• 15 Aug
    • まくわうり、見つけた!

      紅の蔵内の「おいしさ直売所」。     姫とうがん。 この大きさで150円とは・・・生産者も大変だと思う。     夕顔です。     そうめんカボチャ。 茹でると中の繊維がほどけて「そうめん状」になる。 これをそうめんのつゆにつけて食べる。 珍しいが、あまりおいしいものではない。     近頃仙台ではめったに見ないまくわうり。 昔は夏のおやつの定番だったが、メロンの甘さに比べると・・・   隣で山形メロンを650円で売っていた。 その値段でまくわうりなら3つ買える。体積にしたら倍はある。   でも手が伸びない・・・ こうやってまくわうりは姿を消してきたのだ。  

      テーマ:
  • 14 Aug
    • 山形市児童文化センター 閉館

        山形市の霞城公園の北門にある児童文化センター。 (2017年4月20日撮影) 小学生の時、毎日のように自転車で遊びに来た場所。         50年以上も前に建てられた。 さすがにどこも老朽化している。       最後のセンターたよりが貼られてあった。         今年3月末で閉館したそうだ。 いずれ取り壊される運命だ。       山形県出身の詩人・童話作家、結城よしを(1920〜1944)が19才で作った「ないしょ話」の碑がある(昭和41年建立)。これもなくなるのだろうか? 結城は僅か24才で夭逝した。         建物の遠景。       入り口の側面。        ホールの外観。 この中で卓球をした。 ここで上達して、中学校では卓球部に入った。 今でも卓球には自信がある。        カーテンの隙間からホールの内部が見えた。 茣蓙、椅子などがまとめられてあった。       卓球台が見える。 これはまさか50年前のものではないだろう。   こどもの頃の大切なモニュメントがまた一つ消えて行く。     結城よしを 結城よしをは、大正9年(1920年)歌人結城健三・えつの長男として宮内町に生まれ、芳夫と名付けられた。父の勤めの都合で庄内、山形市と移り、昭和9年小学校高等科を卒業すると八文字屋書店の店員になったが、その頃から童謡・童話を新聞・雑誌に盛んに投稿し、毎号推薦(すいせん)欄に作品が掲載された。   昭和13年、17歳で仲間と童謡誌「おてだま」を創刊したが、その頃のよしをは毎日2、3編の童謡を作り、「月に五、六〇編も作るのが普通だった」と父健三が語っている。   よしをは、なぜ童謡を作るのかという問いに、「私は子どもが好き、絵本が好きだ。絵本を見ていると夢の世界にいるようなほほえましい感情があふれて、すぐ童謡を作ってみたくなる」、「楽しいから、うれしいから、思い出があるから童謡を作るのだ」と話している。天性の童謡詩人だったのだろう。   昭和14年「ないしょ話」がレコード化された。これは日本童謡界の名作で、日本人に親しまれ、今なお歌われている。よしをの作品はほかにも30数点がレコード化されている。   昭和16年、軍隊に召集されたが、厳しい軍務のかたわら、ノートの切れはしや通信紙等に鉛筆で童謡を書いては父のもとに送っていた。遺稿は5000編ほどにもなる。   昭和19年、よしをは南方輸送船団護衛の任務についてニューギニアに転戦。パラチフスに罹患し、9月13日、24歳の若さで小倉陸軍病院で亡くなった。戦争は若き詩人の将来も奪ったのであった。   昭和22年、よしをの遺志を生かして、父健三により童謡集「野風呂」が発行され、同43年には軍隊時代の手記の一部が「月と兵隊と童謡―若き詩人の遺稿」として出版された。   平成2年、熊野大社境内の父健三の歌碑の側に「ないしょ話」の碑が建てられて親子文学碑となった。市内では他に、宮内駅前に「ないしょ話」と病床のよしをを悲しんだ父健三・母えつの短歌を刻んだ碑がある。赤湯駅西口通りには、よしをと弟ふじをの童謡碑6基があり、道行く人を童謡の世界に誘っている。          

      テーマ:
  • 07 Aug

プロフィール

辰つぁん

お住まいの地域:
宮城県
自己紹介:
山形市生まれ。仙台市在住。 ダックスフント2匹を連れて毎日広瀬川遊歩道を散歩してます。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

旧ランキング

エッセイ
923 位
地域情報
1510 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。