錦ケ丘ヒルサイドモール

テーマ:

 

山形から48号線で仙台に向かうと、愛子付近で錦ケ丘ヒルサイドモールが見えてくる。

ここに新しいキッズスペースが出来た。

 

入口のカフェはずっと前から閉店したまま。

ここが空いたままだと寂れた印象を与える。

 

 

たまご舎は中央エスカレーター左に移転した。

 

 

2階北側に出来たキッズスペース「感性の森」。

 

 

見取り図

 

 

木製の迷路、遊具があります。

キャラクター、ゲームはありません。

子供の創造性を引き出す空間だそうです。

 

 

大人だけだと入れないので注意。

大人はあくまでも「こどもの付き添い」で。

 

 

開園したばかりで平日ということもあってか、入室しているのは1組だけだった。

 

 

錦ケ丘は「子育てタウン」を唱っている。

ようやく子供中心の店作りにしようと決めたのか。

 

2階は子供服の店とか、

 

 

駄菓子の店とか、

 

 

広いおもちゃ売場とか、

 

 

アンパンマン遊具コーナーとかが揃った。

 

中途半端なブランドショップを誘致するよりはこの路線の方が良いかもしれない。

AD