こんにちは、岡田奈美子です。

 

今年度も、「敏感ちゃん」「敏感君」の魅力をたくさんお届けしていきますので、

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

                           (写真 inoc)

今、敏感な子どもたちが増えてきています。

 

・エレイン・N・アーロン博士が提唱したHSC(HSP)

 

・ローズ・ローズトウリーさんが提唱したエンパス(共感力ー人の気持ちを感じる能力が高いなど)

 

・愛いっぱいな、敏感で優しいクリスタルチルドレン(提唱者はドリーン・バーチューのようです)

 

・愛いっぱいだけど、古い体制に真っ向から反逆する革命児、インディゴチルドレン

 

HSCだけでなく、クリスタルチルドレン・インディゴチルドレンの個性をもつ子どもたち。

 

(もちろん、大人の方もいますよ)

 

でも・・・

 

この2つ(クリスタルとインディゴ)の言葉

 

かなりスピリチュアルな分野なので

 

なかなか大人には受け入れがたく

 

私も学校では伝えづらいです^^.。

 

だから

 

大人が理解しづらいけれど

 

敏感でステキな個性の子どもたちを、私は

 

「敏感ちゃん」・「敏感くん」と呼んでいます。

 

子どもだけじゃなく

 

大人の人のこころのなか(潜在意識)にもいます。

 

敏感じゃない人のこころにも。(かなり奥にいるので、わかりづらいです^^)

 

特徴は、

 

・人の気持ちを読む

・人との境界線が薄くて、柔らかい

・年齢にあわず、人生の叡智を知っている

・古い価値観に合わない

・職人肌で、完璧主義

・さみしがり屋

・争いごとを好まない

・平和主義

・悪口など、重いエネルギーが苦手

・天使のように優しくて、かわいらしい

・頑固

・意外と自分の意見・気持ちがちゃんとある

・(弱そうでも)上から目線。

 

など、色々なタイプの「敏感ちゃん・敏感くん」がいます。

 

上の特徴がいくつ当てはまれば、というものではなく

 

色々なタイプの「敏感ちゃん・君」がいますよ、というご紹介です。

 

今後も、こんな「敏感ちゃん・君」のこと、たくさんお伝えしていきますね。

 

~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~

 

新学期がはじまっています。

 

担任の先生、クラス(大人の方は、職場、仕事仲間)に変化があったかもしれません。

 

敏感ちゃん・敏感くんは

 

とっても愛情深く

 

深い洞察力があります。

 

ほんとに小学生?とか、おどろくくらい

 

その分

 

新しいことには、ちょっと臆病なところもあります。

 

(全く平気!初対面でも、大丈夫♪な子もいますが^^)

 

だから

 

いつも以上に疲れて帰ってきたり

 

「もう行きたくない」と泣きじゃくったり

 

ネガティブなことを言ったりするのが多いかもしれません。

 

そんなときは

 

敏感ちゃん・敏感くんの傷んだこころ、

 

そして

 

動揺して、不安になるあなた自身のこころ、

 

ほんわり癒してあげましょう。

 

(子どもだけじゃなく、あなたのなかの「敏感ちゃん・敏感くん」も癒してあげるのがポイント!)

 

 

「学校がわかってくれない・・・」

 

「先生はプロなのに、全然うちの子の個性を理解してない!」という怒り

 

「これからどうしたらいいのよ」という不安。

 

当たり前です。

 

フタをして我慢する必要はまったくなし。

 

でも「癒す」というのは、

 

怒ったり、傷ついたりしたままにはしないということ。

 

癒したその次に、

 

「じゃあ、ここから

 

私ができることは何だろう?」と

 

自然とこころが向くこと。

 

 

 

「相手がわかってくれるべきなのにどうして!」という

 

「あの人が悪い!」という、被害的な思いから

 

「先生だって、悪気があってしたことではないんだよね。

 

(それで子どもが傷ついたのは事実だけど)」と

 

「人って、未熟なものなんだよなー。

 

先生も、私も、みんなね」という

 

ほんわりとした柔らかい気持ちになっていくこと。

 

 

 

誰かを責め続けると

 

子どもだって

 

あなたのなかの「敏感ちゃん・敏感くん」だって、悲しいまま。

 

いっぱい“よしよし”して癒してあげましょう。

 

実は私も、学校で

 

「親が甘やかしすぎってまだ言ってるの?

 

もうまたそんな!違うって!何回言ったらわかんねん!

 

人のせいにしてる暇ないやろー!」と

 

イラっとしたり、悲しくなったりすることはあります^^。

 

でも

 

ガマンせず

 

人にぶつけて終わり!にもしないで

 

そんな自分の気持ちを癒していきます。

 

すると

 

「先生だって、知らないだけなんだよね。

 

(HSCなどについての研修は、学校ではないようなので)

 

ごめんね。一方的に責めてしまって。

 

私が先生にもっと受け入れられやすいように説明する側なのに。」

 

という気持ちに、ほんわりと変わります。

 

すると

 

「お母さんこそ、自分の子どもなんだから、しっかりしつけるべき!」なんて言っていた先生が、

 

「僕も、勉強不足だったみたいで・・・。

 

よかれと思ってしたことが、ますます事態が悪くなったので

 

焦ってしまって・・・」と

 

わかりあえる相手に変わることがあります。

 

 

 

敏感ちゃん・敏感くんは、

 

私たち大人に

 

「誰でも、できないことはあるんだよ。

 

できるように

 

お互いサポートし合っていけばいいんだよ。

 

責める必要はないんだ」と

 

気づかせてくれる存在です。

 

同時に

 

不器用だけど、学び合う私たちは、

 

「この世界で

 

生きるということはね

 

自分をずっと責め続ける必要もない。

 

できないことはできないって言っていい。

 

一人でがんばらなくてもいい。

 

だれかと戦わなくてもいい。

 

こうやって学び合って

 

一緒に生きていけばいいんだよ」と

 

子どもたちへ

 

この世界での生き方を、

 

自分の生き方でもって、

 

教えていける大人でありたいと思います。

 

今週、金曜にメルマガを配信いたします。

 

タイトルは、「発達障害じゃないの?うちの敏感ちゃん・君が上から目線で心配です!」

 

新規のご登録には、こちらをクリックして、アドレスをご記入ください。
 

今日もありがとうございました。

 

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子(スクールカウンセラー)

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、岡田奈美子です。

 

 

4・5・6月のスケジュールをアップさせていただきます。

 
<4月> 28日(金)10時~ 13時~
 
<5月>(また追加します)
 
 1日(月)13時~ 
12日(金)10時~ 
16日(火)13時~
19日(金)10時~ 13時~  
20日(土)10時~ 13時~
23日(火)10時~
26日(金)10時~ 13時~
 
<6月>

 2日(金)10時~
 9日(金)13時~
10日(土)10時~(ご希望がありましたので、設定しました)
15日(木)13時~
16日(金)10時~  13時~
22日(木)時間はご相談に応じます
24日(土)      〃
27日(火)      〃
 
 
以降は随時、付け加えていきます。
 
セラピーは、対面(家庭訪問も含む)・電話・スカイプでしています。
 
電話・スカイプでも、直接会うのと変わりませんので、ご安心ください。
(なぜなら気持ちには、物理的に離れていることは影響ないので)
 
11時~や夜間(~21時)、他の曜日など、ご希望がございましたら、お伝えくださいね。
 
できる範囲で、対応いたします。(対面は11時~のご希望が多いです)
          (子どもメンタル研究所の部屋です)
 

今週の4月21日金曜に、メルマガを配信いたします。

 

ご登録には、こちらをクリックして、アドレスをご登録ください。
 

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子(スクールカウンセラー)

このサイトはリンクフリーです。ご自由に♪ Feel free to link to my page.

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こんにちは、岡田奈美子です。

 

卒園・卒業・修了式のシーズンですね。

 

(学校の卒業式って、寒くないですか?

 

気持ちじゃなく(笑)、体育館は、広く天井も高いので、

 

何台、大きな暖房を置いてもらっても、あたたまりません^^!。せっかくのおめでたい席なのに^^。)

 

敏感な子は、“別れの季節”では、ちょっとやっぱり「変化」にも敏感です。

 

(インディゴチルドレン・クリスタルチルドレンの個性の子ども達も含まれます) 

 

「もう済んだこと」って、ケロッと前へ進むことは、敏感な子にとってたやすいことではないかもしれません。

 

深いつながりを大切にするので、

 

「つながりが終わる」ことは、とっても悲しく感じられるんです。

 

人だけじゃなく、校舎・土地そのものたちとも。

 

「校舎に、今までありがとう♡って挨拶してきたよ」と言う子もいます。

 

 

 

その反対に、「始まり・冒険・新しく出会う」ことにワクワクして、

 

じっとしていられない、エネルギーの高い、刺激追求型の敏感ちゃん・君もいます。

 

そのタイプは、エレイン・N・アーロン博士の「刺激追求型」のチェックリストをどうぞ。

(直接ここにリストをのせることは、著作権によりできないので)

 

 

話を戻しますが、

 

今まで一緒だった人たち・環境と離れるとき、

 

深いつながりをもっていればいるほど、別れはつらい。

 

大泣きする子もいますし、「4月から、新しい環境に馴染む自信がない・・・」と感じる子もいます。

 

でもね、

 

本来、敏感な個性は、

 

「人とつながる力」に関して、ものすごく素晴らしいものをもっています。

 

別れは、とっても悲しいし、身が引き裂かれるよう(だって大好きだったのだから)。

 

つながりが深くて、強いほど、

 

離れるときは、悲しい。

 

だから、ものすごく心が揺れたり、へこんだりします。

 

普通なら、⤵ このくらいなのに、

 

敏感な子は、             ⤵

                     ⤵

                     ⤵  

 

と、どんどん気持ちが下がるので、親は心配になります><。

 

ここで、親が励ましてしまい、敏感な子が「親にもわかってもらえない・・・」となるケースは多いです。

 

小学1年生だって、「死にたくなるくらい」傷つくことだってあります。

 

でも、敏感な子は、本当はとっても強いのです。

 
深いつながりがあったからこそ、今、悲しいのです><。
 
だから、今、悲しみに沈む姿を、「本来の子ども」だと誤解して、慌てないでください。
 
自分の本当の気持ちに向きあう、強さのある子なのです。
 

 

 

「普通」の人は、悲しいとき、自分の悲しさに直面するのがつらくて耐えられないのです。

 

または、もともとつながりが浅いから、そんなに悲しくないのかも。

 

「ちょっと悲しいけど、まぁ、忘れよう!ハイ、次!」と、こんな感じ。

 

それと違い、敏感な子は、自分の思いに、とっても正直。

 

悲しい時は、人生の終わりかのように悲しみます。

 

本当は、「悲しい」など、自分の気持ちをしっかり受けとめていくと、

 

それは、次へつながる力に変わるんです。

陰極めれば、陽となす。

 

そういう宇宙の法則を、敏感な子はちゃんとわかっているんですね。

 

「敏感なこの子が、心配!」なのではなく、

 

敏感な子は、宇宙の法則に従って生きようとしているだけ。

 

大人が、それを知らないだけ。

 

なぜなら、魂のレベルは、子どもの方が上の場合が多いから^^。

 

(注! 心と体は、大人の方が上なので、しつけ・教育はしっかりする必要あり。

 

魂が上だから、子どもを甘やかしていい、という意味ではありません)

 

 

「敏感な子」は、

 

扱いづらい、

 

関わるのが大変、

 

何を考えているのかわからない、

 

そう誤解されることが多いかもしれません。

 

でも、それは大人だって気づいたり、学んだりすることがあるということ。

 

「敏感な子の問題」は、

 

お互いに「気づくべき、大切なこと」があるということを

 

教えてくれているんですね。

 

あなたの周りの敏感な子は、

 

あなたに、どんなことを伝えようとしていますか?

 

そして、あなたが、敏感な子にできることは何ですか?

 

敏感な子、インディゴ、クリスタルチルドレンが個性を生かしてしあわせになるため、

 

そして、そんな魂の高い個性の子どもの子育てのためのワークショップについては

 

4月以降こちらでお知らせさせて頂きますね。

 

次回のブログ更新は、4月18日になります。

 

4月以降のセラピーの受付は、2回目以降の方以外は、4月下旬に再開します。

 

 

 

今年度もありがとうございました。    

 

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子    (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは、岡田奈美子です。

 

前回は、「敏感な子ども・敏感じゃない親」の組み合わせでしたが、

 

今回は、子どもと親、2人とも「敏感さんの組み合わせ」の場合です。

 

 

 

敏感さんタイプの親は、

 

子どもが元気なときはいいけれど、

 

元気じゃなくなったとき、一緒に落ち込んでしまう、

 

または子どもより、もっとどんより、orパニックになってしまうことがあります。

 

でも、その分、とってもいい面があります。

 

敏感な親は、敏感な子どもの気持ちを「わかる」という才能です。

 

だから、親が敏感さんでも、大丈夫なのです^^。

 

そのメリットをめいっぱい生かせばいいということ♪

 
すると、「敏感な親で、よかった」になります。

 

 

敏感という、とっても魂のレベルの高い個性を、

 

頭ではなく、

 

ハートで、理解できるということ(これはとっても大事)。

 

そして、もちろん親自身が敏感なので、

 

一緒に癒す(ヒーリングする)ことが上手♪ということ。

 

これは、とても大きいメリットです。

 

先日、セラピーを受けられた方(とっても敏感な方)からのご感想をご了解をえて、ご紹介しますね。

 

「私が悪かったと自分を責める気持でいっぱいで、セラピーが進むのかと思いきや、

 

岡田さんと話しているうちに、

 

意外と、敏感な子どものことをわかってくれない夫や学校に怒っている自分がでてきました。

 

「〇〇(お子さんの名前)をダメだと頭ごなしに決めつけないでよ!」という苛立ちでした。

 

気づいた時は、ショックを感じましたが、

 

岡田さんと一緒にヒーリングしていくと、涙がでてきて、

 

怒りが静まって、

 

悔しい気持がすーっと落ち着いてきました。

 

○○(子ども)のことだけじゃなく、

 

私自身の小さい頃の経験が重なっていて、

 

2倍悔しくて、つらかったから、

 

岡田さんのご指摘の通り、○○(子ども)は、私の分も背負って、2倍しんどかったのですね。

 

ヒーリングって何?素人の私でもできるのかしら?と初めは思ったのですが、

 

話をきいて、できそう、というかむしろ得意だわ、と思いました。

 

場の空気にいつも敏感な私には、合っていたようです。

 

毎日、しています。

 

すると、主人が優しくなって(私の気のせい? 笑)、

 

○○(子ども)もチックが治って、

 

私が変わると、周りが変わるとはこのこと?と思いました。

 

〇〇(子ども)を元気したいとがんばってきた私。

 

でもそうじゃなかったのですね。

 

とても安心した時間のなかで、気持が変わっていくのが感じました。

 

「○○(子ども)をどうしてあげたらいいのだろう?」と不安でいっぱいだったのですが、

 

2人とも、敏感な私ってこういうことができる!すごいわ!という意識に変わりました。

 

岡田さんのエネルギーというか、なにか気みたいなもの?も感じて、

 

穏やかで、前向きになることができました。ありがとうございました。」

 

 

 

この方は、「子どもが敏感すぎて、私はよくわからなくて・・・。子どもに申し訳ないです」とおっしゃっていたのですが。

 

実は、お母さんご自身が、敏感な個性で、色々な思いを溜めていたんです。

 

言葉はよくないですが、ベンピみたいなもので^^。

 

溜まったものを出せば、肌もキレイになるし、からだも健康になる、

 

そんなことが、こころにも当てはまって、子どもにも嬉しい変化がおきた、そういうこと。

 

 

 

たしかに、私はセラピー中、相手の方とそのお子さんへ、その人らしく輝けるサポートのエネルギーを送っています。

 

敏感な方には、けっこう見破られます(笑)。

 

ようするに、

 

敏感な人は、子どもに悪影響を与えちゃうこともありますが

 

(だって人間ですからそれもアリ^^)、

 

エネルギーの使い方次第で、

 

とってもいい影響も与えられる、ということなので、

 

どうせなら、いいエネルギーを発して、自分も子どもも、

 

しあわせな方向へ歩いていく、すばらしい機会にしていきましょう、ということです^^。

 

セラピーの最新スケジュールはこちらから。

 

4月は、2回目以降の方のみで、5月分より新規の方のご予約を受けさせていただきます。

(5月以降の日程は、4月中旬以降に告知させて頂きます)

 

今日もありがとうございました。    

 

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子   

          (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは、岡田奈美子です。

敏感な子って、親などの大人が「この子をどう思って、どう扱うか」に、左右されがちです。

 

もっと進化したバージョンの敏感な子たちは、「大人の古くて固い気持ち・思考」を、ほんわりといい方へ変える力をもっています。

 

敏感な個性が目指すのはそこ♪(が、まだまだ大人の無意識の気持ちに左右される子が多いのは事実。)

 

こういう子たち、レインボーチルドレンという名前がついています。

 

そのためには、

 

①「敏感な個性の本来の姿を知ること」

 

②「潜在意識(無意識)と仲良くなること♪」がとっても大切。

 

敏感さは、無意識のなかに住んでいるので。

 

これらの情報と、潜在意識とつながりヒーリングするワークをする

 

「敏感な子どもと大人がしあわせになるワークショップ」を

 

11月に、横浜で開催いたします。

 

詳細と募集が決まり次第、こちらでご紹介させて頂きますね。

 

それまで待てない、という方は、個人セラピーをご利用くださいませ。

 

 

さてさて。敏感な子が、大人の思いに左右される例として、不登校だった子のお話を。

 

敏感な子だから、行けていない自分を責めたり、でも行くこともなぜかできなくて、心が重くなってるかもしれない、と、そのご相談があったとき、思いました。

 

学校の先生にも会いたがらず、部屋にいる状態でしたが、

 

本人が「もう変えたい!」と言っているとのことで、

 

家庭訪問することになりました。

 

でも、「変えたい!」と言っては、家庭訪問した担任の先生と会うことを「今日はやっぱりムリ」と延期し続けているとのこと。

 

だから、いきなり直接その子に会う、という設定は避けて、

 

まず私がお母さんと話すことを通して「私という人となりを、隣の部屋で感じてもらう」ことから始めることが、

 

敏感な子にはいいかな、と思って、お母さんにお伝えしました。

 

お母さん、仮にAさんとします。

 

Aさんは、とてもしっかりとした、良識のある方でした。

 

子どもを愛しているがゆえに、不登校になったことで、とても心配されていました。

 

「わざわざ、カウンセラーの先生を呼ぶなんて、心配かけて、もう。」

 

「専門の先生が、家に来るのだから、部屋にこもらずにちゃんと会ってね~」

 

「その日は、ちょっとくらいイヤになっても、わがまま言わないで会おうね」

 

大人として、私への気遣いから、けっこう子どもにそういう伝え方をされていたようなんです。

 

たまたま本人とケータイで話しておられるのを、聞いて、びっくり!

 

おぉ~、そんな!

 

「罪悪感」をもたせる言い方、

 

追いつめる言い方、

 

私でも、気が重くなります~^^。

 

それでは、敏感な子は、山奥へ引きこもる勢いで、黙って姿を消してしまいます><。

 

または、思いっきり反発して、「誰が行ってやるかー!」ってなるか^^。

 

もちろん、Aさんは悪気はなく、私という大人への配慮ができる子になってほしくて、したこと。

 

むしろ社会人としては、当然のことかも。

 

でもね、

 

「罪悪感」を抱いて「自分の気持ちを押し殺して、会う」という人間関係、もうやめませんかー?!って、

 

敏感な子は、提案してくれているのだと思います。

 

だって、やっぱり「あの人に悪いから」じゃなくって

 

「あの人になら、会いたい」って思って、

 

会う人間関係の方が、断然しあわせだし、楽しい♪

 

敏感な子どもは、そういうの大好きです♪

 

そう伝え続けると、前を向いて進むことができます。

 

だけど、大人の古い世界では、

 

まだまだ「形」重視。

 

敏感な子は、そういうの、鋭く見つけて、非難するか、逃げるかしちゃいます。

 

このことを、Aさんにもお伝えして、理解していただきました。

 

Aさんは、子どものことを大切に想っていたけれど、敏感じゃなかったんです^^。

 

だから、敏感な子の気持ちがわからなかっただけなんですね。

 

あと、ご自分の不安を癒していなかっただけ。(だから子どもにぶつけちゃっていた)

 

 

 

「もう、どうしたらいいのかしら。岡田さん、この子、すぐ何かあると籠ってしまって・・・・。

 

こんな弱いことで、情けないです・・・><。将来も心配で・・・」と話されるうちに、

 

家の空気が、どんどん「情けないー」「もう困るー」「この子、弱いー」という、どす黒いエネルギーでいっぱいになりました。

 

まだ決まっていない将来まで、Aさんの予言(?)で、真っ黒になりそうだったので^^、

 

「お母さんの出す“どす黒いエネルギー、すごいねぇ。こんなんで元気でないねー」と、その子に、私が笑いながら伝えると、

 

その子も、ちょっと明るい顔をして「・・・うん。でもさ、(お母さんの)性格だから(笑)」

 

優しいですね^^。

 

「オカン!うざいんじゃ!ほんとに元気になってほしいなら、そんなドス黒いエネルギーだすなっ!わかったかー!」とは言いません(笑)。

 

でもね、そのままじゃあ、Aさんだって、お子さんだって、しんどいまま。

 

Aさんも、変化の時だということ。

 

「変わる」というより、「新しく気づく」ということ。

 

これが、子どもも大人も「前へ進む成長」へつながり、「しあわせに生きる」ことにもつながっていくもの♪

 

 

 

敏感じゃない親御さんは「この子が変わるべき!」と思うことが多いです。

 

ご自分はしっかりされているし、がんばるタイプだから、

 

どう見ても、「子どもの問題」としか思えません。

 

だけど「問題」というより、「新しく気づいてね」というサインが来ているだけ。

 

その新しいサインは、子どもだけじゃなく、大人にも来ています。

 

「正しいこと」をガンバってすることだけじゃなく、

 

楽しい気持ちで、「毎日のするべきことをする」ということ♪

 

怠けるのでもなく、甘やかすのとも違って、

 

これは、「しあわせに生きる」ために、必要なこと。

 

楽しい気持ちになれないのなら、ムリする必要はありません。

 

ただ、その気持ち、ほんわりと癒してあげましょう♪

 
すると、前へ進めます。

 

 

 

 

 

非敏感の大人だけじゃなく、

 

優しくて繊細な大人(人に寄り添える、優しくて女性性の高い人に多いです)も、

 

繊細なだけに、「どうしよう・・・><。困ったわ~」というドス黒いエネルギー、出してしまっているかも。

 

敏感な子は、「あなたは大丈夫よ」と口で言われても、本当にどう思っているのかを読み取りますし。

 

敏感な親は、子どものマイナスのエネルギーに、影響されやすいとも言えますが、

 

お互いに敏感であるがゆえに、親が変わると、子どもも変わりやすい、とも言えますね^^。

 

次回は、こういう「敏感な子と、敏感な親の関係では・・・」をテーマにお話しします。

 

今日もありがとうございました。    

 

          子どもメンタル研究所 岡田 奈美子    (小学校・中学校 スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。