山子屋ごはんでひとやすみ

作ったもの 食べたもの 家族の記録

ご訪問ありがとうございます。

有機野菜を使った季節の料理教室『山子屋ごはん』

絵本を読んで心を食べる 親子料理教室『読食会』

レシピ提供・執筆など、料理に関わる仕事をしています。


お仕事の依頼はこちらまで yamakoya222@gmail.com
HP→YUKO YAMAZAKI OFFICIAL SITE

Facebook→facebook



********************************


■本を読んで心を食べる「読食会」





第25話  フルーツ練乳かき氷 

ぽぽくんのかきごおり (accototo ふくだとしお+あきこ)を読み、
暑い夏、特に美味しく感じる、氷やフルーツをふんだんに使ったフルーツ練乳かき氷を作ります。




日時:8/27(土)11:00~/14:00~
参加人数:各回8組(4歳~9歳の児童とその保護者)

料金:1000円
持ち物:エプロン、三角巾、ハンドタオル、スリッパ(保護者の方も)


お申込みは8/6より、こちらから→



■こどもサイエンスクッキング



昨年も開催した、サイエンスクッキング。

塩と氷を使って「氷点降下」「吸熱反応」を学び、その効果を使ってシャーベットアイスを作ります。


【日 時】8月21日(日)①10:30~11:30 ②13:00~14:00 ③15:00~16:00
【場 所】とんがりキッチン
【対 象】小学生 ※小学3年生以下は保護者の付き添い/見守りをお願いしています
【持ち物】スリッパ、エプロン、三角巾、ハンドタオル(保護者の方はスリッパのご持参お願いします。)

【定 員】各回16名
【参加費】無料
【申 込】 事前申込制 ※7月23日(土)より受付開始/受付初日は電話申込のみ



詳しくはこちらから




■自宅料理教室 山子屋ごはん 


9月~10月 お出汁を使ったやさしい和食


お出汁を使った定番和食を紹介します。年中いつでも作れ、食べ飽きないレシピを集めました。応用もできるので、その時々で素材を変えながら楽しんでくださいね。

真夏明けで疲れた胃袋に、肉魚を使わず体に優しい、けれどしっかり食べ応えのあるメニューです。
サクサクの衣の中から、お出汁がじゅわっと溢れる車麩のフライ、さっぱりとした味わいの豆乳マヨネーズ、かぼちゃのほくほく煮、常備菜の定番、葉野菜と油揚げのお浸し、デザートは白胡麻のパウンドケーキ。
お楽しみに!


メニュー

車麩のフライ

豆乳マヨネーズ

葉野菜と油揚げのお浸し

かぼちゃのほくほく煮

白胡麻のパウンドケーキ


日時

2016  9/13(火) 10:00~13:30  残席4

2016  9/20(火) 10:00~13:30  残席4

2016  9/27(火) 10:00~13:30  残席4

2016  10/4(火) 10:00~13:30  残席2


持ち物

エプロン、三角巾、ハンドタオル、筆記用具、身分証(初回の方のみ)



定員

4名


会場

足立区 自宅キッチン

※お申込みいただいた方に、別途ご連絡させていただきます。



受講料

5000円(初回:4500円)

(※教室では、有機食材を使っています。手に入らない素材がある場合は、一部変更があることがありますこと、ご了承ください。)


お申し込みはyamakoya222@gmail.com
か、料理教室運営サイト クスパ
>まで。


キャンセルについて→




■雑国料理カフェ 山子屋


不定期OPEN

場所:BUNKAN (曳舟駅)

スカイツリーから少し歩いたところにあります。





*****************************


当ブログでの、文章、レシピ、写真の転用を禁止します。


ご使用になる時は、お手数ですがご連絡お願いします。




テーマ:






■本を読んで心を食べる「読食会」





第27話  かぼちゃのタルト 





かぼちゃが色々なものに変身する 『かぼちゃものがたり』(作・絵 真珠まりこ)を読み、


かぼちゃカスタードを作ります。サクサクのタルトにのせて、デコレーションしたら・・・


タルトのサクサク、濃厚なかぼちゃカスタード、とろりとした生クリームが美味しい、かぼちゃのタルトの出来上がり。


一緒に作りましょう♪






 



日時:9/17(土)11:00~/14:00~


参加人数:各回8組(4歳~小学3年生の児童とその保護者)


料金:1組 1000円

持ち物:エプロン、三角巾、ハンドタオル、スリッパ(保護者の方も)


お申込みはこちらから→  






 


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

まだまだ熱帯夜の続く東京。そろそろ夏の疲れが出てくる時期です。




今年は、主人の出張も延びて、いつになく長い夏休み。

帰省を兼ねて家族でキャンプに行ってきました。

・・・といっても、夏が来たら毎週キャンプに行きたいのは私くらいなもので・・・


見た目がワイルドな主人:『俺、クーラーなきゃヤダ、バーベキューだけして旅館に泊まろう、虫どうすんだ。』

うんぬんかんぬん・・・と、完璧なCITY BOY。


私:『見た目に中身がついていけてない。』


とだけ伝えて、クーラー、シャワー、トイレ完備の施設を探しました。それってキャンプじゃないじゃ〜ん!と心でつぶやきながらも、良い場所を発見。



しかも、1度泊まってみたかったツリーハウス!!


よかよかよか。(最終的にこうなりました。)




雨の心配もよそに、この夏晴れ。




敷地内に、ツリーハウスが点在してます。




山道を登ります。

田舎で育った私は、ごく普通。ばあちゃん家の山に来た、という位の気持ちだけれど、

子供たちは『なにこれ?!道じゃないみたい。探検だ!』だって。


そうだよね、綺麗に整備された道しか知らないよね。




ここは全体図が撮れませんでしたが、

木のらせん階段を上って、そこから、円心状にツリーハウスが5棟建っています。














宿泊ゾーンとは別の方向に歩いて行くと、



雰囲気の良いカフェ。

朝も夜もやっていて、オーガニックコ―ヒーや軽食が美味しそう。








木工教室、陶芸教室、キャンドル作りなども不定期で開催中。




次は、テントで寝たいなぁ。







夜、山の中で、山子屋ごはん。


長女カメラマンに任せていたら・・・全部が全部こんな写真。笑


びっくりしたけど、これも良い思い出。





ごろんと横になって見渡す空、さわさわ風と木の出す声、星以外何も見えない黒い夜、自然の中では五感がより研ぎ澄まされると思います。

はんごうでご飯を炊いて、テントを張って外で寝る、川がシャワー代わりというキャンプを、今のうちから教えて、夏のキャンプを恒例行事にしようと計画中です。


今回利用した施設はこちら→サンタヒルズ




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

夏休みも、もうすぐ半分が終わり。

そろそろ時間を持て余す時期かと思いますが、

最近、子供たちが夢中になっているものを紹介します。


キラ☆ピタ DECO




大人はびっくりするほど眩しい、キラキラのシールを作るセット。



厚手のシールシートに、何種かの絵が書いてあるので、その中から好きなものを選ぶ。


模様にそって、シールに切り込みがが入っているので、その部分を剥がして、好きな転写シートを置き、指の腹でこすって優しく剥がす。




作品集。



ちなみに、裏もシールになっているので、お手紙に貼ったり、ペンケースに貼ったりすることもできます。

こすり具合によって、転写の雰囲気も変わり、上から別の色の転写シートを重ねても面白い雰囲気になる。


何よりいいのは、のり、はさみ、クレヨンなどの道具が要らないこと。

家で遊んでいますが、これは、旅行に持って行くのも良いと思います。

子供がいると、遅くまで飲み歩いたり、丸一日観光したりというのは難しく、ホテルで過ごす時間が多くなります。

アクティビティが楽しめる場所に滞在することが多いのですが、必ず、部屋の中でも遊べるものをスーツケースに入れていきます。


がさばらないし、必要な道具もない、子供も場所も汚れない、母目線でも、優良商品です。






自分で書く!と完成させた暑中見舞い。

3年目にして、ようやく全部一人で書けたね。先生も喜ぶと思うよ。


それにしても、作風が全然違う。

カラフルな色で隙間がないほど描く長女と、一色で一つのものを描く次女。


左:長女 【先生がアイスを食べて「おいしい。」と言っているところ】


右:次女【海】

他のものも書けば?と言ってみたら、「いらにゃい。(書かない。)」そうです。




長女は、夏季講習を頑張ってプールで進級、カタカナもマスターでき、夏休みの目標を達成できそうです。

偉い!




この短い期間でも、目標を持って成し遂げるのはすごいなぁ。(親バカ)



来年は1年生。


少しずつ少しずつ、なりたい自分に向かって、進んでいく姿勢を身につけていってほしいと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


公園の中を通ると、何十年も前からここに会ったような木が空に向かって枝葉を伸ばし、私達に日陰を作ってくれる。

じりじり照りつけるような日差しに負けず、蝉は、太陽のように鳴く。


夏に自転車でそこを通るのが好きだ。






毎年悩むのが、虫刺されとあせも。


今年は雨が降らなかったせいか、例年より蚊が少ないように感じますが、子供たちの汗っかきはいつも通り。まめにシャワーを浴びても部分的にあせもが出ています。



私が子供のころ、おばあちゃんが作ってくれていた桃の葉ローション。

本家本元はスッとした使い心地だったので、アルコールと桃の葉を合わせて、抽出させる作り方かと思いますが、我が家はアルコールフリーで作ってみました。



使った桃の葉は、長崎の福島農園 のもの。






材料は、桃の葉、水、植物性グリセリン。





水250mlと、桃の葉3gを入れて火にかけます。

沸騰したら弱火にして、10分煮出す。





10分後、煮汁が色付いています。





茶こし等で濾し、冷ましてから、植物性グリセリン小さじ1/2を加えて混ぜる。





清潔な容器に入れ、冷蔵庫に保存して、3日内に使い切る。防腐剤が入っていない分、保存がききません。

植物性グリセリンは、入れても入れなくても良いですが、少ししっとりした使い心地にしたかったので入れています。


使い方は、お風呂上がりにシュッシュッ。


さっぱりした使い心地で、傷にしみることなく保湿できるので、赤ちゃんのあせもにも効果的です。

濃度は好みがあるので、使いながら調節してみてください。

あせもはもちろん、日焼けによるほてりを鎮静させてくれるので、自転車、公園焼けの気になるお母さんにもおすすめです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

■自宅料理教室 山子屋ごはん



9月~10月 お出汁を使ったやさしい和食


お出汁を使った定番和食を紹介します。年中いつでも作れ、食べ飽きないレシピを集めました。応用もできるので、その時々で素材を変えながら楽しんでくださいね。

真夏明けで疲れた胃袋に、肉魚を使わず体に優しい、けれどしっかり食べ応えのあるメニューです。
サクサクの衣の中から、お出汁がじゅわっと溢れる車麩のフライ、さっぱりとした味わいの豆乳マヨネーズ、かぼちゃのほくほく煮、常備菜の定番、葉野菜と油揚げのお浸し、デザートは白胡麻のパウンドケーキ。お楽しみに!


メニュー

車麩のフライ

豆乳マヨネーズ

葉野菜と油揚げのお浸し

かぼちゃのほくほく煮

白胡麻のパウンドケーキ


日時

2016  9/13(火) 10:00~13:30  残席4

2016  9/20(火) 10:00~13:30  残席4

2016  9/27(火) 10:00~13:30  残席4

2016  10/4(火) 10:00~13:30  残席2


持ち物

エプロン、三角巾、ハンドタオル、筆記用具、身分証(初回の方のみ)



定員

4名


会場

足立区 自宅キッチン

※お申込みいただいた方に、別途ご連絡させていただきます。



受講料

5000円(初回:4500円)



(※教室では、有機食材を使っています。手に入らない素材がある場合は、一部変更があることがありますこと、ご了承ください。)






お申し込みはyamakoya222@gmail.com  か、料理教室運営サイト クスパ
>まで。  


キャンセルについて→





車麩のフライ



葉野菜のお浸し



かぼちゃのほくほく煮


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。