2017-02-04 17:56:58

楠章子さんの新刊、「ばあばは、だいじょうぶ」が朝日新聞朝刊で紹介されました

テーマ:イージー・ゴーイング
いま、楠章子さんに東北芸術工科大学文芸学科で集中講義をお願いしてます。その楠章子さんの新刊、「ばあばは、だいじょうぶ」という絵本が、昨日の朝日新聞朝刊で紹介されたんだよね。
 
 

学校から帰ったら、つばさは楽しかった事も、悲しかった事も、困った事も、何でもばあばに聞いてもらう。ばあばは、いつでも、「つばさは、だいじょうぶだよ」っていってくれる。そのばあばが、「わすれてしまう」病気になって……。

作者の楠章子さんが実際に15年以上の介護生活を送ることのなから紡がれた物語です。みなさん、是非ともお読みください。

 

新聞で紹介されたせいか、Amazonなどのネット書店では売り切れになってますが、すぐに入荷すると思うのでリンクを貼っておきます。

 

 
 
ついでにと言ってはなんだけど、楠さんは大人向けの普通の小説も書いていて、「電気ちゃん」というの作品は、ぼくがいちばん好きな小説です。
 
 
電気ちゃん 電気ちゃん
 
Amazon
 
こちらも、是非ともお読みください!
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

山川健一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります