2011-09-07 10:53:43

ディーパ 大海のなかの島に立つように

テーマ:宣伝

 ディーパはサンスクリット語で


「灯明」や「立つべき島」という意味をもつ言葉です。


 暗闇に覆われた大海のなかの島に立って、


わたし自身が周りを照らす灯明となること。


垢や汚れを削ぎ落とし、裡なるディーパの光を放つために、


人は謡い踊るのです……と、ランディさんはおっしゃいます。




当日朗読される「光の大河」を、






読み返してみて、ほろほろと


泣けてきました…。







「光の大河」 田口ランディ





ありがとう

わたしはこうしてあなたに出会った

それがわたしのすべてです



とどまることのない光の大河のなかを

わたしは泳いでいきます

あらゆるものが去り

わたしはいやおうもなく

新しい光の流れのなかを

どこかにある永劫の光の海にむかって

泳いでいきます

めくるめくように時は過ぎていく

昨日と同じ今日はなく

茜色の雲も、宵やみの金星も、砂漠を吹く風も

永遠に回転する万華鏡のように

再びわたしとめぐりあうことはありません





でもわたしはあなたと出会った

ありがとう

それがわたしのすべてです



…………








この言葉の先は、9月23日の


「ディーパ 大海のなかの島に立つように」で


聴きたいと思います。





山田スイッチの『言い得て妙』 仕事と育児の荒波に、お母さんはもうどうやって原稿を書いてるのかわからなくなってきました。。。



縄文友の会の今年の秋のイベントは、

2011年9月23日 秋分の日に開催致します。


「ディーパ 大海のなかの島に立つように」 


朗読 田口ランディ 「光の大河」他 

舞踏 雪 雄子 

場所 鳴海要記念陶房館  (青森県弘前市大字賀田字大浦1-2 )

電話 0172-82-2902

鳴海要記念陶房館 HP http://www.hi-it.jp/~touboukan/
 
2011年9月23日(金・祝) 開場午後1時 開演 午後1時半(~午後3時半) 

チケット3,000円(前売り・当日ともに) 


※今年のイベントは有料になります。

お申し込みは、jomon_tomonokai@yahoo.co.jp へ。


紀伊国屋書店弘前店・鳴海要記念陶房館でも販売致しております

件名に「9月23日イベント申し込み」と書いて、お名前とチケット枚数、

ご住所、お電話番号、メールアドレスを明記して、お申し込みください。


こちらから「チケット番号」をメールで返信して、

ご予約の完了と致しますので、どうぞよろしくお願い致します。


席数が50と少ないので(35名以降は立見となります。)

お早めにお申し込み下さい。

ご質問等ありましたら、ご遠慮なくお知らせ下さいませ。


縄文友の会事務局からご返信させて頂きます。 











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

yamadaswitchさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。