山下@上海

上海駐在終了。千葉に戻りました。


テーマ:

毎日、避難所の生活や被災者の姿をテレビで見ながら

自分には何かできるのだろうか、と思っていた。


久しぶりに物置を開けると、ずっと使っていないベビーカーが。

人から譲り受けたもので、捨てるに捨てられず

ずっとビニールがかかったまましまってあった。

これを必要としてくれる人がいるかもしれない。


ちょうど衣替えの季節。

衣類を整理しているとサクラももう着られない服がたくさん。

これだってもしかしたら使ってもらえるかも。


以前、パパちゃんが娘達にと持って帰ってきたサンプルの靴。

色違いやサイズ違いで計6足。

サイズが合わなかったのでしまってあった。


パパちゃんがサンプルを運ぶのに使った大きなスーツケースが部屋に置きっぱなしだった。

会社に持って帰るのが面倒くさく、「処分していいよ」と言うけれど

大きすぎて燃えないゴミでは出せないし、

個人的に、使える物を「面倒くさい」という理由で「処分する」ということが許せない。


すべて、被災地に送ろう。


市原市に問い合わせると、物資の受付はしていない、とのこと。


こういう時はネット。

支援物資・ボランティア募集サイト を発見。

個人で提供できる物を投稿し、必要とする方が直接選んで応募できるというもの。

早速、投稿。

「ベビーカー」と「女児古着と新品スニーカーのスーツケース詰め」。


スーツケースの方に投稿後15分ほどで応募者が。びっくり。

福島在住の女性からだった。


 家を流されてしまった親戚と生活していますが

 在宅非難のため自分での物資の調達が難しい状態です。

 ちょうど合うサイズの子供達がいますので、是非譲って欲しい。


とのことだった。即決。


スーツケースの中はスカスカだったので、他に必要な物があれば言ってください。

と返事を書くと、

余震のせいで停電が続き、懐中電灯が手に入らないのでお願いしたい。

というので、懐中電灯4つと各種電池、

そして家の中でしか遊べない子供達にぬりえや色鉛筆、粘土、ビーズなど

なんだかくだらない物をてんこもりプラス。

100均に行ったらあれもこれもになってしまった。


住所は福島県相馬。

震災以来よく聞く地名。

コンビニで宅急便をお願いすると次の日には着くという。よかった。


翌日、お礼のメールが。


 下の4歳の子が靴をお布団に入れて寝ています。


くぅ。目頭が熱くなる。

喜んでもらえて本当によかった。 


ベビーカーもその日のうちに2件も連絡が来た。

決まったのは、福島から埼玉に非難してきている妊婦さん。


 避難先で車もなく自分で調達が難しいので譲って欲しい。


とのことだった。


すぐに送りますというと、

出産予定が7月なので、できれば5月以降に

と言うので、後日郵送することに。


妊婦の状態での不便な生活に本当に心が痛む。


 安定期だったのがせめてもの救いでした。


という言葉。元気な赤ちゃんを迎えられることを心から願いたい。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

最近、膝の調子が悪く病院に通っている。

以前からお世話になっている先生のところ。


初めて見た、ドクターヘリ。


山下@上海-110329_090820.jpg


駐車場の順番待ちをしていたらちょうど離陸していった。


先生に「今朝はドクターヘリが来ていましたねぇ。」なんて言ってみると

その日の患者さんは近隣からだったけれど

東日本大地震後は、被災地からヘリで運ばれてくることもあるという。

被災地の病院では必要な治療が受けられず遠い千葉まで来なければならないなんて。


高度の治療が受けられるその総合病院では

軽い症状の人は小さな病院に移転してもらったりするなどしてベットを空け

被災地からの患者さんを受け入れられるようにしているらしい。


他の病院で看護婦をしている幼稚園ママさんも

自分の働いている病院から、被災地に先生や看護婦さんを送り

被災地から患者さんを受け入れていると言っていた。


あの震災の大きさを思い知らされる。


ある日の診察。小雨が降る日だった。

サクラさまと一緒。

すると、帰り際に先生がコソッと

「お子さん、雨に濡らさないようにね。」

放射能のことだ。

家の近所で起きた製油工場の爆発火災も関係するのか聞くと

それは全く問題ない、ときっぱり。

その日の病院付近の状態は全く正常だった、けれど、

目には見えないし、お子さんは特に気をつけたほうがいいと思うよ、とのことだった。

お医者さんに直接言われると心に響く。


毎日、新聞やテレビを見ていると

あまりにも悲しすぎる。

がんばれ!日本!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カノさまの作品。「かとちゃん」

山下@上海-110330_204208.jpg


本人曰く、おじいちゃんを描こうと思ったらかとちゃんになっちゃった、と。

カノちゃんのおじいちゃんハゲてないんだけどな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログ更新もご無沙汰。

こんなネタで久しぶりの更新も悲しいけれど、

山下家の安否情報です。


山下家、高橋家(私の実家)、共に全員無事です。


市原市五井の製油所火災で非難勧告が出たりしたようですが

(あの現場、自転車圏内)

特に非難することも無く家で過ごしました。


個人的には、地震発生時、独り成田空港にいました。とある面接を受けるために。

自分が「成田空港で足止め 1万3000人」の一人になるとは思ってもみなかった。


電車を降り、以前の通勤路を歩きながら懐かしいなぁ、と思っていると

近くにいた女性達がなにやら騒ぎ出した。

あ、地震だ、と気づいた時には揺れもかなり大きく

地下にいたので、とにかく地上に出よう!と走り始めた瞬間、

バァン!!という音と共に、辺りは停電。

悲鳴と人の流れで一瞬にしてパニックに。


私が中学1年の時にそれまで私の中で一番大きな地震が起きた。確か震度4だった。

その時、私の地元では特に被害は無かったけれど

今、私たちが住む主人の地元は学校の体育館の天井が落ち

プールの底が割れたという。


同じ県内でも震源地によっては揺れが違う。

市原にいる子供達が心配になった。

その日は、たまたま主人が休みで家にいてくれたのが何よりも頼り。

でも、もう携帯がつながらない。


とにかく、地震の被害を映す巨大スクリーンを横目に待ち合わせ場所へ。

待ち合わせの時間までの20分程の間で何度も大きく揺れ

尋常ではないと確信。

きっと面接も延期になるだろうけど、一応待っていなければ。

20分を過ぎても誰も来ない。


公衆電話が目に止まり、そこから唯一知らされている先方の東京事務所へ電話。不通。

主人の携帯にもかけ、みんなの無事を確認。

電話中に何かが足元に落ちてきた。なんと5センチほどのボルト。

そこは二階分はある吹き抜けの高い天井。頭じゃなくてよかった。


すると、建物から全員出るように指示が。

外に出るとすでに見渡す限りの人。

あっという間に下に見える駐車場には隙間無いほどの人が非難していた。

車道も人がさまよい、車が進めない状態に。


その日は天気もよくまだ温かい方だったけれど

よりによってスーツ。足元が寒い。

急な非難で、マックのお姉ちゃん達は半袖短パンのまま。

まだましか。


とにかく、先方のスタッフを見つけて

今日は面接が無理だろうことを確認しようと、人ごみの中を歩き回り、なんと発見!

先方も探していてくれた。

もちろん面接どころではない。後日日を追ってとのこと。ありがたい。

すでに電車はストップ、高速道路の閉鎖でリムジンも全て運休。

一緒に行動してくれれば帰る術を探してくれるとおっしゃってくれたが

それ所ではないのは確か。オフィスもスプリンクラーのせいだろう、水没したという。

家族の迎えもあるし、この辺りの土地勘はあるので大丈夫ですと、丁重にお断りした。


さっ、これで一安心と思ったけれど、

1時間前に迎えに出てくれた旦那サマ、未だ隣の駅にも達することが出来ないほど渋滞だという。

そして、まさにあの火災現場に近い場所にいた時、爆発発生!

空にオレンジ色の火柱が見えたと思うと、続けて爆音が。

周りの家の窓は揺れ、車の上には小さなコンクリートのような塊が振ってきたという。


もうすぐ日が沈むという頃になって、ようやく建物の中に入る許可が出た。

寒かったので建物の入り口付近でわずかな暖かい空気にあたっていたので

許可の放送が聞こえた途端、ニュースを流すスクリーン前のベンチにダッシュ。超特等席。


1時間ごとに旦那サマとなんとか連絡を取るもほとんど進めない状態。

日も沈み、お水やビスケット、寝袋などが配られ始めた。

物資の取り合いで一瞬暴動化するかと思うような一面もあったけれど

日本でよかった、とつくづく思った。


仙台に住む友人にメールを送ったり

家族とメールをやりあっているうちに、携帯が電池切れ。

充電サービス機を見つけるも、なんと!その日の所持金146円。お札なし。チーン。

午前中に買い物をしたまま、補充をせずに来てしまった。ま、ATMでおろせたけど。

最後の100円で電池残量2本まで回復。


そして、待つこと6時間、22時になろうとする頃。旦那サマがもうすぐ空港だと連絡が。

ところが、構内に入る際に身分確認のために検問を通らなければいけないというのに

お財布を忘れてきたという。ダダァーン。

ここまで来て、構内に入るどころか、免許不帯同!?

検問で正直に言うと「今日は特別」と、通してくれたという。


空港内は車を停車できる場所も限られているし分かりづらいので

結構詳細に場所を決定したつもり。

私も着く頃には約束の場所へ行っていようと、早々と寝袋を片付け

近くの床に座っていた人に席を譲り外へ。

1分も経たないうちに体がガタガタ震えるような寒さ。

。。。

待てど待てど、マイカーは来ない。

震える手で何度もボタンを押し、やっと電話がつながると違う場所にいると言う。チーン。

いつものことだけど、あれだけ言ったのに。

6時間もかけて下道で超渋滞の中、来てくれたので感謝。

思いっきり態度には出たけれど、それでも感謝。


帰りはスーパーサチナビの裏道で2時間半で帰宅。

実は3月11日、それはさくらサマのお誕生日。

帰宅した頃には0時をとっくにまわっていた。お誕生会をするつもりがこんなことに。

でも、家族全員無事、家も無事でなにより。


テレビで何度同じ映像を見ても身が固まり、特番を見ながら涙を流し、

オムツや水、電池、ライターを買いだめ。

ガソリンスタンドでも20リットルまでの制限給油に渋滞ができていた。

そして、明日早朝からは輪番停電が決定した。


自分の生活がこんなに変わるなんて思ってもいなかった。

でも、うちはまだまし。

頑張らねば。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年はカノさまと手作りチョコに挑戦。

手作りと言っても、チョコを溶かして型に入れてトッピングするだけ。


材料を買いに行くと

カノさまがまず手に取ったのはチョコがいくつか入りそうなギフトボックス。

「パパにあげるの?」と聞くと

「ううん。イックン。」と即答。

バレンタインがどういうものなのかよく分かっていないはずなのに

一番チョコをあげたいのはイックン。

買ってからもずぅっと大事そうに抱えている。

完全に恋する乙女。


昨日日曜日にチョコを作成。

次にイックンと会う可能性があるのは週末のバスケ。

でも、来るかも分からないし、あまり日が経ってしまうのも心配。

今日からカノさまの幼稚園は個人面談の為、午前中で終了。

午後暇だし、14日だし、届けに行こうとイックンママに連絡すると

家に遊びに来てくれることになった。

バスケ仲間のミユちゃんも呼んで、お子様6人大集合で久しぶりのママトーク。


次の日も幼稚園なので、夕方早めの帰宅に。

帰り支度を始めると、イックンがカノに何かコチョコチョ話している。

「ボクの家に行こうよ」と言っている様子。

しかし、カノさま疲れた様子。

いつもなら行きたいと言うのに、今日はお断り。


お風呂に入りながら、今日のお話し。

帰り際にイックンが何を言っていたのか聞くと

「キスしないからイックンのお家に行こうって」という。

「カノはイックンとチュゥしないの?」と聞くと「した」!と言う。

カノが「しよう」と言ったら、イックンが「そうしよう」と

「かくれて」(2階のお布団で)「4回くらいした」という。

「ミユちゃんは?」と聞くと

ミユちゃんも「カノと5回くらい」チュゥしたという。

なんだかあやしい。

どちらにしても4歳にして生意気すぎる内容。


今日は8時には就寝してしまったカノさま。楽しかったんだろうな。

明日また確かめてみよう。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。