2016-08-22 16:12:38

Apple Storeにいらして下さった皆さん、ありがとう!

テーマ:イージー・ゴーイング

 

Apple Store 銀座でのイベントにいらして下さった皆さん、ありがとうございました。文芸学科1年の女子学生や、2年生の保護者の方もいらして下さった。石川忠司とぼくが2人でやる文芸学科の講義は普段は80分なんだけど、今回は講義部分は30分ということで、ちょっと駆け足になってしまった気もします。しかし、まあ、エッセンスは伝わったのではないかと思います。

 

 

 

参加してくれた友人の奥様、松利江子さんがfacebookにこんな記事を投稿してくれました。松さん、勝手に引用しちゃうからね。

 

Apple Store イベント「夏休みに読むiBooks:山川健一」に参加してきました。作家生活40年間の作品群がアプリひとつで読めるなんて感慨深いです。

山川健一さんと東北芸術工科大学教授の石川忠司さんの小説の構造に関する講義は大変興味深いものでした。

山川さんのお薦めの本は『カラマーゾフの兄弟』、石川さんは『悪童日記』。カラマーゾフには、今日お聞きした要素がすべて入っているそうです。

健さんとは久しぶりにお会いできて嬉しかったです☆

#山川健一 #石川忠司 #山川小説 #幻冬舎


石川忠司とぼくとは、もう長い友人なのですが、最近は文学の伝道師と化しているような気がします。石川は「黒いイナズマ」、ぼくは「騒乱から生まれたロケンボーイ」と呼ばれてます(笑)。

 

その相棒の石川が参加者の1人から小説の未来について問われ、「小説はなくてもいいものだよね。難解になりすぎたもの、長大になりすぎたものに二分化していて、うん、滅びるかもしれないなと思います」と回答したのが、個人的にはショックだった。ステージ上で、じつはぼくは動揺した。あの瞬間の彼は「ロックは死んだ」と発言した、セックス・ピストルズのジョン・ライドンみたいだったね。

 

いやいや石川、ゲームやアニメに吸収され小説はいつか滅びるかもしれないけど、まだ死んじゃいない。もっと先へ行こうぜ! それが俺達の仕事だよ。しかし、この台風の中、あいつは仙台に無事に帰れたのかな? 電話しても繋がらないのだが…。

 

 

首都圏の高校生の皆さん、是非とも東北芸術工科大学文芸学科に入学して、ぼくらの文学の戦線に参加して下さい。小説の未来は、若い皆さんの双肩にかかっています。AO入試の出願シメキリは9月1日だからね。

 

東北芸術工科大学2017年度 入学試験日程・概要一覧
http://www.tuad.ac.jp/adm/inf/admdate/

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

山川健一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります