感性ゆたかなひと・感受性の強いひとのための「しあわせと成功の交差点」への道案内〜山口由起子オフィシャルブログ【ララマル】

感性ゆたかなひとや感受性が強いひとのための、自分らしい仕事や働き方、生き方を見つける後押しをしています。


テーマ:
自ら、書いたり描いたり、話したり、つくったりして
自分で世界を「生み出すひと」は、

心底では、その世界が広がってほしい、という
思いを持っているものです。

その規模や、誰に届けたいか?は、
ひとそれぞれ、違いがあるにしても。




一方で、ブレーキがかかってしまって、
広げることを、やりたいと思いながらも、なかなか進めない
というひとも、います。


「生み出す」ができるけど、時間がかかりすぎたり、
強すぎるストレスがかかるかかるひとは、
自分の世界を認められていません。


「広げる」にブレーキがかかるひとも、
自分の世界を認められていない場合もあります。

それ以上に、「知られるとまずいことになる」と
「広がった先の世界」がこわい、あるいはその変化がこわい、
ということもあります。


生み出すことをしているけど、
広げていけないひとは、どこにブレーキがかかっているでしょうか。





セッション前、絵が描けなくて悶々としていた、というちりつもさん。

いまは描きたい気持ちがわいて来て、
描いたものが好きになり、ひとに「魅力あるでしょ」と
言えるようになっているそうです。

自分の世界の、広がりの始まり。
そのときの内面の変化は、どんなものだったでしょうか。

セッションの約1ヶ月後に、おたよりをいただきました。
(おたよりは、許可をいただいて掲載しています)

=====

当日は、とても緊張してしまっていたのですが、
山口さんとお話をしたのは私にとってとても大事な出来事でした。

絵が描けないと悶々としていたのに、
今は描きたい気持ちが湧いてきて、

以前は描いたものが嫌いだったのに、
人に、私の絵って魅力あるでしょと言えるようになっています。

自分の描いた絵が好きなのです。

今はまだ親い人にだけですが、きっと、
誰にでも言えるようになるのだろうなと、思っています。


絵を描いているよブログを書いているよと、
少しずつ、人に言える様になってきました。

コロコロと物事が自分の中で無理を感じずに動いて、変わっていくのです。
どうして、もっともっと人生の早い段階でこれをできなかったのかと、
初めて思いました。
=====


ちりつもさん、ありがとうございました。


自分を前に進ませない栓が、

かた~くしまっているように感じていても
ほんのちょっとプッシュするだけで外れる、

ということは、よくあることです。


生み出したものを、

「できてない!問題だ!」と深刻がることをやめて、
「素敵だな」という視点でみてみる。


まず一人に、見てもらう、読んでもらう。


そんなちょっとしたことが、「広がりの始まり」になりますよ。


【お知らせ】

★満席/キャンセル待ち受付中
2/26(金) クミシュランコラボイベント チェロとトークライブ


【単発セッション】

 自分らしい人生を送りたいひとへ。
右矢印ララマルセッション

【コースセッション】


 
3ヶ月間、マンツーマンでフリーランス起業をサポート
右矢印フリーランス起業コース

  自分らしい人生を送りながら、事業を発展させたい方へ
右矢印ララマルコース





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

山口由起子・ララマル〜「しあわせと成功の交差点」への道案内さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります