ちゃんとした日記の更新としては9/12以来です。
あの時点で予想してましたが、もう本当に落ち着いて日記を書く間もない日々でした。

多忙だったのはKAO=SのレコーディングとCD発売記念ライヴがあった為です。
新体制・・つまりいよいよ、プロデューサーの方ありきのうえでの活動が始まるとの事で、

気を引き締めて臨んだのですが、その予想をはるかに超えた、
これまでの音楽人生で味わったことのないようなレベルの音楽経験を
一か月半の間にさせていただきました。


プロデューサーの方の名は、永田純さん。
坂本龍一さんのアシスタントを始め、多くの一流アーティストとお仕事されてきた方ですので、
当然ですが要求も視点も知見も経験も、ものすごくレベルが高く、
自分達とは比較になりません。

ここには書ききれないくらいの質量で、みっちりと、朝も昼も深夜も問わず、
真にプロとしてやっていく為に必要な考え方とやり方を、叩き込んでくださいました。
それは文字通りの叱咤激励でした。


睡眠も随分と削りましたが、こんなに音楽に愛と情熱がある方に出会ったのは、
本当に初めてであり、自分自身、至らない部分は多々ありますが
このような状況になれた幸運に感謝し、引き続き頑張っていこうと昂っています。

9月下旬は、アルバムレコーディングとその準備に明け暮れました。
REC準備シートのexcel作成から、毎回のリハテイク音源の共有確認チェックまで
細かくやったのも初めてです。

夜中寝る前に電話かかってきて、案件を朝までやり直すこともざらにあり、
この二ヶ月で結構タフになった気がします・・・が、まだまだまだです。

山切修二 Positive Forward

エンジニアは、オーケストラからジャニーズまで幅広く録ってらっしゃる青柳延幸さん。
LUNA SEAやケツメイシのヒット作品も録音されてきたようなスタジオで、
いつも通り、歌とギターと三味線、尺八だけでライヴ録音していきました。
いいスタジオでハイクオリティでやるからと言って、
安易にドラムやベースや打ち込みやオーケストラを導入するでなく、
これまで各国各地を廻ってきた、そのままの形で録りました。
自分の音に責任を持てという、氏の言葉を、これからも常に胸に抱いていようと思います。


アルバムタイトルは「ものがたり」。
新曲「地割れ」「ねあん」「My Song」と新録の「桜香る」「コズミックソジャーン」に、
アイルランド民謡の「Down By The Salley Gardens」が加わった全7曲です。
素晴らしい、誇れる1stアルバムができたと思います。


僕自身のお気に入りは「My Song」。
テキサスのサボテン園で超大音量で寂空と二人でセッションしたのを録音していて、
そこで生まれたフレーズをもとに僕がコードを付けていきましたが、
なんと言っても素晴らしいのは川渕かおりの語りと歌。
あんなのは彼女にしかできません。明るい新境地のKAO=Sナンバー。

是非多くの人にきいてほしいです。
完成品CDは、バタバタのスケジュールに(これも反省点)なった為、
ライヴ当日の朝に届きました。
ワンマンから発売開始という事で、CDは今後は会場だけでなく、
Amazonや店舗(要予約)でも購入できるようになります。
iTunesもそろそろ始まるでしょうから、

また情報はこちらでもお伝えします。



文章が結構なボリュームになるので、

アルバム発売記念ライヴの模様は、また明日(?)の更新でお伝えします!


山切修二 Positive Forward






iPhoneからの投稿
AD

夏の精神論など

テーマ:
最も暑い時期を過ぎたか、ちょっと一息の9/12です。
今年の夏は、めまぐるしくも静観というか、なかなか特殊な気分の夏でした。

海外で公演したり、
地方のお祭りツアーで合宿みたいに楽しんだり、
灼熱の我が家で編集したり、
ミーティングにリハーサル、
新しい布陣での初戦に備えたり、
たくさんの人に会いましたね。

と同時に、一人で考える時間は、いつも以上に多い夏でした。
学ぶためにセミナー出たり、人に会ったり、
これからの仕事のやり方の本を読んだり・・・。

激怒も反省も結構たくさんあって、
自分の内面も見つめ直さなきゃならなかったし、
愛や恋についてもいろいろ考えてました。
女性の存在はいつでも僕にとって大事です。
中学生の頃から20年間くらいは、
たぶん恋人や相手がいない期間は全部足しても二ヶ月くらいしかなかった自分は、
結構な恋愛依存症だったはずですが、
何年か前くらいからか、決定的に何かが変わって、
恋愛についての価値観は、
いままた自分にとって新しいものになっていってる途中なのだと感じてます。

恋が愛に変わる瞬間が、いちばんおいしいとこだと分かってたら、
そこに辿り着く道筋は、できれば今は見ないでいたいです。
僕にとって、愛は責任が伴うものだし、
タイミングが合わなければ物事は何もうまくいかない。
皆がみな自分のタイミングを探せばいいし、誰も待つ必要はない。
とにかく自分をもっと上げる事だと、それが先です。
僕が誰かにタイミングを合わせる事はたぶん一生ないでしょう。

恋愛にしろ、仕事にしろ、タイミングに疑問を感じつつも、
ムードを優先してしまい決めた事は、
今までほとんど失敗してきましたから、もう見方は変えざるを得ません。

何についても絶対に起こらないとは言えないし、
愛にも仕事にもいろんな形が存在する。
信じられないような事でも、目の前で起こってる事が現実なのだから
それに対処して立ち向かったり、逃げなきゃいけない。
物の見方が、今年に入ってまた、だいぶ変わったと思います。



・・と、ちょっと精神論が過多な文章になってきたので、
この数週間の出来事でも書いときましょう。
いろいろ沢山ありましたが、印象的だったことを抜粋で。
たぶん次のブログ更新まで間が空きそうだから、今日は増量で(笑)。

Kao=SのワンマンとCD新作発売が決まったのは昨日もお伝えしましたが、
いろんな意味で状況がステップアップしてるし、自分たちもそれに鍛えられてるとこです。

アルバムは旧曲再録と新曲ミックスで全7曲になるでしょう。
録音環境は今までより遥かに良くなり、
メジャーで誰でも知ってるようなアーティストの作品を手掛けた方々と仕事させて頂きます。


photo:01



新しい写真もその一環で、今回はいつもお願いしてるオノちゃんではなく、
別の方によるものですが、この方も幅広くアーティストを撮っておられるキャリアのある方で、
今回のイメージは、新しいKao=Sの出発にはぴったりの写真だと思います。
勿論、これからもオノちゃんにはお願いしますよ(笑)

10/25の単独公演ライヴは、はっきり言ってKao=Sの勝負どころです。
これまで自力でよくやってきたと思いますが、その成果も問われることになるでしょう。
一年の間に4回もワンマンもやれるようになったのは確かに成長したと思います。
海外も5回も行って実に素晴らしい。
だが、そういった実績の前に、やはり音楽なのです。

そこの、音楽家としての、アーティストとしてのグレードが格段に上がれば、
それに呼応して、数か月後にはまた凄い実績ができたと言えてるでしょう。

なので自分たちを信じて、
音楽の力と愛を信じて、観せたいものをしっかりイメージして、
丁寧に、しかし感覚を大事にやって行こうと思ってます。



あら・・・結局精神論になってる(笑)
この数週間の出来事の話でしたね。


そうそう、川渕かおりがモーションアクターとしてメインキャラのひとりケイ役を演じた
「キャプテン・ハーロック」が全国の映画館で公開になりました。
一人で夜遅く新宿に観に行ってきましたが、素晴らしかったです。
製作費27億の映像クオリティは驚愕だったし、
ストーリーもしっかり纏めてあって、とても感情移入して楽しめました。

エンドロールで川渕かおり(ケイ)の名前が下から上がってきて、
なんか涙が出てきちゃいました。
こんな大作の機会をよく務め上げたなあなんて。
本当にお疲れ様でした。
彼女は破格。才能の塊だし、もっと人に認知されるべき。
押し上げるのはKao=Sでしょう。他にはない。ここに書いときます。

その映画の主題歌のONE OK ROCKの音楽が、
それ以降、僕の頭の中で止まらず、素晴らしさに感嘆すると共に
やられたなあなんて思って、もっといい曲作ろうと思いました。


一昨日は、六本木のビルボード東京に、
いまKao=Sがお世話になってるプロデューサー氏主催のカンファレンスを観に行ってきました。
日本の音楽業界を牽引されてきた超重鎮である、折田育造さんのお話が凄く面白かったです。
LED ZEPPELINの来日公演の裏話なんかは自分のもっとも好きな類なので
とても興味深く聞かせていただきました。
音楽産業がどんどんビジネスとして大きくなり、弾けて縮小してしまった現在に、
こういったカンファレンスで音楽を改めて考えるのは、僕にとって必要な機会です。

そして昨日は、銀座のPOLAで開催のパーティに行ってきました。
世界40カ国を旅し商売してきた宝石商の方のお話が、凄く面白かったです。
交渉決裂時に逃げる方法や、逮捕時の所作とか・・・
ゴルゴ13ばりの処世術、参考にさせていただきたいと思いました(笑)

・・とまあ、まとまりないテーマでとにかく大量に書いて、
更新が空いたクレームの埋め合わせをしてみました。

またの更新までごきげんよう!











iPhoneからの投稿
AD
photo:01


随分更新ができませんでしたが、Kao=Sの件などで、この数日は本当に忙しくしてました。
それらは全てこの為です

まず・・・新作アルバムを発売します!
そしてその発売日に、元映画館にしてニューカルチャーの発信地、
渋谷のWWWという立派な会場で単独公演を開催します!!
いわゆるレコ発ライヴ、リリースパーティですね。

昨年以上に活発にライヴをやってるはずなのですが、
殆ど海外や現地での路上ライヴや国内の地方公演で、
都内で、ちゃんと照明があるようなところでの演奏は、まだ今年は三回しかしてません。
なので本当にこのライヴは楽しみで燃えています。

三月からの七月までの間に米独英仏の4カ国を廻ってきました。
その旅の中で得たものや成長した事が反映された作品とライヴになるはずです。

僕らはミュージシャンです。
口やブログで経験や意気を語るより、音とライヴで証明するつもりです。

今回は、会場も国内では今までで一番規模が大きく、
チケットもぴあやローソン、eプラスなど広域で発売になり、
今までの体制とは異なる、一歩進んだ形で臨みます。
それに相応しい自分たちになっているか、
またそれでも収まらない自分たちになっているか・・・
いろいろ問われるステップの10/25(金)です。

最高の、そして唯一無二のステージをお観せします。
僕達が今までどんな旅をしてきたか、そしてどんなグループなのかを示す
新しい「ものがたり」を、ぜひ観にいらしてください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
SXSW2013, Japan Expo2013を含む、海外4カ国公演を経て制作のニューアルバム発売日に、
Kao=Sの4回目の単独公演が決定しました。
会場は元映画館の、渋谷のニューカルチャー発信地「WWW」。
多くの旅を経てパワーアップしたKao=Sが生み出す新しい「ものがたり」。
他にはない唯一無二のステージをぜひご覧ください。

■Kao=S単独公演「ものがたり」
■会場 渋谷WWW http://www-shibuya.jp/index.html
■日時 2013年10月25日(金)
■開場 18:30 開演19:30
■料金 前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク代別途必要)
■座席 全席自由(座席は数に限りあり。入場は整理番号順になります)
■チケット入手方法
・ぴあ http://t.pia.jp/ 電話予約:0570-02-9999 【Pコード:211-581】 
・ローソン http://l-tike.com/ 【Lコード:74718】
・eプラス http://eplus.jp/

※CAMPFIREリターンの無料招待適用になりますので、ご希望の方はご連絡ください。info@kaos-japan.com

■お問合せ 
渋谷WWW 03-5458-7685
info@kaos-japan.com




iPhoneからの投稿
AD

残暑〜秋に向け

テーマ:



時々涼しさを感じる日も出てきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
とはいえ残暑はまだまだ厳しいでしょうね。

僕は相変わらず、秋に向け、
スタジオでのリハやアレンジ作業、レコーディングの行程表作成、
都内のラジオに出たり、映像の編集にアー写撮影の準備と・・・
ほとんどKao=S関連でバタバタしてまして、
合間に自分自身の生活の為にいろいろやってる感じですね。

CAMPFIREのリターン準備は、全部の編集&焼き作業とチェックまで全て終えました。
ビデオは、4か国の映像を120分に編集収録し、CDはライヴ盤で、
いずれも全員のサイン入りです。
お待たせしましたがきっと楽しんでいただけると思います。

編集の過程で、今年の3月から7月にかけての映像を、
万遍なく観たのはラッキーでした。

何故なら、来月末よりKao=Sはレコーディングに入る事になり、
今年の上半期の成長や成果を客観的に理解したうえで、
作品を制作できるのは正しい事だからです。
その準備には余念がありません。

想えば、2013年に入ってから前年以上に活動してるのに、
都内ではちゃんとした形でのライヴは3回しかしてないのですね。

しかし、海外や、地方でのライヴで学べたことや、
いまKao=Sを取り巻く環境から得られる新しい刺激も取り入れて、
一歩進んだ環境に揉まれた新しい形のKao=Sが、
皆さんの前に姿をみせるのは、10月の後半になると思います。

その姿をぜひ確認しにいらしてください。
詳細はまたお知らせします。

photo:01


photo:02





iPhoneからの投稿

両親・夫婦

テーマ:
先日、父の誕生日だったので携帯に電話を掛けたのですが、
なかなか繋がらず、実家の方にかけてみましたがやはり誰もでない。

日付変わる前にもう一回携帯にかけてみると、やっと繋がって、
思った通り、誕生日という事で、母と泊りがけで出かけるとの事でした。

たぶん100万回くらい口論してきたのだろうけど、
仲の良い、愛のある両親だと思います。

もちろん結婚生活は、いい事ばかりじゃなく
父と母のどちらにとっても、大変な事の方が多かっただろうと思います。

父や母が、いまの僕の年齢の頃に、
貯金やローンや馬鹿な息子達に悩みながら、
キャリアの激務や責任や、
親族との付き合いや、
家事と向き合って頑張ってたことを考えると頭上がりません。

ほんとうに生半可な事じゃない。
覚悟がないとできない事です。

僕はと言えば、恋と夢多き人生故、
自分なりのやり方で、別の覚悟を持って生きてまして、
それを全うしたうえで
あなたがたのような大業を成せるレベルに
到達したいなと考えてはいるのです。

順序を間違えるとまた離婚するハメになりますしね。


両親に感謝してます。
心の底から尊敬して愛してます。


父さん、誕生日おめでとう。
これからもお母さんと仲良く楽しく暮らしてください。
photo:01





iPhoneからの投稿