アジング道

この歳になってまさかの嵌りよう。
アジング、メバリング最高!


テーマ:

後悔先に立たず!

 

無駄に歳をとっていたのでしょう、最近この言葉が身に沁みます。

 

3月中旬 テトラ帯に行きました。

 

開始してまもなくでしょうか?

 

一匹目を釣ってすぐに二匹目が沖目に飛ばしたシュガーミノースリム60SSセクシーパープルに食い付いてきました。

 

中々の引きです。

 

釣り上げると目測23cm位だったでしょうか?

 

タモに入れて、さっそく写真を取ろうと思い、暴れて逃げられたら大変と

まずはハサミでエラと脊髄をチョキチョキ。

血が流れおとなしくなりました。

 

テトラに横たえて写真を取ろうとアングルを決めているとメバルのえらぶたが一瞬、パクと動いたような気が?

 

『しっかり締ってなかったかな?』 と一瞬頭によぎる。

 

プラグがメバルの頭の下になって隠れている、アングル的にはよろしくないな?

 

カッコよく見せたいとイラン色気が出て右手にスマホのカメラ、左手でプラグを掴んでメバルの口先に持っていこうと、こね上げた瞬間に

 

はねた!

 

プラグを掴んで頭の下から上へと無理にこねていたのでこともあろうか、フックが外れてテトラの間にドボン。

 
そんな馬鹿な!と、目をぎらつかせて四つん這いになって執拗にテトラを覗き込んだのは言うまでもない。
 
この後はさっぱりで終了。
 
トホホ。
 
 
----------------------------------------------------

 

それから一週間後。

 

新しいロッドが手に入りました。

 

今までのソアレSS S700ULT より軽く、しなやかです。

 

今回の予定の場所はメバルが多いけどシーバスも多い場所です。

 

シーバスにプラグを持っていかれるんは経済的にかなわんので長めのタモを用意して

 

いつもはガチガチに締めるリールのドラグをほんのちょっとだけ緩めました。

 
目的地に着く手前で 『外灯が消えてるやんけ』 
 
ここは外灯が利かないと面白くない場所なのでまたしてもテトラ帯へ。
 
その夜も渋くて渋くて打つ手が見つかりません。
 
そうこうしていると海面が何やらキラキラ、キラキラと光っている。
 
メバルかアジが活性が上がって表層に出ていたのかな?とトップのプラグを投げる。
 
コツコツ、コツコツ 得体のしれない当たりが出る。
 
『なんじゃこら?』
 
ライトを照らし海面を凝視すると小さなベイトがそれこそ無数に、テトラの右手から左手へ延々と続く。
 
 
 
プラグを思いっきり投げても着水と同時にラインにベイトが当たってくる。
 
スレでフックに掛かってきた正体はカタクチイワシでした。
 
 
イワシの大河です。
 
マッチ・ザ・ベイト! 単純にそう考えて
 
シラスミノーを投げても反応なし。 (笑)
 
何かに追われている風でもなく悠然んと泳ぐベイト。
 
プラグをシュガーミノースリムに戻し十数投目でしょうか?
 
諦めてテトラの寸前、早巻きし回収し始めた瞬間に不意を突かれました。
 
ドラグの鋭い音が勢いよく ジー、ジー、ジーと三度鳴り、慌ててスプールを指で止めたがしなやかなNEW ROD はテロラに向かって突き刺さり敢え無くPEの瀬ずれラインブレーク
 
逃げたメバル、経験上 25cm 以上で間違いない。
 
ドラグさえガチ締めていたら。 ロッドが今までのだったらと又もや
後悔先に立たず。
 
トホホ。
 
----------------------------------------------------
 
 
それから数日後
 
前回のラインブレークが気になり、ならばリーダーを長めにとればいいじゃん!と普段1.5mのところを フロロ1.2号の5m で組みました。
 
 
そしてあわよくばシュガーミノースリムを咥えたままの大メバルをシュガーミノースリムで捕まえる!
 
こうなれば格好のブログネタじゃし、逃がした獲物は取返しすべてよしゃじゃ!と気合が入る。
 
だが世の中、そう甘くはなかった。
 
釣れるメバルはリリースサイズばかりやし、キャストの度にリーダーとの結び目がガイドに擦れまくっている。
 
スプールに巻き込まれた結び目が、ラインがスプールから放たれる時に邪魔しているようにも感じる?
 
この日も使用済みプラグケースは埋まりかけていた。
 
くだんの状況から重いプラグでなければトラブりそうで軽いプラグは使わずにいた。
 
しかし、打つ手がなくなり、ついに前日入手したばかりのインクスの ジェイドサスペンドを投入!
 
 
こいつは入手が難しいし、軽めだから使いたくなかった。
 
軽いので思いっきりキャストしました。
 
プチッ! ? ・・・・
 
買ったばかりのジェイドサスペンド いずこへ?
 
ラインがガイドに絡んでしまった。
 
だから軽いのを使いたくなかったし、
 
そもそも 5m のリーダーってありえん話だっていうの!
 
トホホ。
 
 
 
----------------------------------------------------
 
 
途中何度かほかの場所にも行くんだけど、大きいのが釣りたいのよ!
 
なのでまたしてもテトラ帯へ
 
今回も  ポツン、  ポツン  です。
 
大きいのは釣れてない。 💦
 
そんな最中、プラグを付け替えキャストをすると妙に軽い。
 
ライトでティップからラインへと灯りでたどってくると何もついていない。
 
リグの軽さからよもや!とは思ったのだが想像に違わなかった。
 
スナップの止め忘れでした。💦
 
プラグは何処へ?
 
『クソー!』
 
『なんか最近ついてなさすぎ』 そう呟いていると、あらまあ、
 
目の前を プカリ、プカリ と プラグが漂っているではあーりませんか?
 
プラグはFタイプのピンクチャートバック。
 
薄明りにピンクは映えますねー^^
 
 
Fタイプ、間違いなく浮いてきますよ!^^
 
さてこれをどうやって回収するかですが、タモは短いし。
 
別のプラグで引っかけて・・・・・・・
 
幸せです!  回収成功!
 
ひょいと手元にはね上げました。
 
ぎゃハー!
 
フックから外れて後ろのテトラの穴の中にコトコト音を残して。
 
もう、最悪ですがな。
 
でも、奇跡は又起こりました。
 
腐りきってキャストを繰り返してしている目の前にピンクチャートのプラグがプカリプカリと。
 
自分ながら、ほころぶ笑顔が想像できる (笑)
 
 
寄せる波、返す波にテトラから脱出してきた愛しきプラグちゃん。
 
と思った瞬間、バシャと音と共に
 
プラグが消えた。
 
最後の最後でまたしても
 
トホホ?
 
どうなったの?
 
 
 
5日前のメバル
シュガーミノースリム60ssで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

北九州、ここに来て寒さが抜けきりません。

 

近所の公園の桜の開花もまだです。

 

そんなことお構いなしに日付は進んであっという間に一年の四分の一が過ぎて行く。( ;∀;)

 

老化のスピードが加速されていると感じるこの頃です。 とほほ

 

 

 

3/19,20 

 

そんな老化に逆らって筑前大島にソルトアングラーさん、娘婿のマー君と連れ立ってメバルを求めて行ってきました。

 

マー君

 

 

自分は夕方四時半から朝の六時まで、ほとんど睡眠を取らずに延々と13時間半、投げ倒しました

 

ほぼ釣れません。

 

型も出ません。

 

延々と釣り続けた割にはとほほな釣果

 

 

 

全部の荷物を背負っての西波止から東波止への移動、さらに西波止に戻っての釣りは修行を超えて拷問というべきでしょう?

 

島ということで、ソルトアングラーさんの期待は何処までも大きくて、深くて・・・・・

 

早々とその期待に叶うことはないと見切りをつけたソルトアングラーさんの

 

「今すぐ帰りてー、もう帰りてー」

が今でも耳に残っています。

 

 

3/23

下関で気になって仕方ないポイントへ天徳さんと。

 

彼、プラッギングの大先輩で、その講師役とありがたいアッシーさんです。(笑)

 

今回で二度目の訪問

 

本流のちょっとしたクランクや魚の休憩地になりそうとおぼしき場所です。

 

関門の激流が緩み、灯りもあって、大型が立ち寄っていそうな雰囲気プンプンですが、ここでも裏切られてマズマズが一匹だけ。

 

 

釣とは儘ならぬ!

 

分かっちゃいるけどね・・・・・

 

 

 

3/25

サーティフォーの全国大会のギャラリーとして小倉へ

 

 

そこで全く見識のない方に厚かましくも車の同乗をお願いいして快く引き受けてくださった優しいお方。

 

この出会いは 必然か?  偶然か? お互いのブログの読者どうし。

 

GORDONさんでした。

 

会話が弾んで

 

その節はありがとうございました。

 

 

久し振りに大勢の友人に再会できて楽しいひと時を過ごしましたが、ここで豊海遊漁さんに

 

出来上がったばかりのペンシルを二つ頂きました。

 

 

フローティングペンシルで浮遊姿勢がボディの三分の一の頭部を水上に出して残りはお尻下がりで水中へ。

 

蛙が水面に頭だけ出して浮かんでる姿勢と言えば分かりやすいですね。

 

「これで釣ってきて」 彼は多分そう言いたいのでしょう?

 

阿吽の・・・(笑)

 

テスター気分で大会終了後釣り場は午前三時からのメバル探しです。

 

自信のサーチプラグにメバルが出たので、すぐさま託されたペンシルを投げます。

 

サーチの漂に

新作ペンシルで

 

この時点ではフローティングということはすっかり忘れて、ちぐはぐな動かし方をしていたのでしょうが何とかヒットに持ち込めました。

 

次はもっと的確に動かしてメベルキラーペンシルにするぞよ(笑)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

近頃、北九州から離れて下関から豊北町方面へと足を延ばすことが多かったのですが、

昨夜は久しぶりに地元の若松でプラッキングでした。

 

慣れた釣り場、時間的にもゆったりでほっと一息ついたような気分です。

 

相棒は、そう簡単には、ほっと一息つかせてくれないソルトアングラーさんです。

 

足場もそれなりに良くて、明かりもうっすらと明るすぎず、暗すぎず、

流れのみお筋には大きなストラクチャが幾つも並んで、時に程よいヨレを作り流れて行きます。

 

そのヨレが手前から遠くまで連なっていて、往々にして手の届かない遠くのヨレに魚が付きます。

 

見切られにくい明るさと、遠くなければ かつがつプラグが目視出来る明るさ。

 

これがプラッキングの楽しさを倍増させてくれます。

 

型はそれなりですが、トップに出れば最高に楽しめる場所なのです。

 

なので目線はいつもライズを追います。

 

開始は信頼度一番のシュガーミノースリム60Sから四方八方と投げていきます。

 

全く反応は有りません。

 

勿論ライズもありません。

 

プラグを取っかえ引っかえしているとポツポツとライズが始まりました。

 

この時投げていたプラグはダイワの月下美人”漣Z60F”フローティングのミノーです。

 

 (月下美人” 漣 ”ピンクライト、ネオンライト)

 

 

とりわけ引いても5cm潜るかどうかの極めてレンジの浅いプラグです。

 

引くのを止めれば直ぐ浮き上がって流れに身を任せて流れます。

 

ソルトアングラーさんは早々にトップのペンシル スミスのCB70ドリフトに変えて投げ始めました。

 

直後にメバルが触り、次の瞬間には初メバルを釣り上げてしまいました。

 

”ほっと一息つかせてくれない” 所以です。

 

ここがプラッギングの世界の面白いというか不思議なところなんです。

 

”漣Z” を止めて浮かしてドリフトさせればCB70ドリフトとそんなに変わんないでしょ?って話

なんですがほぼ食ってこないんです。

 

ただリップが付いているかいないかです。

 

同じように表層を漂って、大まかな形状にさほどの違いはないし?

 

まあ人間様から見てね(笑)

 

このリップが流れを噛んで微妙に動きが違うのは察しがつきますが、それのどこが気に食わないのか?って話です

 

メバルの気持ちに逆らわずに、ただひたすらベストマッチを探していくだけです。

 

かみさんにも逆らっちゃだめですよ!  わかってますよね(笑)

 

自分もすかさず、ペンシルFではお気に入りの”漂” をチョイス。

 

(お気に入りの ” 漂 ” )

 

 

 

メバペンメバルにも

 

 

リップの付いているミノーか、はたまたリップレスのペンシルか?

 

この違いで大きく結果が変わるのがプラッキングの面白いところです。

 

釣りのくだりはソルトアングラーさんのブログにお任せしてもう一つ。

 

今回は完全にド表層でFプラグにバシャの一番アドレナリンが流れまくる釣りでした。

 

でもね、

 

ソルトアングラーさんに力ずくで押さえつけられた感のある釣りでした。

 

冒頭で述べた通り、ライズは遠目で頻繁に起こりました。

 

自分のトップのプラグの手管、とりわけペンシルは スミスのメバペンメバル、と月下美人の漂だけです。

 

どちらも軽くてポイントまで遠く及びません。

 

潮目が手前に寄ってきた時の”漂” は他のペンシルよりは、ひと際いい仕事をしてくれたように思いますが、今回はポイントが遠目でした。

 

ソルトアングラーさんの ”CB70ドリフト、ダイワのシーバス用のモアザンソフトペンシル70F”はロングで重く

 

(上がモアザンソフト、 下がCB70ドリフト)

 

 

飛距離も抜群、食い付きも目を見張るものがありました。

 

モアザンなんて釣りをほっぽらかしてスマホに夢中の彼なんかお構いなしでヒラスズキっ子が

引っ手繰って行くんですから(笑)

 

 

ぶっ飛ぶ大きなペンシルFをしっかり手中に抑えていたソルトアングラーさんの造詣の深さには感服しました。

 

負け惜しみですが、

 

金に糸目をつけずに片っ端からの人には勝てないな!とか思ったりもしています。 (笑)

 

馬力のあるペンシルで力ずくで押さえつけられましたが、

 

翌日、ちゃっかりCB70ドリフトの手配を頼みました (爆笑)

 

----------------------------------------------------------------------------

 

6匹はソルトアングラーさんはからの頂き物です。💦

 

ヒラスズキの子供たち、これもソルトアングラーさんが釣ってくれてお鍋と刺身で頂きました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

参考  2/29, 前回は下関でメバルと後半は久しぶりのアジングでした。

リリースサイズのメバル多数と豆アジ主体の釣果でした。

 

 

----------------------------------------------------------------

 

3/3 

前回の釣行が2/29で今日行かねば、丸っと一週間も行っていないことになる。

 

ただ予定は入っていまして、3/5から山陰にソルトアングラーさんとプラッギングです。

 

しかし約束した次の日の天気予報では、日曜日の午後から天気が崩れると出ている。

 

もしも中止になれば・・・おやおや10日以上の釣りなしの禁断症状寸前に、ならば一人で今夜若松の近場にでも行っておけば日曜日が運悪く中止になっても気は収まるというものである。

 

 

そんな画策をしていると、タイミングよく豊海遊漁さんから「今から某島へ渡りませんか?」とお誘いがあった。

 

悩み深き身の上じゃわいな?

 

「某島」 前からそろそろメバルもアジも馬鹿食いしそうじゃけど、いつにしようかと思案していたところだった。

 

ソルトアングラーさんとの約束を「雨かもしれんから」と反故にして男の友情を壊すわけにもいくまいて・・。と

 

ここは男前の判断をして「釣果を期待しております、気を付けて頑張って」とエールを送って

 

自分は一人若松テトラ帯へ

 

”サクッと釣ってさっと帰る”

 

そうはいかない潮のタイミングです。

 

着いた時がド干潮で満潮が午前2時近く、満潮前後を狙うとすれば6時間以上テトラでの長丁場です。

 

暗い駐車場には一台の車もない。いつもは少なくても数台は止まっているのに?

 

釣れていないのは明白である。

 

月明かりのない、微かに漏れる外灯に黒々と延々と続くテトラにしょぼくれた老人釣り師がぽつりと、

 

取りつかれたように黙々とプラグを打ち返す。

 

今日の一投目は月下美人の漣Z60mmF ピンキーナイトと決めていた。

 

 

最近は ”長めのプラグでメバルを” が仲間内の合言葉ですが、そんな中でメバル用の60mmのSSは良く目にするのですが 60mm F はほとんど目にしない。

 

やっと探しだした60mmFです。

 

ライズは全くありません。

 

ゆっくりゆっくりリトリーブしてまず19cmのが上がりました。

 

 

それから数投目です。

 

そろそろ回収と思った矢先にゴンをロッドを真下に引き込んで行くとてつもないパワー!

 

締めたはずのドラグがなって、ヤバイ、慌ててスプールを指で押さえて力ずくで抑え込みました。

 

デケエー!

 

振りあげるのも両手でビヨーンと (笑)

 

 

写真をカッコよくと何枚も撮ったり、自慢のラインを送ったり・・・

 

時合いが過ぎて行くのも忘れて・・・アホや \(◎o◎)/!

 

途中バラシも何度か有って、

 

 

 

時合いはすぐに終わって、次の満潮までひたすらプラグを取っかえ、引っかえで時を繋いでいく。

 

時は流れ、満潮になっても何の確変も起こらず、最後の頼みの綱、ストリームドライブでリリースサイズの超プチ入れパクを味わって終了でした。

 

 

翌日、豊海遊漁さんの釣果はメバルは一切なし。

 

アジも真にささやかな釣果でして

 

友情を重んじた”男前な判断”に神が幸運を送ってくれたのでしょう。

 

大物GETのご褒美をくれました。

 

 

 

今夜使ったその他のプラグ

小次郎

夜叉

ストリームドライブ

 

トップのメバペン、漂Z は全く当たりがありませんでした。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日来のポカポカ陽気は何処へやら?

 

又寒くて風の強い日に逆戻りです。

 

この時期はヤリイカなんでしょうか?

 

複数の友達の目はそっちばかりに向いています、仕方ないので自分も気は向かないけどお付き合いです。

 

ヤリイカをまともに釣ったことがないので楽しさが分かりませんけど。(T_T)

 

以前、アジング中に当たりが何度もあるのに全くフッキングしなくて、信頼していたレンジクロスに「お前とも今日でおさらばだ」とつぶやいた直後に、ひょろりとくっ付いて上がってきたのがヤリイカでした。

 

今回は覚悟を決めて!

 

相棒のソルトアングラーさんも「今日は絶対釣らせます」的なオーラが全開なので、当方も少しはその気になって挑みます。

 

先行者の方が「三日前に30杯以上釣れましたよ」と言うもんだから、最低でも5杯は釣れるぞ!

しめしめと安易にキャスト、シャクリを開始。

 

風は横風でやりにくいけど、そこはアジング、プラッギングで慣らした腕があるでよ(笑)

 

小潮だけどいい感じで潮は動いている。

 

後はイカの回遊を待つのみ。

 

時間とはいつも無情に流れるもので、今日もしかり。

 

そんな折、自分の左手、先端からこちらへ3本も電気浮き仕掛けで陣取っている人の、

竿から伸びるラインの下でメバルのライズがしきりに起こる。

 

気が気でない。

 

さすがはソルトアングラーさん、こんな状況でもヤリイカをポツポツと釣り上げて、釣り方をレクチャーしてくれます。

 

理屈は良く理解できます。

 

でもね、あのメバル、ほっとけないでしょう?

 

餌師が帰るとすかさずプラグ゙撃ってるし。(笑)

 

今回のメバル、簡単に説明します。

 

表層でアミを食べていました。

 

なのでメバペンにバシャバシャ反応します。

 

 

反応の割フッキング率が悪い。

 

ベイツリッジ35F、反応は有ったけどすぐに見切られた。

 

これは毎度のことです。

 

最高に良かったのが前日入手した 月下美人漂クリアグリッター でした。

 

 

バイト数もフッキングも抜群でした。

 

ロングなリッジスリム60mmSやSPM75mmはレンジがあってないので不発。

 

鉄板のストリームドライブもなんだかなあ?

 

やはりアミがフワフワと漂っている感じがまさしく「月下美人 漂」の動きに表現されていたのかもですね。

 

コロンとした形状が風に対して極端に一方向に振られることもなく良かったのかな?

 

終盤、当たりが全く来なくなって取っかえ、引っかえの中たどり着いた スミスの「ガンシップ アルミ板入り」で連発、気持ちよく終えることが出来ました。

 

 

===================================

 

ガーグリップのホルダーの件です。

 

以前、ガーグリップをホルダーに仕舞うとき、気づかぬ内にホルダーの周辺の衣服にアジの鱗や粘液がこびりついて困ったので、自分で子供のよだれ掛けから連想して、あてしゃんの様なものをクリアファイルを加工して、それを豊海遊漁さんに見せたところ、それでは「自分がもっといいものを」と始まったわけですが、

 

 

出来上がりを手にして、遠慮もなく、

 

 

「白色、カッコ悪いわ」 とクレームをつけたところ、作りが甘くてすぐに割れました。( ;∀;)

 

 

早速改良して出来上がってきました。

 

色はブルーのグラデーション、上部は少しRが付いています。

 

 

内側はグローが施されています。

 

 

ホルダーとの結合部は錆びないようにプラスチックのネジで止めてあります。

 

 

表には34のロゴが (笑)

 

勝手に使って家邉社長に怒られないかな?

 

豊海遊漁さんは根っからの34信者ですから許してくれるでしょね?

 

自分は信者ではないけど、34大好きだからこれを使っても怒られはしないと思いますが・・・(笑)

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。