花弁化粧

テーマ:

薄らと雪が積もった時は「雪化粧した」と表現することがあります雪の結晶

桜が散り、風で花弁が舞う姿は正に雪が舞うかの如く、桜吹雪うずまき

地面はやがて雪化粧したかのように花弁で覆われます桜

花弁なので雪化粧ではなく「花弁化粧」ですねキョロキョロ桜

地面の花弁、直ぐに変色するので綺麗に見られるのはごく僅か時計

そして石畳みの溝には花弁が積もりますビックリマーク

思わず手ですくってパー

人口花吹雪桜うずまき

当店の桜、今はもちろん葉桜です霧

四月ということで、今年も雛人形を出す(当店は旧暦)作業を先日

行いました雛人形

今年は雛壇(土台)に注目してみます目

先ずこのような骨組みの木材を組み合わせますレンチ

竹で作られた留め具を出して・・・

繋ぎ目に挟みこの木材を固定しますビックリマーク

全てを固定出来れば、天板を乗せて土台の完成音譜

続いて毛氈を敷いてからふんわりリボン

人形や飾り物をそれぞれの定位置に上差し

全て揃えば雛壇の完成ですOK

因みに京都ではお内裏様が向かって右側、お雛様が左側雛人形

そしていつも同時に出す市松人形や様々な小物も飾り・・・

全ての作業が完了ですクラッカー

四月中旬頃まで広間にて飾っております雛人形

山科毘沙門堂の桜

テーマ:

今年は早々に満開を迎えたので三月末頃の画像になりますが・・・

毘沙門堂の枝垂れ桜桜

画像を撮っているとアブが飛ぶような音が・・・叫びはてなマーク

空を見上げるとドローンによる撮影が行われていたようですカメラ手裏剣

分かり難いですが赤矢印の先にドローンが写っています。

 

明後日、毘沙門堂さん主催の観桜会が行われます桜