ホビーベース ヤマジョウ の おいちゃんブログ

北九州市八幡西区で開業54年目の、ホビーショップです。
営業時間 午前11:00 から 夜 8:00
定休日 毎週火曜日(祝祭日営業)
※国道200号線沿い上り、福岡県立八幡工業高校となり
 店舗は3階建ての2階です、駐車場あります。





テーマ:



12/5 もう少し、モヤモヤ~と、お伝えしたい

ことがありそうです。


商いの常套句といいましょうか?いや?逆か?

メーカーさん、問屋さんは「売れていない。」とは

いい難いものです。


日々、問屋さん、今日はタミヤさんの

営業マン君と話をする機会がありましたが、本音が

ちらほら。不景気は当然ながら『模型ファン』や『模型

売り場』の減少が、皆さん気になっている様子。


この業界は、おいちゃんのところのように、小さな

お店も、量販店さん、大型電気店さん、ネット販売

店さんも全部、流通が一緒なので、実態が、

すぐ解っちゃう訳です。


そりゃまあ昭和の全盛期と比較するのは、ちょっと

無理がある。おいちゃんが気になっているのは、過日

ヨーロッパのどこかで、仕事というか労働は止めて、

国がお金を配って、それで生活する。(人生を送る)


それと、日本ではカジノ問題、他には投資や投機、

俗にいうマネーゲーム。言葉は悪いが投機なんかは

博打色が強い気がします。


国が設備投資してくださいと言っても、大きな会社は

金融商品のほうが、現実的なのでしょうね。?


モノが溢れているので、設備投資をして、何?を

作るの?・・・そんな感じでしょうか。?


当然、観光やカジノ、金融商品に目が向くのは

仕方のないこと。


おいちゃんが、もっと気になるのは、『時間を、

どう?過ごすの。?』ということ。


人生、ず~と観光やカジノ、ゲーム、カラオケ、

グルメスポーツ、プラモ・・・という訳にはいかない

でしょ。仕方ないから、毎年オリンピックをやる?


いかに、人生という時間をゆたかにしましょうか。


「昭和は良かった!」


なんて言ったら、進歩がないですよね。




12/3 少し脱線します。


この写真をくれたのは、小中校の同級生の女性です。

父上がこの街で小児科医院を経営されていました。


今回、別の友人と連れ立って、おいちゃんの店に

来てくれました。ちなみに、殆どお話もしたことが無く、

黒崎中学を卒業された後のことも全く知りませんでした。

お互い、直線距離で100mも無い所に住んでいました。


何故?脱線したかというと、おいちゃんが勝手にイメージ

したことと180度違う話を聞いたからなのです。


彼女は、この街の普通の公立高校(成績は優秀)に通い、

更に進学されたかは、今も知りません。やがて地元の

中堅企業に就職されたようです。


おいちゃんは、勝手にどこかの名門お嬢様私立高校に

でも進学したのだろうと思っていました。


なにせ父上の病院は、毎日100人、200人と患者さんが

みえる超人気医院だし、立地といえば昭和の時代には

一坪300万円以上する場所です。


今回、彼女から聞いて驚いたのですが、そこは借地で

住居はといえば、印刷工場の2階にある、アパートだった

そうです。(彼女曰く、とても貧乏だったそうです。)


父上は90歳も超え、生まれ故郷の大分で、未だお元気に

患者さんを診ていらっしゃるそうです。


ご両親しかり、彼女しかり、「清貧」と表現したなら失礼

なのかもしれませんが、なんとも爽やかな御一家です。

実際彼女は、品の良い静かな人です。


ただ今回、ちょっとバカな冗談もいうので、安心しました。


おいちゃんが、自分への戒めの言葉として、このブログでも

時々お伝えしているのは、『遊び過ぎない』ということ。

趣味も一緒で、むさぼらない、引き際(手離れ)を大切にする。


この彼女ご一家が、教えてくれるようでもあります

 


11/28 北九州市 地図の街は八幡区の黒崎

小倉、戸畑、八幡、若松といった、八幡製鉄の

街でした。その周辺に、日本の有名関連企業が

集まるのは自明の理。


日本一、いや世界一ともいえる大企業のお膝元

なのですから、なんとも活気のある街でした。

八幡製鉄の創業記念日は『起業祭』という

お祭りで学校も休み!


考えてみれば、大人は働き、子供だけが休み

といった不思議な祝日ですね。


模型店の密度は日本一といわれていました。

最古参の一番開業店は、戸畑の光模型さん、

ご主人亡き後、奥様が今も店を守っています。


二番開業店は、八幡模型さん、今はF-1ホーム

サーキットを運営されています。


三番開業店が、おいちゃんの旧上野模型です。

(写真中央部)

おいちゃんが、開業55年を威張れないのは、

上記のように、上には上があるからなのです。


八幡という街だけで、十数件の模型店があった

訳です。


この草創期に、「光さんは、この問屋さん。」

「八幡模型さんは、あの問屋さん。」「上野さんは

、あちらの問屋さん。」と采配を振るったのが、

モデルアート・ホビーボックスの創始者である

井田(故人)さんなのです。


北九州の模型の隆盛を演出したのは、井田さん

です。問屋を競争させ、小売店を競争させた

手腕というか、政治力は凄いものがあります。

しかも当時御自分は、小売店を持たなかったのです。


あの有名なアトムさんは、この頃はスクーター

(ラビット)の後部箱に模型を積み、卸業を

されていました。各店、マッチボックスの商品は

アトムさんから仕入れていたわけです。



11/26 この街が、おいちゃんが生まれ育ち、

父が上野模型店を開業した場所です。


このように思わぬ写真が手に入ったので、昭和という

時代と模型のお話をさせて戴きたいと思います。


独りよがりにならないように、ゆっくりと日数をかけつつ

編集方式で、繋いでいきたいと思います。





















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



バカンス氏の作品が、遂に完成!クラッカー


おいちゃんの筆塗りにてとの、リクエストもあって、

苦渋、苦心の工作であったと思います。


「本当に、ゴメンナサイ、御苦労さまでした。」


『贅沢な時間』と題しながら、作者バカンス氏は、

楽しめたでしょうか?


実験所の為・・・ご容赦くださいね。チョキ


皆さんは、以下のアップの作品をご覧になって

どのような感想を持ち、どのような評価を

持たれますでしょうか?

じっくり眺めて目、いかようにも評価をしてくださいね。


おいちゃんの、ギャラリーとしての感想・評価は

『この作品は、好き音譜だな~』の一言です。ひらめき電球


願わくば、バカンス氏が、この作品と過ごした

時間を『好き音譜』と、感じてくれていること。

・・・これに尽きます。ひらめき電球


おいちゃんは、最近こう感じています。

時間にしても、作品にしても、『好き』『嫌い』が

明確で、計り易い評価だと思っています。ひらめき電球


















































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



なかなかの良い味が出てきましたね~。


バカンス氏は不満なのでしょうかね・・・はてなマーク

どうなのでしょうかね。


そう言えば先日、こちらの作品を手にして、

「カッチョええ~音譜」と何度も叫んでいたな~。合格


何度も言うように、おいちゃんは筆塗り礼賛でも

なければ、吹きつけ塗装を否定している訳でも

ありません。


趣味や遊びである以上は、今日の疲れを癒し、

明日への活力へとなればと願うだけなのです。


疲れて帰宅して、吹きつけの養生をし、機材の

準備、5分間塗装して、機材のメンテ、清掃、

養生の撤去で都合60分・・・誰だって、

心折れてしまいます。ガーン


その点、筆塗りは結構ラフな準備と後片付けで

塗装を楽しむことが出来ます。


『筆塗りはむずかしいむっ』ではなくて、『筆塗り

らしいアップ作品を標榜すれば良いだけのこと。


不毛な時間にするか、ゆたかな時間にするかは、

『考え方』の差だと思うのです。ひらめき電球


















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ムムッ?」ベースの怪しいマークが、消えています。

これは、ラジコンを長くやっている方が一度や二度、やって

しまうミステークです。マスキングテープを剥がす際に、塗装色

までペロリと剥がれてしまいます。

 

ベースは、お気づきのとおりCDケースです。これらはRCカーや

RCボート、RCヘリのカウルのように、衝撃対策としてナイロン系

の素材を多く含んでいます。身近なものでは、ポリバケツなんか

も同様です。

 

これらは通常のプラカラーでは、しっかり塗ることは出来ません。

その為、対策は種々ありますが、それだけでは不充分なので

ポリカーボネート用カラー等がある訳です。

 

筆塗りで、きれいに塗装されていく、こちらの作品を見ながら、

おいちゃんは、こう思いました。

このような塗装面積が広く、しかも長いラインが要求されるキット

さしずめパトカーなども同様。ベテランのバカンス氏は、エアー

ブラシやカラースプレーならいとも簡単に、美しく仕上げて

いくでしょう。

 

バカンス氏の心の中は『意地でも美しくしてやる!』・・・そのような

感じ?そこで口だけおいちゃんは、心のなかでこうダメダシ。

そうか!筆塗りならでは、筆塗りらしい・・・という考え方も

あるよな・・・。

 

水性絵の具を使って、油彩画のように描くという方法も悪くない

けれど、水彩画も油彩画もそれぞれの味があってしかり。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

タミヤ 1/100 エンブラエル、当実験所バカンス野郎氏によって

姿を現してきました。

テーマは「贅沢な時間」、課題は筆塗り塗装。あとは、ご勝手に。

しかしプラモの、王道・・・できれば格好イイやつ。

 

しかし、現況は工程に四苦八苦。しかしバカンス野郎、ひらき

なおりました。信じる塗装工程をチョイスしたようです。

 

あくまで、おいちゃんの想像ですが、色調重視の色をしっかり

着けていこうという、戦法のようです。下地を丁寧にやって

おくことは当然ながら、細部は綿密なマスキングと修正的

カラーリングで納める魂胆と見た。

 

ただ後半の写真にあるように、ベースに不可解なマーキング。

うっすら、見破ってはおりましたが。「例」のやつで、楽しもうと

いう、腹積もりのようです。

 

ポピュラーな塗装工程では、ありませんが、「これも有り!」の

手法だと思います。マスキング材も、剥離剤も豊富で性能も

向上している昨今。・・・完成を楽しみに待ってみましょう。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、店頭1/24カーの棚前にて、お父さんと高校生の

息子さん。

お父さんが「俺はこれ買うから、おまえも何か選んだら!?」

と声かけ。 息子さんの応えは「昔、途中でダメだったから、

俺はいいよ。」と再びスマホで、なにやら検索の態。

おいちゃん達、模型屋さんにしたら、何だか考えさせられる、

やりとりです。一つは、『模型だけを売って、楽しさを添えられ

かった。』ということなのでしょうね。・・・トホ。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第10回 THE PURACON も、各賞も決定し、最終のデモ展示

期間となっています。

 

地域の方に、続けて出品して戴けるように標榜しているせいか、

年々コンペの質が高くなり見させて戴く方は、楽しいばかりです。

 

傲慢に聞こえるとといけないのですが、参加の皆さんにも、

レベルの高さに「泣き」が入ってきました。

要は、簡単には勝てなくなっただけです。

 

初心者の皆さんが、参加しにくい等の、ご指摘もありますが、

本当に高レベルなどと、参加のお一人お一人が思うはずが

ありません。皆さん、奥の深さを嫌というほど知っているのです。

 

参加者は、他の参加者の想いや時間を、大切に思いながら

自由気ままに、楽しんでいるだけなのです。

そしてギャラリーの時間を、どう「感動」に導こうかと、想いを

巡らせていたりして楽しんでいるのです。

 

Ent.1 被災地の熊本に赴くことが多く、今年はこの一作だけ

完成させたようです。今回、この贅沢な時間を、感謝する

ばかりだそうです。

 

Ent.2 決勝投票で、格段に票を伸ばしたのですが、一歩及ばす。

ご本人は、パトレイバーに、大きな賛辞を贈っていました。

 

Ent.3 質・量共に、たいへんな作品です。賞を総ナメした感あり。

ギャラリー賞の2位はご愛嬌。

 

Ent.4 毎回、作者の技術力に、舌を巻くギャラリーが

沢山いらっしゃいます。

 

Ent.5 今回、多くのモデラーに、大きな影響を与えました。

「勉強になりました。」この言葉を何度聞いたでしょうか。

 

Ent.6 ベテランモデラーから、大絶賛の作品となりました。

このキット(シリーズ)は、結構挫折するファンがいたようです。

 

Ent.7 初陣ながら、細密な表現で仕上げてきました。野球の

猛練習のなか、息抜きと位置づけ、プラコンを楽しみました。

 

Ent.8 若き海上自衛官、海や艦船、そしてその使命を、静かに

奥深くまで、伝えてくれる作品となりました。人柄が滲んでいます。

 

Ent.9 過去三連覇を果たした若きチャンプ。技術力の伸びに

息を飲みます。しかしその分、ファインプレーが、この作者なら

楽にコナシテいるように、感じられるているのかもしれません。

 

Ent.10 王道を歩き続けた神が、世俗に降りてきました。

神も、ポピュラーに挑んできました。美しくバランス感に富んでいます。

 

Ent.11 目茶苦茶巧い。今回は、票に結びつきませんでした。

カスタム性も高く、特に背面の作り上げ、仕上げには、群を抜く

感があります。今一度ブログを見返して戴きたい作品です。

 

Ent.12 何故、票に結びつかなかったのか、理解に苦しむ

作品です。作者の世界観が強すぎたのでしょうか。おいちゃんは

ベテランらしい、この遊びのタッチが、大好きです。

 

Ent.13 様々に評価が分かれる作品となりました。・・・それが作者

の狙いなのかもしれません。喧嘩を売ってくるような、勢い。

一部の方に反感をかうかもしれませんが、芸術性の高さが好きです。

 

Ent.14 こちらも票の結果に納得できない作品です。

スキが無いこと、合理性に基づいた仕上げが、完成模型の

超高価な商品にさえ見えます。それがまずかったのでしょうか。

 

Ent.15 何故か、8作品に選ばれませんでした。しかし決戦投票で

大きく票を伸ばした作品です。転勤先の愛媛(松山)から、

持ち込まれた美しくも重厚なMファルコンです。

 

Ent.16 今も大海を航行する、機関長さん。たまたま休暇と

かち合ったプラコン。おおいに楽しんだ感ありです。遊び過ぎて

い無いことも、共感を呼んだ作品です。

 

Ent.17 今回、初スケールで挑んできた、清清しい作品です。

「息子に負けたら、引退する。」といって、やっぱり負けた

お父さんの去就は、いかが相成ったでしょうか。

 

Ent.18 天性?の構図力を感じる作品でした。

頭で出来ていても、実際の作品に結びつくことなど、稀な世界です。

じわじわと、良さが伝わってきます。

 

Ent.19 決戦投票で、いきなり大量票を得たこの作品です。

第9回のチャンプでもあり、今回受けて立つ側に回ったのですが、

力を見せ付ける連覇です。実際、プラコンに出さないともったい

ないと感じる仕上げでした。

 

Ent.20 大きさ重さ故に、良き展示位置が得られず、もったいない

作品です。前面の開放を、いま少し大きく取っていれば今回の

結果を大きく変えたかもしれない、充実度です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ディーラー部門の結果は、いかがだったでしょうか。

あなたの予想は、的中しましたでしょうか。

 

年に一度のコンペ(競争)、勝てば喜び、負ければ口惜しい。

 

年に一度くらいは、ギャラリーを意識し、ライバルも出現したり。

「競争を楽しむ。」大人の時間。

 

あらゆる角度から、創造力を駆使し、想いを放つ。

ゆえに、主たるルールは、作品サイズのみ。

 

おいちゃんは、作品の持ち込み時から、閉会まで、作者さん達

に何かしら、感想を言うことは、ありません。

今だって、どなたが何ポイント獲得したかも知りません。

 

それは、言葉に出してしまうと、ブログが書けなくなるからです。

出品者お一人お一人の何気ない言葉や、感じる意気込み・想い。

そして作品だけを見つめるように心掛けています。

 

 

さぁ、第10回ギャラリー賞、決戦投票の発表です。

 

 

 

 

決戦投票 第3位は、こちらの作品です。ダウン

 

 

 

 

トヨタ 2000GT 

思いもよらなかった結果となりました。

残念でしたが、多くのファンを感動させました。

作者の楽しみかたに、多くのファンが敬意を

抱きました。 おめでとう御座います。

 

 

 

 

決戦投票 第2位は、こちらの作品です。ダウン

 

 

 

 

THE Mobil Police

3冠ならず。

 

第10回のレベルの高さを、予感させる作品

でした。

 

そう!あのルパン三部作の作者です。

もしかしたら、3連続2位かしら。・・・

 

その前はチャンプでしたから、まさに

レジェンドの風格と迫力です。 ありがとう。

 

 

 

 

 

決戦投票で、大逆転を果たして

みせたのはこちらの作品でした。

 

 

 

 

 

 

 

フォッケウルフ FW190 A8-R2

連覇だ~。

無敵です、決戦投票で、上位2作品に、

まさに、一泡吹かしました。

長年カーモデルで培った塗装術と下地作り、

抜群に美しいモデルを完成させました。

 

ギャラリーの皆様が、決戦投票では、どこに

着目したかが、予想されます。

 

おいちゃんもプラモデルのアドバンテージで

ある、シャープさが美しいと思います。

 

下地作りのボアアップを、極限まで押さえ、

塗装の上質さが生きています。

 

おめでとう。 3連覇を目指してください。

くじけず、刺客としてやって来る、来年の

モデラーは手ごわいぞ。

 

おめでとう、そしてありがとう。

 

ご参加の皆様、ありがとう御座いました。

 

9月25日()まで、デモ展示を続けます。

作品のお引取り、大抽選会?、賞品の

授与は、9月26日(月)から、10月3日(月)

までとなっております。

 

あらためて、皆様有難う御座いました。

厳しくもワクワクするような時間を

頂戴致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヤマジョウ THE PURACON 第10回

投票の結果を、ご報告させて戴きます。

 

節目の回につき、あらためて、御出品の皆様、

ギャラリー、ディーラーの皆様の御厚情に

心より御礼申上げ、今後重ねゆく当コンテストへの

御支援も宜しくお願い申上げます。

 

かたく&あつかましく、御挨拶させて戴いたあとは、

「元気よく!発表だ~。」

 

ディーラー部門の発表から参ります。

今回は、くしくもディーラー2社様から。

「今回は、選ばせて戴くにあたり、社内で喧々諤々

(けんけんがくがく)、皆で悩みました。」と

全く同じ「泣き」の言葉を頂戴しました。

 

ディーラー部門(株)冨士模型様の推奨作品は!

 

 

 

第3位は、エントリーNo.はてなマーク のこちらダウン

 

 

 

 

エントリーNo.5 トヨタ2000GT

ギャラリー部門、一次投票第1位の作品です。

むしろ、ここに出てくることが、ちょっと意外。しょんぼり

 

 

 

第2位は、エントリーNo.はてなマーク のこちらダウン

 

 

 

 

エントリーNo.6 マクロス VF-1A

さすがディーラー部門、目のつけ

どころが、渋いです。キラキラ

 

 

 

第1位は、エントリーNo.はてなマーク のこちらダウン

 

 

 

 

エントリーNo.3 THE Mobil Police

あ~あ~ ・・・やっぱり。ガーン

 

 

 

 

 

 

つづいて、

ディーラー部門(株)ダイモ様の推奨作品は!

 

 

 

第3位は、エントリーNo.はてなマーク のこちらダウン

 

 

 

 

エントリーNo.17 独重対戦車自走砲

ナースホルン

やった~やった~、父ちゃん引退か~。笑い泣き

 

 

 

第2位は、エントリーNo.はてなマーク のこちらダウン

 

 

 

 

エントリーNo.4 カイに乗るナウシカ

確かに・・・巧いわ。うーん

 

 

 

第1位は、エントリーNo.はてなマーク のこちらダウン

 

 

 

 

エントリーNo.3 THE Mobil Police

ふ~む、・・・凄い、またゲット。ムキーッ

 

 

以上、ディーラ部門の発表でした。

思えば、インサイダーらしいチョイス

でした。「サンキューチョキ

 

注目のギャラリー部門、決戦投票の

発表は、別便でお贈り致します。zzz

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バカンス氏、筆塗り大苦戦中。

改めて、エアーブラシで、楽していたことを実感しています。

しかし、この事から本質の一面が見えてきます。

 

エアーブラシというと、マニアックで難しいという印象を、お持ちの

方が多いかと。・・・しかも高額。

 

しかし実際には、エアーブラシとは、筆塗りを簡単にやろうという

コンセプトを持つツールなのだと思います。「簡単な分、キレイに

出来る。」 人によっては、模型を楽しもうと考えるならば、まず

エアーブラシを習得した方が近道だと言うかたさえいます。

 

確かに真実の一つだと思います。エアーブラシ礼賛の話と

思われたかもしれませんが、むしろ逆の話なのです。

 

エアーブラシ塗装は、まず環境・・・塗装部屋をお持ちの方など

極少数のはず。つまり、塗装前の準備が、必要となります。

飛散性は、ある意味缶スプレーの比ではありません。(噴出し粒子

が極々微小な為。・・・これがアドバンテージでもある訳です。)

 

つまり室内の養生、機器の準備、カラーのコンディションを確認。

テスト吹き、本吹き、機器のクリーニングとメンテ。養生の撤収。

疲れて帰ってきて、準備と後片付けで30分以上、本吹きが3分

では、心折れて当たり前。楽しみやリフレッシュとは遠い話。

 

その点、筆塗りや缶スプレーは、楽なところが多い訳です。

ところが「筆塗り礼賛」・・・でもないんです。

 

一番、言いたいことは、パーツにしろ、工作行為やツールにしろ

「オプション」にはリスクが付きものなのです。

つまり、オールマイティな「オプション」は、この世に存在しない

ということです。

 

つまり、楽しむ為には、「選択する」という行為が、一番近道。

「選択」とは、固執しない、捨てる(放っておく)場合もある

のではないでしょうか。検索に頼って妄信していては、

この力は着かないし、美味しいものも得られない。

 

 

ベテランのバカンス氏には恐縮なのですが、おいちゃんは筆塗り

の際の希釈は、エアーブラシの希釈と一緒です。

いや、もっとうすめ液多めかもしれません。

 

詳細は、またいつの日か。

ただうすめ液(シンナー)が多いほど乾燥は早いですよ。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。