2007-01-27 12:58:00

押し売りの日韓友好は迷惑

テーマ:マスコミ
 2ちゃんねるを巡回していると、もしかしたら、本質を見てしまったのではないかと思わせる書き込みに遭遇した。例の映画「あなたを忘れない」に関連した、以下の記事のスレである。※ID検索するとこの映画スレ複数に登場しているのし、釣りではないと思う。

「日韓の橋渡しに」と両陛下=新大久保事故題材の映画観賞
 天皇、皇后両陛下は26日午後、東京都港区のニッショーホールで行われた日韓合作映画「あなたを忘れない」の特別試写会に出席された。
 映画は、2001年1月、JR新大久保駅でホームから転落した男性を助けようとして死亡した韓国人留学生李秀賢さん=当時(26)=の人生が題材。
 花堂純次監督によると、両陛下は終了後、監督らに対し「この映画が日本と韓国の橋渡しのいいスタートになることを願っています」などと話された。時事ドットコム


 このスレの中で、「嫌韓はやめろよ、天皇陛下の言葉も聴けないのか似非ウヨども」「天皇陛下も日韓の架け橋にと絶賛してるから、本当のウヨならこの映画を支持するべきである」というような趣旨の書き込みである。もし、これが本気だとすると、全体主義思想の危険な人物だと察する。

【押し売りは迷惑】
 天皇陛下の権威を利用し、世論を変えさせようとしたのか、もしくは、韓国への御訪問を狙ってのことだか知らないが、浅知恵の考えによる企画であったということは間違いない。民衆にとって、逆効果になっている理由もわからないのだろう。韓国人の実話を曲げた作り話など見せられても、友好ムードになるはずがない。日韓共同と銘打つなら、両方の視点で描くべきであった。しかし、それを作るには、まだ時が早過ぎた。前のエントリーでも述べたものを含め、フライングを起こし過ぎたということである。これでは、不信感しか印象に残らない。

【陛下のお言葉を利用する勢力】
 花堂純次監督による又聞きでしかない情報の信憑性はともかく、「この映画が日本と韓国の橋渡しのいいスタートになることを願っています」と友好的にお話しになるのは良いことである。もし、この映画を酷評なされたら、とんでもないことになるだろう(笑) しかし、危険なのは、このお言葉を曲解し、利用しようとする勢力である。今後とも、このような勢力の動きには注視して行かなくてはならない。今日も、宮内庁に抗議のメールを送った。売国勢力に、天皇陛下を利用されたら二重・三重に怒りが込み上げてくるというものである。


※2007-01-27 11:40:00 のエントリーと分割しました

Blog Ranking

ネコぱんちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。