組合、産別回り

テーマ:

本日、午後からは県の議事堂に7区の候補者だった、瀬戸の長江、尾張旭市の渡辺、日進・東郷の福田、日進の山根、大府の久田5人が集合して、組合の産別回りをしました。


この5人が顔を合わせて産別回りをするのは最初で最後になると思います。


4年経つと、やはり諸事情が変わってきますので。


名古屋市内13ヵ所、最後は東海市まで足を伸ばしました。


車中、選挙の総括や反省、これからのこと。


20代の渡辺と30代の久田は今回惜敗でした。

砂を噛むような日々だと思います。


それでも、2人から今後も政治家として生きていくとの決意を聞きました。

しっかりサポートしたいと思います。


世間が自分を表舞台にあがるのを許してくれなかったという苦い体験は、政治家にとって必ずプラスの経験になります。

その思いがあってこそ、より働ける議員になるのです。


彼らを励ましながら、私自身の来し方行く末を見つめる機会となりました。


また、産別回りのなかで、多くの方に激励をいただき、本当にありがたく思いました。


AD

メーデー、七区幹事会

テーマ:
今日は愛知連合東地協主催のメーデーに参加しました。

瀬戸から豊明市、政策推進議員11人勢揃い、各市町の市長または副市長も出席し、会場の瀬戸文化ホールの舞台、所狭しといった感じです。

関係者の皆様、休日、お疲れさまでした。

文化ホールには先日亡くなられた加藤昭男さんの彫刻がありました。


午後からは民主党七区幹事会。
秘書も入れて20人近く集まると、さすがに手狭で新しく事務所を借りることになりました。
統一地方選の総括が議題。
選挙後、初めての顔合わせであり、健闘を讃えあい、また各市議会の会派状況を報告しあったり、人事のことなど。

終了後も仲の良い議員同士で情報交換。
明日はお世話になった組合に、揃って挨拶に行くことを確認。
党関係、連合関係のお付き合いがたくさんあります、
そして、今日は母の日。
子どもからプレゼントいただきました。
電話だけですが久しぶりに声を聞いて、ほんわか気分です。


AD

犬も歩けば、、、、

テーマ:
犬も歩けば棒に当たる。
そんな言葉がピッタリの一日。

昨日、市民のお一人からお手紙が突然届きました。

日進市のゴミ収集制度に対するご意見が書かれていて、ご本人に電話にてお聞きするも、まずは取材をと、早朝より現地に視察に行きました。
あれこれ集積所を見て回るうちに、なんとイチゴハウスを発見。
しかもイチゴ狩りの看板も。
時間の関係でイチゴだけを購入しましたが、見事なまでに大きくて、立派です。



✳︎、大きさがわかるようにペットボトルの蓋を置いて撮影しました。

帰り道、バッタリと知人に遭遇。
なんと水田を借りて田植えをしているとのこと。実際に行ってみると、まあ懐かしい方々がお揃い。会いたかった人たちに一度にお会いできました。
自分たちの食べるお米をみんなで育てているそうです。
感服いたしました。

昼食後は文化協会の茶華道展に。

どの先生の作品も素晴らしく、どれを掲載するか迷いましたので看板でお許しください。
多くの方が手を取り合って、今回の選挙結果を喜んでくださって、私も嬉しかったです。
偶然、古谷元市議にもお会い出来て、事務所の場所やら、3連ポスターの相手人物さんのことを伺いました。
民主党関係者で、あのSさんが副市長候補なのかという噂で持ちきりで、今度正式に私が聞きますということになっていましたので、ちょうど良いタイミングでした。

市民会館を後にして、久しぶりの自由時間を楽しもうと向かったのは、一年振りの豊田松坂屋。母の日のイベントもあり、すごく、すごく楽しかった。
帰り道はただ今のマイブーム、三好キンブルに寄りました。
今日の掘り出しものは、ナント、リンツのチョコレート。
キャラメルとカシスアーモンド。

このキャラメル味は初めてリンツを口にしたときの思い出の味。
しかもメチャ、お値打ち。
大人買いしたいところ、グッと堪えて。

今日はフツーだけど、フツーじゃない。
行くところ、行くところ、プレゼントが待っていたような、そんな一日でした。

AD

新聞投書の反響

テーマ:



昨日の中日夕刊に投稿された、日進市在住の80歳の女性の方のご意見です。


フェイスブックにアップしたら、70件以上のイイネ、コメントをいただきました。


ブログとフェイスブックの連動期間が過ぎてしまっていて、今日は単独でブログに掲載いたします。


文章の最後が切れていますが、命を軽々しく扱わない市政をと、結んでおられます。


私の想像以上に厳しい時代を過ごされてきた先輩世代からのエールはとても励みになります。


日進市議会は20人の内8人が女性。


だから万事OK、議会内の浄化や議会改革が進むよね、というのは楽観過ぎます。


過半数をもっている集団が議会運営を左右しますし、8人同意見でも、12人が反対すれば何も通りません。


女性議員が多いというのは、ひとつの『象徴』である。というぐらいの構えがちょうどいいのではと思います。


市民が女性議員に期待していることは多いと思います。

女性が子育てや介護をしながら仕事もできる多様な生き方を選択できる。

女性ならずも男性も輝く社会に。


議会改革をすすめること、せめて視察先で酔いつぶれないこと。

こまめに課題に向き合ってくれること。


でも一番期待されていることは何なんでしょうか。


この投稿主さんが言い表しておられる「命を軽々しく扱わない」政治だと、

私は思います。


学校の現場で、介護・医療の現場で、職場で、地域で、そして家庭においても、人の命と真剣に向き合う。

今の世の中、命が軽視されすぎているとは思いませんか。


目標としては性別を超えて、「女性議員」という枕言葉の必要のない、モノゴトの本質を極める議員になりたいと思います。


議員総会

テーマ:
今日は午後一時半から、議員総会がありました。

会派の結成状況と、会派室の決定、議場の議席を決めました。


私は無会派で、一人でやってみます。
絶対会派は組まないと主張していた方も、今回は考えがおありのようで、会派を組まれました。

日進市議選は一人会派を認めていないので、辛いところですが、当分は従うしかないようです。

議員控室が三つもあいて、しかも無会派の議員が四人もいて、二人に一部屋ずつ割り当てたらと、発言しましたが、もらえるだけでもありがたいと思えと、言われました。

議員個人ではなく、会派が怪物のように巨大な権力に化けていきます。

そこが変だよと思いますが、慣例慣例の議会がしゅくしゅくと続きます。

一週間経って、「やっと終わったな~」と一息ついています。


選挙事務所の後片付け、街宣車の後始末、収支報告書の提出、公営費の請求、そして我が家の掃除、選挙グッズをしまう、一連の作業を終えて、やっとブログにたどりつきました。



今回は2、192票頂きました。

8年前の市議選では、1、768票でした。


無所属候補から8年の年月を経て、民主党、連合愛知推薦候補となりました。

多分一票を投じてくださった方々のお顔ぶれは前回と違っているかもしれませんが、顔なじみの多くの方々と強い握手を交わしてきました。

この経験を通して、自分は自分でいいんだという肯定感に充ちた選挙戦でした。


ともに戦ってくださったスタッフ、家族、友人、そして党の関係者、連合愛知の働くお仲間、すべての方に感謝します。


今日のタイトルの題名は、私の好きな作家「佐藤愛子」さんの「戦いすんで日が暮れて」より拝借しました。

このタイトルを選んだ、そのココロとはーー。


蓋を開けてみて、お仲間の同僚議員正木和彦氏、また優秀な坂林たくみ氏、そして議長経験者の鈴村おさなみ氏、武田司氏ら現職重鎮議員の開票結果に呆然としました。


さらに女性議員が増えたとマスコミでもてはやされる一方、議会の勢力は圧倒的に自公優位。


どのような議会になっていくのかー。

無我夢中の戦いを終えて、ふと気がつけば周囲は荒野の如し。

ひとり荒野を行く』の心境です。


それでは選挙中の写真をアップします。



赤池駅で斉藤まこと名古屋市議と。

怪我治療で絶対安静のなか、(多分病院から)私の応援演説に駆けつけてくれました。

演説内容が感動モノで、思わず涙。

自分の番の演説では感極まってしまいました=4月23日



最終日は東山内を徹底的に回りました。その後、市内スーパー前で辻立ち。

夕方は団地内をモモタロウ行列。途中で山尾代議士も参加。力のこもった応援の言葉頂きました=4月25日

そして、当選が決まった瞬間。



当選決まった直後、深夜にかかわらず多くの人が駆けつけてくださいました。

お世話になった石川元一後援会長とともに、スタッフから花束を頂きました=4月26日~27日

事務所の掃除としつらえ

テーマ:
春ですね。
金曜日までの寒さ、土曜日の陽射し、日曜日の雨と刻々と季節が移っていきます。

日曜日、月曜日と選挙事務所になる予定のお家のお掃除。
普通の民家ですが、壁に檄ビラを貼り出し、床にブルーシートを敷き詰め、推薦状を並べると、それらしきしつらえになりました。

12日に事務所開きをしますが、揃えるものも多くて、あちこち買物。
おかげで久しぶりに夫とも会話ができました。

ひとしきり案内状を配り、夕方自宅に戻ると、先日来お願いしている推薦ハガキがたくさん届いていました。

その中に素晴らしいメッセージがあり、思わす涙ぐんでしまいました。
その方は立派な肩書きをお持ちの方ですが、ひとのココロもわしづかみにされる才能もお持ちでした。

事務所の支度もでき、ハガキも集まり、ひとつコマがすすんだ佳き日となりました。

今日の一日をサイフから

テーマ:
今日は出来事ではなく、お金の記録を。

朝、所属する日進国際交流協会の年会費を払いました。4月の総会に出席できないため。
2000円なり。

選挙用に市役所で戸籍謄本を求めました。
450円なり。
くるりんばすで、日進駅まで。
100円なり。
日進駅から、名古屋市役所。

法務局で選挙の供託金納めました。
300000円。
これはあとで返ってきます。
明日、選挙事務所の契約をするので、ATMから余分に100000円、引き落としました。

名古屋駅周辺の組合さんに推薦ハガキ、お願いしました。歩いて、あちこち。
午後三時、昼食はエスカで名古屋めし。
味噌煮込みうどん、920円なり。

日進にもどります。
往復1000円なり。

夕方、日経新聞を読むと、「統一選、地方議会を問う」の記事。
魅力がなくなって、議員の成り手がないと。

選挙の制度を変えなくては、若者から魅力ある仕事として選択してもらえないのでは?

フツーの人が出るには、ハードル高いです。
ある日のサイフから、選挙、語ってみました。
そうそう、今日は岡田克也党首の秘書から、ゲキビラ届きました。

お金には替えられない、シロモノです。



今日の出来事

テーマ:
ご無沙汰しています。
今日お会いしたから、「忙しいのはわかるけど、ブログ楽しみにしているので更新して」と、お2人から言われました。

ありのままに、今日の1日を書いてみます。
朝は8時半、山尾代議士の秘書Kさんが為書きを持って自宅をピンポン。

事務所開きを済まされた他候補もあり、遅くなってはとの配慮だと思います。

9時、たまたま今日が休みの夫と選挙事務所の点検。看板の設置場所、取り付け方、どのような配置にするか相談。

民主党県連に選挙に関する書類をFAX。

その後、五色園団地に移動。
後援会入会リーフは今週中には配り終えてと
の指示があり、最後の追い込み。
お庭は春の花が華やかです。

昼食。

午後1時半からはカフェブレイブさんでヘルマンハープのコンサート。
噂に違わぬ美しい音色。
午後2時半、今週からまわる組合さんのアポとり。

12本電話して、なんとか5箇所の約束できました。

電話タイムの間にも携帯が鳴り、
「推薦ハガキできました」
「リーフ100部ください」
「情勢、どうですか」
などなど。
午後5時、働くお母さんやお父さんにアンケートを取るため、外に。

あれあれ雨ですよ。
雨な中、なんとか5人の方にお願いできました。

午後6時半、今日はもうお終い。
夕食後はハガキの仕分けが待っています。

ボチボチ集まった推薦ハガキ、
お名前を確認しながら、仕分けています。

今日はあまり忙しくなく、ゆっくり過ごせそうです。

春の訪れを告げる雨音が優しく響きます。



地元まわり

テーマ:
知事選挙終わり、地元まわりです。
あまり無理のない日程を組んでいますので、ゆっくりお話ししています。

寒さのためか在宅の方が多く、挨拶だけでなく、さまざまな陳情をお聞きすることも。

お金に関することが多く、公金の使い方への疑問が多いです。

今回、公職者の報酬があがったことも話題になり、もっと市民活動が闊達になるべく、小さなグループにも資金援助してほしい。

低賃金で働く人も多い中、なぜ議員だけ給料アップ? おかしいね、働きがよくわからないのに。

なかには視察をサボる議員もいるんでしょ。

耳の痛い話しもありました。

受かることを目的にするのではなく、どんな貢献をするのか。

原点に戻る機会でもあります。

日進市全域をまわります。

お目にかかれる機会があれば、笑ってお会いしましょう。

今日も玄関先で目が合ったとたん、ほとんどの方が笑ってくださいました。

そのココロは読まず、嫌な話しは聞き流し、笑ってくださる方には握手で通じます。

修業の日々は続きます。