BT Phobosを引き続きいじくりまわす。の巻き。なんだけど。

こいつにはエフェクターとかは付いてないんだ。びっくりでしょ?

ま~ゲートが付いているのだけど、構成としては

・何かの波形(大量にあって、ループだったりのサンプリング音源)

・ピッチ

・ハイパス、ローパス

・ゲート

モジュレーションとしては

エンヴェロープと4個のLFO

 

これを、IRのモジュールに流し込む。

IRに使われる波形?はオシレーターと同じ種類。

構成は大体オシレーターと同じ。

 

それと、モジュレーションマッピング。

 

前回はALCHEMYを引き合いに出したが、大きな勘違いだった。

詳しく解読したいのであればマニュアルを読めばいいのだろうけど、それをしないのがオッサン流。常に人生遠回り。

 

というわけで、どうゆう構造になってるのか気になったので実験。

 

●大量にあるサンプルの中から何故か「アナログ3」という波形をオシレター部分の「1」に読み込ませた。

 

なにげに、アープ2600っぽいノコギリ波だ。

波形の通常っぽい加工は「1」、「2」、「3」、「4」、「w」、「x」、「y」のところをクリックするとパラメーターが出てくるのだけど普通のシンセのパラメーターだ。

 

で、この波形をIRモジュレーションの「w」に送ってみるのだけど、なぜかオシレーターと同じ波形を選択してみたよ。w

 

そうすると意外なことにこんな感じになった。

 

オシレーター側のピッチをアレコレ弄ると、これはいわゆるFMじゃね?

 

で、リバーヴのような感じだった部分は何だかADSRのリリース部分で、リバーブじゃないんだ。

 

そこに、LFOをいろいろマッピングさせてかなり特異な金属的な倍音やアトモスフィアな音を作り上げているような気がする。

 

さて、おおよその正体がFMというところまで突き止めて基本波形をいろいろ探るとそのまんま

フリークエンシモジュレーションというのがいくつもあって、試しにそれを読み込ませると、何の変哲もないFMで作った単一波形だ。

で、これはこれで、ハイパスフィルターやLPでレゾナンスを上げて結構加工できる。

 

で、このピッチにADSRのエンベロープを掛けIRモジュラーにぶっこんで見る。

出音的にはDRY/WETで変調した音のエンベロープと加工した音のエンベロープでアタッキーな音やまったりした音に仕上がる。

 

で、基本的には気の利いたエフェクターは搭載されていないのだけど、IR側のモジュラーのエンベロープをいわゆるIRぽいエンベロープにしてドライウエットで調整するとまるで、特殊なモジュレーションの利いたリバーブサウンドに仕上がる。

 

で、面白いのは(面白くないときもあるけど)、ドラムのループとか意外と単純な素材があるのだけど、このリズムループをモジュレーターとしてIRを調整すると、いわゆるシネマティックな音によくあるステッパーをかましたようなサウンドがお手軽にできる。

 

で、これが4つのオシレターと3つのIRモジュールに分配されアレコレうねらせたり、ま~面白すぎ。

 

上手く計算通りにハマる時もあるけど外してとてつもないハウリングを出すこともある。

で、いろいろ素材が大量なのでモジュレーションも加えると無限大の音色が出来上がるって仕組みだな。きっと。

 

ランダム組み合わせ機能もあるので、時間が無いときの変態サウンドとかいいかも。

 

モジュレーションのかかり具合とかえげつない音が出やすいので、マッピングで軽めの調整から変調するのが良いような悪いような感じだ。

 

プリセットも美しいスペーシーなピアノから怒涛のベースサウンド、はたまた、大気感満載なアトモスフィアサウンド、アンビエントサウンド、シネマティックなリズム、テクノ風なサウンドまで守備範囲は広いのと、素材やプリセットが多めなので聞くのは大変。

 

そして、サウンドの名前が象徴的で探しづらいw。

 

前にも書いたけど、単体でのライブラリィの保存機能が無いので、DAWでの保存となる。使いまわしはし辛い。

 

購入にあたってはレートの関係だかで日本の代理店のクリプトンフューチャーで買うのがお得な感じだな。

サポートも実際に代理店商品をキッチリ使い込んでいるので、あそこのブログは結構役に立つよね。

 

オッサンがそもそもSPITFIREにハマったのもクリプトンさんのおかげです。ありがとうございます。そして、結構散財した。orz

 

つ~訳なんだけど、ま~ほんとのところまだまだ複雑極まり無いシンセだな。

マニアは必須シンセだと思うけど、そうでもないかもしれない。

 

おっさん的にはお気に入りだ。

起動に時間がかかるのが玉にきず。

 

2~3日中にクリエーターのダニエルジェームスさんが弄りまくり動画をアップするって言ってるから楽しみだな。

最近、彼はABLTONからcubaseに乗り換えた。

 

AD