薄曇りの天気の中、2台の車でパノラマ台の駐車場に着き、ここから

山頂を目指しました。

大人が9名、子供が1名で、のんびり写真を撮りながら、景色を楽しみ

ながら登りました。


4月に朝日新聞で、大きく取り上げられ「山頂書道」と命名されました。

以来、私のニックネームも山頂書道に変えました。


山頂に、シートを敷き、その上に下敷きを載せ、今回から今までの体験から

用具も多種揃えました。


毎回、全紙大の和紙に2枚ほど、即興で課題を決め、一人ずつ好きな書体で

書いていきます。

1枚目は、「新緑の中の雪嶺に遊ぶ] 2枚目は、山頂から見えるもの

[雲、風、木、くも、かぜ、鳥、流、山」・・・など思い思いに書きました。


嬉しかったのは、参加者を募集してから初の、飛び入り参加者がいた事です。

富士山写真家兄弟です。

1枚目は、赤富士のちぎり絵があり、それに「紅」と書いてくれました。

そして、集合写真も撮って戴き、感謝です!!


富士山をバックに書道を、本当に楽しんだ5月20日でした。


みやび君の時々の日記


みやび君の時々の日記

AD

家族や友人との山登りで、時折書道を楽しんできました。

それをブログに書いてきました。

ブログを見てた人から、参加したいのメールが届き、竜ケ岳~明神山(雪の上)

と、2回実施してきました。


そして今回は、ブログで募集したところ、立川経済新聞、ヤフー、朝日新聞に

取り上げられ、6人の参加で行われました。


みやび君の時々の日記-朝日新聞に掲載された


山頂は広く、富士山も山中湖もばっちり見えて、最高の場所です。

できれば、ここを山頂書道のメッカとしたいです。


朝日新聞に命名された「山頂書道」!

まず、一人ずつ書いてゆく、自然の中で書道を楽しむ!

思いがけない書体が出た時、思わず拍手が・・・、今日初めて会ったのに

一体になって景色を、書道を楽しみました。


みやび君の時々の日記-富士山・明神山4

全紙に2枚、各自リレーで書いて、あとは自由に書いていきました。

筆はもちろんアクリル絵の具など使って、本当に楽しかったです。



みやび君の時々の日記-富士山・明神山5

男性は、この日3度目の参加です。奥さんは書道をやってはいないが

アイディアで、楽しい書道を展開しました。


帰りは、道志みちを通っての帰宅、高尾駅で無事解散しました。

AD


みやび君の時々の日記-山頂書道・飯盛山1

飯盛山登山口からは、雪が凍った道を黙々と登って、次はぐちゃぐちゃの道を

登って、山頂に着いた。


360度、山に囲まれ景観はばっちりです。八ヶ岳は美しく見えて気持ちが良い!


山頂は、意外と狭いが比較的広い場所に、シートを敷いて用意してきた仮巻に

画仙紙を貼り込んだ、一発軸に、一緒に行った孫娘の発案で、愛ラブ山頂と

4人が、一人一文字順番に書いていく、これが山頂書道のルールです。


書体は、自由で楷・行・草・隷・篆・仮名・アルファベッド・何でもありである!

予期せぬ書体で書いた時は、思わず!歓声が上がる、それが面白い!


興味ある方は、山で公園で、海で川で自宅の庭で、思い切って書いてみて下さい!

AD