くるまの達人

とか、タイトルで謳いながら、実はただの日記だったりするけど、いいですか?


テーマ:
かもめ・2006年1月号掲載
※内容は、すべて取材時のものです



若い頃、付き合ってた女性の
兄貴におどかされましてね。
私はそのとき、もう東京で
水商売をやっていたんですけど、
兄さんはそういう仕事が
嫌いだったんです。

それで、たまたま貼り紙を見て
応募した大手の寝具会社に就職して、
ベッド売りの営業ですよ。

これがまぁ、見事に売れませんで。
どうしたもんかと
考えこんじゃったんですが、
まず商品よりも自分を売らなきゃ
ダメだなって思ったんですね。

あのね、人妻って寂しいんですよ。
そもそも私、大の女性好きでしょ。
これだなって閃きましたね。
ベッドの話をしながら、
いつしか営業の関係以上に
親蜜にちゃうんです。

そうすると、
急に友達やら親戚やら
ベッドを買いそうな人を
端から紹介してくれるようになるんですよ。
紹介してもらった先でまた
同じように口説いてって感じです。
もちろん肝心のベッドも飛ぶように売れて、
当時3万から6万円くらいした
ベッドをひと月で130台売りました。

こういう方法がいいとか悪いとか、
いろいろ言う人もいるでしょうけど、
結局は売れなきゃ話にならないんです。

最初に目的を持つことが大切でしょ。
そのときの私にとっては、
ベッドを売ることが目的なわけです。
250店舗くらいあった
全国の営業所でナンバー1です。
売るコツを覚えたんですね。
そうすると仕事もおもしろくなってくるし、
次にもつながってくるじゃないですか。


いろんな仕事をやりました。
最初に勤めたのは銀座の松村っていう
有名なバーで、バーテン目指してました。

ところがやっぱり私は、
生来の女性好きなんですね。
問題起こして、逃げるように
辞める羽目になったんです。
それでもちっとも懲りなくて、
女性で失敗したのは
1度や2度じゃないですよ。

でもね、振り返るとそれが
本当に失敗だったと言い切る気には
なれないんです。

ホストとしてナンバー1になって、
歌舞伎町でホストクラブといえば「愛」
というくらい有名にもしてもらって。
それもこれも、すべて女性のお蔭でしょ。
女性が好きで仕事が好きで、
そういう自分のこだわりを
貫く過程でつまずくことがあったって、
いいじゃないですかって思うわけです。


歌舞伎町は素晴らしいところです。
幼い頃に農家へ養子に出されて、
小学生のときにはもう畑や田んぼで
手伝いをさせられていたんですが、
私は泥んこが嫌いでねぇ。
イヤでイヤで仕方なかったんです。

そんな具合でしたから、
中学生の時に初めて人でにぎわう
歌舞伎町に来た時に、
これは素晴らしいって、
商売やるなら歌舞伎町だって
強く思ったんです。

ただね、こういう商売は厳しいんですよ。
人として、やさしくて真面目でおとなしい。
これはもちろん原則として必要ですが、
それだけじゃ真ん中以下なんです。

ある程度、根性度胸がなきゃダメです。
人を跳ねのけてでもやるっていう
気持ちが必要なんです。

ホストなんか、
ちょっと格好がよければすぐに
人気を取れるくらいの甘い考えは
間違ってますよね。

それは、どんな仕事でも
同じなんじゃないですか。

ナンバー1には他には
代えられない意味があって、
売り上げあってこその
ナンバー1なわけでしょ。

熱い気持ちでスタートするのは
比較的簡単です。
問題は、その気持ちを継続できますか
ということなんです。

私の場合は、
仕事が好きで好きでしょうがない
という思いが継続に
つながっているんでしょうね。
あと、女性が大好きという気持ちもね。

 

ホスト王 
愛田観光株式会社 代表取締役社長
愛田 武さん



Interview, Writing: 山口宗久



※記事掲載への思いについて。





震災復興に精を出されているみなさん。
おはようございます。
まだ朝の5時ですから、
お休みになってる方も多いでしょうね。
永田町からはがっかりというか
この時期になにを始めるつもりだと
愕然とするようなニュースが届いてますが、
復興の助けになりたいと願う僕の友だちたちは、
わずかな自身の余裕を削って
今日もまた被災地に足を運んでるはずです。
僕はまだ、その余裕すらないのですが、
今日もまたこの時間からもう仕事に励んでます。
日本中を原発だらけにしてしまった政治家は、
過去の反省や清算を口にすることなく、
未来へのビジョンを語り合い協力し合うことなく、
巨額な復興予算の振り分け先を決める主導権に
目がくらんでとうとう本性を見せました。
被災地のみなさんの苦労を、その口実に使って。
ですから僕らがやらなければならないのは、
自分にできることに自分で精を出して、
大きな力が守ってくれるという
幻想を抱かないことだと思います。
さて、今日も一発きばりましょう!



山口宗久(YAMAGUCHI-MUNEHISA.COM)
Twitter / nineover
facebook / Yamaguchi Munehisa










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

山口宗久さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。