阪急淡路のペットショップ、自然食とサプリメント専門店:やまだ屋

大切なペット(愛犬、愛猫)が健康で美しく、また病気の子は早く改善するために食を基本にお手伝いをさせていただいております。
店での出来事やお役立ち情報等を書かせていただきます。


テーマ:
いつもありがとうございます。

先月、お客様よりうれしいお言葉をいただきました。

「もう薬は必要がないようになった、一生、薬は飲まなくてはいなと

いわれていたのに」

昨年の9月下記のブログに書きました

2014-09-23 17:49:51 
テーマ:
ペットの自然食とペットのサプリメント専門店のやまだ屋です

いつもありがとうございます。

6.24日、お友達に紹介されたとのご来店のお客様
 プチバセットグリフォンバンテーン2歳
 時おり、急に立てなくなって、食欲がなくなる
 診断の結果は多発性関節炎とのことです。
  
犬の特発性多発性関節炎は四肢遠位の関節を対称的に侵す

慢性的, 進行性疾患である.。 
 
その原因は不明であるが, 免疫介在性疾患とされている
 
 臨床症状には, 断続的な全身症状 (抑う
 
つ, 食欲不振, 発熱とリンパ節腫大), 跛行,
 
亜脱臼と脱臼などがある. 活性時の関節液の検
 
査では, 変性のない好中球または単核球増加に
 
よる白血球数の上昇が見られる. レントゲン検
 
査では, 関節周囲の腫脹, 骨のX線透過性亢進,
 
軟骨下骨の破壊を伴う嚢胞変化, 骨棘形成など
がある
         (小動物内科学研究室抜粋)
多発性関節炎に対する治療として
ステロイド(プレドニゾロン)を服用し
関節周辺の炎症を抑えるしかありません。
 
お客様「一生ステロイドをあげなくてはと思うと・・・」
 「少しでもステロイドの量が減って、いずれ必要なくなれば」
「何かいいサプリがあれば・・・」
 
とご相談を受けあくまで個人的な考えですが
 
細胞間の伝達が不完全で
 自己と非自己(敵)の見分けが付かず自己細胞を攻撃したり
 攻撃中止命令が届かず過剰防衛で正常な細胞まで
 攻撃してしまうことがあります。
 自己免疫疾患を発症ととらえます。
 例(リウマチ、ぜんそく、アレルギー)
 
細胞間の伝達を正常にするため
糖鎖カプセル
をお勧めしました。
 
本日3回目、購入にこられました

調子がいいとのことです。
 飼い主様もある悩み症状でいっしょに飲み始められましたが
 もう必要がないみたいです。

まだ完全ではないのですが少しでもお役に立てたことが
 うれしく思いました。
あれからずっと糖鎖カプセルを飲ませてくれていました。
数ヶ月前より症状は出なくなり
先月は薬は必要がなくなったとのことです
本当によかったです。お役に立ててうれしく思いました。
糖鎖カプセルを買って帰られました。


▽お気軽に何なりとご相談ください
(愛犬、猫のお体の気になる症状からがん、難治性のものなど)

 お問い合わせ(メール)

▽お電話でのご相談もお気軽にどうぞ 
 ◆℡06-6320-1023(AM10:00~PM7:30)

▽お気軽にご来店ください。定休日(日)祭日は営業  
 ◆ アクセス  

 ◆ おかげさまで21周年 ぺットの ナチュラルフード&サプリメント専門 やまだ屋 
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

楽しく、元気で長生きのお手伝いさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。