感性ゆたかなひと・感受性の強いひとのための「しあわせと成功の交差点」への道案内〜山口由起子オフィシャルブログ【ララマル】

感性ゆたかなひとや感受性が強いひとのための、自分らしい仕事や働き方、生き方を見つける後押しをしています。


テーマ:
【前回のお話】
1. 目標がないまま起業して、3年目の「生きづらい。」【ある経営者の物語】


行き詰まっている状況を変えるために、小田垣さんがまず取り組んだこと。
それは、メンバーひとりひとりと、話をすることだった。


話をすることは、今まで避けてきたことに取り組む、ということだった。
今まで、ひとに興味を持たなかったし、話をすることを避けていた。

どちらかというと、「察してほしい」し
「分かってもらえて当然」だと思っていたのである。





ちょうどこの頃、子どもが生まれた。
子どもは、わけがわからない。
わけのわからない存在に向き合うことも、今まで避けてきた。

けど、子育てを通じて、向き合わざるを得なくなったのも、
「避けてきたことに向き合う」という変化を促進させた。


気になっていたけど避けていた物事に対して、行動を起こすと、腹が据わった。


避けていた物事に目を向けられるようになると、

・課題を明らかにし、
・目標とする状態を設定し、
・現状から、どうやって目標とする状態にもっていくか

・・・を考え、施策を打ち、
うまくいっているかどうか判断する指標を用いて、
検証するようになった。





メンバーと話して、クリアになった課題は、
モチベーションの高低があることだ。

一部のひとは仕事に主体的に取り組んでいるが、
「仕事を押し付けられている」と感じているひともいる。


この状態を、どうやって、目標とする状態にしていくか。


最終的な目標は、
「Webを使って事業をする人の役に立つ」という会社としての目的を、
全員が理解して、自分の仕事に取り組んでいる状態。

最初の目標は、
なぜ自分の仕事が必要なのか、
どのように会社やお客さんの役に立っているのか、
みんなが仕事の奥にある目的を想像してわかるようになること。


そのために、みんなで始業前に「掃除」をした。
(他にも、取り組んだことはある)

なぜ掃除か。それは究極のオペレーションだからだ。

===(2009/8/26のログから抜粋)===

1) まずは効率よく自分の持ち場を掃除する
→お願いされた仕事をきちっと完了する癖を身につける

2) 掃除をしながら考えるようになる
→人のやり方を学ぶ(他者の視点を理解できる)
→自分の持ち場だけでなく、他人のところへも眼が向くようにいなる(全体がみえる)


- うまくいっているかどうかの指標

1) オフィスがきれいになっている 整理されていて、欲しいものが欲しいときに見つかる状態
2) 各々が自分の周りだけでなく、人の机なども整理している
===



掃除は効果を発揮し、一人一人が、仕事の意味を見通して共有した上で、
仕事をするようになった。

社内から企画が出てくるようにもなった。


地道な取り組みが、少しずつ、成果につながっていった。


>> 続きは、また明日。


【ある経営者の物語~6年間のセッションログをまとめて公開中】

右矢印【プロローグ~ある経営者の物語】どうすれば、ひとはしあわせに働けるのか?

◆問題解決期~2009年
右矢印 1. 目標がないまま起業して、3年目の「生きづらい。」【ある経営者の物語】
右矢印 2. 避けてきたことに向き合う。目的を共有して進んでいく組織へ。 ひらめき電球イマココ
右矢印 3. 強みと価値を自覚する。ひとと違う視点が活きる。
右矢印 4. 夢見る工場の終わりと、等身大の自信。

◆土台づくりとターニングポイント~2010年、2011年
右矢印 5. 合理性の追求と、「好きだから」へのあこがれ。
右矢印 6. 給与体系を変える。「めしが食えて、やりたいことができる会社」
右矢印 7. 安定と、次の成長~サラリーマン感覚のひとたちが、経営者感覚を養う
右矢印 8. ターニングポイント~一人で食べて行く自信が芽生える。

◆成長期 2012年
右矢印 9. 成長期。メンバーが引っ張る会社に。ひとりで引っ張る大八車から、みんなで乗るバスへ
右矢印 10. お金が得られるようになった後、次はどうすればいいんだろう?

◆成長の加速と、「成功モデル」の汎用 2013年、2014年
右矢印 11. ストレスフリーになる。働き盛りは一度終わって、ちがう働き盛りがはじまる。
右矢印 12. 経営者の仕事に集中する。事業部制の導入と、新規事業の立ち上げ。
右矢印 13. 事業やっていると、楽しい。"collaboration to goal"

◆社長交替! 2015年
右矢印 14. 「どのように働けば、しあわせか」~価値観が一致するひとたちが、集まる場所。

右矢印 エピローグ 人生の夏休みに思うこと。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

山口由起子・ララマル〜「しあわせと成功の交差点」への道案内さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります