• 02 Jun
    • 実録;終わりなき戦い~9 まだまだ続いてた

      さて、家で大発生したナメちゃんたちですが、最近は、とんと見かけなくなりました。ナメトールのおかげ!、と、言いたい所ですが、ナメトールの弱点は、ちびちゃん達に効かないということなんです。   また、苗を一つ植え替えしようと思って、苗ごとずぼっと抜くと・・・・苗の側面に、いました(涙 奴らが・・・   小さいのは、夜外を出歩くことなく、住処でじっとしているようです。   ならば! こちらから探しに行こう。と決め、鉢を抜いては、チェックをして・・・をやり、結局1センチ未満のを4匹捕獲。   まだ、数鉢なので、まだまだいるかもしれません。   一度、感染してしまうと、このようにかなり面倒になります。皆様も、どうか、お気をつけください!

      1
      テーマ:
  • 25 May
    • やっぱり終わらなかった戦い:再燃編

      ナメクジをやっと見なくなった、と喜んでいたのだけど、ナメクジトラップはそのまま仕掛けたままでした。   だって、片付けるのめんどくさいもん(笑   トラップに、一つだけ、ひからびたナメさんがいたのだけど、ある日、気がつくと、それが二つになった。   「へー、やっぱりまだいたんだ」   と、思い、夜警を続けたけど、一匹もみつからず。   そうこうしている内に、トラップ中に、3匹目のナメさん発見! それでも、いくら探してもみつからず。   そうして迎えた今日。   ザ・チェリーセージ植え替えの日です☆   1週間くらい前に、チェリーセージの苗を買い、ビニールのポットから植木鉢に移植。   もうすでに習慣となったナメさん卵のチェックはかかせません。奴らは、ビニールポットと土の間が大好きなのだ。   そこで・・・卵発見!    そっと卵をビニールに落として、他にいないか確認。ポットの下は、流し口につけるゴミ用の網をかけて、ナメさんが入らないように固定。   一応、トラップ(ただ単に植え替えてないだけ)の他の苗のビニルポットから苗を抜いて、よく点検すると、   ゼラニウムの苗にいました! 小さいのが!!    おのれ、ここで会ったが100年目!   と、捕殺させていただきました。ナメさんは、単体では増殖できなくて、オスメスの違いがないけど、2匹いないと交尾できないから、卵がない。卵がある、ということは、少なくとも2匹はいる、と言うこと。   明日くらいに、ポットから苗を一個ずつ引き抜いて、卵チェックをするかもしれません。   やっぱりね、本当に終わり泣き戦いになりそう・・・・    

      2
      1
      テーマ:
  • 21 May
    • 実録;終わりなき戦い~8 最終章

      ナメクジの大量発生に慌て、ナメクジを完全退治を目的にしたいたんですが・・・   ある日を境に突然、消えました。   それは、もうぱったりと言っていいくらい。   それは、ナメトールを容器におがくずと一緒にいれて、放置した翌日の朝。   壁や、植木鉢に2~3匹のナメクジが張り付いたまま死んでいました。おそらく、ナメトールを食べたんだろうと思います。   そして、その翌日。ナメトールの入った容器の中で、一匹が死んでいました。   これを最後に、その日より、ナメクジを一匹も見なくなりました。   おかしいな、こんなに簡単に絶滅する訳がないんだけど・・・と思い、毎晩、懐中電灯で夜警をするも、一度も見かけないまま、一週間がたちました。   奴らが好きそうなペチュニアの花も買ってきていて、ナメクジがいたらすぐわかると思ったのに、ペチュニアの花も全然喰われていません。   なんだか、拍子抜けした気持ち。ナメトールを、おがくずと共に容器にいれ、3日目には、そうなっている訳で・・・・   ・・・もう、そろそろ断言してもいいかな?    絶滅宣言!   それでも、油断することなく、しばらくは夜警も続けようと思います。

      2
      テーマ:
  • 11 May
    • 実録:終わりなき戦い~7

      昨晩、椿油粕による消毒をしたのに、大きなヤツを4匹も捕殺した、という話を書いたのだが・・・     本当に「終わりなき戦い」になってきてるな~。 と思い始めた。   本当に終わりなき戦いになったら困るのである。   大きい生体が4匹もいた。過去に、大きい生体を3匹くらいやっつけているので、大きな個体が7匹もいたことになる。   それぞれが、卵を産み付けていたとすると、大問題だ。   少なくとも300x7=2100匹くらいの可能性があった訳で。   植木鉢の中のやつらは、椿油粕でやっつけることが出来るが、問題は、ウッドデッキの下に潜む奴ら。   ここまで広がる前になんとかしようと思っていたけど、広がってしまったかあ。   もう植木鉢の消毒だけではダメだ。ウッドデッキを引っぺがしてその下を清掃するか、ウッドデッキに水を一滴も流さない、という方法をとるか。   気持ちとしては、ウッドデッキを引っぺがしたいのだが、かびとか他の諸々のめんどくさいものも出てきそうなので、ウッドデッキを徹底して乾燥させる方法をとることにした。   1)ビニールシートをウッドデッキ一面に引き、雨水などが一切染みこまないようにする。 2)同時に植木鉢には、再び、椿油粕による消毒を行う。 3)水やりはトレイの中で。たまった水は、そのまま排水溝に棄てる。   で、どうだろうか?   そして、植木鉢の表面にまいたナメトールですが、食品添加物だけあって、かびてきました(涙   これから、鉢の表面を削り取り、ナメトールを回収してきます。   植木鉢、再度、消毒しないと・・・そして、昨日の生体が卵を産み付けていないか、根っこを引き抜いて確認するつもり(涙   ナメクジの感染こんなに大変なんですよー   奴らは、ついに、私が愛してやまないアイスバーグ姫に食指を動かしました。姫が・・・姫が喰われてる!!!   凜と美しく、優雅な私の姫がっ!    奴らを徹底して駆逐するまでがんばります

      2
      テーマ:
  • 10 May
    • 実録:終わりなき戦い~6

      さて、今日もまたナメちゃん捕殺の時間がやってまいりましたー♪   今日も、がんばりますよ?   さて、今日は、一日忙しく、椿油粕水溶液による消毒ができませんでした。そして、外は霧雨。湿気が高く、奴らがもっともアクティブになりそうな予感が!   いつものルーティンの夜警から始まります。日暮れ時から、巡回を初めて一回目。   大きいのがいた!   その一時間後、もう一度夜警に。   私が姫と呼んでいるアイスバーグの鉢の上に。   許せん!   という訳で捕獲。   そこでちょっと閃いた訳。今日のようにアクティブな日には、ビールトラップが有効かも。   そういう訳で、ペットボトルの底をちょいちょいと切り、コップみたいにし、ビールを注ぎます。   ベランダの床の上に放置すること一時間。   きてました。大きいの3匹目!   そいつも捕獲。捕獲場所はみんなビールのそばです。やっぱり、ビールに釣られてやってきてるみたい。   そこで、また一つ閃きました。   ナメトールをビールの周りにまいたら、どうなるか?   当然、ビールへの道のりの途中で、食べますよね?   そして、ビール周りにもナメトールをぱらぱらと散らし、待つこと1時間。   やっぱり、かかってましたよ。ナメトールを丸呑みしたようで、弱ってました。もちろん、捕獲。   そういう訳で、今日は、やたら大きいのを4匹捕まえたことになります。一体、何匹潜んでいるのか。どうも、ベランダのウッドデッキ下に潜んでいる感じ。   さて、ウッドデッキの下のやつら、どうしましょうね? 一番いいのは、ウッドデッキをひっぺがしてみることなんだけど、怖くて見れない・・・・・   きっと、まだまだ戦いは続くのだと思います。

      1
      テーマ:
  • 09 May
    • 実録:終わりなき戦い~5

      さて、この辺で新兵器。 椿油粕を使ってみました。   1.5リットルのペットボトルに水をいれ、椿油粕15グラムを振り入れます。その後、15分ほど放置して、シャカシャカふると、椿油粕・水溶液が出来ます。   次にバケツを用意。 椿油粕・水溶液を500ミリリットルとり2倍に希釈。本当は濃いほうが効果はありそうですが、植物の根にはあまりよくなさそうなので、この濃度に。   2倍希釈した水溶液をバケツに注ぎ、その中に鉢植えを沈めます。 他のブロガーさんたちは、上から注ぐだけですが、私の経験では、奴らは鉢底の石の中に潜んでいるケースもあるようなので、水溶液をはったバケツの中に鉢を沈めることで、奴らの逃げ口をふさぐのです。   目標は、100%根絶ですかねっ!    そうして、今度は、原液を3倍希釈にしてから、植木鉢の上から注ぎます。上からも下からも、責める方向で☆   あらかじめ、小さなジップロックに、液体洗剤(なんでもいいです。界面活性剤であれば)を少し注いでおいて、ナメクジが出てくるのを待ちます。   ネットに書かれているように、5~10分以内に、土壌の中から、わらわらとナメクジが出てきます。   最初は、半信半疑でしたが、本当に、出てきました。   鉢底の水溶液にも、ナメクジが何匹か浮いてました。   昨日は、合計8匹くらい。今日は、2~3匹捕まえ、ジップロックの液体洗剤にお箸でつまんでポイです。そのまま、ゴミとして棄てますので、手間いらず。   面倒なのは、一鉢ごとに10分程度かかるってことくらいです。   そして、今夜も当然夜警をします。どうも、夜8時くらいが一番、アクティブな時間なようで、捕獲率は、夜8~9時の間が一番、高いようです。   ここまでで、通算50~60匹のナメクジを捕殺したことになります。もう吐き気がしそうなくらい気持ち悪いですし、後味もとっても嫌なのですが、仕方がありません。   ちなみに、消毒を完了した草木たちは、嬉しそうに伸び伸びとしているような気がするのはどうしてでしょうね?   椿油粕による消毒は、定期的にやったほうがいいかもしれないな、と思いました。   ちなみに、ナメトールを散布した後なので、大きいのは全くいなくて、長さ3~5ミリ程度。ナメトールの粒剤が大きすぎて食べられない個体ばかりでした。   ナメトールを散布するときには、粒剤を少し砕いて、卵からふ化したばかりの小さい個体も食べられるようにしておくといいかもしれません。          

      テーマ:
  • 08 May
    • 実録:終わりなき戦い~4

      さてさて、まだまだ続くの?と、思われる方もいらっしゃると思いますが・・・   まだまだ続くんです(笑    そのくらい、ナメクジどもはしつこく、私は、さらにしつこいのです(*^▽^*)   ナメクジごときに負けてたまるか。ホモサピエンスの知能は、やつらより上なことを見せつけてやりましょうぞ。   さすがに、何千年も生き続けてきているであろう奴ら。確かに、生物学的には、実に戦略的、かつ、巧妙な作戦を展開しております。   たとえば、   卵を何カ所にも分けて産み付けるとか、   夜遅くになってから、こっそりと地上に出てくるとか   昼間にうろうろしてくれれば、小鳥さんたちが食べてくれるのに、昼はでない。まあ、太陽の光が苦手というのもあるんだけどね。   個体の中でも、やはり慎重派と冒険派がいるようで、簡単に巣から出歩く奴らは捕殺可能なのだけど、問題は、巣の側でしか動かない慎重な性格のやつら。   そういう訳で、夜、植木鉢を箱に詰めたまま、ナメトール(粒剤)を鉢の上にばらまく。植木鉢を隔離して、他に餌がない状態にして、毒餌をまく。そして、今朝。   2匹捕獲   というか、二匹とも、ナメトールを丸呑みしていたようで、一匹は、ナメトールが体の中にあることがはっきりわかる状態。かなり弱っていたので、捕獲は簡単。もう一匹はすでに、こういう状態に。   ナメトールを飲み込んだ奴らの様子から、多分、致死に至るまでには、少なくとも3時間程度はかかるみたいね。そう、飲み込んだものが消化・吸収されるまで待たねばならんのです。   そういう訳で、ナメトールが非常に効果がある、と言うことがわかってよかった。   こんな風に、大量発生しそうな時には、いろんな捕殺方法を同時に設置するのがよいと思う。   一つには、先ほど書いたように、卵を産み、大きくなる、というサイクルがあるので、一つの方法だけだと、個体の性格の違いから(慎重派と冒険派のように)、一部は捕殺できても、残りは鉢の中にいること。   二つ目には、その残った連中が、次の手を打つ前に、卵を産み付ける可能性が高くなること。   卵がかえれば、また、元の木阿弥・・・・・orz(T▽T;)   そして、生体をやっつけた後も卵がかえれば、大変なので、卵はまた別の方法で始末しなければならんのですよ・・・   捕獲できる個体もあれば、ナメトールに簡単にひかっかる個体もいるし、ナメトールには興味を持たない個体だっているのに違いない。そういう連中には、また別の方法があるのですよ(椿油粕とかね!)    そう、個体の性格によって適した絶滅方法があるので、数種組み合わせることが大切なのですよ。   そういう訳で、ナメクジが出た場合には、数種の捕殺方法を同時に行う必要がある、と私は思います。     次回は、卵とナメクジの巣について  

      2
      テーマ:
  • 07 May
    • 実録:終わりなき戦い~3

      さて、引き続きのナメクジ問題であるが、またまた、問題が出るわ出るわで・・・・   まずは、ナメクジのショックより立ち直り、気を取り直して、大株になってきた苗木を植え替えようとした時のこと。   もちろん、植木鉢の上とか下とか、横とか、中とか、隅々までチェックして、問題なし! さて、植え替え・・・・となり、苗を植木鉢から出して、ふと、苗の底に目をやってみたら・・・   ナメクジの卵発見!   10コくらい。奴ら、どうも、卵を分散して産卵しているようだ。リスク分散を思いつくのだから、賢いのかな・・・   絶対に、この鉢にはいない、と踏んでいたものだったから、ショックだった。   もちろん、捕殺したくらいじゃ、絶滅にまでは及ばないは思っていたけどね。   そして、GWが終わり、岐路についた。当然、行きと同じ方法で、苗をビニール袋にくるみ、宅急便で配送。   そして、夜、もし、ナメクジがいるとしたら、絶対に姿を現しているはずだ、と思い、一鉢、一鉢チェック。   一箱目・・・・ナメクジなし。セーフ! 二箱目・・・・同じく、セーフ! 三箱目・・・同じく大丈夫だった。   という訳で、やれやれ、ナメクジなんてもういないんじゃね? と、楽観して、4箱目   ・・・・いました(泣  大きいのと、小さいの・・・・   当然、捕殺しましたがね! 大きいのはともかくとして、小さいのが問題だ。   どうも卵からふ化したばかりの感じ。と、言うことは、後5匹はいるよね。   と、言う訳で、椿油粕を試す前に、ナメトールを散布。まさか、一袋全部使うとは思わなかったが、使ってしまった・・・・   ナメトールを追加で注文。ナメトールは、燐三第二鉄で、食品添加物として使われるのだそうです。効くのかなあ。   数段階に分けて駆除しまくるつもり。きっと、まだ植木鉢のどっかにはいるんだろうな・・・   まだまだ続きます!

      1
      テーマ:
  • 05 May
    • 実録:終わりなき戦い~2

      さて、新たに出現したナメクジであるが、これが大問題を引き起こすのである。   夜警をし、植木鉢にいたナメクジを捕ること数日間。   相変わらず、夜には出没するのだ。この時点で、捕殺したナメクジは概ね30匹はあろうかと思うのだが・・・   まだ、植木鉢の中にいる模様     秋までに、捕殺率100%まで到達しなければならないのだ。なぜなら、   秋に再び産卵の時期がくるから。   一回につき、ナメクジが産卵する数は300コ程度と言われていて、一匹でものこっていれば、秋には、また300匹でる、ということ。   捕殺・・・等と言っていては、追いつかないのである。   そこで、ネットを探しまくり、見つけたもの。   それは、椿油絞り粕   これを植木に与えると、嫌がって、地上に奴らが現れると言うことらしい。   この椿油の絞りかすは、自然の界面活性剤のようで、ミミズやナメクジ系によく効くとのこと。   当然、発注しましたよ。もうすぐ到着予定。   嫌がって地上にでてきた奴らを一網打尽にし、絶滅させる方向で!   さて、上手くいくでしょうか? (((o(*゚▽゚*)o)))  

      2
      テーマ:
  • 03 May
    • 実録:終わりなき戦い

      花を食い荒らす害虫の正体が判明し、その日からというもの、   なめくじ探し   が、日々の日課となった。   よくガーデナーは、ナメクジを靴で踏みつぶす、と言われている(?)が、あれは、恐ろしい。   私は、靴の裏にナメクジがくっつくのが嫌なので、ペーパータオルでくるんでから、踏みつぶす、という暴挙もやってみたが、やっぱり嫌なものは嫌。   ちなみに、ナメクジには、住血線虫というものが寄生していることもあり、それが人間に感染すると脳へ移行し、治療方法がないんだそうだ。恐ろしや、恐ろしや   人間に感染した場合、それでも、自然に消滅するらしいんだけど・・・・   http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name15.html (厚生省の感染症のページです)   海外で、気がつかないうちに、サラダにはいっていたり、ジュースにはいっていたりとか・・・怖すぎる。   ちなみに、手に傷があって、素手で、ナメクジを触ったりしても感染することもあるようです。ナメクジがカタツムリが這った後の野菜なども感染の危険があるようです。   http://kininarurabbit.jp/733.html   小学生のころ、カタツムリを手の上にのっけて遊んだけど、あれは、もしかして、しちゃダメだったんじゃないだろうか・・・・?   うぇー、ナメクジ、超やばいじゃん! という訳で、ええ、ええ! ナメクジ、徹底して、殺らしていただきます。   そして、選んだのが、このトラップ!↓   ☆ ザ・バナナの皮 ☆   日暮れとともに、多分ナメクジが潜んでいるであろう植木鉢の横に設置。   2時間後、様子を見に行くと   ・・・・2匹いた。   大きいのと、小さいの   割り箸で掴み、洗剤をいれてあるジップロックの袋にポイする予定だったのに・・・   小さいのは捕まえたけど、大きいのは取り逃がした。   暗闇での捕獲は大変なのです。   そして、明日には、待望のナメクジ用殺虫剤が到着予定。   この数日間で捕まえたナメクジは、おおよそ、2~30匹。   後数匹はまだ植木鉢にいるみたい。   ナメクジ一匹で、大体300くらいの卵を産むらしい。産卵時期は、春と秋。30匹くらいやっつけただけじゃ、ダメなのかもしれない・・・・・   秋の産卵時期までには、何が何でも、絶対に、ナメクジを絶滅させるつもりでいます。我が家の庭には、私が姫様と呼ぶ「アイスバーグ姫」もいるし、ピンクの大輪のバラもある。彼女たちに魔の手が及んだら、一体どうするのだ?    ジップロックの中のナメクジは、そのままだと逃げられそう(奴らは、プラスチックも食べるらしい)ので、袋入りのまま、必ずとどめを刺すのを忘れない。 (; ̄ェ ̄)   ちなみに、ビールよりバナナの皮のほうが、人気のようです☆   もう目眩がしそうなほど気持ち悪いのだけど、仕方が無い     まだナメクジが8ミリサイズだから出来るこの技。2センチとか3センチになったら、どうしよう・・・・   奴らは、可愛いネモフィラを見事に食い荒らし、大好きなクレマチスまでも食い散らかしているのですよ。許せん!    まだまだナメクジとの戦いは続きます!             

      2
      テーマ:
  • 01 May
    • 害虫:犯人はお前か!

      ここ1ヶ月くらい、葉っぱに穴があき、なんか虫がいるんだろうなとは思っていた。   特に、ネモフィラ。 花びらが全部食べられて、花の芯しか残っていない・・・ (写真なくてすみません) どうも、夜中に食べられているようだったので、ヨトウムシか?!と思い、夜にカイチュウ電灯で探してみても発見できず。   思い切って、ネモフィラの苗を全部分解してみたんだけど、みつからず・・・・   おっかしーな、もしかして、鳥の仕業?と悩みつつ、GWを迎えた訳なんだけど。   GWの旅行先に苗を送ってみて初めてわかったこと。   苗を送る前に水をやり、ビニールのゴミ袋にくるんで、箱に梱包。輸送中は、当然、中は真っ暗。そして、到着先で開封してみると・・・・明らかに虫の糞とわかる黒い粒と、虫が・・・   なめくじ   でした。   大きいの一匹と、小さいのが10匹くらい。   真っ暗で、湿気ている環境に油断して姿を現したみたい。それで、発見。当然、捕殺しましたとも!    鉢植えにいたナメクジは、こうやって捕まえるといいんだと、納得。   水をやり、ビニールにくるんで箱に梱包し、2日くらい放置がよいようです。   ナメクジはビールが好きなようなので、今度は、この箱の中に、ペットボトルを切って作ったコップにビールをいれたものを一緒にいれようと思っています。   きっと、上手くナメクジが捕獲出来るのに違いない!   ナメクジと判明してよかった。そうでなかったら、原因がわからないまま、あの小さいナメクジたちも大きくなって、苗木を食い荒らされたのに違いない。   感染源は、どうも、新しくかった苗の中に潜んでいたようです。もっと気をつけないと・・・

      2
      テーマ:
  • 30 Apr
    • 春の収穫祭

      やっといろんな花が咲き始めた。   ベランダの花を集めて、生けてみる。なかなか、良い感じ   特に、バラ。素晴らしく美しいのだ。     これも、自宅で栽培。7年モノの大株。     クレマチスやコデマリとも相性もいい。花を育てる幸せって、こういう所にあるからやめられないのね(笑    

      2
      テーマ:
  • 26 Apr
    • 簡単チーズピザで朝ご飯

      毎朝、朝ご飯に何をつくろうか、と、思案する日が多い。 朝から、お味噌汁、ご飯に、焼き魚なんて、重い組み合わせが苦手な私たち。 朝は、軽くパン系のほうが優勢。   でも、朝にサラダが苦手。朝からサラダも食べられない。   家の家族は、卵がダメ。目玉焼きも、オムレツもつくれない。   そして、ソーセージやハムは、大腸ガンのリスクが高くなるから、食べさせられないし・・・今や、国民の二人に一人がガンにかかる時代。まあ、私から言わせれば、発がん性のある化学物質の規制が日本はとても緩いので、そんな風になるのは、ごく当たり前の話なんだけどね。   化学物質を規制して、抗ガン作用のある野菜を値下げ(値下げした分は、国が補填)すれば、ガン患者数は、相当減るだろうと思うのだけど。   と、まあ、話がそれてしまったけど、それで、朝ご飯に何を出すか、という話。   そういう訳で、苦肉の策。チーズピザ。 所要時間10分以内。   市販の薄いピザ生地に、チーズをのせて、オーブンで5分程度焼くだけ。     このときに使うチーズは、数種類組み合わせると美味しいです。この時は、ブルーチーズに、ミモレット、とろけるチーズに、粉のパルメザンを加えただけ。   んもう、乗せて焼くだけなんだもん。簡単でしょ??     で、焼き上がりはこんな感じ。ちょっと多めに焼いて、クリスピー感を出すのが、美味しいポイントです。   焼き上がりに、粗挽き黒こしょうを散らすのもお忘れなく!

      テーマ:
  • 23 Apr
    • 初めてのネモフィラ

      初めてネモフィラの苗を買ってみたら、とっても、庭との相性がよくて驚き!   以前から、ネモフィラって可愛らしくていいな、とは思っていたのですが、まさか、こんなに大きくなってお花畑のようになるとは思ってもみませんでした。   庭の中で、お花畑のようになっています。 一鉢270円のくせに、とーってもいいお仕事をしてくれます。ネモフィラは、肥料を与えすぎると徒長して、見苦しくなるのを知らずに、マグアンプを元肥としていれていますが、セーフでした!    ちなみに、ネモフィラは暑さに弱く、夏になると枯れてしまうので、東京では、1年草。 高冷地では、宿根草なのだとか。 デルフィニウムも、東京では、一年草だけど、高冷地では、宿根草になるのだそうです。   ちなみに、デルフィニウムも、鹿は食べないみたいです。でも、ネモフィラは、鹿さんにみせたら、きっとムシャムシャやられるだろうな・・・・     この美しさを、みなさんと共有したい! ので、ぜひ、写真をクリックして大判でご鑑賞くださいまし。 

      1
      テーマ:
  • 22 Apr
    • 鹿が食べない花

      家の庭には、鹿が来る。そして、奴らは、植えたばっかりの草木を食い倒し、沢山のうん◯を置き土産としておいていく。   美味しそうなふきのとうは、鹿のう◯ちの上に生えているから食べる気が起きないし~   せっかく植えた南天の木すら、ぱっくりと喰われる・・・・・パンジーまで食べていくってどういうコト??? もう今では、鹿に殺意すら覚えそうな気さえしてきた。   もう何を植えても、鹿の餌にしかならないんだったら、植えるだけ無駄よね、と諦めていたのだけど、そう言えば、鹿が食べないものも幾つかあったことを思い出した。   それは、   カラミンサ あじさい   そして、道ばたに生えている草も、きっと鹿は食べないはず   桔梗 シュウメイギク モナルダ ラベンダー   ブッシュ系も奴らは苦手   コデマリとか、ツツジとか。   あとは、臭いヤツも、奴らは苦手。   水仙とか。ゼラニウムとか。   ツツジや水仙は、鹿にとって、毒があるらしい(まあ、人間も食べないけどね)   ハーブ類のように香りに癖のある草は、奴らは嫌らしい。   反対に鹿が大好きなものがある。   それは、ユリ!   まあ、ユリ根は甘くて美味しいですけどね。ヒトである私も好きですよー   そうやって、鹿が食べないものの共通項を考えると、だいたい、香りと、葉っぱの大きさがポイントみたい。   変な匂いがするもの、たとえばハーブ類。そして、コデマリのように、葉っぱが小さくて、食べてもつまらないものは、奴らはスルーするみたいです。   あじさいは、なぜか食べないのですがね・・・不思議です。   そういう訳で、諦めモードだった私も、すっかりやる気と元気を取り戻し、せっせと苗を育てている所。   宿根草は、根が張るまでに1年程度を要するので、荻原さんから届いたばかりの小さな苗を植えると、確実に、雑草に負けます。宿根草の苗を買った場合は、植木鉢で十分根を張らせてから、地面に植えるといいですよ。   私も、冬の間、大量の宿根草の苗を育ててきたので、今年は庭に植えるのがとっても楽しみ!   鹿が嫌いな香りに癖のある草花を、バンバン、植えていきたいと思います!        

      3
      テーマ:
  • 26 Jan
    • レースフラワー咲いた

      来年の夏向けに、レースフラワーの苗を買い、せっせとベランダ大きくしている所。 寒冷地向けの花苗を買うと、なんと2月に花がつくという事態になる。   そういう訳で、レースフラワーが咲いたので、早速、収穫   レースフラワー一輪だけど、洗面所に飾ると、なんとも愛らしい風情です。     ベランダで草花を育てているメリットって何かというと、やはり、収穫した花を飾れることでしょうか。楚々としたレースフラワーは、やっぱり愛らしくて、家で植物を育てていてよかった、と思う瞬間です。      

      2
      テーマ:
  • 07 Sep
    • しばらく放置してましたが

      久しぶりのブログ記事になります。と、言っても、ちょっと思い出したので記事投稿なので、写真などはありません(ごめんなさい) 近況としては、原野だった庭も若干ましになってきていることと、相変わらず、朝ご飯のメニューに頭を悩ませていたり、と、相変わらず同じような生活を続けていることくらいでしょうか。 ブログの記事の方向性でちょっと迷いもあり、どうしようかな~と迷う日々の狭間で、ブログ更新が停滞していると言う状況。 もう少し悩みそうです。

      テーマ:
  • 06 May
    • やっと解決しそうな感じ

      前々から考えていたこと。 我が家の庭は原野に近い、と言う話を以前に書いたと思うのだけど、その理由は、やぶ笹が生い茂り、ガーデニングエリアにも、一切の遠慮なく、どこすことやってきては根を張っていくせいなのである。 最近、根止めと言う言葉を知った。 地面に板などを埋め込み、根っこが畑やガーデニングスペースに入りこむのを防ぐもの。 ううむ・・・農業、あなどるべからず。 芝生用の根止めは、15センチくらいと浅く、絶対に、くま笹の侵入を防げないのだが、「あぜ板」と言う水田用の根止めがあると言うことを知り、 私が欲しかったものはコレだ! とすぐに、ネットで注文 「あぜ板」と言う言葉を知っていれば、もっと早くにつかえていたものを。 これを使えば、深さ30センチ~50センチまでの雑草の根の侵入を抑えることができる。  なんと便利なのか! ガーデニングで行き詰まったら、農業を知るべし と言う座右の銘まで確率してしまった。 最近は、知らなかった世界が広がりつつあり、いろんなことがわかるようになった。 結局、自分が馴染んだ世界以外のことは何にも知らない、ってことなんだよね。 (^^) 畔板、これが、どれほど嬉しかったか。 笹やぶのせいで、5年以上も悩んでいた自分は一体なんだったのか。 あーもっと早く知りたかったな。

      2
      テーマ:
  • 26 Mar
    • ジャガイモのガレットで朝ご飯

      ジャガイモでガレットを作ってみました。 実は、寝る前に焼いておいて、朝おきてから、チンする手抜き方法にしたのですが、やはり、作りたてが一番美味しいですね。 ちょっと前に作って、今はローカーボダイエット中なので、ジャガイモもあまり食べられません(涙 どうしても、どうしても、着て行きたいワンピがあり、そのために、何がなんでも痩せなければならないのです。 うう・・・・美味しいのに。 ジャガイモの朝ご飯も、もうちょっとレパートリーを増やして行きたいな。と思う今日この頃でした。

      2
      テーマ:
  • 10 Mar
    • フレンチトーストの朝ご飯

      久々のブログ更新です。まあ、身辺でいろいろありまして、現在は、都会暮らしとなっております(笑 そして、前々からの朝ご飯問題。 最近は、ある程度の悟りを開いています。朝ご飯のレパートリーを増やしたよ!ってことで。 (^∇^) フレンチトーストなのだ。 簡単だけど、美味しいフレンチトースト。作り方は簡単。 卵に牛乳少々を加えて、ときのばす。砂糖、塩を少々加え、パンを両面浸してバターでやきます。 美味しく焼くコツは、中火か弱火で、なかまでしっかりと火を通すこと。海外のホテルで、フレンチトーストを注文すると、中が生焼けで気持ちが悪かったりしますし、海外の卵は、何故かサルモネラ菌に感染している率が高いので、要注意です。 外はサクサク、中はふんわりにするには、バターの量をちょっと多めにします。ただ、強火で焼くとバターが焦げてしまうので注意。 そのためにも、弱火~中火くらいで焼くのがよいでしょう。 そして、中もきちんと火を通すために蓋は必要ですが、うかうかしていると焦げていても気がつかないので注意です。

      3
      テーマ:

プロフィール

はなちゃん55

性別:
女性
自己紹介:
美味しいものと、自然と温泉が好きなアラフォー女子です。 フランス料理を勉強していたこともあります。大...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

旧ランキング

ブックマーク

オランジェリーとは?
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。