テーマ:

先日(平成29年11月9日)、第59回中小企業団体兵庫県大会が神戸ポートピアホテルで開催され、弊社は、しっかいや事業を有効に活用し他の範となる優れた成果を上げたことにより、「しっかいや大賞」を受賞させて頂きました。

 

 

一部表彰式、二部講演会、三部交流会という内容でしたが、兵庫県の井戸敏三知事はじめ、多くのご来賓の皆様よりご祝辞も頂戴し、大変盛大な大会となりました。

 

 

また、三部の交流会では他の受賞者や経営者、金融機関の方々など、日頃から多方面で御世話になっている方々と交流させていただき、たくさんの刺激をいただくことができました。

 

今後も継続的にこのような成果をあげられるよう、努力を重ねていきたいと思います。ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2週連続で週末は四国。昨日は弊社がいつもお世話になっている会社の勉強会に参加するため香川県まで行ってきました。食品加工の技術、6次産業化への取り組み方やそのビジネスモデルの構築方法など、様々なヒントを得ることができました。今後、弊社でもより良質な商品を製造するしていけると思います。

 

 

帰り際には、半年ほど前に新築されたという美術館のような新社屋も見学させていただきました。社内外の人たちに開放されている社長様の書斎は、経営者の感性がしっかりと反映されたとても素敵な空間でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29年産の紫黒米の収穫。

地元の神岡小学校の子どもたちです。

 

 

 

急に冬らしい気候になり、冷たい秋風が吹く中でしたが、子どもたちは全員泥だらけになりながら一生懸命収穫していました。

 

 

年々需要が増しているたつの市産の紫黒米。

色鮮やかで、プチプチした食感がご飯の美味しさをより一層引き立てます。

 

29年産の紫黒米が私たちの食卓に届くまでには、まだ少し時間がかかりますが、新米が手に入った際には、詳しい『食レポ』をお届けしたいと思っています。お楽しみに。

 

 

因みに子どもたちは紫黒米の収穫後に芋掘り。

自分の小学校時代を思い出しますね(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、息子がお世話になっている保育所の給食参観へ行ってきました。

 

 

昨年度の給食参観に引き続き、今年もまた大豆を使ったメニューが入っていたので、料理のアレンジや子どもたちの反応など、仕事目線で参観(視察?)させてもらいました。

 

 

どの園児もとても美味しそうに楽しく食べるので、その姿に大変癒されます(笑)

 

 

献立レシピも配布されましたので、記載しておきます。

(大豆の料理のみですが)

 

【大豆の甘辛揚げ】 1人分

 

<材料>

・大豆の水煮 30g 

・片栗粉 適量 

・ちりめんじゃこ 

・砂糖 2g 

・醤油 2g

・揚げ油 適量

 

<作り方>

①大豆を水で洗い、水気を切っておく

②大きめの鍋に砂糖と醤油を合わせ、ひと煮立ちさせて火を止める

③ちりめんじゃこをさっと素揚げする

④大豆に片栗粉をまぶし、油で揚げる

(注意)

大豆に片栗粉がたくさんついていると、大豆がくっついてしまいます。ザルなどで余分な片栗粉は払い落とし、大豆がバラバラになるように混ぜながら揚げます。

⑤②に素揚げしたちりめんじゃこと大豆を入れ、鍋を振りながら手早く混ぜる

 

 

大豆は栄養面で抜群の食材ですが、これぐらいの年齢の子どもにとっては、お箸を上手に使う練習になるのも良いですね。

 

毎年この時期は学校関係の給食でも大豆の使用量がとても増えます。こうして様々な料理に使われているシーンを目にすることで、大豆がいかに汎用的でアレンジの幅が大きい食材であるかが実感できます。

 

帰宅してから息子に給食(大豆の料理)の感想を尋ねると、「めっちゃおいしかった!」とのことでした。子どもたちにも大好評のレシピなので是非試してみてくださいね。

 

 

食後の歯磨きもしっかりできたかな?(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、塩くらげを使った簡単レシピのご紹介です。

 

 

<材料>

・塩くらげ 50g 

・もやし 100g 

・キュウリ 1本 

・醤油 大さじ1 

・ごま油 大さじ1/2 
・豆板醤 少々 

・鶏がらスープの素 小さじ1/2

 

<作り方>

①塩くらげを30分ほど冷水に浸し脱塩させる。

②もやしを茹でて、よく水切りをする。
③キュウリを太めの千切りにする。

④脱塩後のくらげを食べやすい長さに適当に刻む。
⑤醤油、ごま油、豆板醤、鶏がらスープの素を混ぜる。

⑥ ⑤にくらげ、もやし、キュウリを入れて和える。

⑦ ⑥を30分ぐらい冷蔵庫に入れて味をなじませる。

 

 

我が家では子どもたちにも大変好評でした。弊社の中華くらげもそうですが、完全に味付け加工されている商品の場合、味を調整することはなかなか困難ですが、こうした1次加工品を使用することで、味の好みや健康面などを考慮しながらオリジナルで料理を作ることができます。

 

今回使用したのは当社の塩くらげです。先日の展示会にも出品しましたが、歯ごたえも良好で、脱塩後の歩留りも非常に良い商品です。

 

とても手軽に調理できるレシピになっていますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。