農業が天職です。

福島県喜多方市でお米育てています。自分もお米さんから育てられています。
食べて頂いた方からの「旨い!」がなによりもの励みです。


テーマ:
水田で稲作栽培をしていますが、もし除草剤がなかったらどうなるでしょうか
写真は、除草剤を使用したのに、何らかの理由で効果がありませんでした。
          

 田んぼの水の溜まっている奥でも効いていません。
除草剤のない時代は。こうなったら手取り除草です。
四つん這いになりながら、太陽を背中に照らされて除草です。
 若いとき経験してきました。本当に辛かったです。
でも稲のためにと頑張ってきました。
 今後の対策は、茎葉処理の除草剤で対策します。
若い担当者が天候をみて対策の予定ですが、まだまだ過ぎてからの処理予定です。
 きがもめて自分は、すぐにでも処理したいのですが
 経験させて成長させるために、じっと見守っています。
 心の中は、焦りますが、人も稲も育ってほしいのです。
 除草剤が効いているところは、このように生育しています。
        

 
 無農薬で稲を栽培することは、本当に大変なことです。
 除草剤の開発されたことで農業の規模拡大が可能になりました。
 我が社では、生物に危害の少ない除草剤を使用しています。田んぼには、小生物の生息
 も確認しています。
 極力農薬を減じながらの栽培です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kakasiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント