やまがみてるおブログ

やまがみてるおのブログ


テーマ:
悟り・非二元の視点から

心の癒しと目覚めのプロセスサポートをおこなわれています、

スペースまほろば 」代表、中野真作さんが、

本を出版されました。




「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー(SIBAA .../青山ライフ出版
¥1,728
Amazon.co.jp




私は子どものころから、

「自分の人生」を生きた感覚が少なく、

人生の後半に入ってから、

自分という感覚をつくるのに苦労しました。




中野さんも同じように告白されており、

本を読んで中野さんの体験された人生と、

私が人生で体験してきたことに共通点が多くあり、

強く共感しました。




悟りや非二元ということばで探しているものは、

どこか遠い場所にあるのではありません。




すでにつねに目のまえにあります。




どこか遠い場所にあるという錯覚、願望をもつ理由は、

私たちのなかの、

自分の人生を生きてこれなかったことに気づいている部分の、

反乱からなのかもしれません。





本のなかで中野さんは、次のように書いています。




*****





という夢が終わっていくのはせつない感じもしますが、

同時に、本来の場所に戻っていく安心感も感じられます。




「私」という夢が終わって初めて、本当の自分になれる感覚。




でも、実際はその場所から離れることすらできないのです。

離れたという夢を見ていただけで。




必要なことがあるとしたら、

その夢を夢だとわかることだけです。




夢だとわかっても、

夢が消えてなくなるわけではありません。




夢だとわかりながら夢を意識的に生きていくとき、

この人生を十分に味わうことができます(P255





*****





私も中野さんと同じように感じます。




人生を十分に味わうこと、

私はこれをずっと求めていたように感じています。




いまだから、わかることですが、


人生を味わえること、

人生を十分に味わえること、

これほどすばらしいことはありません。




一人ではなくて、目のまえの人とつねに一緒に!




なんてすばらしいことでしょうか!




このとき、私たちは、

この個別の人生が終わるまでは、

人生を味わうことに終わりはないと気づきます。





*****




真の悟りというのはたどり着く終着点のことではなく、

永遠に続くプロセスそのもの、

この開かれ続けていくプロセスそのものなのです。(P254





*****





このことに気づいていても、

気づいていなくても、

人生はすばらしいと私は感じます。




いまはまだ気づいていなくても、

あなたの人生においても、

このプロセスはつねに開かれています。




ようこそ、

終わることのないプロセスへ!




ともにこのプロセスを味わいましょう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yamagami-teruoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。