中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2

中国・韓国の「正しい歴史」なるものが如何に歪曲と捏造に満ち満ちたものかについて紹介して行きます。


テーマ:
初めにポチッとお願いします。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000571-san-pol

 モンゴル民族の自決権確立を目指す国際組織「世界南モンゴル会議」は1日、東京・永田町の参院議員会館で記者会見し、中国の文化大革命期(1966~76年)に内モンゴル自治区で起きた虐殺・拷問に関する記録を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(記憶遺産)への登録を目指と発表した。当時の客観的な一次資料を中心に収集、英訳を進め、来年6月ご
ろに登録を申請する予定だ。

   文革については中国政府も多数の犠牲者を出したことを認めており、90年代に出版された内モンゴル自治区史には、自治区で迫害を受けて死亡した人を「2万7900人」と記している。拷問を受けて死亡したケースもあり、10万人以上が犠牲になったとの指摘もある。

   ドイツから来日した会議のショブチョード・テムチルト代表は「文革期に中国の全ての民族が迫害を受けたと漢族はいうが、内モンゴルでは『モンゴル人だから』という理由で虐殺が行われたことを強調したい」と訴えた。申請を目指す理由については「中国政府を批判することではなく、後世に悲惨な歴史の記録を
残したいからだ。二度と同じことが行われないよう祈って行動している」と語った。
(ここまで)

国連はチュンチョンや左翼連中の専売特許じゃないんだから、こういうことはどんどん進めなきゃいけないね。

27,900と10万じゃ大違いだね。

どっちがより真実に近いか?

そんなもの、チュンよりモンゴル人の主張に決まってる。

それにしても「モンゴル人だから」という理由で虐殺なんて、ジェノサイドそのもので、チュンの危険性・凶暴性を世界中に示すためにも登録は必須だね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

やましろや@歴史の「常識」を疑うさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。