明石市・神戸市西区・加古川

2歳差姉妹(6歳・4歳)に楽しく実践中♪

1週間で子どもが遊ぶように勉強するようになる

親勉(おやべん)インストラクターの やまさき のりえです。

 

 

親勉体験会 開催決定!

   4/17(月) 10時~11時半 明石市内 終了

   4/25(火) 10時~11時半 明石市内 受付終了

   5/1(月)  9時半~11時 明石市大久保【満席】

   5/8(月)  10時~11時半 明石市内

   5/25(木) 10時~11時半 明石市内 NEW!!

 

親勉体験会のご案内はこちらベル

 

 

★初級講座について★

小室先生のメルマガを購読されて、既にご家庭で実践されている方には初級講座がおススメです。

体験会に参加されていなくても、初級講座を受講いただけます。

 

親勉初級講座のご案内はこちらベル

 

 

★ワースト1位?日本の子どもの「自己肯定感」

 

先日、自己肯定感についての記事

「自己肯定感という言葉が嫌いでした」

を書きましたが、関連して、

日本の子どもたちの実際の

データをご紹介していきます。

 

内閣府の

2014(平成26)年版「子ども・若者白書」

の特集、

今を生きる若者の意識~国際比較から見えてくるもの~

からご紹介します。

 

「子ども・若者白書」自体は毎年発表されているのですが

2014年は、特集として国際化比較調査で

自己肯定感などの日本の若者の意識について

他の国の若者と比較しているものがあります。

 

自己肯定感

親勉では、

「自分が自分の事を信じられる力」

と定義しています。

 

 

 

自己肯定感が高い?低い?

 

一般的に自己肯定感が高い・低い

といわれる状況はこの通り(一部抜粋)です。

 

 

<高い>

・小さな事でおちこまない。

・積極的に人と関わる

・自信がある

・挑戦する

・堂々としている

・自分軸で考える

 

<低い>

・自信がもてない

・挑戦しない

・堂々とふるまえない

・人との関わりが苦手

・人の話をマイナスの意味で受け取る

・他人軸で考える

 

いかがでしょうか?

あなたの自己固定感は、

それとも、高いですか?

低いですか?

 

これを踏まえて、内閣府の調査結果を

見ていきましょう。

 

 

ワースト1位?日本の子どもの「自己肯定感」

 

これは内閣府が発表した

 

日本を含めた7カ国の

満13~29歳の若者を対象とした

意識調査の結果です。

 

 

☑自分自身に満足している 

 

(平成26年版 子供・若者白書 内閣府資料より)

 

日本の結果の低さに、私は驚きました。

 

そして、自分に問いかけました。

若かったころ、私は常に自分に自信がありませんでした…。

つまり、私の答えもNOだったことになります。

 

7か国中、4か国の若者は8割以上が

自分自身に満足している、という結果です。

お隣韓国の若者が71%を超えているのに、

日本の若者が45.8%というのは、

低すぎるんじゃないか、という印象を受けました。

 

☑自分には長所がある

 

 

これも、日本の若者が一番低いですね…。

 

あなたやあなたのお子さんはいかがでしょうか?

私の答えはYESです。

短所と長所どちがら多いですか、

という質問だと、悩みますが、

長所がある、の質問だとたくさんあると答えられます。

 

次です。

 

☑うまくいくかわからないことにも意欲的に取り組む

 

 

これが低いのが、

私はショックでした。

 

ここが、生きていく力なのではないか、

と私は感じているからです。

 

将来、子どもが夢をかなえて、

やりたい仕事をしているとします。

もしくは、夢のために、

受験勉強しなければならない状況になったとします。

 

そんなとき、必ずこの状況が出てくるはずです。

「うまくいくか分からないこと」

自分で自分を信じている、

自己肯定感が高い若者は、

頑張って前に進めていく、と私は確信しています。

 

自分の子どもに対しても、

目指すところはここではないかな、と

思います。

 

失敗したっていい。

頑張りどころで、

頑張れる。

踏ん張りどころで、

踏ん張れる。

ということが大事だと、私は考えます。

 

 

 

 

将来への希望も、日本がワースト1位

 

☑将来への希望

 

 

経済大国ニッポン。

世界に誇れる技術もたくさんあり、

国民性も世界から評価されています。

 

 

それなのに…

この結果…。

 

 

将来には無限の可能性が広がっている

はずなのに…。

 

 

悲しいことです。

 

 

…と言っている私も、20歳頃は

全然将来に希望がありませんでした。

私が就職活動しているときは

いわゆる就職氷河期、

大卒でも仕事が見つからない状況でした。

 

 

でも、社会がたとえそういう状況

だったとしても、我が子には

希望をもてる!

と答えられる人間になっていてもらいたいです。

 

 

ここも、自己肯定感の高い低いが

繋がっているところですよね(*^_^*)

 

 

私の自己肯定感がいま高いのかどうか、

は私にもまだ分かりません。

 

 

でも、1ついえるのは、

大人になってから、

自己肯定感を高めるのは大変。

 

 

子どものころから、

はぐくむことができるものなら、

親である私が

はぐくんでいけばいい。

 

 

結局は本人の心ですから、

私がコントロールできるものではありません。

 

 

でも、私が接し方を考えるだけで、

子どもの自己肯定感が

高められるのなら、

私は迷わずそちらを選びます^^

 

 

親勉では、勉強の仕方だけではなく、

親子関係についても学べます(*^_^*)

 

 

自己肯定感をアップ!

親勉流褒め方と叱り方は、中級講座で学んでいただけます。

【中級講座のご案内】※対象は初級講座を受講された方

http://ameblo.jp/yamaoya/theme-10101507302.html

 

 

 

親勉って何?と思われた方は、ぜひ小室先生の無料メルマガに登録してみてください。

日本親勉アカデミー協会 代表理事の 小室尚子先生のメルマガです。

手紙メルマガ登録はこちら

兵庫県三木市の金井詞子先生のメルマガもおススメです。

「東京には負けへんで~」田舎で始めた遊ぶように勉強する親勉

手紙メルマガ登録はこちら

AD