こんにちは。

 

金沢の料理屋四代目、料亭の愉しみ方コンシェルジュの山縣 秀行(@kotobukiya_yama)です!

 

ここ数年、金沢は飲食店の数が急増しているのですが、その筆頭は寿司屋さん。

 

その次、とまでは言いませんが、かなり増えたなという印象なのが、焼き鳥屋さん。

 

そんな焼き鳥激戦区の中で、決してあまり目立った存在ではありませんが、開店以来、着実にファンを増やしているらしい『炭火焼 悠』さん。

 

金沢駅兼六園口から徒歩5分。リファーレの横にひっそりと佇む古民家を改装したお店。

 

店内は、木のぬくもりを感じる造り。

 

 

カウンターとテーブル席の間には、囲炉裏があったりと、なかなか雰囲気良好。

 

カウンター5〜6席に、テーブル席2卓(4名がけ)

 

予約で埋まっていることが多いようですので、来店前の確認は必須です。

 

さて、お料理。

 

一品ものもありますが、看板メニューはなんといっても串焼き。

 

 

 

まずは、手始めにポテトサラダ。

 

 

ぼんじり。

 

ジュ~シ~な味わいです。

 

 

すなぎも。

 

いかにも新鮮そうじゃないですか。

 

 

百万石しいたけ。

 

しいたけの旨味が口いっぱいに広がります。

 

 

つくね。

 

これは絶品!

 

総じて、焼き具合、火の入れ方が絶妙ですね。

 

ゆっくり丁寧に焼いていくから、その焼き上がりが美しい。

 

その佇まいがなんともお上品な焼き鳥。

 

いずれも肉汁を損なわない良好な焼き加減。

 

また、一度に何種類も提供されるのではなく、味わいのバランスを考えながら、一種類ずつ提供してくれる気遣いが嬉しい。

 

ご主人の人柄がにじみ出ているお店ですね。

 

こりゃ、みんなリピーターになるはずです。

 

そして、驚きは最後まで。

 

 

〆にぜひ食べていただきたい、鶏スープ飯。

 

上質な鶏の旨味が凝縮されている逸品。

 

これ食わないと帰っちゃダメ。

 

金沢、焼き鳥屋さんもレベルもどんどん上がっていることを実感します。

 

ご馳走様でした!

 

 

◯炭火焼 悠

金沢市本町2-20-25

076-261-0588

18:00〜23:30(L.O.23:00)

定休日:日曜日