感性ゆたかなひと・感受性の強いひとのための「しあわせと成功の交差点」への道案内〜山口由起子オフィシャルブログ【ララマル】

感性ゆたかなひとや感受性が強いひとのための、自分らしい仕事や働き方、生き方を見つける後押しをしています。

ゆたかすぎる感性のひと・感受性の強いひとのための
「しあわせと成功の交差点」への道案内を行っています。

image

自分自身の「しあわせと成功の交差点」を見つけるヒントにしてくださいね。

チェック 自分を生かした働き方をひも解くための記事まとめ~起業・転職・自分の世界をつくる
チェック ゆたかすぎる感性のひとにおすすめの記事まとめ
チェック 繊細さを生かして生きる。繊細さんシリーズ
チェック 「変わってる」と言われます!
チェック いま、転機かな?と思ったら。
チェック フリーランス起業についての、記事まとめ


手紙 【無料】ニュースレターを配信しています 右矢印登録はこちら


現在ご利用いただけるサービス
- ひとのこころの声を引き出し、しあわせと成功の交差点へ後押しする
右矢印ララマル印コーチング&コンサルティング講座
右矢印ララマル印コーチング&コンサルティング ショート強み診断つき説明会

- 表現しながら生きていきたい、ゆたかすぎる感性のあなたへ
右矢印自分の世界をつくり育てる6回コース

- 生き方・働き方の相談をしたい方へ
一歩先の未来を引き出し、「しあわせと成功の交差点」へ後押しする
右矢印ララマルセッション(個人相談)

- 4/26(水)セミナー 後押し族のための、しあわせと成功の交差点の見つけ方

- フリーランスの方向け:3ヶ月間、マンツーマンでサポート右矢印フリーランス3ヶ月コース  
 
 
- [動画セミナー] ゆたかすぎる感性を生かして自分の世界をつくる
NEW !
テーマ:
「仕事、これからどうしようかな?」
「会社、辞める?どうする?」

「自分を生かした働き方をしたい」

と思っている方へ。

自分らしく働くために、
現状やこころを整理するための記事をまとめました。

雨の日の午後。
ゆっくり読んでみてくださいな。


<<自分に合ったお仕事をみつける>>

仕事に飽きた時、どうする?〜もっと、たくさんのエネルギーを出せる仕事とは?

仕事が、すごくうまくできることばかりになった頃。手放して、次のステージに進むとき。
[転職]仕事探しは、街を歩きながらでもできる。人材エージェントやハローワークに頼らなくてもいい。
仕事や職場、働き方は、「変わる前提」でとらえる。変わらないことにしがみつくと、苦しくなる。

普段、我慢や妥協ばかりなのに「やりたい仕事」は出てこない。小さな望みを面倒がらず実現すること。
自分に合ったお仕事をひも解く視点~「何をやるか」以外にも、目を向けてみる。
やりたい仕事が見つからない?~枠にはまっていませんか?

いまの仕事は自分に合ってないけど、どうすればいいかわからない。
自分に合ったお仕事を選べないのは、なぜ?
違和感に嘘をつかせる、正しさのちから。
自分に合ったお仕事を見つけるには?
世間の価値観に、自分を合わせようとしている?
”天職”は、一つですか?
自分に合うものを見つけるには?~ちまちま探し、振り返り、検証していくのです。
自分に合ったお仕事を選べないのは、なぜ?

女性性の強い職場の方が働きやすい?~自分に合った環境を選ぶ視点
自然に自分らしくいられるコツ~ちからの使い方を、見直してみよう。
自分に合った休み方を知っていますか?~ただいま模索中。
がむしゃら星人は、ダメですか?~それが”素”なら、いいのですよね。
自分に合った時間の流れで過ごす。
都会と自然のバランスは合っていますか?
理由がなくやってることに、自分らしさのヒントがあります。


<<自分らしく働くための、こころの整理>>

”がんばる”に傾きがちなひとほど、しあわせ時間をつくること。〜自分の中の、色々な世界を育てる。
力を入れて生きてきたひとは、ぽかんとしたまま出来てくる世界を育てる。
「役に立っても、立たなくてもOK」にすると、自分の世界をつくる創造の元栓が開いていく。

本当に、お金を稼ぐ必要がある?〜お金を稼ぐことが、存在許可と結びついているとき。
しあわせや成功への遠慮がなくなる、自分の生かし方〜封印を解除して、遠慮のかたまりを解き放つ
がんばりすぎるひとが、しあわせと成功の交差点へ向かって行く道筋

生き方や働き方の転機に、複数の人から同じキーワードを伝えられる。それを”流れ”という。
自分の名前で仕事をしたいけど、いざ指名で仕事が来ると、こわくなる。
エネルギーがありすぎて、分散するひとへ:スムーズに仕事をまわすには、フォーカスしよう。

がんばらない時期を経て、動き始めるときの転換点。その前後に取り組むこと。
人生や事業の経験が豊富でも、脱皮のときは戸惑うもの。〜スムーズに進むには。
日常を整えることが、自分らしい人生や、働き方につながる。

モヤモヤは、こころが未知の世界に踏み出したときに湧いてくる。無理にスッキリさせないこと。
休職期間中のモヤモヤ。こんなに休んでていいのかな?そろそろ動き出さないと・・と思ったら。
一人前に、稼げるようになった。で、どうする?

ありのままの自分で、お仕事できるようになるには?~自分”ラブ”と”活かす”を、続けること。
会社でのお仕事が、なぜか楽になったのは?~変化は”ふと”起こります。
お仕事を頑張っているのに不安が消えないとき・・・どうする?
うまくできない自分をゆるせない?~続・お仕事を頑張っているのに不安が消えないとき

アーティストが仕事の方向性を見直す時。鋭く察知した違和感から一歩先の未来を言語化し、行動する。
アーティストは、アートするしかない。”主流の”生き方をあきらめ、自分の世界をつくること。
アートな自分を抑えて、ビジネス社会に合わせて生きる・・という窮屈さ。
アートな自分を活かして、お仕事をしていくには?
アートなひとは、精一杯のわがままからスタートしよう。

<<起業をかんがえているひと>>

○会社員からフリーランス起業するまでの期間。起業してる人に会って話して、身体をなじませる。
切り替わり時期の3ヶ月は、自分も人生もガラリと変化する。
【追記】とうこさんとのスカイプお茶会でした。〜会社辞めて、どう?とか、色々お話しましたよ。

会社を辞めるとき、完璧な準備は必要?~起業をするときの、最初の一歩
起業するときの最初の一歩~●●●●ができていると、スムーズです。
会社を辞めるときの、最後の決断~●●●●に従おう。

会社を辞めようと思ってから、実際起業するまでの期間はどのくらい?
起業前の準備期間、どう過ごしますか?
もうすぐ起業しそうな人が、整えておくこと~自然な流れで進むには?


<<会社が合わないな、と感じているひと>>

彩りを大切に生きていくと決めた中で、会社を辞めることに決めました。〜セッションご感想
自分の人生を生きる決断。うまくやっていく人生から、自分の声を聴いて進む人生へ。

自分に合う場を探そう。転職の話をたくさんした、強み発掘入門セミナー2日目。
「仕事を辞めるのは、もったいない」と言われる?〜過去が100%ムダになることは、あり得ない。
【転職】会社で働くことへの妥協や諦めを取り外す。自分の感性にマッチした会社と出会う。

いまの仕事は自分に合ってないけど、どうすればいいかわからない。

会社を去るべきだと思いました。
辞める時期の見極め方
会社が合わないことを、素直に認めていいです。

会社を辞めたい、けど経済的に不安なとき~具体的な解決編
続・会社を辞めたい、けど経済的に不安なとき~まだぼんやりしている場合

右矢印勢いで会社を辞めてしまったら・・・どうする?~まずは、●●●●しよう!
右矢印続・勢いで会社を辞めてしまったら、どうずる?~振り返りと、自分ラブ
勢いで会社を辞めた後に、”自分をいかせる軌道”に乗るには?


<<自分の世界をつくる>>
自分の世界が育つ過程では、「今までの常識」が覆される。〜自分の世界をつくり育てるコース3日目。
自分探しは、突然終わる。終わった後、どうする?〜グループセッションでした。
自分のスケールで生きよう!世間の普通ではなく、自分の普通を生きること。〜グループセッション

微に入り細に入りあたためよう!・・・な、自分の世界をつくり育てるコース
自分の世界の土台を整える!・・な、自分の世界をつくり育てるコース

自分の世界をつくる、色々な実験中。〜土台は、いまを味わうこと。
「好きの限界」を突破する。どんどん集めて表現することで、人生がゆたかになる。
表現すること。批判や誤解は「されるのが、自然」と捉えると、気楽になる。

自分の世界を追究し、表現する〜ぬいどりキミクマさんの、自分の世界をつくる物語

image


【自分の世界を、つくり始めたいひと】

自分の世界をつくり育てる6回コース〜表現しながら生きていきたい、ゆたかすぎる感性のあなたへ

【動画セミナー】
 動画セミナー:ゆたかすぎる感性を生かして、自分の世界をつくる。

【働き方の相談をする】
ララマルセッション


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

自分の世界をつくり育てるコース、

新しいコースがはじまりました。

 

今日は参加者お一人がお休みだったので、

マンツーマンでじっくりと。

 

お二人とも、大変個性的なひとなので

これからどうなっていくのか、楽しみです・・!笑

 

image

 

「自分の世界をつくり育てる」ときの大前提は

自分自身の飛び抜けたところ=個性を、

そのまま認め、伸ばしていくことです。

 

強み、才能、あふれる情熱や好奇心。

 

飛び抜けたところは、必然的に「過剰さ」を伴います。

 

なぜかいつも、仕事や活動の場で

自分だけすごいやる気があるとか。

 

興味のあることを始めると、すごい熱中し過ぎるとか。

 

そういう過剰さって、自分自身としても扱いづらいし、

生きて行く中で周りのひととの葛藤も生みやすい。

 

だから、まるくおさめて、小さくなって

生きていきましょう・・という選択をするひと、

とても多いです。

 

我慢して小さくなって、
表面的に良い関係をつくるだけだと

「本当にこころが通う関係」を生み出さないし、
生きていることの彩りがどんどん褪せていきます。

 

自分は自分らしく、飛び抜けたところは飛び抜け、

へこんだところはへこんで、

 

そのままで活動をし、仕事をし、

ひととの関係の関係をつくっていくことが

 

結局は、良い世界を築いていくことになるのですよね。

 

 

私、ひとの持つ飛び抜けたところ、

逆にへこんだところ、

でこぼこした個性が、とても好きです。

 

だから、引き出し生かすための後押しをする気、

まんまんで生きています。笑

 

 

コースは6回あるので、ちょっとした、人生の旅のようです。

内面の変化が定着して、それが外の世界に表れるのに

6回ってちょうど良い長さです。

 

 

今回は、どんな旅になるかな。

 

 

自分の世界をつくり育てる6回コース

 

 

<<こちらも一緒にどうぞ!>>

荒馬エネルギーは、解放と整理を繰り返しながら乗りこなす。〜荒馬系のリズム。 

【荒馬・活火山系】エネルギーを持て余しているひとは、方向を見定めてフォーカスすること。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ララマル印コーチング&コンサルティング講座

テキストをつくっています。

 

image

 

テキストづくり期に突入すると、

すごい凝り性が顔を出してしまいます。

 

以前つくった時よりは、

だいぶポイントだけに抑えているのですが、

 

「あれもこれも・・・載せたい」という欲求が

むくむく湧いてきます。

 

 

以前は、「テキストに書ききらないと、話せるかどうか不安」

みたいな感覚があって、

ブロックかな?と思っていたのですが、

 

わりといまは話せるようになったので、

 

凝り性は

 

話せるかどうかの不安 とは別の

 

性質

 

なのだと、受けとめています。

 

「紙」的なものを目の前にすると、

すみずみまで埋めたくなってしまう。

というひと、いないでしょうか。

 

そういう性質です。

 

 

 

根詰めて考えていると、

ちょっとナーバスになりがちなので、

 

おにぎりさんを手のひらに包んだりして

こころを和らげつつ、進めています。

 

image

 

・後押しに慣れないうちは、慣れないなりの、

とても効果のある方法を

・慣れてきたら、慣れてきたなりの、
精緻に速く、相手のプロセスを促進する方法を

・・・伝えるべく、絶賛作成中でございますよ。


ララマル印コーチング&コンサルティング講座

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

後押し族のための、

しあわせと成功の交差点の見つけ方セミナー、

 

開催します!

 

 

今まで、1,000人以上の個人セッションを通じて、

「後押し族」というひとたちが存在することが、

わかりました。

 

後押し族とは、例えば、
こんな特徴・経験を持つひとたちです。

 

右矢印ひとの内面への洞察が深く、鋭い

 

右矢印ひとを元気づけたり、可能性を伸ばすなど

「ひとを生かす」ことが得意で、強い関心がある


右矢印ひとに対し、何気なくアドバイスした一言が

核心を突きすぎていて、すごく感謝されたり、

逆にすごく怒られたりしたことがある

 

右矢印ひとの本質に触れることが、深い喜び

 

右矢印ひとと、深く会話をすることが好き。

盛り上がりより深さが大切。

 

右矢印隣に座ったひとが、なぜか心を開いて話しだし、

「こんなことを、人に話したのは初めてだ」と

言われたことがある

 

 

後押し族のみなさんの相談に乗っているうちに、

後押し族ならではのしあわせや成功のポイント、

つまづくポイントがあることが、見えてきました。
 

 

今まで関わった、

後押し族のクライアントさんたちの中には

コンサルティングやカウンセリング、教える仕事など

「ひとを後押しする仕事」をして、

しあわせに生きているひとが、たくさんいます。

 

一方で、ひとへの感性がとても豊かで鋭いだけに、

逆にそれが人間関係の苦手意識につながる、
という”つまづくポイント”もあります。
 

 

後押し族セミナーでは、

後押し族ならではの性質や傾向、

後押し力の特徴をお伝えすることで、


後押し族のみなさん自身が

しあわせに、ゆたかな人生をつくる「後押し」をします。

 

 

 

「私、後押し族だ!」と自覚のある方も、

「私、後押し族かも・・?」と予感している方も、

どうぞ、ご参加くださいね。

 

 

<<内容(当日までにアップデートします)>>

 

・後押し族とは

・タイプ別・後押し族診断(直接系・間接系)

・ゆたかすぎる対人感性を乗りこなす

・後押し族のしあわせ編〜必須の栄養素

・後押し族の人間関係〜苦手意識と築き方

・後押し族の成功編〜後押し力を生かす仕事・働き方・成果の出し方

・後押し力の磨き方〜対人感性を磨く・対人知覚を広げる

・後押しの可能性を追究する

・自分らしく生きていくために

 

 

<<サービス>>

 

・日時:4/26(水)13時〜15時

・場所:都内セミナールーム

・価格:8,000円(税込み)

※お申込より一週間以内に、銀行振込もしくは
クレジットカードでお支払いください。

 

 

【キャンセルポリシー】

・お振込後、お申込確定となります。

・当日キャンセルの場合は、ご返金いたしません。
開催まで一週間を切った時点のキャンセルにつきましては、
費用の50%をキャンセル料としてお支払い頂き、
50%を振込手数料を差し引いてご返金いたします。

それ以前のキャンセルにつきましては、振込手数料と、
費用の10%を差し引いて全額ご返金します。

 

 

>> 後押し族セミナー お申込は、こちら

 

 

<<後押し族って、どんなひと?と思った方、こちらの記事をご覧くださいね。>>

 

右矢印後押し族には、本心を出せる人間関係が水のように大切。 

右矢印後押し族のよろこび。ひとが自分らしく生きてると、無条件にうれしい。 

右矢印後押し族と表現族のハイブリッド〜つくりだしたモノが後押しをする。 

右矢印私は、後押し族?と思ったら。自分の中の”後押し性”を確認してみる。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

アーティストの、仕事の相談に乗ることがあります。

 

いつも実感するのは、アーティストたちの

感覚の鋭さと、感性のゆたかさ。

 

感覚や感性が卓越していることは、

生きづらさと紙一重でありながら、

しあわせに暮らし、

人生を切り開いていくセンサーになっていて、

 

じーん・・と静かに感銘を受けるのです。

 

 

さて、アーティスト、そして感性ゆたかなひとたちは、

「違和感」を察知するちからに長けていて、正直です。

 

それは仕事においても同様で、

 

自分自身の状態と、

仕事として行っていることの

 

方向がズレてきているとき、

「違和感」として現れるのです。

 

 

なんだかおかしいな・・・?

 

なんだか、違う気がする・・・?

いまやってることは、もう終わりな気がする・・・?
仕事上の自分のあり方が、古くなってる気がする・・?
 

という、違和感。

 

 

ただ、感覚に優れていて、「違和感」を鋭く察知しても、
その正体を突き止め、言語化し、行動にうつして
変化させていくことは、一人では難しかったり、
時間がかかりすぎる場合があります。
 

「違和感を察知しているけど、具体的に、

どうしたらいいんだろう?」という時に、

相談を頂くことは多いです。

 

 

例えば最近では、

 

お客さまとの距離感や関わり方、
お客さまからの自分や商品の見え方など

今までの仕事上での自分のあり方と、

 

これからのあり方とがズレてきていたので、

 

そこを一致させて、

仕事を発展させていくためのセッションを行いました。

 

 

まず、違和感の元となる

 

「ふるい自分」と「新しい自分」の

意識上のズレを解消した上で、

 

お客さまに対するときの意識、お客さまとの関わり方、

発信の仕方、発信の内容(止めるもの・増やすもの)、
商品の価格設定とか、プライベートの過ごし方・・など、

具体的なことも多岐に渡って話しました。

最後は、「新しい世界へ、旅立ちましょう」と
ポンと後押しして、終了です。

 

image

セッションは、

感覚の世界 と 現実の世界 に
橋を架けるような役割だな、と思うことがあります。

なんか、感覚で察知している、
そのひとの中に起こっていることを、

正体を突き止め、現実化するための
具体的な取り組みに落とし込み、
後押しをする、ということです。

 

【お知らせ】

 

右矢印自分を生かし・ひとを生かす〜ララマル印コーチング&コンサルティング講座
右矢印ララマル印コーチング&コンサルティング ショート強み診断つき説明会

 

右矢印新しいコースは3/25スタート!自分の世界をつくり育てる6回コース

 

 

【セッション】

生き方・働き方の相談をしたい方へ
一歩先の未来を引き出し、「しあわせと成功の交差点」へ後押しする

右矢印ララマルセッション(個人相談)

【ニュースレター】

手紙しあわせと成功の交差点へ道案内するニュースレターのご登録はこちら

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)