2011-02-12 15:23:23

立ち耳の治療に影響を及ぼすホルモン

テーマ:耳の形  

機能的には全く問題ない耳の形


でも 精神的なストレスとなる場合は 治療を行う必要があります。


治療法は 保存的方法と外科的方法があります。


保存的方法とは????   手術しないで治す方法の事を言います。


ただし、一つ条件があります。  それは年齢!!!!!


早期新生児にテーピングなどの方法で簡単に正常な形に整えることができるという報告があります


これは 新生児において耳の形を簡単に変えることができるのは、血液中のエストロゲンというホルモンが作用していると考えられているからです。



エストロゲンとは、女性ホルモンの一つで卵胞ホルモンとも呼ばれます。
子宮の発育や子宮内膜の増殖、乳腺の発達など、女性らしい体つきを促進するホルモンですが、新生児では耳の形を作るのに役立っていると言われています。



では、このエストロゲンの作用はどれぐらい続くのでしょうか?


正確なことはわかっていませんが、新生児において耳の形が容易に矯正できるのは、統計的には6週間ぐらいまでと報告されていますので、長くても6週間までとなります。


私自身としては 1か月と考えています。


したがって、生後1か月までには治療を始めなければなりません。


ところが、ここで問題があります。


小児科での赤ちゃんの検診は 1か月過ぎてから行われます。


これでは 間に合いません!!!   残念



それでは  産婦人科では    

生後すぐに体に何らかの異常がないか調べるのですが、なかなか耳の形までは見れないようです。


また、多少の変形が見られても そのうち治ると言われれ先生方もおられます。


そのうち、治る場合もありますが、そうでない場合が多いようです。


では 誰が見つけてくれるのでしょうか。

そうです   いつも一緒にいる  お母さんが 先生です。


耳の形を見てあげてください。


そして  変形があれば  形成外科にご相談ください。


ただし、あまりに小さな変形の場合は  矯正ができないことがありますが!!


★グリーンヒルズ・スキンクリニック
東京都品川区東五反田5-28ー10 
JR山手線 東口、都営浅草線 東急池上線より徒歩1分 
TEL.03-5789-4255  
Mail:
info@green-hills.or.jp
http://www.green-hills.or.jp/


★やまもと形成外科クリニック
新潟市中央区西堀前5-746-1伊藤ビル5F 電話 025ー223ー2926
新潟市 三越デパート 徒歩1分
Mail:
info@green-hills.or.jp
http://www.yamamoto-clinic.jp/


形成外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科,耳介、耳の形、福耳、副耳、立ち耳、折れ耳、埋没耳、袋耳、スタール耳、コップ耳、小耳症、耳垂裂、耳前廔孔




PR
2011-02-11 18:32:39

立ち耳  何にか障害があるのでしょうか?

テーマ:耳の形  

耳の変形で一番多い立ち耳  



この 立ち耳   私たちの生活に何か支障があるのでしょうか??



耳が 他の人より立っている  

 

    でも 聴覚が正常 音はちゃんと聞こえますグッド!!!

 

以前 ある人が  「耳が立っているので 前からの音が  聞こえやすいのでは」


と言われて方がありました。



そうすると 後ろからの音は  逆に聞きにくくなる???!!!



全くか変わりません。



耳介頭蓋角が30度以下であろうが  90度であろうが 音を聞く働きには全く関係ありません。



では、なぜ 耳を耳介頭蓋角を30度以下(耳を側頭部の方に倒すこと)にする手術をするのでしょうか?


機能的は全く問題ありません。



でも   見た目が????!!!!



欧米では、立ち耳は“悪魔の耳”と言われて敬遠されています。



悪魔!!!!!!!???


日本人には悪魔と言われても あまりなじみはありませんが、 欧米では違います 



古い絵画に書かれてい悪魔の  耳は   なる程  立っていますね



だから   手術が多く行われているのです。



では日本では?   


 もともと、耳の形にはそれほど関心が持たれてはいません。



ただし  耳たぶは別です。


大きい耳たぶが福を呼に  お金持ちになる  ーーーー???!!!!




それでも 最近は 耳が立っているために  


  

   耳が大きく見えて、目立って見える


   顔全体のバランスを崩してしまう


   人の視線がまず耳へ行ってしまう



などために 精神的ストレスになる場合もあります。



このような方は 治療を受けら得てもよいと考えます。



★グリーンヒルズ・スキンクリニック
東京都品川区東五反田5-28ー10 
JR山手線 東口、都営浅草線 東急池上線より徒歩1分 
TEL.03-5789-4255  
Mail:
info@green-hills.or.jp
http://www.green-hills.or.jp/  


★やまもと形成外科クリニック
新潟市中央区西堀前5-746-1伊藤ビル5F 電話 025ー223ー2926
新潟市 三越デパート 徒歩1分
Mail:
info@green-hills.or.jp
http://www.yamamoto-clinic.jp/  


形成外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科,耳介、耳の形、福耳、副耳、立ち耳、折れ耳、埋没耳、袋耳、スタール耳、コップ耳、小耳症、耳垂裂、耳前廔孔

2011-02-10 19:36:03

耳の形に対する 白人と日本人の考えの違い!!!!!

テーマ:耳の形  

耳は音を聴くための器官であることは、すべての耳に対して同じです。


しかし、その耳の外側 (外耳といいますが) その形は 人それぞれ異なります。



耳の形には 平均値 あり、その値よりかけ離れている場合  

 

(音を聞くとい働きには問題ないのですが)   


私たちは 耳の形が おかしい 変形している  


と言います。



その代表的なものが  立ち耳   です。


耳が立っている??   


この場合の土台となっているものは??


私たちの耳は 頭蓋骨  


「(とうがいこつ)と読み 頭の骨のことを言います。」


を土台として、その上に付いています。



その土台と 耳との角度  耳介頭蓋角  が30度以上になっている耳を立ち耳と言います。



白人ではこの角度より大き耳を   立ち耳  定義しています。



形成外科医の山本です。


しかし、この30度は 白人の平均値ですが  日本人はそれよりかなり大きいと言われています。


(このデータは白人が調べたもので、私自身は 平均値が83度とは思っていませんが。)



と言うことは  白人が見ると 日本人の耳は ほとんどが立ち耳????  ということになります。


白人にとっては立ち耳でも  私た日本人にはそれほど立った耳には見えないからだと思います。



人種によって  耳の形に対する考えが異なるのは 面白いですね。



★グリーンヒルズ・スキンクリニック
東京都品川区東五反田5-28ー10 
JR山手線 東口、都営浅草線 東急池上線より徒歩1分 
TEL.03-5789-4255  
Mail:info@green-hills.or.jp
http://www.green-hills.or.jp/


★やまもと形成外科クリニック
新潟市中央区西堀前5-746-1伊藤ビル5F 電話 025ー223ー2926
新潟市 三越デパート 徒歩1分
Mail:info@green-hills.or.jp
http://www.yamamoto-clinic.jp/


形成外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科,耳介、耳の形、福耳、副耳、立ち耳、折れ耳、埋没耳、袋耳、スタール耳、コップ耳、小耳症、耳垂裂、耳前廔孔




2011-01-15 18:07:00

副耳の治療法

テーマ:耳の形  

副耳の具体的治療法は大きく2つに分けられます。


副耳の根元を糸で結ぶ結紮法(けっさつ法)と切り取る切除法とがあります。


結紮法とは、副耳の根元をナイロン糸で縛ばり完全に血液が流れなくすることで、副耳が壊死(えし)して、通常、2週間程で自然に取れることを期待します。


軟骨のない小さい副耳が適応です。結紮する時に一瞬痛みがありますが、麻酔は必要ありません。


生後すぐにでも実施できる方法です。



軟骨がある場合は、結紮法では残ってしまいますので、切除法となります。

この場合、手術は急いで行う必要はないと考えられていますので、通常、全身麻酔ができる1歳過ぎて全身状態が良い時期まで待たなければなりません。



しかし、ご両親は少しでも早い時期を治療を希望されています。

そのため、私は生後3か月までは局所麻酔で行っています。


しかし、それを過ぎると局所麻酔ではできなくなり、全身麻酔ができる1歳過ぎまで待ってもらっています。


では、生後3か月まででしたら、どこの施設でも局所麻酔で行なっているかと言うとそうではありません。経験のあるスタッフの協力のもとに5分ほでで摘出・縫合を行わなければなりませんので、かなりの経験が必要です。


治療の時期は、ご両親のご希望と年齢じ応じて対応ししているのが実際です。



最後に、一番気がかりなことは、摘出後の傷跡です。

残念ながら、結紮術でも切除術でもわずかな傷跡は残ります。

しかし、それも副耳に比べたらほとんど目立たないと思います。

さらに、ご両親の精神的負担もかる軽くなると思います。


副耳でお悩みに方は一度形成外科にご相談ください。


★グリーンヒルズ・スキンクリニック
東京都品川区東五反田5-28ー10 
JR山手線 東口、都営浅草線 東急池上線より徒歩1分 
TEL.03-5789-4255  
Mail:info@green-hills.or.jp
http://www.green-hills.or.jp/


★やまもと形成外科クリニック
新潟市中央区西堀前5-746-1伊藤ビル5F 電話 025ー223ー2926
新潟市 三越デパート 徒歩1分
Mail:info@green-hills.or.jp
http://www.yamamoto-clinic.jp/


形成外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科,耳介、耳の形、福耳、副耳、立ち耳、折れ耳、埋没耳、袋耳、スタール耳、コップ耳、小耳症、耳垂裂、耳前廔孔



2011-01-05 17:57:35

副耳の治療時期

テーマ:耳の形  


明けましておめでとございます。 形成外科医の山本です。


新年は自宅で過ごしました。


何もしないで過ごすのも良いもんです(お酒は飲みましたが)。


今月の診療は東京五反田にある「グリーンヒルズ・スキンクリニック」は1月5日から、


新潟の「やまもと形成外科クリニック」は1月6日からとなります。


さて、副耳(ふくじ)の治療時期についお話します。

 

副耳は生まれてすぐに気付かれるわりには、形成外科のクリニックを受診されえる時期は早くはありません。


副耳は臨床的には特に症状はありませんので、産婦人科の先生方も 急いで治療を受けなくても良いと考えられ、積極的に形成外科の受診も薦められないことも理由の一つです。


また、意外と周りにも副耳はあるが特に治療を受けていない方が多いのも理由です。


実際、それほど深刻に考えていないのが実際です。


しかし、患者のご両親の中には心配で、ホームページを調べて生後すぐにこられる方もおられます。


実はこればとても大切なことです!

副耳の治療時期は通常、全身麻酔が受けられる1歳過ぎと言われます。その為 急がなくても問題ないと考えられています。


しかし、私の考えとしては、生後3か月までは局所麻酔で可能ですので、できればそれまでに受診される事をお薦めしています。



これは、生後3か月までは、赤ちゃんには申し訳ないのですが、押さえつけて手術が可能だからです。


私のクリニックではスタッフ2名で赤ちゃんが動かないようして(特別な方法を行っています)摘出を行っています。


因みな 一番早い手術は生後10日で行ったことがあります。赤ちゃんは全く動かなく、3分ほどで終わりました。


しかし、4ヶ月を過ぎると赤ちゃんの力が強くなりつれて、2名では抑えることができず手術はかえって危険となり、ご両親が希望された場合は1歳過ぎてから手術を行います。



見た目だけの問題ですが、早い時期の治療をお薦めします。


★グリーンヒルズ・スキンクリニック
東京都品川区東五反田5-28ー10 
JR山手線 東口、都営浅草線 東急池上線より徒歩1分 
TEL.03-5789-4255  
Mail:
info@green-hills.or.jp
http://www.green-hills.or.jp/  


★やまもと形成外科クリニック
新潟市中央区西堀前5-746-1伊藤ビル5F 電話 025ー223ー2926
新潟市 三越デパート 徒歩1分
Mail:
info@green-hills.or.jp
http://www.yamamoto-clinic.jp/  


形成外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科,耳介、耳の形、福耳、副耳、立ち耳、折れ耳、埋没耳、袋耳、スタール耳、コップ耳、小耳症、耳垂裂、耳前

2010-12-29 13:55:24

副耳 てどんなもの?

テーマ:耳の形  

こんにちは  形成外科医の山本です。

昨日は東京五反田にある「グリーンヒルズ・スキンクリニック」の診療でした。夜の新幹線で新潟にもどりましたが、東京駅は帰省のためかスーツケースを抱えた方が多かったです。

私は長崎出身で母がいますので、毎年帰っていますが、今年は都合でお正月は新潟で過ごします。

さて、耳の変形で一番多いのが副耳(ふくじ)です。生まれた時から耳の前や頬にイボのように突起しているものです。

1.5%の割合で見られます。

片側の場合が多いのですが、両側に見られることもあります。

通常の耳には皮膚の下に硬い軟膏(耳介軟膏)があり、それが耳の形を作っているのですが、副耳も耳ですので硬い軟骨が小さい突起の中に触れることもあります。


では、どうしてできたのでしょうか?

お母さんのお腹のなかで赤ちゃんの耳ができていく過程で「何らかの原因」で生じるようですが、詳しいことはわかっていません。

わからないことがたくさんあるのが医療の世界ですが!

診察を受けられる患者さんの家族の中には、「うちの家系には副耳なんか誰もいないのにどうして」と遺伝性のことを心配される方がおられます。

実際、遺伝性はほとんどないのですが、そのことをなかなか理解していただけない場合があります。

そのような時、私は「神様のいたずらですね」と説明しています。

「たまたまできました」と言いたいためです。


これでほとんどの方は納得していただけます。神様には悪いと思っていますが!

しかし、副耳があるからと言って、体に何か問題があることはありません。

ご心配なく

次回は治療法について書きます。

★グリーンヒルズ・スキンクリニック
東京都品川区東五反田5-28ー10 
JR山手線 東口、都営浅草線 東急池上線より徒歩1分 
TEL.03-5789-4255  
Mail:
info@green-hills.or.jp
http://www.green-hills.or.jp/


★やまもと形成外科クリニック
新潟市中央区西堀前5-746-1伊藤ビル5F 電話 025ー223ー2926
新潟市 三越デパート 徒歩1分
Mail:
info@green-hills.or.jp
http://www.yamamoto-clinic.jp/


形成外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科,耳介、耳の形、福耳、副耳、立ち耳、折れ耳、埋没耳、袋耳、スタール耳、コップ耳、小耳症、耳垂裂、耳前廔孔





2010-12-28 15:29:46

耳の形には西洋と日本で考え方が異なります。

テーマ:耳の形  

今日の火曜日ですので、東京五反田にある「グリーンヒルズ・スキンクリニック」で診療を行ったいます。


朝早い新幹線で東京に行きますが、湯沢を通りすぎると、雪の新潟から雲一つない天候に変わるときの気持ちの様さは言葉では言い表せません。



さて、形成外科はいろいろは領域の治療を行ったいますが、意外と知られてないのが、「耳の形」への治療です。いわゆる「耳介の変形」です。

以前は「耳介の奇形」と言った時期もありましたが、現在は変形と統一させれています。


耳の形に対する考えかたは、西洋と日本人とではかなり異なっています。

西洋では耳の形には特に注意が向けられていて、小さな変形でも積極的に治療が行われています。特に耳が立っている立ち耳は嫌われています。


一方、日本では耳たぶには関心が向けられ、大きい耳たぶは福耳といわれ経済的に裕福になるといわれ好まれています。


しかし、耳の形の中心である耳介(耳たぶ以外の耳)に多少の変形が認められても、特に治療を希望される方は少ないようです。


次回より具体的に耳の形とその治療法について説明します。


★グリーンヒルズ・スキンクリニック
東京都品川区東五反田5-28ー10 
JR山手線 東口、都営浅草線 東急池上線より徒歩1分 
TEL.03-5789-4255  
Mail:
info@green-hills.or.jp
http://www.green-hills.or.jp/


★やまもと形成外科クリニック
新潟市中央区西堀前5-746-1伊藤ビル5F 電話 025ー223ー2926
新潟市 三越デパート 徒歩1分
Mail:
info@green-hills.or.jp
http://www.yamamoto-clinic.jp/


形成外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科,耳介、耳の形、福耳、副耳、立ち耳、折れ耳、埋没耳、袋耳、スタール耳、コップ耳、小耳症、耳垂裂、耳前廔孔、

[PR]気になるキーワード