2005-10-31 13:57:43

あたしの存在全てが憎い?

テーマ:子育て

はいどうもー、山田スイッチです。


秋のせいかアートの項目を書く機会が多いのですが。


お母さんはアートっつうか美術が本当にすきなの!


ヨン様ファンと同じくらい、つーかヨン様ファンに負けないくらい、好きなの。大好きなの!




(つーか、ヨン様はエラいよな……。日本の主婦から吸い取ったお金を


中越沖地震とかスマトラ島沖地震にバンバン寄付してて。一地震につき三千万も。


日本の奥さんは地震の寄付とか滅多にしないんだから


どんどんヨン様につぎ込んで、地震による被災地を救うべきですね。




ちなみにコンビニにある募金箱って効率良くていいね!


ちゃんと届くだろうし。多分。


サークルKサンクス……おまえの心、信じてるからな……。)




まあ、そんなわけで。




土曜日に、奈良美智+graf が弘前にやって来たんです。


泣けるほど嬉しいことだし、奇跡的なことなのですが。


午前中に記者会見があり、





スイッチはharappa特派員(ボランティアライター)として子どもをおばあちゃんに預け、


取材現場に行き、生の奈良さんとgraf 豊嶋さんの言葉を聞いてきたんでした。


午後からは弘大で奈良さんとgraf 豊嶋さんによるレクチャー(自由参加)がありました。


それで、出かけようとしたら、


赤ん坊がズボンを履穿いてくれませんで!!




………エエーッッッ!?????




右の足を入れると左足のズボンを脱いで、


左の足を入れると右足のズボンを脱いでって……


気付けば30分かけてズボンを穿かせることに費やし、


未だズボン穿かせられずにいました。


「どど、どうしたの、師匠? 


なんでズボン穿いてくれないの!? 


おでかけしたくないの? それともお母さんが悪いの?


師匠ちゃん、あたしの存在全てが憎い?」




お母さんは戸惑ってしまったのです。




しかしもって、ズボンは穿いてくれません。


「えうえうー」


なんだかぐずっても来てます。


「えうえうえうー…う、うびゃーあああああ!!!!」


「うおおおーーーー!????? ハイハイハイハイ! ゴメンね!ゴメンナサイねーーーー!!


ってグアーーーーー!? レクチャーもう三十分過ぎてる!! 滅多にない機会が!!」


「えうー、んまんま、んまんま……」


「あー、ハイハイ。オッパイね! オッパイ。


よっしゃ、オッパイ飲んだらズボン穿いて出かけようね!!」




そんで授乳。




授乳完了後気付く。




「NOーーーーーー!!!! もう五時! もう五時! 


行って着いたら、もう五時半!!」


「えうー。」


「そんでズボンはまだ穿く気なしかい!」


「えうー。うんう。」




レクチャー終了まで残り三十分…。そこでようやく、あきらめがつきました……。


あきらめたくなかった……。いやしかし、仕方がない……。




このことを友達の舞踏家である雪雄子さん(年齢不詳)に相談したら、


簡単な答えが返ってきました。



「ズボンなんか穿かせないでそのまま持っていっちゃえばいいのよ!」


「・・・・・・・・エエッッ!?」


「穿きたければ穿けばいいし、穿きたくないならそのままにしとけばいいんだから。」


「・・・・・・・・エエっっ!?? そうなんですか!?」




山田スイッチ二十九歳・・・。気付かぬうちに、出産によってか


世間体 というものを気にし始めてたようです。


昔は白塗り(顔面)で街とか歩けたのにな……。


そうか。気にしなきゃいいのか!!


ズボンくらい、穿いてなくても気にならねーよな!!


(な?)



そんなわけでズボンを穿かず通した子どもは何故か、誇らしげでした。




「師匠……。あたしの存在、全てが憎い?」




そんな言葉も出てきちゃう、土曜の午後でした。





奈良美智+graf 記者会見(写真付き)の様子は、


後日アップします!


お楽しみに!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

yamadaswitchさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。