西東京市の税理士山本ブログ

このブログでは、税理士山本大造が中小企業の為の節税・経理合理化などのノウハウをお伝えしていきます。どうぞご覧ください。


テーマ:

今日は、北海道でこの冬一番の寒さだったそうです。





なんとマイナス24度・・。バナナで釘が打てるのでしょうか?





さて、この季節に流行るのがインフルエンザですね。





更に今年は新型インフルエンザ・パンデミックの流行が噂されています。





まだワクチンが完成していないので、感染するとえらいことになります。





厚労省によると、具体的な予防対策としては





①ヒトとの距離の保持、②職場の消毒、③通常のインフルエンザワクチンの接種等





だそうです。





企業としては、このような予防対策をしたほうがよさそうですね。





その際、③のインフルエンザワクチンの接種代は会社の経費になるのでしょうか?





国税当局では、「会社には従業員の健康管理に配慮する責任がある」とし、





「接種を希望する社員一律に費用負担するようなルールがあるのであれば、





全額を負担したとしても予防接種として常識的な金額の範囲内であれば、





福利厚生費とすることができる」としています。







なお、個人でインフルエンザ予防接種などをした費用は、




原則として医療費控除の対象外です叫び矢印






ちなみに、インフルエンザウイルスは湿度にとても弱いそうです。




部屋の湿度50%以上に保てば感染を防げるそうですグッド!




加湿器も経費になりますね。





お問い合わせはこちら
PR
いいね!した人

[PR]気になるキーワード