今夏、数人から「『世界仰天ニュース』見ました」と声をかけられたり、連絡をいただきました。4年前の放映なのに「不思議だな」と思っていたら、You Tube(世界仰天ニュース「突然 顔が変わった女性」)でアップされていて、視聴120万回にせまっていてさらにびっくり。

 

日本テレビ「24時間テレビ」の障がいや難病を持つ人が難題に挑戦する「感動」企画に対して、NHK Eテレ「バリバラ」の「検証!『障害者×感動』の方程式」が今夏、話題になりました。

 

障がい者、難病患者ということで、「感動をもらった」「励まされた」と「感動」の具とすることを「感動ポルノ」と言われています。

 

障がい者にも難病患者にもいろんな思いの方がいますから、難病サバイバーの1人として、みなさんのさまざまなコメントを読んで、以下のようなコメントをアップしてみました。

 

最近「仰天ニュース」見ましたと声をかけられることが多くびっくり。視聴100万回を超えていてさらにびっくり。コメントとても参考になりました。ありがとうございます。

いまも脳腫瘍はくっついたままですが、アクティブな頃に比べるとトゲトゲした顔は、塗りたくってもいじってもないのに、「顔が変わった」「顔つきがやわらかくなった」と言われるようになり、私も驚いてます。病気を受け容れたからかもしれません。内面と外見は結びついていることも実感中。

「変わった顔」をもっともっと好きになりたいと思っています。目指すは「いい顔」、そして明るい顔。

見た目社会で「外見オンチ」に悩み、ずいぶんたくましくなりました。でも、「コンプレックスも努力の素」になることもあります。そんな私のようなアクロメガリー患者もいれば、抱えている悩みは患者それぞれ違っています。

「顔が変わる」という難病があるんだということ、病気でも病気でなくても”容貌”について想像力を豊かにしてもらえればうれしいです。(山中登志子)
AD

「新版 なっとく!のヘアカラー&ヘナ&美容室選び」(彩流社)を出版しました。「美容業界の革命児」の森田要(美容室「Kamidoko」代表)と一緒の共著です。

2013年版が好評で品切れのため、さらに最新情報を加えてのお届けです。

東京・青山にある「Kamidoko」はカラーリングだけではなく、パーマもしない珍しい美容室だと聞き、興味を持ったのがきっかけでした。

おしゃれな人ほど髪の変化を求めてヘアカラーやパーマを楽しみますが、薄毛・枝毛・白髪・かぶれなどの髪のトラブルに悩む人が増えています。”美髪”願望とうらはらに壊れた髪になり、さらに髪が傷むとともにヘアケア商品も増加します。

ここで大事なのが「足し算」から「引き算」の発想です。髪は何歳になっても再生します。ちょっと立ち止まってみると、「そうだったのか!」と納得できることに出あえます。そうなるともう大丈夫、美髪へまっしぐら! そんなことをまとめた1冊です。

くせ毛でへなちょこ髪、でもカラーリングヴァージンだったわたしの髪は「ヘナ」という不思議な植物、「からだと地球にやさしい白髪染め」&トリートメント効果のある天然色素に出あったことで、いまは美髪です。

女性は「きれいだね!」と言われると、何歳になってもうれしいですね。髪の雰囲気も変わると顔までにこやかになり、ウキウキします。

顔にも、髪にも個性があります。もともとが持っているそれぞれの美しさを取り戻してほしく、「髪」からきれいになるサポートもしています。


山中登志子

新版 なっとく!のヘアカラー&ヘナ&美容室選び/森田 要

¥1,620
Amazon.co.jp
AD

『ロバミミ』 (株式会社ザッパラス提供 / 電話やメールで愚痴聞き・悩み相談・占いができるサービス / 会員制)の「キキジョウズ」にて、電話相談をスタートしました。

主な相談は、容貌、顔に関するご相談で、

◆「外見オンチ」カウンセリング
◆「脳メイク」アドバイス
◆不妊、更年期、難病”ままならない”悩み  になります。

容貌、顔に自信が持てないことを、わたしは「外見オンチ」と呼んでいます。

くわしくは、こちらから

◆山中登志子
さようなら「外見オンチ」
“ままならない”悩みに寄り添いたい…あなたの応援団


*待機スケジュールも「ロバミミ」サイトでご確認ください。

 

1分105円(20分で2,100円)

「ロバミミ」サポートセンター:0120-94-5562(12:00-21:00)





山中登志子さんからのお知らせ

2015/08/25

このたび、ご縁をいただき「キキジョウズ」に在籍することになりました。編集家の山中登志子です。

編集者歴25年+α。代表作は200万部売れた『買ってはいけない』。あれから15余年経って、よきものが広まったらすてきな社会になると思い、 生活者の視点で、提案型の「なっとく!シリーズ」を展開中です。趣味はCMチェック。

 特定疾患(難病)でもあるアクロメガリー(先端巨大症)患者歴は約30年。顔にはちょっとうるさく、「美人論&ブス論」の執筆も続けています。

 「心で、人やモノを見ていきましょう」がわたしのテーマです。

 顔は、変わる。顔は、思ったようになる・・・オリジナルメイク「脳メイク」を提唱し、達磨大師の観相学から「顔」について学んでいます。

 「外見オンチ」を気にしている方をはじめ、この社会に息苦しさを感じている方、傷ついたこと、涙したことや困ったこと、悔しい思い、不安に感じて いることなどお聞かせください。

うまくことばにできなくても大丈夫です。そのままお話くださいね。

 曇った心から解放され、晴れた「いい顔」になるお手伝いができたらと思っています。

35日間の寒行(水行、ビーガン生活)も終了。法華行者の師匠の下、再行を無事に終えることができ、清々しい気持ちです。

そして、7年間やってきました占い&ヒーリングスペース「桜」の店舗をクローズしました。西新宿で2年、新宿御苑に移転して約5年。鑑定士&占い師の皆さま、ご来店いただいたお客さまと共に歩んで来れたことをうれしく思っております。

いろいろとサポートしてくださった皆さま、重ねて御礼申し上げます。

桜に所属の鑑定士の皆さまはさらなる活躍中ですので、これからも末永くおつきあいのほどよろしくお願い申し上げます。連絡先等の一覧はこちらから

店舗はクローズしましたが、占い関連の出版、コンテンツ、電話&メール鑑定、イベントなどのプロデュースは続けていきます。編集者出身の”異色”は今後も活かしていきます。

スピリチュアルブームの中、ジャーナリストを集めて霊能者の覆面取材をしたのがきっかけで、占い館を2008年にオープン。占い師、霊能者のみなさんにも200~300人か、もっと出会ってきたでしょうか・・・。

この7年間で学んだことは、人生・運命は以下の3つで動いているということ。

■1つ目が「占い」(運気、性格、相性など)
■2つ目が自力とも言える「潜在意識」(スピリチュアル、行動力など)
■3つ目が霊的「見えない力」(悪神、善神、先祖、守護霊など)

これら3つがからみあって、紙飛行機のように上がったり下がったりして暮らしています。これが、わたしの結論です。

仏教的に言えば「思い通りにならないのが悩み」。人はいろんな悩みを抱えながら生きています。世の中、誰も一人だけで生きることはできません。また、見えるものだけでもありません。

桜をクローズした理由はいくつかありますが、それは、これからのわたしの動きを見ていただけたら・・・という思いです。合掌。

山中登志子

編集家&出版プロデューサー
「脳メイク」カウンセラー
占い「桜」プロデューサー
アクロメガリー患者