アジング道

この歳になってまさかの嵌りよう。
アジング、メバリング最高!


テーマ:

 

17ソアレ500S 購入しました。

 

早速鱗付けに行ってきました。

 

お伴は34 DFR-511にハンドルは34のゼログラVer2を装着です。
更に軽くなったVer3は予約をしていますが今暫く掛かります。
これと合わせると更に軽くなりますね。
楽しみです。
 
 
第一印象は兎に角、軽い!

そして巻きが重いです!

この巻きの重さは何故?と思って見ると500Sは
2000番のようにPGとHGの二本立てではありません。
ワンストローク最大巻上長がこの二つの中間になってます。

C2000 SSPG  160g1回転 57 cm
C2000 SSHG  180g1回転 81cm
500S           140g1回転 69cm
 
500Sはこの一種類だけしかなく、最大巻上長をPGとHGの中間にして、力加減でどちらのスタンスにも対応出来るようにしたのではと勘ぐる。
 
そしてスタンスはPGとHGの中間を取りながらも対象魚はズバリ、アジで昨今のアジングの主流のL字でのフォールの釣りや動かさない釣りを意識して、

アジングの定番PGと同じような巻き取り量にするために、同じ力加減で巻いても巻きを重くして巻き込み過ぎない、

すなわち巻き取りスピードをPGに近づける

これを意識的に行っているのではと思った。
まあ、個人的な偏見ですが。(笑)
 
自分のアジングは主には巻きの釣りではなくL字のフォールやネチネチの釣りです。

重いハンドルは直ぐに慣れてむしろ武器になっていました。

時間の経過とともに気にならなくなりました。
 
当日風が強く、スプール径が小さいのでラインがパラパラと勝手に出て行ってライントラブルを起こすのではと危惧していましたが巻いたばかりのピンキー0.2号、一度のトラブルなく快調でした。

これは500番Sはスプールのエッジの下の部分を異様に広くしてあるのが効を奏しているのかな?

0.2号200mは巻位置調整のワッシャーの薄い方を1枚外すとスプールにぴったりとおさまります。
 
それと驚いたのはリールを軽くすると当たりの出方がこんなにも違うのかと知らされたことです。

ソアレの2000番のスプールをスタジオ-・オーシャンマークの1000番に替えてそれなりに軽くしていたのですが、511の普段の当たりの出方 、"ぐぃっ" 、" カッ" と変わりました。
これには驚きです。
 
ドラグ音、高いです。
掛けて鳴らせば横で釣ってる人にプレッシャーが掛けられます。(笑)
 
鱗付けの場所は関門海峡で流れの緩む短時間の間にボトム、表層、中層を攻めてアジを探して行く釣りです。

流れの上手にキャストして立ち位置の前で狙いのレンジにリグが来るようにジグヘッドの重さを調整します。
 
 
 
 
 
今回は風も強く、釣り辛くて群れも小さかったのでやっとツ抜けできただけでした。
型は20、21cmと小型ですが幅のある脂の乗った美味しいアジでした。
 
 
追伸
それでも巻きを軽くしたい方はMTCWでチューニングしてくれます。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

メバルもアオリも一段落したタイミングで7/2ルアスタで34とMTCWさんのイベントに参加しました。

 

久し振りに家邉社長やコトーさん、ユーロさんなどのスタッフさんや大勢の友達に再会してアジングの話に盛り上がって・・・。

 

 

(参加人数はこの倍以上の人でカメラマンの後ろにもびっしりでした)

 

 

 

無性にアジングに行きたくなって(笑)

 

夕飯を摂って、シャワーを浴びて即行ホームへ出かけました。

 

ゆるい追い風、潮はド干潮からの開始です。

 

ロッドはDFR-511、細身で掛けてからの面白さでお気に入りです。

 

ピンキー0.2号

 

基本は表層からレンジを小刻みに探ります。

 

0カウント開始、ふわふわレンジキープで3カウントの間を。

 

次は5カウント、その次は7カウントさらに10カウントと、順次ボトム迄探りを入れていきます。

 

当たりがなければ方向や立ち位置を変えて同じようにです。

 

最初に投げるのは距離も少し稼ぎたいし、でも表層のレンジキープもと考えた時に重さの割にフォールスピードが遅いように設計されたJHを選びます。

 

土肥富 フロードライブ1.2g で開始です。

 

暫く探って10カウント辺りで微かにカツカツ当たってきますがフッキングしません。

 

そんなことが何度か有ったので吸い込めていないし型も小さいのだろうとフックを軽めに、そしてフックのサイズもより小さいものへと。

 

1g、 0.8g  0.6g と

 

結局アジメバアーミーの0.4g#14という極小サイズ、ワームはオービーはなちらしでやっと1匹目を釣り上げました。

 

 

 

 

 

これがこの時点でピッタリだったのか19cm~20cmサイズを数匹釣り上げました。

 

そのすぐあとロッドを絞り込まれたが残念なことにフックアウト。

 

そして次も511の軟竿を絞り込んで24cmが上がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このサイズが回って来たのならとダイヤモンドヘッド0.4gに変更。

ワームもキメラはなちらしに変更して23cm以上が4匹とマズマズの釣りが出来ました。

 

あめふらし、わさびも良かったですよ。^^

 

ところがかえってアジを捌いてみるとどれもお腹の中はフイッシュベイトがたっぷりです。

 

自分はてっきり甲殻類系の極小ベイトを食べていたと思って釣りを組み立てていました。

 

餌がフイシュベイトならもう少し重いJHでキビキビしたアクションでやっていたらもっと数が伸びていたのでは?と反省と疑問が残り7/8に再チャレンジしました。

 

7/8

風は強めの追い風。

 

ラインは良型狙いで今回は0.3号にあげてます。

 

前回が0.4gで嵌りましたが強めの追い風でしかもラインが0.3号なのでリグが浮かされるので0.8gダイヤモンドヘッドで釣り開始です。

 

ところが刻んで探っても今回も小一時間、当たりが全く出ません。

 

?・?・?

 

キビキビと動かしてサクサクとを思い浮かべてましたがそうはいかない。

 

どうやら追い風が強くて、ラインも0.3号と太いのでリグが思ったほど入っていないようで、1.3gに変更して投げます。

 

重さと、追い風と、0.3号のラインの太さは風も受けて距離も出ます。

 

リグがすっきりと入って7カウントでコツンと小気味のいい当たりで24cmがいきなりヒットです。

 

 

 

 

数は少ないようですが港内を回っているようで待っているとポツンポツンと当たってきます、。

 

入れパクよりはるかに味のあるアジングですかね ?

 

 

アジのレンジ間の移動も3カウントから12カウントまででそれから下では当たりません。

 

もっとも自分はボトムの釣りが不得てなので(;´・ω・)

 

今回もキビキビと動かしても反応がありません。

 

ゆっくり、ふわふわ、あるいは止めてです。

 

 

やがて風も収まり、立ち込めていた暗雲も消えて満月が煌々と顔をのぞかせました。

 

当たりが途絶えました。

 

追い風がなくなってJHがもろに重さを背負った動きになっているのではとダイヤモンドヘッドを0.8g、さらに0.6gに変更。

 

そしてふわふわやっていると計算通り当たってきました。

 

 

 

アジングはずっと計算で疲れます。

 

今回は22cm~26cmが10匹混じって前回より釣果アップでした。

 

腹の中のフイッシュベイトは3割のアジからで前回とは違っていました。

 

プラッキングは秋までお預け!

 

きついなあ (笑)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

目と鼻の先にある実家。

 

そこには若かりし頃の思い出、とりわけ釣りに関するものが触られることもなく歴史をひっそりと閉じ込めて眠っている。

 

最近、ランガンさんやノヴゾーさんがしきりに管釣りのことを言うので懐かしくなって吸い寄せられるように実家の釣り具置き場を探ってみた。

 

磯釣りの道具から渓流の道具、アユ釣り、石鯛釣り、沖つりのビシマなどがびっしりと閉じ込められている。

 

懐かしさから色々探っていると出てきました。

 

45年ほど前のオールドタックルの中でもひときわ懐かしい

 

アルミ缶のケースにしっかりと守られた、

 

ABU ガルシア2121 ウルトラライト と 

ミッチェル408.

 
 
 
 
 

 

 

そしてアルバムにも思いを馳せて見つけました。

 

ガルシアとミッチェルのコンビで格闘した43年前のあの日の写真を。

 

写真で確信をもっても、記憶はおぼろ気、

 

しかし記憶の糸を手繰り寄せて不確かを確信に変えていく行くのに時間はかからない。

 

懐かしい!  

 

若かったなあ!

 

この写真を撮ったのは弟だ。

 

今は足を痛めて杖がなくては歩けない。

 

今でも釣りに行ける自分の幸せをつくづく感じる。

 

 

場所は椎葉、尾前川本流

 

初めての訪問でしかも正真正銘、一投目にガツンんとルアーを噛んだ。

思わず合わせると同時に息をのむ大ジャンプ!

 

それからが大変。

 

 

(43年前、椎葉村 尾前川で大ニジマスと格闘中)

 

 

清冽な急流の水圧と大ニジマスの重量がウルトラライトのガルシアにのしかかって走る走る。

ジャンプするわ、さらに流れに乗ってぐんぐん下流に下って逃げるわ。

 

落ち込みを三度は越えて走ったと記憶している。

 

遅れじとゴロタと岩場に足を取られながらも何とか取り込む事が出来た。

 

タモはなかったので両手で岸にはね上げた記憶が微かにある。

 

 

 

  (56cmで2.3kg のでっぷりしたニジマス。 若い!)

 

 

ガルシアは印籠継ぎで、グラスなので重いはずだがレングスが短いので気にならない。

 

振ってみると胴まで、 ぐにゃぐにゃ曲がる。

 

グラス特有かな? 

 

しかし粘りはありそうで 「簡単には折れないぞう」 と言っているようだ。

 

ミッチェルの方は回すとブルブルと振動が半端ない。

 

当時としては憧れて手にして愛用していたリールだったのに。

こんなので釣っていたのか?

 

両方とも今のタックルからしたら・・・・なんじゃこりゃ?

 

でもね、CDも良いけどLPに針を下してジリジリとノイズから始まって温かみのあるサウンドが好きという人もいる。

 

そんな懐の深さと感性を持ち合わせた人にとっては、このオールドタックルで遊んでみたいと思うかもですね?

 

誰か使ってみたい方、お近くならお貸ししますよ^^

 

 

 

(宮崎県 藤河内渓谷でガルシア2121とミッチェル408のコンビで)

 

 

ティップのガイドが壊れたので適当に付け替えた記憶が。

 

 

ミッチェル408  塗装は剥げているがスプールやラインローラは問題なし

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

調子こいての続きでメバルプラッギング編です。

 

ちょっと前の話になってしまいましたが、(;´・ω・)

 

 

5月の半ばに34スタッフのSYOさんのアメブロを拝見すると、

 

裏門司で良型のメバルを釣られてました。

 

 

うむむ?

 

北九州のホームではすっかりメバルからの魚信も途絶えがちだったので、今期はそろそろ終わりかな?と諦めかけた矢先の情報でしたので早速SYOさんに状況を聞かせてもらう。

 

釣れた話の中で

 

「たまにライズがあるけどプラグでは釣れんとよね~、ワームしか

 

この言葉に

 

むらむらっとメバル熱が 再度、沸点突破 !

 

5/31に愛竿 ファンクスター・アンタッチャブルを携えてプラッギングへGO!

 

ここは裏門司でもひっそりとしたところ、SYOさんによるとイノシシも出るそうな。

 

恐々ですが・・・お構いなしに (笑)

 

ポンと投げた一投目にガツンと一発、しかし残念なフックオフです。

 

それからしばし沈黙が続きました。

 

岸壁のちょっと先にゴミが漂い始め、その中に「チャピ、、、、チャピ」と

 

経験からいうと10cmあるなしのメバルのライズ音が時折聞こえる。

 

トップのペンシルを投げてそれこそ漂わせているとコツ、コツと当たる。

 

『どうせ、豆メバやし』 と適当にあしらっていると思わぬフッキングで、それがどうしてどうして思わぬ引きじゃないですか!

 

ちょっとためて上がってきたのはプリプリの20cmサイズ。

 

 

てっきり豆メバと思っていたら、これは侮れないと超真剣モードに。

 

180度方向に万遍なく小刻みキャストで5m間隔移動を開始。

 

メバペン、リッジ35Fの表層で当たらなくなるとジェイド、リッジスリム60S等を次々と投入。

使ったプラグが多い時ほど面白かったこととなる。

 

全く釣れない日はあきらめムードで、帰ってからのメンテの面倒臭さが先に立って数種類の投入で終了している。(´・ω・`)

 

その夜は小さいのをまじえると飽きないプラッギング。

 

係留した船のロープをかいくぐったキャストでガンシップに当たりが連発したり、良型をばらしたりと楽しい楽しい一夜でした。

 

 

 

この楽しさに調子こいて

 

6/10に 再現求めて出かけましたよ。

 

まず相手をしてくれたのは指2本のタチウオの連発。

 

カツカツと当たって、スレで掛かって来た時にゃ、デカメバルかと興奮したよ、ホンマに。(笑)

 

岸壁400mの暗がりをまず片道はトップのメバペン、漂、F系のリッジ35F、CB70等を投げて進む。

 

復路は沈めてリッジスリム60SSやSPM55、ストリームドライブssなど

シンキングで攻める。

 

投げて巻いて、巻いて投げて 往復800m

 

そして移動、そこでも投げて巻いて・・・・・・

 

しかし、とほほ、

前回とは違って渋い渋いプラッキングに終始。

 
忘れたころにポツン。
 
 
 
 
 
諦めかけた時に バシャ、バシャと
 
 
 
 
 
 
お持ち帰りは3匹のみ
 
 
 
お煮つけ最高!
 

 

ただ数こそ出なかったが21.5cmから22.5cmの肉厚のプリップリした

ナイスバディなメバルに会えました。

 

なかなか思ったようにはいきませんね。

 

調子こいてばかりの年寄りです。(笑)

 
追伸
 
6/19 飽きずにエギングに行ってきました。
 
三度も立て続けです。
 
エギング嫌いだったのに、ジェット噴射の魔力に落ちた (笑)
 
暗くなって、自己最高の2.15kgが釣れました。
 
全部で6杯。でも他に3杯連続フックオフと少し後味の悪い後悔に満ちたエギングでした。
 
リベンジですかね? (笑)
 
 
 
 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

入梅宣言があったのに雨が全く降らない。

 

雨よ降ってくれ、庭の山野草への散水の水道代も手痛いのじゃ!

 

もう真夏じゃよ。

 

我が家の冷凍庫はアイスクリームモナカから白くまのアイスカップに入れ替わってる。

 

6/5にアオリのツ抜け、しかも1.7kgと自分のレコードもでて、この時期にしては数も大型も釣れたということで、

 

釣友でエギング、アジングの師匠の天徳さんが、黙っちゃいない。

 

彼は今期は未だアオリが釣れていなくて、これほど刺激的なことはなかったのでしょう?

 

「仕事は半ドンで切り上げるので夕まず目、朝まず目狙いで行きましょう」との半ば脅迫的な、、、そこは嘘ですが・・・(笑)

 

夢よもう一度で、二人してルンルンで出かけた。

 

仕事を犠牲にまでしている天徳さんに何とか今期初アオリを1杯でも2杯でも釣っていただきたい、

 

釣らせてあげよう!

 

如何にも上から目線でエギング開始です。

 

右後ろからの風が強めに吹いています。

 

当たりエギを前回ロスして今一しっくり来なかったのですが、スロースタートで始まった今回、夕まず目に入るや否や、天徳さんに今期初アオリが。

 

すかさず自分にも。

 

二人とも同じようにシャクってフリーで落としてシャクってフリーでカウントダウンと、パタパタは楽です。

 

その後も代わる代わる釣っていきますが、どうも彼は女性に好かれるみたいで掛かるのは小型のメスアオリばかりです。

 

自分は後からの計量ですが、この時点で 2.1kg と 1.85kg の大型 2杯をまじえ良型がそろう。

 

1.85kgです。

 

2.1kgです。細い目がますますです。

 

数も若干先行で

 

『彼に何とか大型を釣らせたい」

 

ここ時点でも未だ上から目線です(笑)

 

日が落ちて暗くなるに程に自分には当たりがなくなり朝まず目をきっちり狙うために一旦終了。

 

この時点で数では5:6で逆転されました。

 

眠れない・・・。そうです。

 

デカイのが釣れないから・・・らしいです。

 

「朝まず目に釣れますよ」  

 

未だ上から目線やし (笑)

 
 

 

 

朝まず目。

 

天徳さんが口火を切りました。

 

怒涛の4連発です。

 

しかも大型2杯続けてあげました。

 

自分はというと全く釣れません。( ;∀;)

 

何で?  何で?

 

いつの間にか 上から目線が先生教えてください (;´∀`)

 
懇願しています。(笑)

 

 

自分にも最後の最後にやっと朝まず目の1杯が来ました。

 

ほっと胸をなでおろして帰路につきました。

 

終わってみると6:11 の大差をつけられ、

 

おまけに彼は最大が2.15kgと500g大きいし・・涙

 

やはり先生だった。

 
 

 

どや顔の天徳さん
 
 
 
続く。。。
 

 

 
 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。