2014-07-01 18:35:06

無法者めっ!

テーマ:ブログ
集団的自衛権の行使容認が閣議決定された。

ざっくり言うと、たまたま権力を手にした集団が「暴走」したって事。

戦後60年以上の議論を無視して、人々の声も聞かず、十分な議論もせず、
お仲間だけで決めちゃった。

一番の問題は、正式な手続きを踏まず自分たちの勝手な「解釈」で
憲法を変える事。

憲法は、この国の最高法規。

正規の手続きも踏まず、たまたま権力を手に入れた輩が勝手にイジクっていいものじゃない。

憲法は、こう言った無法者の権力者を縛る為に存在する。

暴走する権力のブレーキになり、人々を守るために存在するのが「憲法」
            ☟  ☟  ☟
            「立憲主義」

その「立憲主義」を根底から否定する閣議決定をした安倍自民と公明党。

永遠に歴史の汚点としてその名を刻む事になった自公連立政権。

でもこの展開は想定内、わかり切っていた事。

悲しみにくれている場合ではない。

今は多くの人に力を蓄えて欲しい。

本番は秋からだ。

閣議決定で全てが終わるのではなく、「集団的自衛権の行使容認」を実行する為には、16本の関連法案を改定しなければならない。

秋からの闘いは、より長期戦。

今のうち鋭気を養って秋から闘いに皆で備えましょう。

閣議決定で解釈改憲出来たのなら、閣議決定でまた解釈されたものを戻せばいい。

それを行うには、安倍政権に退陣して戴くしかない。

この暴挙を許した自民党、公明党に政権から下りて戴くしかない。

政治の大原則さえも根底から覆すこの決定があっても、自民・公明内の良識派議員は
次期選挙の為に、離党しない道を選ぶのだろうか?

良心を持った両党の議員の皆さん、新たな結集軸を作る為に離党しませんか?

この国に生きる人々の多数が今回の決定に完全なる不信感を抱いている現実に気づいて
下さい。

投票する先がない有権者の受け皿になって下さい。



来年の統一地方選、再来年の参議院の改選、衆議院総選挙と繋げて、
そんな現実を、皆で作って行きましょう!

いいね!した人  |  コメント(145)  |  リブログ(0)

山本太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

145 ■日本の核武装

アメリカが日本の為に原子爆弾を使う気持ちがないとなれば…アメリカも日本を止められないと思います。
最低でも日本は核武装をカードとして使えます!
安保理事国のダブルスタンダードは…世界中各国が知っています!
日本もアメリカから本当に独立するなら…優等生ではいられません!

144 ■Re:日米安保条約を破棄しても…

>トラトラ323さん
基本的には仰る通りです。

私が言いたかったのは日米安保破棄に加え皆さんが反対するTPPも不参加という前提条件です。その場合は必然的に核保有論が持ち上がり日本が核兵器保有に反対しているのは他ならぬ米国ですので敵国とみなされる可能性が有るということでご理解頂きたい。

TPPは勿論、必要です。

143 ■日米安保条約を破棄しても…

日米間には領土問題は存在しませんし…
同じ民主主義国ですし…
アメリカが日本を侵略するとは思えません!
TPPに加盟したら…加盟国を侵略することはないと思います。

142 ■Re:日本だけの力で

>トラトラ323さん
中国は勿論、日米安保破棄なので米国をも敵国と想定しなければならないかもです。
つまり回り中、敵国だらけ。
そもそも米国が信用出来ないからこのような話になるのであって自前で核兵器を保有するのは必然とならなければなりません。戦争になる確率はずっと減るのですから。

集団的自衛権反対ならばそれを行使しなくていい立場になるしか方法はありません。
他は0%です。国際社会には平等というルールがあるからです。(勿論、その国際社会とは米国中心です)いくら日本には憲法が~と主張しても地球の中に日本があり日本の中に地球が有るわけでは無いのでルールには従わなけれはなりません。
権利であって義務ではないという人がいましたが場合によっては義務を果たす責任があるから権利があるのです。

要するに集団的自衛権を反対するならばかなり腹のくくれた覚悟が必要という事です。ここを理解して欲しく色々と書いてきた訳ですが、日本人でそこまでの考えや覚悟がある人は5%もいません。

ならば可決されるべき法案となります。

141 ■日本だけの力で

中国の核に
どのように対抗するのか?
アメリカの核の傘から抜け出して…
日本はどうするのか?

日本も核武装やりますか?

核の均衡は大事ですからね…。
中国が日本に核兵器を使わないという絶対的保障はありますか?

140 ■Re:Re:Re:アメリカが守ってくれるなんて有り得ない

>pippinさん
問題は日米安保を破棄し野良犬宣言している政党は共産党位しかないという事です。その共産党とて他に飼い主を探すという事かもしれませんし本気度が分かりかねます。(飼い主が変わってもまた、新たな集団的自衛権が発生するだけ)

では国民はと言えば事実上米国支配の国連脱退と日米安保破棄即ち在日米軍基地排除を世論調査で調べたら分かるのですが、多分、95%は「とんでもない!勘弁してくれ」となるでしょう。
だってそれこそが戦前と重なり「又、戦争か」という世論になるはずです。
結局、飼い主、米国に散々悪態をつきながらもポチがいいという選択です。
で、この国民感情を安部総理は既に見切っているという事があります。だからあれだけ強気なのです。

でも思うことがあります。人類最大の悪が戦争ならば、やっぱり孤立化して強い軍事国家の野良犬になった方が戦争は起きづらい…この事です。

只、野良犬には宿命があります。
それは自分で餌を確保するという事です。

シリア、ウクライナ、多くの国で戦争はありますがこの根本的原因はエネルギー資源高騰による食料の高騰。つまり貧困です。これは日本でも同じなんですが確実に言えることは今後、途上国は発展し世界的に人口は増加しエネルギー資源が圧倒的に不足するという事です。
例えば全中国人が日本人同様な生活をするには地球が3個必要です。

つまり孤立化した野良犬にエネルギー資源の確保が難しいって事なんですが、それには皆さんの反対するアレが…という事です。

139 ■Re:Re:アメリカが守ってくれるなんて有り得ない

私は、野良犬でいいと思っています。
幸い、日本は世界の端っこの島国ですし、軍事費をかけてまで、日本を侵略しようという国や集団は、具体的にどこだというのでしょうか。

ただ、ポチじゃないと不安だという人を、野良犬に誘い込むつもりもありません。

今回の集団的自衛権行使容認の閣議決定は、今までは、野良犬でもポチでも選べる権利があったのに、ろくな議論もなく、勝手にポチになるしかないことにされたので、抗議しているのです。

138 ■アメリカのポチと呼ばれてもやで…

中国のチャウチャウと呼ばれるより…
はるかにまっしやろう?
そうチャウか?

137 ■Re:アメリカが守ってくれるなんて有り得ない

>ねこにゃんさん
意外と思うでしょうが賛同出来る部分も多くあります。1番肝心なのはだったらどうするの?って事です。
日本は米国に飼われた弱い飼い犬ポチのようなものです。しかもポチには更に弱い子供も沢山います。ポチは飼い主米国を実は全く信用していません。集団的自衛権やTPPといったポチにとって嫌な命令ばかりしてきます。
だったらポチは野良犬になるしかありません。因みに隣りの飼い犬、韓国君は中国という新しい飼い主に声をかけていますがポチは中国には昔に噛みついてしまったので、それは出来ません。
だが野良犬になるには勇気がいります。強くならなければすぐ死んでしまうからです。集団的自衛権は行使しなくてすみますが個別的自衛権を行使しなければならない可能性がぐっと増えるからです。
理論上は核兵器をいっぱい持ってポチは狂犬になれば誰もポチを虐める事は出来ないのは分かっています。でもそんな勇気はポチにはありません。

米国は信用出来ないので野良犬になるのは賛同する。10年後とか時期を決めればいいのでは?
集団的自衛権は国際社会という建前の米国中心社会の中、ポチで有る以上、ポチを繋ぐ鎖でありよほどの野良犬になる勇気が無いと切ることは出来ない。

日本の政治家で野良犬になると宣言する政治家は殆どいない。その根性無くして飼い主にいくら文句を言ってもポチはポチのままである。
ならばポチの子供達が野良犬になると決断すればいいだけの事。後は政治が着いていく。
だが忘れてはいけないのがこの道はいつか来た道だって事!
そこの腹がくくれているなば集団的自衛権反対と言う権利があるということです。

136 ■中国が日本を攻めて来るなんて有り得ない?

万が一に備えるのが国防なのです!

3・11では…小学校の校舎を越える津波は有り得ない!と考えていたから…大変な犠牲者が出ましたよね…。
想定外は…二度と言わないようにしましょう!

135 ■ロシア

ロシアはならず者 泥棒国家 容赦ないよ…

134 ■考えること

みなが考えることは、一致団結してどうしたら安倍首相をたおせるか、どうしたら自民党政権をたおせるかということです。
そりゃあ、いままで長い間自民党政権にはお世話になりました。。しかし、もうこれ以上日本を破壊されたら、日本の人を殺されたら。。みなで一致団結して考えるのです
考えましょう

133 ■なぜ

なぜみなさんは敵が他国が攻めてくるとおもうのですか。なにか足りないのではないでしょうか。私は他国が攻めてくるなんて考えたこともありません。。しかし今のままでいったら、憲法を破壊してしまったら日本国民はますます不安になってしまうでしょう。政治家の役割はきちんとしたこころの外交!みなさんなぜそうなんでしょうか。いまいちど自分のこころにきいてください。他国が攻めるなど考えたこともありません。
それより考えるべきことは自民党をたおすことです。。郵便貯金も壊され、原発のことに関しても。我々が考えるべきことは、どうしたら自民党を倒せるかということです。。もうすこしよく調べ勉強してみてください。あと、日本で起こってきたことも。

132 ■事情

またアメリカの事情に詳しい方。広い土地ですが。。アメリカ国民は自国が戦争することに、いま2014年ですよ。どうおもっているんですか。日本に原爆を落としたことも大多数がしらないとききます。アメリカ国民についておしえてください。
とにかくどこの国も、政治家より国民のほうが数がおおいんです。戦争はしてはいけない。
金のために戦争がと言われていますが、アメリカ国民はどう思っているのでしょう
みんなでがんばりましょう☆

131 ■無題

集団的自衛権行使容認とは、アメリカの軍事的な植民地政策です
TPP参加とは経済に置けるアメリカの植民地政策です
詳しくはブログを読んでください(^o^)/

130 ■>アメリカが守ってくれるなんてあり得ない

だったら…自分達の国は自分達で守りましょう!
憲法改正して…自衛隊をもっともっと増強しましょう!
これが普通の国なのです!

129 ■アメリカが守ってくれるなんて有り得ない

日本がアメリカに助けてもらえる、とかアメリカの若者が日本のために血を流すというのは中国との戦争を想定してのことだろうが、アメリカは中国とは戦争はしない。あのふたつの大国のトップはお互いの得になることしかしないのだから。
いったん戦争に参加したら日本はアメリカの駒として利用され、最後は中米どちらからもすべてを奪われるだろう。
悪の国中国に対して アメリカとともに戦うなどという幻想は 子供じみた幻想だ。アメリカのやりかたはウクライナを見ていたらわかるだろう。そのアメリカに信じられないほどの額のお金を日本は貢がされている。
しかもどんな武器があろうとも 再稼働しようとしている日本国内の原発こそが日本に取っての最高のテロの標的となるという恐ろしい状況だ。
戦争に自ら巻き込まれるということは絶対に避けなければ。なにより大切なことは自分の目で見て自分の頭で考えるということだ。 私は息子をもつ母親なのでつたないながら本能で、本気で考えている。集団的自衛権も、原発再稼働のことも。ふたつはつながっているということも。(太郎さんは全てがつながってると言っていた、それが正しい)息子だけでなくそれは子供達全体につながっていく。この母親の思いを なめないでほしい。

128 ■安倍首相の言いたいこと…

片務の是正だと思います!

日本はアメリカに助けて貰えるけど…
日本はアメリカを助けられない!
どう考えてもおかしいです!

憲法が…という理由は…

都合のいい怠慢だと思います!

127 ■阿修羅より引用しました カズ爺読んでね

戦争に巻き込まれるという受動的なものでは無く、援護、加勢を依頼されたら積極的に能動的に引き受ける、と安倍政権は言いたいのだろう。嫌々ながら参加するというよりも、先頭に立って米国と並んで敵を殲滅する、というイメージを描いているのだろうが、殲滅などという絵は米国すらも描いていないのではないか。
武力行使といっても一方的なものではあり得ず、イスラエルとハマスとの闘いが良い例で、反撃すれば再度反撃を受けるのであるから、これをして戦争状態であると言うのであり、まさしく武力を使えば戦争状態以外の何物でも無いのである。
いずれにしても、米国の軍事的庇護を受ける片務状態は解消され、双務となったからには、現行日米安保条約の破棄が必要である。そして、双務条約として新たに日米相互安保条約を締結し直すのが筋である。かつ、これまでの片務であったときの思いやり予算の廃止、かつ、日本に米軍基地が置かれていたように、以後は何かと米国の援護をするのであるから、当然ながら米国内に自衛隊の基地を置かねば、容易には援護出来ないだろう。

このような交渉が全く為されていないところを見ると、果たして、米国が本法案の可決を支持するというのは彼らにとって得策と成り得るからに過ぎない。

欧米は契約社会であるところ、双務となったのに現行の条約の破棄も言って来ない日本であるから、軍事負担は日本にも負わせて軽くなるわ、駐留予算は廃止にならないわ、自国に自衛隊基地を提供する必要はないわ、米国も自衛隊に思いやり予算を出すべく議会を説得する必要はないわ、で、何の憂いも無いどころか、大変好都合な状況であるから支持するのである。

安倍政権と官僚機構は国税予算を出来る限り陸、海、空へと持ってくれば自分の任務は終了、というところであり、厳しい交渉などは考えてもいないのだろう。
国税を湯水の如く使うだけの簡単な政治をやっていることの証明である。

126 ■Re:安倍政権に期待すること

>pippinさん
先ず景気回復の指名についてですが、景気回復しない最大の原因はエネルギー価格上昇に円安が加わり交易条件が30%も悪化している事であり原発再稼働をせよ!と主張せねばなりません。(期待しているならば)

集団的自衛権に国際スタンダードと言うならば、正にその通り!議論の余地すらありません。特定秘密保護法は具体的作戦の漏洩を守る法でセットなのでこれも議論の余地は有りません。

ビジョンについてはアベノミクスで散々、言っているのですが、こうゆう事です。
格差社会は広がるが成功者の出やすい希望のある社会と格差社会は縮まるが皆で徐々に貧困になって行く社会とどちらが良い?
で、自民は前者でありこの方がまだ若者には希望が持てます。よって解雇規制緩和や残業代カットで働かない高給取りの中高年を叩き出す事が必然ですが、労働者の既得権を守りたい野党や組合が反対しているので進まない。これが現状ではないでしょうか。

125 ■原発のこと

再稼働はゆるされません。

みなさん、九州の友人知人親戚に今一度、原発のおそろしさ真の福島のこと、原発は決して自然界へはもちろん消えていかない、福島の方々の苦労真の事実、、国は電力会社はまったく何もしないことを、、今一度つたえましょう

九州は地震もなかったし、肥沃な土地でいまひとつわからない伝わっていないところが。。原子力規制委員会をつぶしましょう。
九州まで汚染されたら私たちは、生きるすべが。。九州を汚染させてはいけません。
日本はやはり糾弾があまい。
これほどの世界てきな汚染人殺しをさせるものです。電力会社を糾弾しなければいけない

124 ■安倍政権に期待すること

安倍政権は、日本の天文学的な財政赤字の対策と震災からの復興を期待されて生まれたはず。

景気回復の使命がありながら、実体・実感のないアベノミクスや消費税の断行、労働環境の悪化を招く制度の導入など、日本を収奪的な社会に向かわせているようにしか見えません。

それでいて、来年はアメリカからオスプレイを17機も購入する話も報道されています。
国会では、税金の使われ方が、果たして妥当なのか、しっかり追求してほしいです。

特定秘密保護法も、公明党と、消費税10%導入時には軽減税率を導入するという話で、昨年末に強行採決になったはず。
今さら、制度の構築が難しいなんて言わずに、消費税をさらに上げるつもりならば、死にものぐるいでルール作りをしなくてはならないところです。かつて、日本にも売上税があったのですから、ルールは作れるはずです。食料品は、贅沢品も確かにあるでしょうが、分類が煩雑ならば、この際、すべて8%のままでいいのでは?

自民党は、一党独裁の時代が長かったので、よほど公開されたくないことがあるのだと勘繰りたくなります。特定秘密保護法は、これから起きることばかりではなく、自民党の過去の失政をなかったことにするものだと思います。
そうではなく、安全保障上、必要というならば、国際スタンダードの内容に修正するべきです。

オリンピックやカジノ、原発再稼働など、なりふり構わず、大きなお金が動くことには飛びついて、それによって、どういう社会にしたいのかのビジョンがまるで見えません。

今回の集団的自衛権の閣議決定も、国民に財政再建や景気回復の実績が出せなかった目くらましにも見えます。

どんなに問題が大きくても、一つ一つ、誠実に政治を行ってほしいです。

123 ■無題

国際的に標準とされる「戦争」について理解しないと話にならない。

単に「戦争反対」と叫んでも、それは意味が無い。

では戦争を無くす為に、どういう国際法が必要か。
これについては約90年前に答えが出ている。1928年の「ケロッグ・ブリアン条約(不戦条約)」がそれだ。

その趣旨は「ザックリ言うと」、侵略を禁ずるというものだ。
そして侵略とは即ち先制攻撃を意味する。
この侵略の定義は、外交用語として長い年月をかけて一般化したものだ。

不戦条約により、それまで価値中立の言葉だった「侵略者=アグレッサー」は、国際法に反する犯罪国家を意味するものになった。

その意図はシンプルだ。
戦争はそれを開始する国があるから起こる。だったらそれを禁ずればよい。
つまり不戦条約は「戦争反対」では無くて「侵略反対」なわけだ。

この意味で現在の国際法は自衛権については、国家の当然の権利として認めている。
もっと言えば、自衛権なくして「侵略反対」は成立しないということだ。

考えてみよう。
全ての国に自衛権がある以上、国家は軍事力を整備する。
しかし軍事力は両刃の剣だから、時にそれを侵略に使う国が現れる可能性がある。

国内法もそうだが、犯罪者に対してこれを制圧し、法に従わせる強制力が存在しないと、法は法として機能しない。

現在、国家権力を超越する政治権力が地球上に存在しない以上、某国による侵略を罰するのは、被侵略側の軍事力でしかありえない。
そしてそれは国民の自由と安全を保障する、政治家の責任でもあるのだ。

政治家は国民の自由と安全を保障する為に、軍事力を整備する。
そして、それを決して先制攻撃には使用しない。
…これが過去の悲惨な歴史を踏まえて到達した現在の正義の形だ。

いたずらに政治的見解が異なる相手を「悪者」呼ばわりする前に、人間は神様ではないこと、歴史的な裏付けのある正義の形を理解するべきじゃないかな。

122 ■危ない 怖い 機雷

日本の自衛隊が機雷を取り除いたら…軍国主義なのか?

侵略戦争なのか?

121 ■好転のきざしを見ます

滋賀県知事選挙、好転のきざしを見ます。頑張りましょう!太郎さんやゆうこさんやかだちじなど巻き返しがはじまりました。国民もついていきます。

120 ■政権は日本のためじゃなく全てアメリカのために動く

隠蔽してるニオイがブンプン…
小野寺防衛相は 仁風林で接待受ける暇あるなら もっとちゃんと沖縄の基地のこと考えて下さい

トラトラがうるさくて名前かえてました、ごめんなさい

119 ■報ステより

さきほどのニュースで、名護市辺野古の内陸部にも米軍施設建設予定と報道。米側と日本側の言い分が食い違っている。政府・防衛省が隠蔽していたのではないだろうか?充分有りうる話だ。

118 ■こんにちは。

安部官邸、NHKクローズアップ現代に圧力疑惑。(-_-#)週刊誌が掲載へ。

117 ■戦争が、、戦争の元がイヤ!

利潤による生産は、あらゆる悲惨の原因である。
戦争に反対だと、みんなが声高に叫んでも、利潤生産というものがあるかぎり、
戦争は儲かるものだという事実があるかぎり、戦争で儲けたい奴はいるのである。

戦争をなくするには、だから、本当は、利潤による生産の関係をなくする以外にはない。
今、アメリカだけではなく、全世界でもって、その資本主義の最後の段階でやっていることは、やはり軍需生産という利潤追求なのだ。

それで、金融資本は政府の財政とむすびついてしまって、日本銀行が独立して、あまり札を刷らないというような、良心的な仕事ができなくなってくる。
その結果、インフレが起こる。
経済というものが、必然的に戦争へ向かって混乱してくる。
つまり、ヒットラーが、あるいは、ファシズムというものが生まれてくる条件ができあがってくる。
これが今の状況である。

116 ■現実と憲法とのギャップ

ギャップを認識しておきながら放置するのは…平和的怠慢である!
人はそれを…平和ボケという言う人がいる!

115 ■憲法に記されているのは精神、具現化するのが法制度

憲法が、現実を反映していなくても、なんら問題はありません。
下位の法制度によって、現実を、憲法の描く理想の社会に近づけていくのが、憲法とほかの法律との役割の違いであり、格の違いなのです。

憲法の第14条 すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

この14条も、現代社会では、まだまだ達成できていません。先ごろ、都議会や国会の場でさえ、性別によって、差別が横行していることがクローズアップされたばかりです。

だからといって、現実と憲法にギャップがあるから、憲法を書きかえるというのは、ナンセンスです。
こういう場合、無策でいると、性別による差別が一向に平等に近づかないから、たとえば、クォータ制などを下位の法令に導入しよう、と立法するのが、国会の役割です。

自衛隊の存在が、違憲か合憲か、はっきりしていなくても、さほど違和感がなく、世の中が回っていたのも、真の平和の実現に向けて、自衛隊という存在が、発展途上的性格だったからだと思います。

今回の閣議決定によって、日本を攻撃もしていない他国に対して、武力行使ができる存在になってからは、はっきりと、9条と前文に違反するようにしか見えなくなりましたが。

114 ■自衛隊の存在そのものが…

解釈変更なんだけどね…。
そもそもね…。
先輩の知恵とも言えます!
こういう議論が出るということは…
現行憲法が…今の日本に合っていない!
とも 言えます。

113 ■自衛官は犬死してはならない

 集団的自衛権の行使を認める1日の閣議決定以降も、防衛省がホームページ(HP)に「集団的自衛権の行使は、憲法上許されないと考えています」との文章を載せていたことがわかった。ツイッターで「防衛省は(行使に)反対」「集団的自衛権は違憲と明記」と話題になっていた。同省は7日、文章を削除した。

 防衛省によると、文章を掲載していたのは「憲法と自衛権」について解説したHP。外部からの圧力で削除したのか?
集団的自衛権は国民の命を守る外交をしてこなかった政権が破れかぶれで人柱を思いついたのか?ギャンブルのような株価の変動は誰が喜ぶ?
賭事が好きな人は儲かって幸せになれるの?使い果たしてお金がなくなったから、子供を奉公に出して実は人身売買だとしたら、いつの時代に遡る?徴兵は女の子にもくる時代になるでしょ? いろいろ想像して悪い企みをしている人たちの話にのせられないよう気をつけましょう。
自衛隊は日本人のために命をかけている組織のはず。皆家族がいるんだよ、無駄な命はない。自衛隊を国民が言論で守ろう!

112 ■奸計に乗ってはいけない

だってね、
今まで山本太郎議員に対するどれだけデタラメな報道がなされて来たことか、、。

敵は強大だが、ひるむことはない。

111 ■真実をさがすブログより引用

画像
参議院の山本太郎議員のフェイスブックが、7月1日から閲覧などが出来ない状況になっていることが判明しました。現在は事実確認を運営会社に行っており、運営会社からの返信待ち状態になっているようです。私は今のところ無いですが、フェイスブックでは運営側による恣意的な操作や理不尽なアカウント停止等が実際に行われているようで、過去には報道されたこともあります。

また、他のユーザーからの通報が多数あれば、アカウント停止等の対応をすることがあるため、現時点ではフェイスブックアカウントの停止原因は分かりません。フェイスブックのアカウントが停止する主な理由は以下の3つとなっています。

①他のユーザーから通報を受けた
②Facebookがユーザーが不適切な行動をしたとみなした
③アカウントが不正利用されていると判断した

山本太郎議員は影響力が強いので、それを嫌ったユーザー達が集中的に通報した可能性もゼロではありません。そもそも、集団的自衛権が閣議決定された日に、山本太郎議員のフェイスブックが停止したというのが気になるところです。集団的自衛権の問題を大きくしないように、山本太郎議員のフェイスブックをこの日に止めた勢力が居るのではないでしょうか?理由が何にせよ、はやく山本太郎議員のフェイスブックが復旧してほしいところです。

110 ■無題

太郎さんのFacebookがずっと見られませんが、何かあったのですか?
情報発信が見られなくて淋しいです…

109 ■集団的自衛権行使容認問題!

来年の通常国会に先送り決定!
安倍首相のご厚意に…
感謝しましょう!

108 ■自民党の長老議員が警鐘。

自民党千葉県連元幹事長の金子和夫氏は、今の安部政権は、東条内閣より危険。戦争は避けなくちゃいけない。官僚に誰も止める人がいないと警鐘している。

107 ■敵国条項

106のJJJさん

>そもそも9条が設置された背景...

9条(戦争放棄条項)はメイドインジャパンです。幣原喜重郎の進言によるもの。マッカーサーメモが渡されるよりも前に、幣原喜重郎とマッカーサーの会談が行われ、幣原氏よりマッカーサー元帥に対し、天皇制維持とセットで戦争放棄条項が提案されました。他の草案(民主的ではない大日本帝国憲法とは変わらない草案)を封じるために押しつけという形をとったと考えられ、憲法の内容のほとんどは鈴木安蔵を中心とする憲法研究会による憲法草案要綱をもとにしたものであり、事実上メイドインジャパンであることは国会図書館等に残されている数々の事実(証拠)からも明白です。

>あとお茶の飲み方は日本の作法にしましょうね

朝鮮飲みだから山本氏が朝鮮人だと言いたいのですか?それは美味しんぼのワンカットでしょ?鼻血騒動のときは美味しんぼの作者を叩きまくって、朝鮮飲みのときは利用しまくるの?お茶をいただくときは両手で飲むでしょう。あれとは少し形が違っても同じだと思いますが。

>私は安部政権下における今回の決断を支持してます。

国連憲章の「敵国条項」ってご存知ですか?死文化していると言われていますが実はまだ生きています。常任理事国である中国が今後削除に完全に同意すると思いますか?この条項は日本が国連加盟国に対して武力行使をした場合に発動されます。日本に対して「安保理の決議なしでも軍事制裁を科してよい」という恐ろしい内容です。アメリカの戦争に付き合わされて例えばイラクや北朝鮮などの国で武力行使した場合、日本から武力行使をされた国は安保理の決議なしで宣戦布告なしで合法的に日本を攻撃することができます。生物兵器、化学兵器、弾道ミサイル、核兵器など、何を使われても日本は一切文句は言えません。さらには、日本国内のあらゆる場所がテロの標的になる可能性が増大します。それは日本の自衛にならないことは猿でもわかることです。都市部、交通、原発などが今よりも危険にされされつづけます。貧者の兵器(化学兵器、生物兵器)を使ったテロや自爆テロは、米軍の最新兵器やレーダーでも防ぐことは難しいです。今でもイラクでは頻繁に自爆テロが発生します。テロは米軍ですらどうやっても防ぐことができない証拠です。

106 ■母としての本能で、原発を攻撃されたらおしまいと思っていたが外務省が既に想定していました

引用:
外務省が1984年、日本国内の原発が攻撃を受けた場合の被害予測を極秘に研究していたことがわかった。原子炉や格納容器が破壊された場合に加え、東京電力福島第一原発の事故と同じ全電源喪失も想定。大量の放射性物質が流出して最大1万8千人が急性死亡するという報告書を作成したが、反原発運動の拡大を恐れて公表しなかった。

 欧米諸国は原発テロを想定した研究や訓練を実施しているが、日本政府による原発攻撃シナリオの研究が判明したのは初めて。

 81年にイスラエルがイラクの研究用原子炉施設を爆撃した事件を受け、外務省が財団法人日本国際問題研究所(当時の理事長・中川融元国連大使)に想定される原発への攻撃や被害予測の研究を委託。84年2月にまとめたB5判63ページの報告書を朝日新聞が入手した。
:引用終了

真実をさがすブログより

105 ■この国の行く末

山本さんの活動を拝見しておりまして、まだ光はあると感じています。非常にギリギリのところで活動している姿は退路を絶った侍ですね。

では集団的自衛権についてです。
私はこの国の行く末を案じたうえで以下の意見があります。
①集団的自衛権の憲法解釈の改定をすることによってまず軍事費が今以上の多くの国家予算につぎ込まれるということです。
現在の日本は税収は減少、年金や保険、国債の利子など支出は増加する一方。
そのなかで恒久的に軍事費の予算が多くなることはこの国のバランスシートを確実に崩します。
また、今回の憲法解釈改定で得をするであろう企業と団体はどこでしょう?
軍事費に多くの予算がつけば軍事関係の企業が儲かりますね。
自衛隊という団体から得られる票はいかほどでしょうか?
②次に集団的自衛権を発動して日本の自衛軍において死者が出た場合、自衛隊や日本の民意、若者の思考はどうなるでしょう?
おそらく現在の若者が自衛隊に入隊することが無くなると思います。
その時に自民党はどのような判断をするのでしょう?
自衛隊が人不足になれば自ずと徴兵の流れになるのでは?
そもそも日本軍に死者が出た場合、無き者にされる可能性は高いです。
③阿部総理大臣は軍を統括できるような器量や勇気などがあるかは見た目とおりですね。

104 ■まず…

勘違いしないで欲しいのは、例えば朝鮮半島の有事の際にアメリカが韓国を支援する、これは同盟国であるが故当然である

※米国は米韓相互防衛条約を結んでいるから、韓国防衛に動く。

しかし日本は韓国が北に攻められていてもアメリカと共に韓国を防衛することはできない、集団的自衛権があれば『北朝鮮に宣戦布告』する形でアメリカと共に韓国を援助・防衛することができるのだ。

集団的自衛権を行使するということは自国が戦争に巻き込まれていなくとも介入するには敵国に『宣戦布告』をしなければならず、必然的に日本も敵国と見做され戦争に巻き込まれることを意味する。

今までとは全く根本的に性質が違うのだ、そこを勘違いしている人が多い。


『日本が戦争に巻き込まれることは決してない』などと国民に誤解を招く説明をしてはならないのだ

※第三国が集団的自衛権を行使するには、宣戦布告を行い中立国の地位を捨てる必要があり、宣戦布告を行わないまま集団的自衛権を行使することは、戦時国際法上の中立義務違反となる。

103 ■そろそろ私我慢限界かな。

まだ、メディアに洗脳されている。国民へ。メディアの情報は、信用するとバカになりますよ。(-_-#)電通が支配していますからね。

102 ■同感です。応援しています!

初めてコメントさせていただきます。
太郎さんが書いてくださっていること、ごもっともです。
応援しています。

そして、必ず、『自分だけ良ければいいのか』と言う意見を書く人たちがいることも知っています。

もしも、どこかの国のために、なにも恨みも持たない相手の兵隊さんを残酷に殺したり出来るのを厭わない人達がいるということに驚きます。
そういう意見を書く人たちは、もし本当にそんなことが起きた時に、まず戦場に向かって、前線で相手の兵士と対峙して殺し合い、血を流せる覚悟があるのでしょうね。
そして、その意見を書く人たちにお子さんがいるのだとしたら、喜んでお国のために、日々愛情をこめて育てているお子さんを、喜んで戦場に送り込めるのでしょう。

意思を持って入隊してくる兵隊でないと、徴兵制で集められる兵隊は、使い物にならないそうです。
なので、徴兵制にはならないだろうと言う意見も読みました。

集団的自衛権に反対するコメントを残す人達、いざと言う時は、真っ先に志願して、自分や、自分の可愛い子供達を差し出していただけるのですよね。

私の可愛い子ども達は、戦場に送り込みたくないし、殺しも殺されたくもありません。
そのために、出来ることをしていきたいと思っています。
太郎さん、ぶれない貴方をこれからも応援していきます!

101 ■無題

秋からか。
覚えとこ。

100 ■国連憲章の主権平等と敵国条項

しつこく続投してすみません。

国連憲章では、各国の主権平等が尊重されているはず。
日本の主権者が集団的自衛権を認めないのに、強制されるとは思えません。
権利であって、義務ではないのですから。

安倍総理も、日本は集団的自衛権は、権利を有しているが、日本国憲法があるから行使できない、と解説していました。
だから、解釈改憲で、内閣だけの独断で、行使できる、と容認したので、国民が怒っているのではないのですか?

国連憲章では敵国条項があって、敗戦国の日本は、再び侵略行為を行えば、安保理の承認がなくても先勝国側からの攻撃が認められているのでは?

詳しい方、教えてください。

99 ■国連憲章51条

集団的自衛権に反対する人はいったい何に反対しているのか?これは安部政権、自民党が野党に落ちても例えば山本議員が総理になっても同じ問題にぶち当たるのだが、先ずそこを理解しているのだろうか?

『この憲章のいかなる規定も国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない』
違憲だと提訴になったが最高裁でも上記条文を覆せない。「日本国憲法は自衛権を否定しない」精々この判決が下るだけだ。
憲法の欠点は「戦争を想定していない」事であり憲法には限界があるのだ。

よって集団的自衛権に反対、賛成という議論は意味がない。本来ならば「日本が行使する立場にいてよいのか?」という議論にならなければならないのだ。

外国に住む日本人は見殺しになるかも知れないがどうしても他国の為に血を流したくないならば国連を脱退し日米安保を破棄するしかないのだ。

在日米軍基地がなくなり米軍無しでは現状やっていけない自衛隊と国際社会の孤立化。それに対し地球の裏側で戦争に巻き込まれる可能性のどちらかの選択である。

98 ■日本だけが

いい子でいられない!

いいの?
おいしいけどね…。

97 ■戦争

戦争に参加すれば、日本が攻撃されることもあり得ますよね。

いろんな意見があると思いますが、日本が戦場になっても賛成!だれが死んでもかまわないって思ってる人達もあるのでしょうか?
私は戦場は絶対に嫌です!

日本は何年もかけて、少しずつ戦争に向かって突き進んできているように感じています。そうなっていくために人々の心理を操るのが最も効果的で、それをされてることすら気付かない人達が戦争に賛成する方向に気持を変えていってしまうものです。

太郎さんのように、意識をハッキリ保てブレない政治家がいてくれることが唯一の救いだと思います。
私は誰が何と言おうと、戦争反対!

96 ■遠山正瑛さんのモンゴルの緑地化

遠山正瑛というひとを知っていますか 内モンゴルの砂漠に植林をして緑の地に変えたひとだそうです。日本では無名だけど現地ではとても知られていて 現地の人達が今も感謝し続けていて、日本からも今も 植林のボランティアをしにたくさんの人達が行ってるらしいです。遠山さんの存命中 なんと当時の中国の国家主席が感謝の意を表しに遠山さんを訪れたそうです。遠山さんの銅像も現地に建ててくれたそうです。
広がる緑の森を見ていて 今から日本を戦争する国にしていこうとする政府の人達の思考が 他国の侵略を仮定していることを 残念に思いました。
戦争の果てにつかんだ平和憲法を世界に広めていくぐらいの気持ちがあればいいのに。悲惨な戦争の無数の犠牲になった人々のおかげで やっと手にした平和憲法なのに。遠山さんの そして遠山さんに続く日本の人達の何十年に渡る努力さえ 踏みにじってしまいますね

るいさん、ありがとうございます
無関心なひとがほとんどなのですがくじけず話していきます。私は私の子供達を子供達みんなを 若い人達を、犬死にさせたくありません

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み