感性ゆたかなひと・感受性の強いひとのための「しあわせと成功の交差点」への道案内〜山口由起子オフィシャルブログ【ララマル】

感性ゆたかなひとや感受性が強いひとのための、自分らしい仕事や働き方、生き方を見つける後押しをしています。


テーマ:
世界観を、発信すること。
そこに共鳴したひとが集まり、場ができる。
互いに共鳴しあって、エネルギーがふくらむ。


きのうのクミシュランチェロとトークライブは、
まさにそんな、共鳴の場でした。

image

開催前に、クミシュラン主宰・皆川公美子さん と、
「場の共鳴をテーマにしよう」と話したけど、
現実になるとこんなにすごいんだな!!と実感しました。
右矢印場のちからを、自分に生かす。~共鳴する場の基準を持つこと。


クミシュランの世界観が細部まで行き渡っていて、
濃~く発信し、つくられていたからこそ起こる、場の共鳴。


皆川さんの、Facebook の投稿より。

====

【共鳴の威力を知った昨日の場】


それにしても、場の共鳴おそるべし!

というのがわたしの一番の感想です。


トークライブの部分では
山口由起子さんが共鳴を得ていく順番についてお話しくださいました。


まず自分を塞いでいる部分やいらないものを手放そう
↓↓↓
好きなもの、エネルギーがあがるものを身の回りに集めよう
↓↓↓
湧いてくるものをキャッチしよう
↓↓↓
ちょっとだけ勇気のいるチャレンジをしてみよう
↓↓↓
自分が磁石になって、共鳴の場を作ろう

このお話しに共感してくださった方が数多くいらっしゃいました。

人が生きるって素晴らしく美しいですね。
だれもがプロセスのなかにいて、
人生を楽しんでいる。

それが困難をともなっていようとも、そう信じます。

感性を磨き、その結果出会える人や場が
さらにその人らしいものになってくる。
そういうものを品格と呼ぶのではないかと、わたしは思うの。

出会える人にさらに幸せになっていただけるように、
わたしは人生の時間を使っていくことに、
わひゃ===♪( ´▽`)
っていう「いい感じ」なのであります。


チェロの森田香織さんの演奏にも、たくさんの方が鳥肌モノだった、
涙を流したとご感想をいただいてます。
はい、わたしもトリハダでじわっと涙がでて
進行のMCの声がかすれてしまいました。


ビバ!オレタチの人生♡
さいこうだあ~~~♪( ´▽`)

====


image image


参加者のみなさんの感想、目を皿のようにして(笑)
読ませて頂いています。

予想外だったのが、「いま、ここ」に意識が戻った、
という声を、いくつか拝見したこと。


共鳴する場に身を浸して、「いいなあ!」と感じるということは、
まさに、「いま、ここで」飛び込んでくるものを
味わう、ということ。

つまり、自分自身に意識が向くということ。


「いま、ここ」の反対は、「ここではない、どこか」です。

「ここではない、どこか」に離れてしまっている時は、
自分自身から離れている時。

「ぱあああ!いいなあ!」と感じ、味わう場に身を浸すことで、

無理することもなく、矯正・強制でもなく、
ごくごく自然に、自分自身に意識が戻るのだろうと思います。


(チェロ・森田香織さんのリハーサル風景)
image

私自身も、身体は疲れているのですが、こころは元気。
興奮の高揚感ではなく、ふわあっと内側から
エネルギーがあふれてくる感じです。


日常の小さなことから、特別なことまで、
共鳴するものを見つけて、味わっていってくださいね。

そして、ふあ~っと「こういうことを、やりたいな」と
思いがわいたら、ちょっと勇気を出して、やってみよう。

それが、自分の世界をつくり、広げ、ひとと分かち合っていく
最初の一歩になります。


ビバ!オレタチの人生!


~。~。~。

最初の一歩、踏み出したいな。
応援されながら、踏み出したい!というひとは、
ザ・デビューというコースにお越しくださいね。

トークライブで体感したこと、わかったこと、
このコースにぎゅぎゅっと盛り込みます。

右矢印【ザ・デビュー】エッジを出し切って、新しい世界を生み出す。

~。~。~。


<<こちらも一緒にどうぞ!>>
自分の世界を、濃く確立しているひと。一人がみんなになり、仕事を通じてさらに大きくなる。
最初の一滴を、自分の中から、うみ落とすこと。~独特の世界がぎゅっと詰まった、商品をみて。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、待ちに待った!クミシュランチェロとトークライブ でした。

ご参加のみなさん、ありがとうございました。

あー!
クミシュラン皆川公美子さん の世界観満載。

場のちからをぐわーんと感じました。

image


音を浴びる。森田香織さんのチェロ演奏。

image


みなさんはごはんを召し上がって・・・


からの、トークライブ。

image

終わってみると、あ!!っという間でした。


はりつめた気持ちをゆるめるために、夜はお酒を飲みました。

image

ひとりぼーっとしていたら
珍しく店員さんに話しかけられまして、しばしお話。

お仕事の話になりまして。

にへ「今日は自分らしい生き方についてお話をしてきました。」

おかっぱ「自分らしく生きるには、どうすればいいのですか?」

にへ「まず、好きなものとか、エネルギーの上がるものを
選んで、取り入れるのです。」

・・・なんて会話をしました。


色々と感じたこと、考えたこと、たくさんありますが、
詳しいレポはまた後日、記事にします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近はいさましい投稿(当社比)が多かったかもしれないが、
私自身は内向的な性質で、ひきこもり傾向にあります。

家から一歩も出ない日もしばしばあるし、
ひとこともしゃべらなくても平気。

植物のしろまる小松菜は、友達です。

image

ひきこもりですが、明日はクミシュラントークライブ。
大勢のひとの前でお話します。

大勢のひとの前で話をするのは、一年ぶりです。
(一年前のセミナーの様子。実になつかしい・・・。)
右矢印広島の海田町で地域活性化セミナーでした!


今日はクミシュラン皆川さんと最終打ち合わせをしまして、
「うふ、ドキドキしましょRico」とお話しました。


トークライブのこと、色々Facebookに投稿していたら、

友達から、「自然体で行ってらっしゃい」と
メッセージをもらいました。うれしいな。
(※注:人間の友達です)


参加者のみなさん、全国各地からいらっしゃるのです。
お会い出来ること、楽しみにしています!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
2/26(金) クミシュランプレゼンツ・チェロとトークライブ。
「場のチカラを感じてすす~っと生きる」


>> たまらく気になるから、イベント詳細&申込ページへ!

【2/22追記】再び満席になりました。



美しい空間に響き渡るチェロの音。
きっと、集まった皆さんは、「なんか、合う!」という人たちでしょう。

場のちからをまさに体感して頂きながら、

「場のちからを、自分の人生に生かせるようになる。」


そんな話を、したいと思います。


今年1年間を通じて、皆川公美子さんと一緒に
「美的世界の住人さんいらっしゃいお茶会」を開催しました。

特に結論はなく、参加者それぞれが自分の好きなもの、
大切な世界について、話をし、受けとめ合う場です。

ただそれだけなのですが、長年のつかえが取れたり、
その後ぐーっと好きな世界に向かう後押しになったり、

変化を起こされている方が、たくさんいらっしゃいます。


(美的世界の住人さんいらっしゃいお茶会の様子)
image


好き!なんか行きたい!という空間で、
なんだか合う!というひとたちと
大切なこと、好きなことを話して混ぜ合う。


すると、場のちからで、何倍にもなって自分に返ってきて
流れに乗るように進めるのです。



当日は、場のちからを体感していただきながら、

場のちからを、自分の人生に生かしていただく
マインドや考え方、いますぐできる具体的な方法まで
お伝えしたいと思います。


トークライブの内容、当日まで、どんどん進化しますよ!


みなさんと、最高に美しくて心地の良い場をご一緒できること、
楽しみにしています!


>> イベント詳細&お申込はこちら! 

image

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2/26に皆川公美子さん とトークライブを行います。


プログラムは、チェロの生演奏から始まります。
会場で、チェリストの方が演奏された動画が、
今日、皆川さんから届きました。

動画を、スマホで見たのですが、
チェロの響きが身体に伝わって、
とても心地がよくて、何度も聴きました。


あの空間で、チェロを間近にして
この響きに身をゆだねられるとは、なんて贅沢だろう・・・!


いまからうっとりしています。

image

このチェロの響きに連なるような話をしよう、と思いました。


テーマは、場のちからを自分に生かす、ということです。


共鳴しあう場に身を置くとき、場は、
自分自身のエネルギーをぐっと引き上げてくれます。

共鳴しあうとは、

・自分自身と、場
・場にいるひとたち、空間や場にあるモノ

・・・それぞれの一致度が高い状態です。


音に例えると、協和音になる感じ。
ひとも、その他の構成要素も独立しているので、
音が「完全に同じ」ということはあり得ません。

(完全に同じ、は、別種の場になりますね。)


自分自身も、場の一要素なので、引き上げる側になります。


「あの場に行って、元気になった。」ということは、
よくある経験だろうと思います。


共鳴度が高い場合、引き上げられた状態が持続します。


持続すると、「元気、調子の良い状態が続く。」
これは、効果のひとつとしてあります。


さらに大きなことは、
自分の中に「共鳴する場の基準」ができる、ということです。

基準ができると、選択ができます。

つまり、最初の場を離れても、

「こういう場に身を置くことで、良い状態でいられる。」
というのが感覚的にわかっているので、

新しい場をどんどん選べたり、呼び込めたりするのです。


ひととの縁であったり、「職場」などのひとの集まりであったり、
空間であったり、場の形はそれぞれでしょう。


image


共鳴しあう場の基準ができ、選択ができる自分になったとき、
「必死に漕ぎ進まなくても、良い状態」であることが普通になります。

物事がうまく進むとか、しあわせが底上げされているとか、
こころ通うひととの出会いが自然と起こるとか、
そういう状態です。


「流れに乗っている」とか、「運がいい」とか、
「恵まれている」といった言葉で表現されるでしょう。

どの言葉も、的外れではないのですが、的確ではありません。


中心にあるのは、自分自身の力です。
場の力を生かすことができている、ということです。


トークライブが、参加したみなさんそれぞれにとっての、
「共鳴する場」になりますように。

協和音となるように、場をつくっていきます。


~。~。~。~。~。


トークライブのお知らせは、皆川公美子さんのブログFacebook
チェックしてください。

クリスマスから、先行予約受付です!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)