2006年10月08日 01時05分36秒

同性愛者が何に困っているかの話

テーマ:知識(セクシュアルマイノリティ話)
昨日はレズビアンの方達の集いに参加してきました。あぁ、あの解放感!例えば
「かわいい女の子通ると見るよねぇぇぇぇ!!」
っていうような感じのことを、誰もが気兼ねなく言える…そんな環境にあるのはラクですよ……。ミッチーファンで新宿ルミネのあそこに行かれた方は分かると思うんですけど…あの、聖地!!特に舞踏館みたいに東京でドカンとありつつリリースもあるよ!みたいなときの祭りっぷり……「アタシ、ミッチーファンなの!あぁ…うれしいぃ…」っていうあの解放感ですよ。それに似てます。普段小さくなってるのが…楽……むしろ誇らしい、喜ばしい晴れ晴れした気持ちよ!この歓びよ!!


同性を好きになる気持ち、は、自覚してからずっと一人。

テレビは笑いを大量生産して、それに染まった周囲の人は家族や先生や友達でさえも同性愛を笑ったり気持ち悪がったりして、自分がいることに気づいて気づかってなんかくれない。「彼氏いるの?」「好きな男の子は?」っていう話、困ってもはぐらかしたり…適当に合わせたり。そういう環境に置かれています。

アメリカの心理学者、マズローが唱える「欲求階層説」では、人の欲求は5段階のピラミッド状に分けられるとしています。まず生理的欲求(基本的衣食住について)、それから安全の欲求(危険から守られていること)、所属の欲求(集団へ属していたいという気持ち、友情や愛情を得たい気持ち)、承認の欲求(自分を価値あるものとして認められたいという気持ち)、自己実現の欲求。
これらの欲求は、一つ目のを満たされると次の段階の欲求を求める、という考え方です。

ヘテロセクシュアルの子どもは異性を好きになることを認められます。
クラスで誰が好きかと友達同士や(時には親と)話をして盛り上がります。同じように異性愛者の友達がいて、相談し合って悩みを共有したり、想いが叶えばおめでとうと喜び合います。好きな異性の芸能人の話や雑誌の恋人の作り方特集ではしゃいだりしています。そうとは自覚していないでしょうが、「異性愛者」というカテゴリにいることで所属の欲求は満たされます。

ゲイやバイの場合、それが全てできません。じっと黙って、そんな人間はこの世で自分だけのような気持ちでいます。
自分が何者か分からないまま、大事な時期を過ごして行きます。どこに属するかも分からないフワフワした気持ちで、自分は価値のない人間だと思って生き、果ては自殺に至ってしまう人も少なくありません(アメリカでは、同性愛の子どもが自殺する率が異性愛者の6倍というデータもあり、深刻な問題として「ホワイトリボンキャンペーン」というゲイの自殺を防ぐための運動も展開されています)
。そのような状態では、自尊感情を獲得し、自己実現を望むに至るのは困難であろうと思われます。




今、ほぼオープンである私ですら、今日解放感を感じることで逆に普段は「圧」を感じてるんだなと思ったし、特に自己形成の途中で「何か皆と違う」と気づいた子どもたちは非常に苦しいと思います。喜びも哀しみも、他人に受け入れてもらえること、それが非常に大事なことなんだな…と、改めて思いました。

ちなみにですが、大人な同性カップルで、お互い尊重し合え、自分を認めてくれ愛してくれ、悩みを話し合える大事な人がいても、やはり息苦しさや困る環境下にあります。
私は今、身軽な派遣社員の身分でしかも同じ職場の人は私のことを知っているのでヘラヘラ毎日ノロケてみせてますが(←やりすぎて最近怒られる(笑))、そうでない場合ももちろん多いだろうと思います。「お堅い」人の多い職場であれば…30過ぎの独身女性が居づらい理由を考えていただければお分かりいただけるかと思いますが。クローズド(セクシュアリティを明かしていない場合)であれば、ノロケもできんのですよう!自分のセクシュアリティに気づくのは思春期とは限りませんし、変わる場合だってありますし…大人ならではの問題もここで……あんまりだらだら書くと話がズレそうなんで今日はこの辺で終了しますが…。またいずれ書くと思います。んでは。





人気ブログランキング
↑↑
地域情報(九州)- 31位
ぎゃぼーーん。もうちょっとで20代に返り咲きます☆ついでに言うとアメブロランキングも2000位の大台が見えて来てドッキリンコ。真面目に更新します…ぎゃふー。クリックよろです!
岩田屋のポイント10%デイなのにカード忘れた!っていうかサイフを忘れて愉快なサザエさん。ショボーン。取り置きしたけん明日バイト終わりに買いに行くよ!
AD
 |  リブログ(0)
2006年09月08日 01時47分10秒

セクシュアルマイノリティ基本のきα

テーマ:知識(セクシュアルマイノリティ話)
前回の記事に関して漏れがあったので補足!
ああああああもうこの未熟者めが。
ホント申し訳ない。同性愛に関しては自分の問題直球ど真ん中なので(いや両性なので正確にはちょびっとだけ外れますが)ソラでほぼもれなく書けるんですが、他になると途端に知識量の差が…精進せねばならぬ。


●トランスについて補足
トランスの方で、「FtM」や「MtF」という表し方をすることが良くあります。
これは「Female to Male(女性から男性へ)」または「Male to Female(男性から女性へ)」ということで、「FtM」は身体が女性で心が男性のトランス、「MtF」は身体が男性で心が女性のトランスの方を指します。ホルモン注射や手術の有無はこの言葉では問いません。


●インターセックス(半陰陽)
身体の性に関しての話です。
多くの人は、性器が女性器か男性器かどちらかが、見てどちらの性別か分かる状態まで発達して生まれてきます。ですが、そうではない場合もあり、あいまいなまま生まれてくる場合があります。こういうケースをインターセックス(半陰陽)と言います。現在の法の状態では、生まれた時点で性別をはっきりさせる必要があり、片方の性器を手術で切ってしまったり、または形成させたりを幼い頃にするなどして、これが当人が成長してから問題になることがあります。
また、現在の世の中では性別記入欄が「男」「女」しかない、男女で制服が分けられていて強制である、など、同性愛者と同様にインターセックスも「存在しない」前提で世界が成り立っている問題があります。



基本の「ほ」はとオフラインで問われましたがそれはまた後日(「ほ」をするのかよう)。





人気ブログランキング
↑↑
地域情報(九州)- 34位
30位ちょいで安定してきてます☆1ページ目わぁい。クリックありがとうございます。
最近記事アップのペースが遅いのは、今までみたいに元気がないとかいう理由ではなく、その…時間を他に…使うことが…ゴニョゴニョ。すす、すみません…。
AD
 |  リブログ(0)
2006年09月06日 01時30分44秒

セクシュアルマイノリティ基本のき

テーマ:知識(セクシュアルマイノリティ話)
こんにちは。
今日はこれから記事を書いていく中で必要な、「基本のき」情報をお伝えしたいと思います。かなりかみくだいて私の言葉で説明しますので、細かい情報はWikipediaや関連サイト、関連書籍などでお調べになりましたらもっと良く分かるかと思います。

セクシュアルマイノリティ(性的少数派)には、いくつか種類があります。ですが、今、日本ではそれらが混同され、過った知識や思い込みがあるのではと思われます。


ひとくちに「セクシュアルマイノリティ」と言っても、その人が抱えるものは大きく「性指向」と「性自認」で分けられます。「性指向」は性的魅力をどの性別に対して抱くか、「性自認」とは自分の性別をどのように認識するか、ということで、全く異なる問題です。


●性指向
性指向が異性に向いていれば異性愛者(ヘテロセクシュアル)、同性に向いていれば同性愛者(ホモセクシュアル、またはゲイ、レズビアン。ゲイ、ビアン)、両方に向けば両性愛者(バイセクシュアル、バイ)、性的魅力を抱かない人はAセクシュアルと呼びます。
世の中の多くの人は、そうと意識はしていないでしょうが「異性愛者」です。「ふつう」と「同性愛者」ではなく、みなさんも「異性愛」という性指向の個性を持っているのであって、その割合が多い、というだけです。
呼び方に付いて、同性愛者を「ホモ」「レズ」と呼ぶのは、侮蔑的な意味合いを込めて用いられてきたという背景があり、「ゲイ」「ビアン」と呼ぶことが近年は多いです。テレビなどでは「ホモ」という呼び方は使わない傾向にあるように私は感じています。ただし、敢えて「ホモ」「レズ」という言葉を当人達が使うことにより、肯定的に捉えようという人もいて、言葉の使い分け自体に大きな意味があるのではないと分かります。私は「ゲイ」「ビアン(又はレズビアン)」と呼びますが、「ホモ」「レズ」という言葉をいちいち指摘して「やめてくれ」とまでは言わない、という立場を取っています。ちなみに「ゲイ」という言葉は英単語の「gay」という単語があり、これはもともと「陽気な」という意味です。アメリカの同性愛者達が自らを喜ばしい存在だという意味を込めて使いはじめたものです。
バイは両性に性的な魅力を感じますが、それが性的に放埒であるという意味ではありません。異性愛者が全ての異性に性的魅力を感じて、容姿年齢性格関係なく興奮するなどというはずがないように、異性に対しての好みも同性に対する好みもそれぞれ様々で、ただ両性を愛するという前提があるだけです。ゲイやレズビアンの間でもバイは「結局最後は異性に逃げる」とか「二股を平気でかける」という偏見で見られることもありますが、そういう人もいるというだけですべてのバイがそうだという話ではありません。
ちなみに、「性嗜好」「性志向」と間違われることがありますが「性指向」です。趣味や意志で決めているのではないのです。同性を好きなことに対して「そういうシュミはない」という言葉、意外と深く傷つきます。


●性自認
自分の身体の性に対して自分の性別をどう感じるかで、性指向や「男らしさ」「女らしさ」(社会的な性的役割で「ジェンダー」と言います)は関係ありません。あくまで容れ物としての身体の性別と脳・ココロの性別についての認識です。世の中の多くの人はこれが一致しています。
これについて一致していない場合、「トランスジェンダー」「トランスセクシュアル」と呼びます。
不一致についての違和感、一致させたいという思いの程度は人それぞれで、そのままでも良いと感じる人もいれば、手術やホルモン注射などをして一致させたいという人もいます。そのままでも良いと感じる程度の場合を「トランスジェンダー」、手術まで望む程度の場合を「トランスセクシュアル」と呼びます。
呼び方について、「オカマ」という呼び方は、先の「ホモ」「レズ」と同じく、侮蔑的な意味合いを込めて用いられてきた背景があるため、使わない方が望ましいと思われますが、これについても敢えて当人達が使う事で肯定的に捉えようという人もいます。
また、反対の性別の服装をすることを望む人もいて、これを「トランスヴェスタイト」と呼びます。あるいは、「クロスドレッサー」とも呼びます。「トランスヴェスタイト」は「倒錯者」という意味合いを含むようで、「クロスドレッサー」の方が望ましい、という見解の人もいます。



今日はここまで。
ちなみに私が今年に入って読んだ本は


異性愛をめぐる対話
異性愛をめぐる対話



同性愛がわかる本

同性愛がわかる本



性的マイノリティの基礎知識
性的マイノリティの基礎知識

です。
読みやすいのは二つ目。同性愛について何も知らない人でも2~3時間でだいたい読めて一通りの知識は得られます。
一つ目の本はざっとした基本のきと、他に色んな性に関わる方々との対談が載っており、世の中に対して幅広い見方を得られます。美輪明宏さんとの対談も載っています。装丁もオシャレでおススメ。三冊目のは世界のセクマイ全般について、歴史や運動について幅広く書かれています。ハッキリ言って読みづらいです。人名、年、事実が延々載っていて大変!でも勉強になります。
また機会がありましたら改めて詳しくご紹介したいと思っています。



注:私は身体の性=女性、性自認=女性、性指向=女性がやや強く両性、です。性自認は一致しているためどうしてもトランスに対する知識は不十分な点があるかと思います。不適切な解釈や表現などありましたらこっそり指摘していただけると幸いです。




人気ブログランキング
↑↑
地域情報(九州)- 31位
アップしてます。クリックしてくださった方、紹介して下さった佳奈さんやサイコちゃんありがとうございます。色んな人からあたたかい言葉をいただいてます。愛されてるなぁと実感してありがたくてたまらんです。感謝で泣けてくるよう!

AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。