1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-17 10:00:00

恐ろしい本日を迎えておりますなう

テーマ:ブログ
寝た。スッキリした。言いたいこと吐いて寝たらスッキリした。O型かよ!はいO型です!

あの時の気持ちもこの時の気持ちも、何度か寝たら忘れていくのかなぁ。睡眠によってリセットされる身体は、生きて行くには便利だけどアスリートとして非常にコワい事だと感じた。

人間が経験を重ねて強くなるのが解って来たけど、その経験への適応が、戦うことへの本強さに変わって行くのかな~、本当の強さにはなりそうじゃけど、格闘技の強さには、変えていかないと変わってかない気がするな~。その工夫も、山本優弥は楽しめる気がするなぁ~。楽しむって言葉が適切かは解らないけど、それが自分なんだろうなぁ~。。。

本当の強さを模索し目指してきた今まで。それが直接チャンピオンになることには繋がらなかった今。俺も尾下さんも澤田さんも山田さんも間違ってはいない。もうちょっとなのかな~。全然方向が違うのかな~。

「許さないということは許すよりも簡単」とは、好きな歌の中の歌詞。
この意味に少し近づけた気がすると同時に、それがまた気のせいな気がしてきた今。

1人になると発狂していた昨日を経て
日常の精神状態に戻れた気がしている今。
これがいいことなのか悪いことなのか…
いいと思えるようにしていくしかないのは解る今。
答えがでているようで出ていない今。
でも愉しい今。

一生って、試行錯誤しながらこ~やって楽しむのかもね。。。



深いことを考えずに昨日注文したこれ。
試合前に食べりゃえかったね(笑)
こーゆー最後の詰めが甘いのが山本優弥。
性格が試合にでるとはまさにじゃったね~。。。

よーしみんな頑張ろう!!!

お前が頑張れ!!!はい!!!


山本優弥さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-16 23:10:00

判定に関してとやかく思う嫌いな自分をあえて

テーマ:ブログ
15日の試合を裁いてくれた、和田良覚レフェリーのレフェリングには絶大の信頼を置いている。

ただ延長のダウンに関しては、俺は当たってもいないし効いてもいないと、勝つ為には全く必要のないダウン宣告で正直嫌な気持ちがした。

でも、和田レフェリーがダウンを宣告をしたなら、もうそうなんだろうと思う。
映像で確認してダウンなら、もうそうなんだ。。。フラッシュダウンで10対9。優弥有利のラウンドで9対9とかに。。。再延長です!とかに。。。ならんかったもんかね~。。。

とか思ってしまう。。。

あーあ。。。

早く倒せばよかったとかなんとかを考えればそりゃそう。。。

じゃけど。。。

済んだことをぐじぐじゆ~男らしくないことを思う自分も嫌いだし勝つべきところで勝てなかった自分も嫌い。。。

なんでもいいけ~勝ちたかったけ~くそムカつくし悔しい!思っとったよりも更に自分が弱いことがわかってしもーて更に悔しい!強くなるしかない!結局それじゃろ~ホンマに~!くそったれが!

たくさん方の応援を背に戦えたこと、信頼しているレフェリーに試合を裁いて貰えたことに感謝して、前を向きたいけど。

まだちょっと無理で、常にイライラするのが本音。
山本優弥さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-16 05:00:00

応援ありがとうございました。

テーマ:ブログ
記憶力のない自分に向けて記録としてつけている15日の試合に向けての最後の日記。
たくさんの周りの方のおかげで調子良く迎えられた試合当日。
特別な結果が欲しいと考えてしまう自分を抑え、この日もいつも通りの自分でいることを努めた。
朝起きてから、試合への準備、入場、そして試合。まっすぐな気持ちで向かい合った。

振り返ると、不細工な試合をしたなぁと思う。
判定の結果に関して異議申し立てをしてくれる周りの方がいることをとてもありがたく思うと同時に、鈍くさい自分に嫌気がさす。
もっと頑張れば勝てるのになんで頑張れないんだろうと。
尾下さん澤田さん山田さんが言うように出来れば、すぐに倒せるのに山本ってやつはなんでちゃんと出来ないんだろうと。
たくさんの人が後押ししてくれているのにね。。。

勝ってリング場から感謝の気持ちを伝えたかったけど、それは負けても同じこと。
結果に限らず伝えなければならないことを、誰の顔もまともに見れなかった。本当に失礼なことをしてしまった。自分の事情云々感ぬんで、当たり前のことも当たり前に出来ないやつだから、だから負けるんだと思う。この日を振り返った時に一番恥ずかしかったこととなった。やっぱり俺は人として弱いんだと解った。山本優弥もこんな気持ちになるんだなということも解った。

生きている限り人生は続く。
今すぐ命を絶とうとも思わないし、次頑張りますともまたはい上がりますともならない今。

山本優弥がこれからどう生きて行くかが楽しみだが、全然楽しくなさそうな。
自信に満ちあふれるように時間をかけて形成していった自らがいとも簡単に壊される瞬間にまだ、ついていけてない。
悔しいとか情けないとか不甲斐ないとかの言葉だけでは表せないこの気持ちは、うまく表現できない。まだまだ言葉を知らないんだなー。何か残したかったのになー。
こんな気持ちを収穫にはしたくなかった一日でした。

寝れない。
いつもならいつでもどこでも寝れるのに。
山本優弥さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み