S.W.S.G Ameba

SALT WATER STREAM GAME


テーマ:
背部と腹部の比重差。


この黄金比が解明出来てシンキングセッティングとなった【スプーナー110】


ようやくブランクのセッティングが完了。



足元で垂らしたラインだけなんで、動画途中のロールとスラロームの可変時にヘッドが上下するので上手く撮れてませんが…。

キャストして見ているとヘッドの上下はありません。

スラロームで左右に振っている途中で片側だけロールが出て、スラロームに戻るアクションはイレギュラーアクションに見えますが、高負荷時には安定のスプーンロールをし、横流れを受けても破綻する事はありません。

また、断念したフローティング時に発生した80lb等の極太リーダーにアクションを阻害される事もなくなっています。

ミリ単位のウエイト位置の調整を経て、やり尽くしました。

乾燥期間を経て、後は塗装とコーティングになりますが、まだ乾燥期間中です。

塗装とコーティングが完了したら、アクションの角が取れてナチュラルになるし、塗装したらもっとアクションが見やすくなるので、また動画撮影をしたいと思います。

その時は少しキャストしての動画を誰かに撮影して貰おうかなw


上手く行かず、失敗を繰り返し、夜も眠れない日も多々ありましたが、塗装とコーティング後の再テストを残すだけです。


ただ、ウッドではないので量産が簡単だと僕自身思ってましたが、これが結構手間暇かかるんです。


う〜ん。。。



興味を持って頂いてる方々に使って頂きたいですが、ここが次の壁になりそうです。


とりあえず、先の事は後から考えます(笑)


やっぱり外注かな〜。


そんな資金ないわ〜(笑)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の続き。

スプーナー110のスイム動画です。



ファスト



スラローム〜スプーンロール可変
※まぁ、これはイメージ程度に思って下さい。




トゥイッチ
※この水面直下ドッグウォークは最近気付いた副産物です。使い手の幅が広がるかも??


昨日からの動画でまとめると

スラローム

ロール混じりのスラローム

ロール

スプーンロール

これらのアクションを抵抗に応じたアクション変化をするリップレスプラグです。



今回撮影した場所も少し流れがあるのが動画から解ると思います。

キャストして見ていると、この流速でも流れの強い所でロール、弱い所でスラロームとオンオフを繰り返します。

この切り替わるアクションは、ナイトゲームの実用テンション内で起こります。

昨日の【スロー】の動画でも少し抵抗が変わった所々でロールが入って、アクションが微細に変化しているのが解ると思います。










僕の可変アクションの解釈とは



ロールやウォブルが加わる抵抗に応じてアクションが大きくなるのとは違います。

リトリーブ中に流れの変化で平打ちしたり、フラついたりするのも違います。

1つの動きの大小への変化
※全てのルアーが対象になります。

1つの動き内に起こるイレギュラー的な変化

これらは【可変アクション】とは認識してません。

ルアーが受ける抵抗に応じて、全く違うアクションを起こすものを可変アクションと解釈しています。

スプーナー110のアクションは?

①デッドスローのスラロームに少し抵抗を増やしたスローでは、少しロールが入り、スラローム幅が小さくなるスラローム。

②ミディアムのピッチの小さいロールからファストのスプーナーの名前の由来となるスプーンに似た激しいテールの振り幅の増えたロール。

①の中の2種類のアクションはあくまでも同種類のアクションと認識していて、可変アクションとは思ってません。

②も勿論、同種類のアクションです。

では、①と②は?

似ても似つかぬ、全く違うアクションですよね?!

1つのルアーで全く異なるアクションを演出出来る事が【可変アクション】と言えると個人的に思います。

勿論、全く同じ抵抗を掛けて複数の違うアクションを出すのは物理的に無理ですが…。

このスラロームとロールの可変をスロー〜ミディアムのように低速域もしくは低抵抗時に切り替わるタイミングにするのに大変苦労しました。




【可変アクション】が偉いのか?

決して、他のルアーを否定するつもりもなく、僕が激流域で必要と感じて作り上げただけですので、可変アクションが良くて、ないとダメなわけではありません。

僕が必要としたルアーが可変アクションだったと言うだけです。


樹脂材料を発泡ウレタンから別素材に変更した際にスローシンキングだったモノをフローティングに開発を切り替えていましたが、失敗に終わり、昨年から今年の磯マルと今年の春の河川で実績抜群だったアクションをスローシンキングにする事で完璧なまでに再現出来ました。

が、しかし。

ブランクの樹脂の比重
ワイヤー素材
センターアイの形状
ウエイトの形状

は変更していますが、完璧なまでに再現出来ました。

ただ、ブランクの精度やワイヤー精度が向上しているので、アクションの精度も向上しています。







が、しかし













相変わらず、ジャークの飛びはクソです(笑)








とにかく、塗装やコーティングを経て完成後に実釣テストを再開したいと思います。




これでOK!




やっぱり、やり直し!




と繰り返して来ましたが、今回は元々のバランスやアクションに戻したので、今度は間違いなく仕上げ工程だけだと思います。




フローティング作製中は、【これで大丈夫かな?】と常に疑心暗鬼になっていました。

フローティングで実績を重ねてなかったからです。

更にいつまでも納得行かなくて動画も殆どアップしてませんし、唯一アップした動画の撮影中に違和感を感じて今回のシンキングに戻した経緯となります。

フローティングは結果的にアクションを細部までは再現出来てなくてボツにしましたが、スローシンキングは開発当初から実績があるので、変に自信があるのです。

自信を確信にするには、現場に出てまだまだ魚との答え合わせを数多くこなすしかありません。

とりあえず、仕上げて実釣テストします。

この夏はスプーナーでアカメを釣りたくて頑張ってましたが、今年は間に合わないかもしれません。

そこは慌てず、マイペースでやっていきます。
※来年以降もありますからねw

あと、ルアー開発ばかりで釣りに行けてないので、完成させて釣りに行きたいです。

ご迷惑をお掛けしている関係者の皆様、もう少しで開発もひと段落すると思うので、申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スプーナー110のスイム動画です。

はじめに。

片手にロッド、もう片手で携帯で撮影していますので足元での動画です。

本来はラインがもっと水に浸かり抵抗感がちがうので、特にスラロームなんかはもう少しメリハリとスラローム幅は出るので、予め御了承下さい。




デッドスロー





スロー





ミディアム

動画は3つまでしか添付出来ないので、明日はファスト、スラローム〜ロール可変、トゥイッチの動画をアップします。

解説も明日のブログでしますので、また見て下さいね〜♫

では、明日の後編で♫


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、フローティングでは最後の最後で上手く行かなかったアクション。
{86329444-256E-4793-AE03-773FF6BE439E}
以前にテストで強烈な釣果をもたらしていたアクションのスプーナー。

塗膜が薄くフローティングになっていて、これを求めて色々とやりましたが、塗膜強度を担保するとシンキングに。
{753AAFA8-33C1-403A-9D76-3854FF622B0C}
フローティングにしようとウエイトを軽くするとアクションが出し切れないと言う結果でした。

サラッと言ってますが、涙涙の苦労をして、背部と腹部の比重差の黄金比がシンキングでしか出せないとの結論に達したのです。

それが解ると、元のアクションにするのは容易いのもビックリしました。
{4F630153-42A8-43FA-84D9-BB25D13CE77A}
シンキングとなると、スイム姿勢やフォール姿勢によって、沈下速度やレンジが変わるので微調整。

フロントバランスではスラロームがいまいちで、背部に水流が多く流れてレンジが入ります。

なのでボツ。

次に思い切ってリアバランス。


#5リングにSTX58#2では少しテール下がりのフォール姿勢で悪くない。

#5リング STX58#1になると結構テール下がりで沈下速度が速い。

リアバランスの動画は著作権がどうとかのテロップが出て貼り付けが出来なかった…。

俺のルアーやから著作権は俺やろw


気を取り直して…。

センターバランス。


#5リング STX58#2

これ、フロントバランスやん!

と思った方!甘い(笑)

入力アイに#5リングと同サイズのソリッドリングを付けてます。
※リアバランスも付けてチェックしています。

入力アイに何も付けてない時は完全に水平姿勢です。

スナップだと気持ちテール下がりになります。




#5リング STX58#1

#1フックでも少しテール下がりなぐらいで許容範囲です。

リアバランスよりはセンターバランスの方が使用フックの許容範囲が広いと言う事です。

更にフォール中の抵抗がリアバランスに比べて高い為に沈下速度も遅くなっています。

以前のバランスに戻したスプーナーですが、ほぼ水平姿勢だったので、姿勢も再現出来ました。

アクションはリアバランスが1番スーパーシャローレンジです。

しかし、沈下速度が速くよりスローに強いのはセンターバランスです。
※センターバランスでもシャローレンジですが。

アクションもセンターバランスは以前のバランスを再現出来たので、1番安定していて、且つ滑らかなスラローム〜スプーンロールへの可変。

更には可変タイミングもばっちりです。

アクション動画は近々アップしますね!

最終的には塗装やコーティング後に撮影してからもアップしますので、お楽しみに。

※水道水にてチェックしていますので、海水では沈下速度は更に遅くなります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回のアカメ狙いで、80lbリーダーを使う事で崩れたバランス。

激流のシーバスがターゲットのスプーナーではあります。

しかし、シーバスには使わない太さの80lbとは言え、リーダーの太さに左右されるようではダメだと思いました。

スローリトリーブの領域でリーダーの太さに左右される事はありませんが、そんなバランスでは納得出来ません。

【Mr.こだわり】と言われるくらい、完璧主義なんで、このまま終わらなかったりしてw

話は戻りますが、地元の10ノットの海流は複雑かつ、トルクがあるので、今のままではダメかと。

海峡の激流で抜群だったタイプから、誰にでも使いやすいようにと、完全なフローティングにしようとウエイトを落としていましたが、

やはり、背中と腹の比重差に黄金比があります。

ウエイトを入れる腹に重心がたくさん寄れば良い訳ではなく、適度なバランスが必要です。

ルアーは破綻と修復の繰り返しの上に成り立って泳いでいるので、破綻が早くても遅くてもダメ。

わかっていましたし、その許容範囲内にあると思って仕上げてきましたが、許容範囲を越えていたようです…。

なので、また元のバランスに戻します。

ルアー開発の初めはシンキングでした。

しかし、コーティングや塗装の知識が乏しく、強度のない薄い塗膜ではフローティングも作れていたので、フローティングも可能と思ってたんですね…。

塗膜強度や背中と腹の比重バランスを担保すると、樹脂の比重的にはシンキングにしかならない事に気付かされました。

以前のセッティングでの海峡激流ゲームでは他のルアーを凌駕してたので良いんですが、欲を言えばフローティングにしたかった…。
{163B07CE-6990-4C19-BA94-18AA27051028}

{75B040D1-E8EB-48B3-8E29-F988537C9A63}

{0596FD03-E9C1-4ED5-9469-372BCD915E77}

{88DAE1C0-0F9A-4523-8591-1EB6446A4D22}

{2168614D-1567-429F-B9F6-25C8F945283A}

{BEB8B3FC-D45A-400C-919B-6DD935DC3AC7}

{AC17ED94-A5C0-4308-96AB-40EFB4D0BD54}

{C718D42F-D135-416A-AD81-9E321F672BA9}
激流ゲームは海峡や河川と抜群の強さです♫

汎用性を求める為のフローティング。

仇になりましたが、シンキングでしか出ない黄金比なら仕方ない。

これね。

実際、僕にしか解らないぐらい繊細なアクションの一部の話なんで、もうええやん!と言われたらそれまでかも知れませんが、僕には1番大事な部分なんですよね…。

こんな【Mr.こだわり】に、モノ造りは悪い言い方をすれば、どこを取って、どこを捨てるか。

と、色んな方々からアドバイスを頂き続けてきました。

何も捨てる事が出来ない人は何も得る事はない!

カッコつけるとこんな解釈ですが、万能なモノはないのをわかっていながら、出来るかも?と欲張りましたね…。

結果、フローティングを取って高速域のアクションを捨てるか?

アクションを取ってフローティングを捨てるか?

の二択を迫られたのです。

しかし、スプーナーのコンセプトを見失ってないので、悩む必要はない。

改めてコンセプトを言うと

激流での情報伝達能力に長け、アングラーがコントロール出来る、リップレスプラグ。
※かなり簡単に言いましたがw

じゃあ、アクションを取ってシンキングにするしかない。

という事です。

なので、フローティングはお蔵入り。

フローティングにする際にやりたくても上手く行かなかったセンターアイのU字化。

{5840ADF2-E064-4612-8E46-65D8FA4723AE}
ただでは転びません。

元のバランスにするけど、樹脂の比重も変わってるし、ワイヤー素材もセンターアイの形状も変えてます。

しかし、元のバランスのアクションにほぼ同等まで来ました。
※一発でw

ブランク精度も上がっているので、全くの同じではアクション精度も上がっている。

こりゃ、たまりませんな(笑)







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{0C34BB3E-748F-4F15-975F-0A9B6B5955FC}

{B8D65A76-5F67-4F2A-8461-0491FAC7B639}
#GMプライヤーtype3 ロングノーズ

ワンピース化した先端部とグリップ部によって、堅牢さがアップしたGMプライヤーtype3のロングノーズバージョン。

チタニウムコートを施し、サビにもかなり強いんです!

シーバスにはやっぱロングノーズですよね!

{11399085-4567-4213-BB80-D17CAB98FB19}

{7C7C52FE-8F29-4389-91FE-664008262CE0}
#GMプライヤーホルダー

ベストやウエストバッグの色んな場所に設置できる優れもの!

樹脂製で乾きが早く、プライヤーのサビ対策にもひと役買いますよ!

ちなみにアングラーズデザインのベストに付けてみたので是非、参考にして下さい!
{11539D93-E95A-4B58-9CB1-E9665C3E2CDB}
ADロックショアベストの様に右フロントポケットにプライヤーホルダーがあるタイプには既存のホルダーにGMプライヤーホルダーのツメを入れて装着。
{D7872F94-5C1B-4D95-AB48-D6FC320B1C7A}
少しグラグラするので、インシュロックでD菅に固定。
{10354249-3875-47F7-BF00-E683A1158217}
この様になります。
{613D251D-84FC-4D07-9812-E4CCC471895A}

次にADエクストリームIIIの場合
{FC2E0669-2581-4168-BC44-27C7DFF8E4BB}
ツメを
{0607731D-AA08-446F-B011-3231D1AEA5C8}
引っ掛ける
{CDB677A1-9E5E-42CE-983E-C8738D99C074}
こんな感じ。
{A9C941B4-5537-4398-968B-754580289598}
エクストリームIIIには右フロントポケットのサイドに引っ掛ける場所がある。
{237A748A-B533-4786-AA48-930CEF2E3F13}

{FFB2D9DF-1008-4E10-9E14-71248B41CABB}
こんな感じ。

様々なタイプのベストに装着出来るホルダーですので、色々使って見てくださいね!

昨日からの発売ですので、宜しくお願いします!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
春頃?!発売されたアングラーズデザインのエクストリームIII。

大好評で出荷がやっと落ち着いてきたところで僕にも送って頂きました。
{185BF7F0-81B2-46BC-9649-E67995D5129A}
※左は工藤さんが監修したロックショアベスト。

さてさて、エクストリームIIIなんですが。

エクストリームIIとどこが違うかと言うと…。

1番の変更点はロックショアベストにも採用されたこのチャック。
{AFF3617A-B32F-4AFD-8C09-541A86CF94E6}
フロントポケットやバックポケットにも採用されていますが、チャックの目が大きくなっています。

エクストリームIIでは半防水ファスナーでしたが、ウェーディングしたら、ベストまで浸かってしまうし、中が濡れるなら開閉し易い方が良いでしょ?!

て事で、片手での開閉を楽にするファスナーに。

加えて、指が引っ掛けやすいツマミ部分も採用しています。

エクストリームIIでも基本性能に申し分無かったんですが、更に細かく使い勝手が向上しています。

余った肩紐がブラブラしないようになどの本当に些細な部分のマイナーチェンジとなります。

それ程、エクストリームIIでアングラーズデザインのベストは基本性能が高かったと言う事ですね。
{7734FFE9-1FF5-42B4-8318-797A6D2FFD86}
内側に迷彩は大人の楽しみ♫
※パンチ佐藤の背広の内側に刺繍的な(笑)古いかwww

エクストリームベストの1番の特徴は、やはりカスタマイズ出来るところです。

カスタマイズに必須なアイテムも一部リニューアル。

システムアップバック4はアイフォン6が楽々入ります。

仕切りもあり、収納力が高い。

{6F90174E-E32D-41F2-A356-9FECE2FA511E}
更にリーダーポーチはファスナーを開けずにリーダーを取り出せて、且つリーダーの出ている部分を押さえるマジックテープ付き。
{CD943ADD-7363-43C3-86CE-A7E6D15274E1}

{4BEFF053-07B7-432E-AAA3-46780F2270E5}
更にスペースもファスナーも2つあり、状況に合わせたリーダー選択も出来ますし、スナップなどの小物入れにも役立ちます。

これらを組み合わせて、自分の利き腕や癖に合わせたプライヤー、フィッシュグリップ、小物入れの位置調整をするのが楽しいですね!

僕も今の自分やアイテムや対象魚に合わせたカスタマイズをして行こうと思います♫

これは!

という使い方が見つかれば、またブログでアップしますね!

逆に

これは!

という使い方が見つかれば、教えて下さい♫


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アカメ狙いで、先日高知に行ってた時。

空いた時間にスプーナーのスイムチェックをしていた。

低速域ではいつも通りのアクションなんだけど、巻き速度を上げると違和感が…。

それを地元の流速のある場所でチェック。

横流れを受けた時に巻き速度を上げると破綻する。

え〜っ!?

アクションは弄るとこないと納得してたのに…。

個体差か?

と何個か試すけど、同じ現象。

納得いかないけど、これが現実。

と、対策品を削り、成型してスイムチェックしようと。

ただ、ラインシステムがアカメ仕様でリングが付いてて、ルアーチェンジが手間なんでスナップに替えようと

50lbリーダーにオルブライトノットで先端30cmに80lbを丸呑み対策で結節していた。
{FE3CEC6A-A0AA-4677-81E0-81502A96A60D}
先端30cmを切って、50lbリーダーだけにしてスナップを付けてスイムチェック。

対策品はバッチリなアクション♫

以前にアクションも材を変えた時に苦労したので、狙いはだいたい掴んでいるから対策は迷わない。

念の為に違和感のあったブランクを再チェックしてみると。

元のアクションに戻っている。
{ACED6AEE-1D41-4954-8B98-5A68BC4C3EA6}
こいつのせいか?w

リーダーの太さか?

オルブライトノットの結び目がデカいからか?

とにかく、ルアーのアクションがおかしくなった訳ではなかった。

良かった〜♫

と、同時にスプーナーにの個性を生かせる限界のリーダーの太さも調べる必要があるなと感じました。

今回は約1mの50lbナイロンリーダーの先端にナイロン80lbを30cmオルブライトノットで結節していたので、80lbが単純にスプーナーには使えないと判断するには早いと思う。

とりあえず、30lb〜50lbを1.5mまでのリーダーは普段から使っているんで大丈夫だという事です。
{FFE45F77-878C-4E44-A37B-B9CB229CFDAF}
今シーズンのアカメ狙いを諦める勢いだったので、原因がルアーじゃなくて本当に良かったです(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夏も真っ只中。

2011年に自己記録である95cm11.5kgのアカメを釣り上げてから4年間、次男が産まれたり色々あったりで年間2回の高知遠征がいっぱいいっぱいでした。

今年も少ないチャンスを見計らい、今年1回目のアカメ狙いに高知へ。

今年はワクワクさせる気持ちを更に高ぶらせるハンドメイドルアーを連れて行く。
{C5DCACAB-BA10-42B8-AFF8-5C8F5BFC009B}
金曜日の仕事終わりから無理をして朝マズメを寝過ごしたり、チキン南蛮食ったり
{EC12E784-E4E9-46A6-A88C-0C3ADDDBDF76}
暇な時間にスプーナーを流れに放置して動画を撮ったりw



この時期って、毎回エリアを外してる気がする。

ま、そこらへんが判るので次回のポイント選択に繋げたいなと。

僕の夏が始まりました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回は推奨フックである、STX58#2と#5リングの組み合わせで
{CD25D105-6A76-4B97-AB4D-E661F4F6E7AD}

{69D501B7-329C-47BD-903F-ECFDEDC968C1}
こんな感じでした。

では、アカメや青物、はたまた激流のゴンザレス級シーバスを相手にする際に#2では役不足であったり、浮力を抑えたい時にはフックを#1に交換したい。

と言う事で、浮き姿勢?の画像を撮りました。
{6907895F-4318-4EB3-9A99-809FDD64A91D}
#1だから、基本スナップは使わないのでリングだけです。

ちなみに前回同様に水道水です。

リアフックが浮いている事から、水の比重でサスペンドになる場合もあるでしょう。

後から動画を見てみたらわかりますが、フォール姿勢はほぼ水平です。

と言う事は、姿勢はほぼ水平と言う事です。

ハンドメイドルアーの誤差を考えても、#1では恐らくサスペンド〜スローシンキングになるかと思われます。

これは#2フックのフローティングが前提であり、#1は副産物的な考え方ではあります。

浮力を出し過ぎると魚が吸い込む際に抵抗となる為に浮き姿勢でルアーの背中が出るか出ないかのセッティングを試行錯誤した結果です。

動画も撮ってみました。


ちなみにリーリングやロッドでキッカケを与えると平打ちしながらフォールしますが、その動画は子供の水槽では撮れません。

このフックによる変化を狙ってはいましたが、ここまでうまく行くとは思ってなかったですw

まぁ、こんな感じで細部のチェックをしながら、塗装、ホログラム浮きの検証をしています。

塗装やホログラム浮きの原因は、プロからのアドバイスで分かってはいたものの、自分の中で100%腹落ち出来てなかったのです。

アドバイスを頂いた方は信用していますが、聞いた事を全て失敗せずに覚えても自分の身にならないのです。

分かっていながら消去法で自分の中で腹落ちできると言う事が何て贅沢なんだと。

アドバイスを頂いている方々が居なければ、ここまで来るのにも倍以上の時間を要するのは間違いないです。

本当にありがたいです。

{11284E14-D47B-4AE7-A5C9-919CFC26DDE7}
ラメラメの塗装を練習用ブランクで練習したりw
{00636E32-27FE-44EF-BA08-D8037074E4CF}
対策をしたものにホログラムを貼って、これからコーティング。

これでホログラムが浮いたら、また次のブランクと用意しています。

一発で決まって欲しいけど、そんな甘くないんだよね…。

せめて、8月中には何とかしたいと思います。

ハンドメイドルアーに対しての質問があっても、僕を信用して教えてくれたノウハウについてはお答え出来ませんので、宜しくお願いします。

自分で見つけたノウハウについてはお答えしますよ〜♫

ま、僕に聞くよりもっとやり込んだ方に質問した方が賢いですけどね(笑)

ではでは♫


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。